AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

アリストテレスは自然とは原因のひとつであり、現象を説明するための根拠といっていますが、これは環境問題や生命操作が進行する時代にいかなる意味を持っているのでしょうか・・。

A 回答 (2件)

私の主観で言いますが自然がアリストテレスでは形相を作るための材料となっているわけですその材料が破壊されるわけですからアリストテレス

的に言えば形相による形相の破壊
    • good
    • 0

客観的には、いかなる意味も持っていない、と思いますが....



環境問題や生命操作というのは、近代から現代にかけての問題であって、アリストテレスの時代には、そのような問題意識はありません。自然と共生していた時代です。よって、彼の思想(自然観)が、この問題に対して、いかなる意味でも関わりがあろうはずがないではないですか。

主観的に、いろいろな関連や比喩を述べることは可能でしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアリストテレスの自然学について

以前、大学の授業で自然学について学びました。しかしはっきりいって、アリストテレスの自然学において、結局は何が言いたいのかがいまいち理解できませんでした。何を言っているのか、おおまかでいいので詳しい方教えていただけませんか?

Aベストアンサー

>アリストテレスの自然学において、結局は何が言いたいのかがいまいち理解できませんでした。

結局。。。「りんごの木にりんごの実がなる」
ってことです。

りんごの木に時々 <机>がなっていたり、<馬>がなっていたりすることは無い。
りんごの木には必ずりんごの実がなるってこと。
(接木したら、、、という話は抜きにしてください。)


えっと。。。アリストテレスは世の中のものを、<自然に存在するもの>と<技術の結果存在するもの>の二つに分けました。


自然的に存在するもの・・・動物・植物・土・火・空気・水など。

技術の副産物・・・机・洋服・車など。
「技術の副産物は本性的 つまり 自然的衝動を持たない」としました。

机も服も車も自発的に自ら動きません。
人間に動かしてもらわないと動きません。

ということで、人工品はその存在するという原理を自らの内に持たないとしました。
(いいかえるなら自己形成できない存在者。これが自然に存在するものとの大きな違い。)


ここから「自然とは自然的存在者のうちにある運動の始源(アルケー)である」と規定し、「自然=実体である」としました。

つらつらと理論の展開をしていくと、とても制限文字以内にかけませんので、その展開は書きません。
が、わたしが感じたのは結局彼は
    ↓
<りんごの木にはりんごの実がなる>

というような事を言ったと思えます。
(あたり前のことですが、それを理論によって証明したがるのが哲学でして・・・)

これは自然の目的論、および自然の合目的性を説明していると思うのですが、りんごの木に馬 なりませんよね? みかん? なりませんよね? キャベツは なりませんよね? 

人工的な存在者は、木を削ったりくっつけたりした結果、机だったり椅子だったりブロックとしていろいろな形相で存在させられますが、自然的存在のりんごの木にはりんごの実がなるようになっており、この自己形成の原理が形相であり、自然的存在者が自分自身のうちに自分自身の存在を決定する原理を持っている→形相優位の実体論のこと。

理解不足により違っていたらすいません。

>アリストテレスの自然学において、結局は何が言いたいのかがいまいち理解できませんでした。

結局。。。「りんごの木にりんごの実がなる」
ってことです。

りんごの木に時々 <机>がなっていたり、<馬>がなっていたりすることは無い。
りんごの木には必ずりんごの実がなるってこと。
(接木したら、、、という話は抜きにしてください。)


えっと。。。アリストテレスは世の中のものを、<自然に存在するもの>と<技術の結果存在するもの>の二つに分けました。


自然的に存在するもの・・...続きを読む

Q「ian」と「ist」

 先日読んだ本の中に,『"ian" で終わる言葉はより包括的であるのに対し,"ist" で終わる言葉はある限られた狭い領域に携わる人のような使われ方をする。』という一文が出てきました。

 面白いなと思って少し調べたんですが,そう言う区別は無いように思えました。違いとしては,「"ian" が古フランス語(?,old French)由来の語に付く」のに対し,「"ist" はギリシャ語の "-istes" に由来する」と言うものでした。

 ここで質問です。

 1)"ian" と "ist" の違いは何でしょうか?
 2)最初に書いた様なニュアンスの違いはありますか?
 3)語の由来が異なるとしたら,「physician(医師,内科医)」と「physicist(物理学者,自然科学者)」の由来はどう違うのでしょうか?
 4)他にも「physician」と「physicist」の様な例はありますか?

 以上,よろしくお願いします。

Aベストアンサー

造語法は100%守られるとも限らない(時代が変り職業が変る中で例外も生まれる)又外来語として取り入れられる場合もあるのですべての単語の検証は難しいでしょう。
しかし原則はあります.
両方ともラテン語(系の言語)の造語法です。

-ian=an
ラテン系の形容詞,名詞に添えて、性質、所属、生地などを表す。american, italian、colombian

-ist
-izeで終わる動詞、 -ismで終わる名詞に添えて何かをする人、ある主義、教義を奉じる人、職業人を表す。
nationalist, Esperantist

英語では意味は同じでもラテン語系の単語をより高級、正式、公式、権威ある言葉として使用するケースが多く、ちょうど我が国の漢語系の言葉と同じ位置においています。
physicianは要するにdoctorに過ぎません。

Qアリストテレスの精神の座について

アリストテレスは、頭ではなく心臓に心があるという精神の座を提唱したらしいのですが、それに至った経緯や所以を知りたいのですが、誰か知っている方がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

参考程度に
アリストテレスは霊能者でもあったようですから、心が精神で、心は心臓の近くにあるということは知っていたのでしょうね。脳が心ではありませんね、脳は記憶媒体ですね。これは2500年前の仏教でも同じですよ。


人気Q&Aランキング