こんにちは、みなさん!!

Q.米国株価が上昇すると、本邦株価も上昇刷ることがあります。
  これはなぜですか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日本の株価はアメリカの株価に完全に反映しています。


アメリカの株価が下落すれば、下落。上昇すれば上昇します。

アメリカの株価が上昇することは、アメリカの企業の業績が良く先行きが明るいことになります。
同時に雇用統計も良く経済の順調さを指します。
経済が順調なら、家電、自動車など日本の輸出産業も順調で業績が伸張します。従って、国内の牽引役の企業の今後の伸びが期待できます。

逆に株価が下落すれば、今後の企業業績は下がることを予測しているので、米国経済は減速します。
減速すれば次第に物は売れなくなり、日本製品の販売不振にもつながります。米国の投資家も損をし、日本への投資意欲が削がれます。

また、日本企業の業績は下方修正を余儀なくされ、経済は混迷し、株価を下げます。
    • good
    • 0

シンプルですが、非常に奥が深くて議論の余地が溢れる、とても良いご質問だと思います。



これはあくまで一つの側面ですが、日本の主たる産業は製造業で、そのような製造業を営む企業の多くが、主な市場としてアメリカ市場への輸出に頼っています。例えばトヨタやホンダなどは、売上の7割がアメリカ市場での売上だと言われています。単純にして言えば、アメリカの経済が傾けば、そのような日本の輸出製造業企業の売上が減少するわけで、当然それは日本の株価に影響してきます。そのような密接な経済のつながりが、投資家心理、そして毎日の株価にも如実に表れているのだと思います。
    • good
    • 0

日本はアメリカの51番目の州だから

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株価の上昇

株価の上昇はGDPやGNPに含まれますか?それとも生産物ではないから含ませないのでしょうか?

Aベストアンサー

GDP(国内総生産)、GNP(国民総生産)を説明した文書を読むとわかります。
手近なところではWikipediaの解説記事でしょうか。
まずはそれらにザッを目を通されてみることをおすすめします。

Q株価上昇は?

アベノミクスによるさらなる・おおいなる相当な株価上昇は、これから
見込めないのか?

Aベストアンサー

短期ではなく長期的な視野から見れば、見込めるでしょう。
一時的な暴落や調整は必ずあります。
日本株はまだまだ安いです。
東京オリンピックに向け上昇基調でしょう。
ただ、神様でない限り、将来について正確なことを言える人間はいません。

Q【株】PER(株価収益率)が高すぎる会社はなぜダメなんですか? PER(株価収益率)とは株価を1株

【株】PER(株価収益率)が高すぎる会社はなぜダメなんですか?

PER(株価収益率)とは株価を1株当たりの当期純利益で割った値で、日経平均銘柄だと14-16倍だそうです。

で、PERが高い銘柄をスクリーニングするとワタミが2.43倍とPERで見ると良い会社に見えます。

進学会だと3.02倍でブラックワタミ嫌いの人なら進学会の株を買えば儲かると思うのですが投資家は買ってないですよね。

なぜ買わないんですか?

PER(株価収益率)は良いですよね?

Aベストアンサー

PERが平均より高い会社がダメとは限りません。
PERが高いということは、それだけ評価が高い、高い成長が期待されているということでもありますので。
その期待に応えられれば株価はさらに上昇する可能性があります。
逆にそれなりの成長は続けていても、期待されているところまで到達しないと株価は下落ということもあります。

ワタミが2.43倍というのはPBR、純資産倍率ですね。PERとは違います。
進学会だと3.02倍というのはなんの数字が意味がわからないです。PERでもPBRでもないですね。

株価は単純にPERの高い低いだけでは判断できません。
様々な要素を幅広く考える必要があります。

Q安倍首相は日経平均株価を幾らにするのが最終目標なんですか?いま日経平均株価は1万7000円で十分

安倍首相は日経平均株価を幾らにするのが最終目標なんですか?

いま日経平均株価は1万7000円で十分に高いと思うんですけど、ジュニアNISAで0歳から投資出来て非課税でしょ。さらにマイナス金利を導入して銀行預金している預金者を株投資に目を向けさせようとしてますよね。

4年前の日経平均株価って9000円だったんですよ。

それが2万円になって、いま1万7000円。

安倍首相は更に上を目指してるようだけど、日経平均株価が2万円代を1年間キープしたのはバブル期の1987年から1991年の5年間しか戦後60年のうち5年しか日経平均株価は2万円の時代はなかった。

安倍首相ってもう1度バブル期を起こそうとしてるんですか?

国内株を国民で買って、企業を国民総出で支えようっていう流れですけど安倍首相は1万7000円で満足してないようなので幾らまで持っていくのが最終目標なのか知ってますか?

Aベストアンサー

株価の目標というのは明確ではなく、参院選に向けてあまり大きく下げなければ良いと考えています。それよりも、インフレがしっかり進行し、円安に為替が大きく振れた結果、企業業績がよくなり、従業員の給料がアップされ、それが消費に回る経済成長過程を作り出したいのが、狙いです。その結果2万3000円程度を狙えればよいと考えているようです。

お金のこと学んで得する
simulize.com

QNY株価が下落し、日経株価も大きくさがってますね。

5年以上上昇してきたNY株価の終焉、

日米株価の暴落の可能性はあると思いますか?

Aベストアンサー

5年以上上昇してきたNY株価の終焉、

日米株価の暴落の可能性はあると思いますか?

★回答

QE3が今月終了する 近い将来に暴落すると言うことが
不安シナリオになってるから

FRBはむちゃしない

不安シナリオになってるから 先物主導でねらってくる  売りが入るでしょうが限界ありと思いますけど。
日本だけ落っこちる可能性はあるねー もどり悪いとなる。


今年 国内 日経225 年末 18000円とか言ってた あおり証券アナリストの言うこと信じない人は
年始に現金ポジション上げてますので ゆっくり買い場になりますねー

財務省系の 御用学者 大手証券 為替 アナリストおおはずれ 消費税で株下落 
天候のせいですと 嘘こいて 言い訳
近頃意見かわってきた ておくれじゃんWWW

為替はFX 短期のゼロサムゲームで 長期トレンドはわかってない かなりいかがわしい。
短期のことしか言わない(いいとこ 年内程度) 外為どっとコム
レバレッジがかかってる投機の話なので チャート見て順張りの客への話がメインである。
外為どっとコム  2013年セミナー
オリンピック成功で確定 消費税上がる 法人税減額で円安? 株高 とか言ってるセミナーだった
来年4月以降は無視してるのか?短期為替マーケットしか見てない
竹中 田原
http://www.gaitame.com/seminar/tokyo_130907/


普通に考えれば わかってたことじゃねーの?
財政再建に舵きった国の株は ぜったいあがんねーよ イギリスなんか長期でUSと比べりゃあきらか
増税やってる日本経済のダニ=財務省中高年官僚

★日本成長率、先進国で最大の下方修正?
ベストアンサー
http://okwave.jp/qa/q8782922.html

2014年後半には消費税増税の影響で再び不景気?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8363480.html

<まともなアナリストは前から言ってるよねー>

三菱UFJ カブコムの投資室長が解説
アベノミクスの命運は消費税判断が握る?
http://www.youtube.com/watch?v=Tmm8mIeIqic&feature=youtu.be


村上尚己 アライアンス・バーンスタイン マーケット・ストラテジスト兼エコノミスト日本株を復活に導く「第2の矢」の方向転換
http://jp.reuters.com/article/vcJPboj/idJPKBN0GJ03120140819
安倍政権の財政政策(第2の矢)が問題ということだ。これが変われば、日本株市場は再び復活するだろう

テレビのは当たらない↓www典型的
http://www.twellv.co.jp/event/market_analyze/

消費税増税に伴う駆け込み需要後の反動について
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8524397.html

5年以上上昇してきたNY株価の終焉、

日米株価の暴落の可能性はあると思いますか?

★回答

QE3が今月終了する 近い将来に暴落すると言うことが
不安シナリオになってるから

FRBはむちゃしない

不安シナリオになってるから 先物主導でねらってくる  売りが入るでしょうが限界ありと思いますけど。
日本だけ落っこちる可能性はあるねー もどり悪いとなる。


今年 国内 日経225 年末 18000円とか言ってた あおり証券アナリストの言うこと信じない人は
年始に現金ポジション上げてますので ゆっくり買...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報