痔になりやすい生活習慣とは?

こんにちわ!皆さんのお知恵をお貸し下さい。趣味でオートバイを改造しているのですが、他車種スクーターのリヤホイールを取り付けたいのですが、ドライブシャフトのスプラインが合いません。このような事を経験された方、見本シャフトに合わせてスプライン加工出来る会社を御存知であれば御紹介していただければ助かります。宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

 今晩は。

そういう事情なら仕方がありませんね。
 ここにはたまに面白半分でいい加減なことを言う回答者もいますが、大部分の人はまじめに参加しています。自分の質問への回答にきちんと対応する心掛けを忘れずにいてください。決して悪いことはないと思います。

 さて、回答の続きです。私が知っているところは城南キーという会社です。
http://www.jonan-key.co.jp/form/index.html
このサイトの中に問い合わせのフォームが在ります。加工をやってもらう立場ですから、支払いは見積もり後現金で前払い、納期は1ヵ月ほど、など、とにかく先方が有利なような条件を出してください。
 それでも個人からは受けないと言われたならば、このページ
http://www.jonan-key.co.jp/sample/index.html
に在る加工一覧の上段右端の「フランジ」をやっているところからの紹介だと言ってみてください(困ったことにこの質問サイトでは個人を特定できるような情報を載せることは禁止されています。そのためこれ以上書けません)。このフランジが、「大同のカップリング用ハブ」ですね?と言えば話の通りが良くなる可能性があります(それにしても自分がやっている物の写真がこんなところにあるとは今まで気が付きませんでした。大同というのは大手製鉄メーカー大同特殊鋼の関連子会社の略称です。正しくは大同○○工業なのですが、はっきり書くとやはり回答が削除される可能性があるのでここまでにしておきます)。

 依頼するに際しては、先ず図面や寸法に付いて相談。
 その後は少なくともシャフトを必要な寸法に削るところまでは済ませて、送付。という段取りになるでしょう。こちらは旋盤屋の仕事ですから、それなら見つけられるのではないかと思います。どうでしょうか。
 ドライブシャフトなんていうと、SC(炭素鋼)材ではなく、もう少し高級なSCM(クロムモリブデン鋼)材でも使っているかもしれませんが、その辺は多分旋盤屋のほうが詳しいでしょう(私はフライス盤専業)。
 差し当たり書けるのはこの程度まででしょうか。いずれにせよここの規約に縛られてこれ以上書けることもなさそうです。あとはとにかくやってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ!アドバイス、業者の紹介ありがとうございます。おかげさまで光が射してきました。早速見積もりをお願いしてみます。

お礼日時:2007/07/25 23:06

 こんにちは。


 きちんとその道で仕事をしていて、それなりに対応してくれると思われるところを知っています(当方の取引先が同じ大田区のそこに依頼している。ウェブにも自社ページがあり、現物合わせの加工依頼にも応じるとあります)。が、これまで全くなんの返事も無く、紹介するだけの甲斐が無さそうなので止めにします。

 一つだけ言っておきます。図面なしで、現物から採寸するところから始めると、相当に高くなります。同業が多い旋盤やフライス盤辺りならまだしも、歯切り屋はそれほど多くないですから、飛び込みの単品では単価も言い値になるでしょう。
 まぁ、小径シャフトのスプライン加工だけで3万も取られることはないでしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ!PCが故障して復旧に時間がかかり連絡が遅れてしまいました。皆さんの御好意に対して誠実さが足りませんでした。
簡単に業者を探せると思っていたのですが、業者に全て断られました。とても諦め切れません。藁にもすがる気持ちです。もし宜しければ、業者を御紹介戴けないでしょうか?どうか宜しくお願い致します。

お礼日時:2007/07/22 21:23

ビッグスクーターホイールのスプラインは高い精度が要求されます。

おそらくそこらの町工場やショップでは加工できないと思います。(だからアフターパーツもほとんど無い)
スプラインが合わないものは諦めたほうが賢明です。
諦め切れなければ歯車を作っている工場や金属加工業者に聞いてみてはいかがでしょう。(おそらく断られると思いますが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ!連絡が遅れて大変申し訳ありません。PCが壊れてしまい復旧に時間がかかってしましました。アドバイスありがとうございます。確かに何社か?見積もり依頼をしたのですが、全て出来ないとの回答でした。諦めきれないのでもう少し時間をかけて探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/22 21:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアーク溶接がうまくいかない

この間、アーク溶接機を買ってきました。
アークボーイジュニアです。5千円でした。
http://www.ikuratools.com/seihinsyoukai/arkboy.htm
DIYで、ちょっと鉄をくっつける程度なら、大丈夫だろうと思って買いました。
いちおう、溶接に関する基本的な知識はネットで調べたり、本で調べたりして、
溶接に臨みました。
最初は、溶接棒が、母材にくっついてしまって、うまくいきませんでしたが、
そのうち、アークを連続して発生させることができるようになり、
素人の範囲で、うまくできるようになったつもりでした。

それから数日後、この間、溶接した部分の少し上に、
同じ鉄の棒を、同じ要領でくっつける作業をしました。
最初は順調だったのですが、数本、鉄を付けた途中で、
さっぱり、溶接ができなくなりました。
アークが連続して発生しないのです。
母材に溶接棒を突っついて、試行錯誤していると、
すぐに母材に溶接棒がくっついてしまい、ショートして、
溶接機のブレーカー(安全装置)が落ちるのです。
電源スイッチを切り、数秒待って、また作業を始めても、
やっぱりアークが連続せず、母材にくっつき、ブレーカーが落ちる。
それの繰り返しで、そこから全く溶接が進みませんでした。

使用率を越えたのが原因かと思ったので、その日の作業はやめて、
後日、やってみたのですが、
今度は最初から、できませんでした。
やっぱり、アークが連続しないのです。

取扱説明書を見ると、くっつく原因として、
「電源電圧が足りない。」「溶接棒が太すぎる」「低電圧用の溶接棒ではない。」
「アークの感覚がつかめていない。」
と書いてありましたが、
電源は、分電盤からすぐの所で、溶接機のみに使用し、
溶接棒も、φ1.6を使い、低電圧用のものです。
いったい、何か原因でできないんでしょうか?
それとも、アークの感覚がつかめていないせいでしょうか?

この間、アーク溶接機を買ってきました。
アークボーイジュニアです。5千円でした。
http://www.ikuratools.com/seihinsyoukai/arkboy.htm
DIYで、ちょっと鉄をくっつける程度なら、大丈夫だろうと思って買いました。
いちおう、溶接に関する基本的な知識はネットで調べたり、本で調べたりして、
溶接に臨みました。
最初は、溶接棒が、母材にくっついてしまって、うまくいきませんでしたが、
そのうち、アークを連続して発生させることができるようになり、
素人の範囲で、うまくできるようになったつも...続きを読む

Aベストアンサー

車両整備に従事し、溶接技能者としても勤務しています。

熔接機の能力不足もしくは、過負荷作業と思われます。
質問の製品の定格ですが、容量40Aで使用棒が1.6mm
使用率5%となっています。

1.6mm棒で40Aの溶け込み厚は約1.6mmとなり、10mm
は無理です。2.6mm棒に80A程度必要になります。
使用率5パーセントですが、電源を投入している運転時間に
対する熔接作業時間を示しています。
運転時間を60分として、その中で3分熔接が出来るという事
です。限界に達するとブレーカが落ちるのでしょう。

アークがうまく発生せずに棒がくっつくと、短絡状態となって
過大電流が流れます。

最初はうまく出来たようですが、能力からして溶け込み不足で
充分な強度が出ていないかも知れません。
薄物専用の機種ですのでやはり役者不足の感があります。

熔接機は、大は小を兼ねる傾向がありますので、余裕のある
機種選択がよろしいかと。
せっかく入手した熔接機ですが、能力の限界は残念ながら、
どうにもなりません。
知り合いに熔接の職人さんがいれば適切なアドバイスが得られた
でしょう。

私は150Aのエンジンウェルダー(発動式熔接機)を所有して
いますが、3.2mm棒が使え個人的な使用では、充分な能力を
発揮できております。
今後も熔接に興味を持って取り組むのでしたら、もう少し容量の
大きな物を入手された方が良いでしょう

100V仕様では100A位が市販品の限界となります。
200V仕様だと150Aくらいの物がありますが、入力が
30A程度になりますので、契約アンペアによっては少々苦しい
かも知れません。

エンジンウェルダーの利点は移動可能なこと、防音仕様でも
夜間の作業は気が引けます。価格も高価ですが。

熔接のコツですが、ありません。
他の回答にありますが、これはコツと言うよりも基本的な
手順になります。
熔接は職人の領域とも言える作業で、説明だけで簡単に
できるものでもありません。
14年ほどやっていますが、改心の出来ばえと言えるものは
あまり多くありません。

最後に、熔接姿勢による難易度ですが、下向き<立て向き
<横向き<上向きとなります。
この向きとは運棒の向きになります。

下向き →母材を見下ろす姿勢の作業
立て向き→壁や柱のような垂直に立った母材に対し上下方向
     に運棒
横向き →垂直の壁や板状母材に対し水平方向の運棒
上向き →棒の先端を上に向け母材を見上げるようにして
     作業

適切な電流調整と姿勢に応じた適切なアークの維持が決めて
となります。横向き、立て向き、上向きでは電流が強すぎると
母材が解けて流れ落ち見栄えが悪く、強度も低下します。

車両整備に従事し、溶接技能者としても勤務しています。

熔接機の能力不足もしくは、過負荷作業と思われます。
質問の製品の定格ですが、容量40Aで使用棒が1.6mm
使用率5%となっています。

1.6mm棒で40Aの溶け込み厚は約1.6mmとなり、10mm
は無理です。2.6mm棒に80A程度必要になります。
使用率5パーセントですが、電源を投入している運転時間に
対する熔接作業時間を示しています。
運転時間を60分として、その中で3分熔接が出来るという事
です。限界に達するとブレーカ...続きを読む

Qスクーターのギアオイルはギアを全部浸しているか

スクーターのギアオイルの代用に4stのエンジンオイルを使用しても問題ないという方や、粘度が足りなくて油膜切れを起こすのでふさわしくないという方がいますよね。

ただギアオイルの入るファイナルギアの構造はどんなものなのでしょうか?

ギアオイルを入れる口と排出する下のドレンボルトの位置と容量的にギアオイルはギアを半分ほど
浸しているような気がしますが正しいでしょうか?それともギアオイルを全部浸しているのでしょうか?

また浸す部分が多ければ多いほど粘度の高いギアオイルを入れれば抵抗になり動力的にはロスだと思います。

ギアの潤滑だけ考えれば常に回るわけですからギアの先端部分だけ浸せば充分な気もします。それだと抵抗も最小限で済むと思うのですが間違っているでしょうか?

Aベストアンサー

スクーターのファイナルギアは分解したことないですが
画像があったので参考になると思います。
オイルの形跡を見る限りおそらくギアケースの1/3~1/2の
レベルでしょう。
http://scooter83.blog36.fc2.com/blog-entry-625.html

仰るようにオイルでケース内をすべて満たすほうが抵抗も増え
温度が上がれば膨張し量が増えるので内圧も上がり、ベントや
逃がしもない構造なので弊害のほうが多くなります。
なので、ギアオイル量も通常50~100CC入れるだけです。

粘度に関しては、No.1さんが仰る通り規格が違うのと
使用目的が違い誤用を防ぐ目的もあるようです。
ですが、経験ではエンジンオイルを流用しても
特に問題ないですが、あくまでも自己責任となります。
可能であればSAEのSG、SMやSNよりはSHやSJのほうが
向いているでしょう。

Qホイールの流用可否について

こんにちは。
教えていただきたいことがあります。

バイク(スクーターでなくスポーツバイク)の場合、あるホイールをつけられる・つけられないという判断はどういったところが関係あるのでしょうか?

車でいうと、例えばPCD・ホール数・ハブ径が特に重要で、あとは幅やオフセットではまるかはまらないかが決まるものと思うのですが、
二輪の場合はどういったところで使える使えないが判断できるのでしょうか?


ちなみにですが、今考えているのは隼にR1000、14R、DUCATIあたりのホイール流用ができるかどうかです。。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

基本的には同一メーカーのバイクのものでしかポン付けの可能性はないでしょう。

バイクのホイールの流用は可能であっても多少の加工なり部品作成が必要です。

まず一番大切なのが物理的に取り付けできるかどうかです。たとえばCB750FCのノーマルスイングアームに6jのホイルを入れたいとかは無理です。

実際に流用する場合の注意点ですが前輪と後輪では難易度が違います。特に後輪の方が難しいです。

前輪の場合はアクスルシャフトの直径さえ合えばあとはカラーなどを作成すれば取り付けは可能です。問題になるのはブレーキの取り付けで場合によってはワンオフでディスクローターを作ったりキャリパーサポートを作ったりが必要です。車検を通すのならメーターギアの取り付けなんかも考えなければいけません。

後輪はブレーキに加えてチェーンの取り付けがからんできます。特にチェーンラインを確保するためにワンオフのオフセットスプロケットが必要になったりします。

簡単に書きましたが安価に入手できるからと純正ホイールを流用しようとするとなんだかんだとワンオフパーツでお金がかかり、結局ハヤブサ用に市販されているホイールキットの方が安く上がるなんてこともあり得ますよ。

それに純正流用ということならバネ下荷重の低減ではなくて見た目の問題ですかね。サイズ変更するのならハンドリングががらりと変わるのでご注意を。

基本的には同一メーカーのバイクのものでしかポン付けの可能性はないでしょう。

バイクのホイールの流用は可能であっても多少の加工なり部品作成が必要です。

まず一番大切なのが物理的に取り付けできるかどうかです。たとえばCB750FCのノーマルスイングアームに6jのホイルを入れたいとかは無理です。

実際に流用する場合の注意点ですが前輪と後輪では難易度が違います。特に後輪の方が難しいです。

前輪の場合はアクスルシャフトの直径さえ合えばあとはカラーなどを作成すれば取り付けは可能です。問題になる...続きを読む


人気Q&Aランキング