【お知らせ】カテゴリの見直しについて

最近試験勉強のため、論文を録音しウォークマンで聞いていますが、自分の「かつぜつ」の悪さにびっくりしています。
後輩に聞いてもらったら、「いつもこんな感じですよ」と言われショックを受けました。
何か、滑舌が良くなる練習方法、コツがあれば教えてください。

A 回答 (1件)

かつてアナウンサー志望だった落伍者です(;´∀`)



私が昔やった練習ですが、
用意するもの:鏡(口元が映れば小さくてもOK)

鏡を見ながら、思いっきり「あ・い・う・え・お」と言ってみましょう。大げさにですよ。
口の形が全然違うことが判ります。

この「口の形が違う」ということを意識しながら、鏡を見つつ文章を読んでみてください。
ゆっくり、はっきりです。ちょっと大きめの声で。
口元の筋肉がちょっと疲れるくらいやってみましょう。

次に意識して欲しいのは、「口の中」です。
口を大きく動かすと、自然と口の中も大きく広がります。
口の中が広くなると、舌も動くようになります。

口の形がしっかり変ること、舌が動ききちんと発声することがまず基本です。

かつぜつの悪さと言うのは、結局「口をあまり開けずに早口でもごもごっとしゃべる」ことが原因なんです。
特に録音すると音が若干こもるので、もっと悪く聞こえる場合もあります。

ゆっくりでいいから、はっきり。少し大きめの声で。
慣れてくると多少の早口でも口がちゃんと動くようになるので、気になるほどのかつぜつの悪さというのはなくなると思います。

参考にしていただければ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
練習してみますね。
確かに早口だと人に言われるので、ゆっくり話すようにしてみます。
録音したものも、相当ゆっくり話したつもりだったのですが、すごい早口でした・・・。

お礼日時:2007/07/08 20:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング