皆様のご意見をお願いいたします。
私は、現在・一戸建ての購入を考えています。
購入予定の建売物件の地盤調査(SS試験方式)の結果を確認したのですが、不安な点があります。測定ポイント5箇所に対して試験を実施している内容の結果報告書を見たのですが、下記内容について不安におもっています。

(1)貫入深さが3mまでが1箇所、6mまでが3箇所、10mまでが1箇所と測定ポイントによって違います。3mまでの測定ポイントは岩等があったのかそこまでしがはいらなかったそうです。私なりに調べた結果、10mまでの測定が標準のようですが、私が購入しようとしている売主の試験は大丈夫・なのでしょうか?

(2)5箇所の測定ポイントの内、1箇所の結果が貫入深さ0.75・1mの所で換算N値が2.3となっており、その周りを2箇所再測定しております。その再測定の結果はN値3.2程度でていますが、試験結果総括で湿式改良柱体を入れ補強対応する事が望ましいと判断していますが、売主は補強していません。(ベタ基礎工法にて施工)この対応は大丈夫なのでしょうか?売主側で判断し大丈夫であると判断しているそうですが・・・。ちなみに売主は実績もあり歴史もある中堅工務店です。

上記の内容で、購入予定の土地が一部地盤が良くない結果がでていますが、補強をしていないため、その部分が地盤沈下等を起こし家が傾く等の不具合がでるのでは?と心配しております。家は一生の買物で、サラリーマンである私としては買い替えの出来ないものでもあり失敗はしたくありません。売主はWEB上の評判でも技術力・建物の信頼度は高いようですが、営業が弱いというか今一信頼ができません。
知識・経験のある方のご意見をよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

深度毎のN値と地質情報(備考欄のサウンディング実施者によるコメント)を見てみないと判断が難しいのですが、深度10mまで礫に当たらず測定できた箇所が気になります。

また5箇所の測定地点のどこが貫入深さ3mで、どこが10mなのかの位置関係も気になります。

礫混じり粘土層でたまたま玉石に当たらなかっただけなのか、深度10mまで粘土層が連続しているのか。もし礫混じりであれば、小礫に当たる場合もありますので深度によるN値のバラツキがあるはずです(縦軸に深度、横軸にN値をとった曲線がぎざぎざになる)。反対に粘土層であれば換算N値分布は比較的滑らかな曲線を描きます。

全体が礫混じり粘土層であれば貫入深さのバラツキは玉石に当たったかあたらなかったかの違いですので、不同沈下は起こりにくいと思われます。逆に敷地の中に礫層と粘土層が混在していれば不同沈下の原因となりますし、敷地の一部が盛土されている可能性もあります。

N値3というのは決して強固な地盤ではなく、3以上あれば良いというものではないのです。深度1.25m以深は換算N値3以上ということですが、深度を増す毎にN値は大きくなっているでしょうか。3程度の値がだらだら深層まで続く地盤は好ましくありません。貫入深度3m、6m、10mの調査結果について、深度とN値の分布を比較して見ることをお勧めします。

あともう一つ。地盤が礫混じりであるばあい、礫が地表に現れている場合も多いです。敷地内、あるいは周辺の露頭に礫が見られないでしょうか。
    • good
    • 0

3mまでが1箇所、6mまでが3箇所、10mまでが1箇所ということは、恐らく礫が混入している地質だと思います。

礫層が比較的浅層に出ているならば、沖積層が厚く堆積している地域と異なり、支持基盤としては優良だと思います。

問題はこの層の上面深度が場所によってまちまちであることです。支持層よりより上面の、緩んだ表土厚が場所によって異なると、不同沈下が起こる可能性があります(盛土の可能性もあります)。

深度1mまでの換算N値が小さいだけで、それ以深が大きいのならば、べた基礎を施工するときに結構な深さまで掘り込み、砕石で置換して締め固めますので、それ程問題にならないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kappa99様。丁寧なご回答有難う御座います。
御指摘の通り礫が混入している地質のようです。
また、0.75・1mの所で換算N値が2.3の測定ポイントにおいてその上層0.25・0.5mは換算N値が3.0あり、1.25mより下層は換算N値3.0以上あります。
この場合は、支持基盤としては優良でしょうか?
度重なる質問、申し訳ありませんがご回答頂けますと助かります。
有難う御座いました。

お礼日時:2007/07/09 19:29

まず5箇所はOK。


SSですので3m部が出るのは仕方なし。
(本来はボーリング併用が望ましいのですがSSの3倍はしますからねえ、一般にはしませんね)
ポイントは貫入3m、N値3前後(粘性土ですね)の場所が建物のどの辺にあたるのか。
(3mとN値3前後の場所は同じ?違う?)

>試験結果総括で湿式改良柱体を入れ補強対応する事が望ましい

なんだかんだ言ってもこの言葉には勝てませんね。
恐らくN値のバランスが単純に悪いのでしょうね。
>望ましい
ですか・・・・

さて・・・・
平屋部分にちょっと怪しい地盤あり、ただほとんど荷重を受けない、強力な地盤保障に加入している、そして全データを片手に構造建築士(構造専門の熟練建築士)に依頼同行、判断を仰ぐ。
その結果「心配なし」と言われたと仮定します。

この物件にとても大きな思い入れがあれば買い。
思い入れが無ければ先の面倒な建築士依頼等せずに違う物件を探すでしょう。私なら、ですが。

>営業が弱い
強い(口八丁)より私は好きです

>今一信頼ができません
これは大きいですね、理由は解りませんが住宅建築(購入)ポイントの筆頭クラスでしょう、長い付き合いになる訳ですし。

それにしてもかなり勉強されてますね(この理不尽な業界に対峙する上では馬鹿馬鹿しい話ですが買手も相当の努力が要求されます)。
敬意を表しつつアドバイスを閉じさせて頂きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kaitiku様。
大変丁寧なご回答有難う御座います。
私も人生最大の買い物?になるであろう物を購入との事で、人生始まって依頼位に勉強しております・・・。少々、疲れましたが・・。
WEBって有難いですね。昔なら参考書や専門書をひたすら読み漁るしかなかったかと思うのですが、WEBで大概の事は調べられますし今サイトの様に専門家の方や、経験者の方にアドバイス並びにご指導いただけるのですから・・・。
感謝・感謝です。
有難う御座いました。
売主にもっと質問及び対話してみます。

お礼日時:2007/07/09 19:35

敷地の出自、過去の造成記録、土質がわからないのでネットでの回答は困難です。

また、仮に3m以上の貫入が不可能であったとすれば、質問者様が「いや、10mまで調べてくれ」と言っても物理的に不可能ですよね。

打合せ窓口の社員さんに対し
・契約書の約款で交わされる基礎の保証内容の確認
・SS法は元々そんなに精度の高い調査法ではないので(コストパフォーマンスは高いと思っていますよ)どれくらいのマージン(および根拠)を見込んだ基礎の判定なのか質問を投げかける。
・まじめな地盤調査屋さんなら、敷地周囲の建物の基礎クラックや犬走の沈みこみ
 を調べているかもしれません。調書を確認して下さい。
 *周囲の家がどの様な補強を行なったかデータがないと確度は低くなりますが、土地の地盤特性の指標(の一つ)になります。

上記の質問を投げて、データをそろえて貰うとともに、敷地に対する不安を抱えていることをアピールして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mulciber様。
丁寧なご回答有難う御座います。
契約書の基礎保障内容を早速確認してみます。
また、地盤調査を実施した業者さんに確認を取ってみるのも手ですね・・。結託されてしまうかもしてませんが・・・。
最大限努力してみて納得して購入するか、しないかを判断したいと思います。
有難う御座いました。

お礼日時:2007/07/09 19:39

私なら購入しません。


少なくとも一箇所でも支持地盤が深いところがあれば、べた基礎であろうが布基礎であろうが、その部分が沈下することを防ぐことは出来ません。
将来、不同沈下を起こさないと言う保証はありません。
中堅工務店と言うことですが、我が家のご近所さんでも18棟中2棟は地盤改良無しで建築しました。そのHMは「タ○ホーム」と「アイ○ルホーム」です。土地は別の会社が開発したものですが、元、田んぼでした。開発した会社は絶対地盤改良すべきなのにって言っています。
このように、中堅であろうとなかろうと、会社の考え方やその時の担当によって、手抜き工事はなされるものです。
私なら絶対に購入しないでしょうね。

この回答への補足

ちょっと補足させて頂くと言うか・・。
この物件も現在15棟程建設されていますが、3~4棟程は地盤補強してあります。(私が購入予定の物件は補強されていませんが。)SS試験結果は見ていませんが、恐らく悪い数値だったでしょう。
よって地盤に少し難点がある場所だと言うことでしょうかね。

補足日時:2007/07/09 19:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

syouchikub様。
貴重なご意見有難う御座います。
私も同意見で、納得できないならば購入はしないつもりです。一番大事な所でもありますし・・。
ただ、この8ヶ月程それなりに家探しに奔走し、やっと自分達なりの合格点をつけられる物件に出会えたものですから、気持ちにふんぎりをつけるのは勇気がいります。妻も”購入しない!!”っと私が言った場合、腰抜かす程ビックリして泣いちゃうかもです・・。気が重い・・。
syouchikubさんみたいに強い気持ちがあれば良いのですが。納得いくまで調査及び打合せをして決断したいと思います。
有難う御座いました。

お礼日時:2007/07/09 19:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィリピン ブラカン州の住宅地図を閲覧できるサイトはありますでしょうか?

フィリピン ブラカン州 住宅地図のサイトはありますでしょうか?

●ブラカン州 マロロス市 CANALATE(カナラテ)の住宅地図
●ブラカン州 CALUMPIT市 BALUNGAO(バルンガオ)の住宅地図
上記2箇所、日本の住宅地図のように住民名・通り名など詳しくわかる地図、サイトなどご存知の方がおられましたらご連絡お願い致します。

有料でもかまいません。

Aベストアンサー

#1さんのご回答の通りです。
フィリピンでは、住宅地図はおろか市街地図ですら大都市のものしか存在していません。

一応地図を検索できるWebサイトを記載しておきます。
実際にご覧になられればお分かりになられるはずですが
どのサイトもせいぜい通り名称までのようです。

http://www.mapcentral.ph/

Enter Keyword:に「CANALATE」、Enter Location:に「city」と入力して下さい。
別のご質問へ回答した衛星写真(wikimapia)近辺が表示されますが、残念ながら通りの名称までになっています。


また、こちらは「フィリピン地図リンク集」になります。
http://www.hir-net.com/link/map/philippines.html

※リンク切れが多いようです。

回答にはなっていませんが、ご参考まで。

Q地盤改良後の地耐力

初めましてこんばんは。
2階建て軽量鉄骨の店舗兼住宅を新築中なのですが、地盤調査をしたところ、地盤改良(表層改良)が必要との事になり地盤改良を行っていただきました。
工事も進み建て方も済んだ頃に、何気なく施工会社さんに地盤改良してどのくらいの数値(N値)が出たんですか?と聞いたところ、地盤改良後の地耐力は測定してないとの事でした。

少し不安になり確認申請書の書類や図面を見ましたが、地盤改良を行う旨が特に出ていませんでした。
(地盤調査自体が遅くなり、確認申請が下りる頃になってしまったせいも有りますが)

もう施工してしまった、表層改良に関してセメントの配合量等から地耐力の推定値とかは判るものなのでしょうか。

また、地盤改良後の地耐力の測定は建築の法律的には義務づけられてはいないのでしょうか(行政の完了検査時に確認は無いのですか)

工事会社さんの不手際でしたら、今からでも測定できないか要求してみたいのですが、お手数かけますがアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1です。

> 構造規模的にも基礎(ベタ基礎)の方法からしても、
> 余裕を見越しての地盤改良方法をして有ります

この説明は、設計段階で説明してお施主の了解を取るものですが・・・。
設計する前に地盤調査もしてない様ですが、
では何を根拠に構造設計をしたのかちょっと疑問ですし、
お施主が了解している設計内容を実現する為の、施工計画も説明されてないのですか?
どんな設計でどんな施工をしてくれるか確認せずに発注してしまわれたのですね?
設計した人が工事監理もされているのですね?
やはり、全ては工事監理者のすべき事と思いますので、工事監理者が仕事しないなら、
施工会社の現場管理者か各専門工事会社に直接説明を求めて良いと思います。

> 改良工事は施工会社で行ったようなのですが、改良工事を行うには
> 専門の資格が有る業者で無ければならないのでしょうか。

元請施工会社の下請として専門工事工事会社が地盤改良工事を請負う場合は、
その専門工事会社が「とび・土工・コンクリート工事」の建設業許可を持っていると思いますが、
元請施工会社が持っている建設業許可で、直接工事をする場合も有ります。
建設業許可の種類一覧表を貼っておきます。
ですがこの許可証を持っているかどうかが問題ではなく、もっと根本の、
お施主の了解の下で設計と施工がなされるべき所、了解したくとも説明すら
受けてないようなので、h02060709さんの疑問が起こるのは当然の事と思います。
今からでも遅くはないですから、一度、設計内容も、施工内容も、
すべて納得の行くように説明をしてもらった方が良いように思います。
そして、工事監理者には代理人契約して、ちゃんと工事を監理し、逐一報告してもらいましょう。

参考URL:http://www.pref.okayama.jp/doboku/kanri/gyoshu.pdf

No1です。

> 構造規模的にも基礎(ベタ基礎)の方法からしても、
> 余裕を見越しての地盤改良方法をして有ります

この説明は、設計段階で説明してお施主の了解を取るものですが・・・。
設計する前に地盤調査もしてない様ですが、
では何を根拠に構造設計をしたのかちょっと疑問ですし、
お施主が了解している設計内容を実現する為の、施工計画も説明されてないのですか?
どんな設計でどんな施工をしてくれるか確認せずに発注してしまわれたのですね?
設計した人が工事監理もされているのですね?
...続きを読む

Q住宅地図と市街地図

住宅地図と市街地図とはどのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

 住宅地図は、都市計画図など自治体や国土地理院などが作成した地図を元に、表札情報を追加した地図です。なので、地図表記の基本は守られています(北は上にするとか)。
 最大手のゼンリンの場合、大規模な都市部では、毎年、半年くらいかけて全戸の表札を調査しています。このため表札が確認できなくなった場合などは、住んでいる人と、住宅地図上の表記が異なることもあります。
 まあ、細かいミスなどはありますが、住所から場所を特定できる地図は、これしかないですね。
 

Q地耐力の「耐力」の定義は?

「地耐力」を調べると、地盤がどの程度の荷重に耐えられるか、また、地盤の沈下に対して抵抗力がどのくらいあるかを示す指標のこと。とのことですが、その「耐える」の定義がよくわかりません。例えば3t/m^2 の地耐力がある場合、3t/m^2の荷重をかけたら1mmも沈下しないのでしょうか。あるいは「×mm以内の沈下を"耐える"と定義する」のような数値的な定義はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

地盤は完全でない弾塑性体です。
平板載荷試験を実施した場合 当初荷重に比例して地盤が歪み(沈下し)ます。これが弾性域です。荷重を徐々に増加させていくと、そのうち荷重を増加させなくても歪みだけ大きくなってくる荷重が出てきます。これが地盤が塑性域に入った事になり、そのときの荷重が極限地耐力になります。
極限地耐力の1/3が長期許容地耐力になります。
どんなに硬い鉄やコンクリートも応力を加えると変形します。直径2,3mのコンクリート杭も建物の荷重が加わると圧縮され縮みますし、杭を支える地盤も歪みます。(その量はたいしたことありませんが、計測可能な範囲です。)
貴殿の考えるように許容沈下量を元に杭基礎の設計を行う事も可能です。

結論
長期地耐力内であっても荷重を加えると、必ず地盤は沈下する。沈下量はその地盤の特性によるため、定量的にいう表すはできない。

※話を簡略化するために、混乱を招くような事はすべて無視しています。あまり突っ込まないようにお願いします。

Q東京の住宅地図を関西で見たい

東京の国会図書館に行けば
全国の住宅地図(ゼンリン)を見ることができるようなのですが,

関西で東京(23区)の住宅地図(できれば2001年発行)が
見られる図書館とか施設はあるのでしょうか?

国会図書館関西館には住宅地図がないらしく,
かといって東京まで行く費用がないもので・・・

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

少なくとも兵庫県の図書館には ないようですよ。

図書館はその県の住宅地図しか置いてないのですかね。

http://www2.library.pref.hyogo.jp/cgi-bin/ilisod/odplus.sh

下のサイト  ゼンリン の

住宅地図サービスはいかがですか。

私は利用したことがありませんが・・・・・

有料ですが、新幹線代より安いようですね(笑)

参考URL:http://media.ffn.ne.jp/zenrin/

Q地盤改良に詳しい方、教えて下さい 田んぼだった分譲地の一区画を購入し、地盤調査をしました。結果は柱状

地盤改良に詳しい方、教えて下さい

田んぼだった分譲地の一区画を購入し、地盤調査をしました。結果は柱状改良工法で改良工事。工務店からはこの地域で地盤改良は聞いたことがない、この結果はおかしい、セカンドピニオンをと言われ、2つセカンドピニオンを受けました。1つめは同じく柱状改良工事。2つめは改良工事なしベタ基礎でok、20年保証つけてくれると。

工務店は20年保証をつけてくれる2つめのセカンドピニオンでと進めてくれますが改良工事をせずに建てていいものか、どれを信じていいものか困り果てています。アドバイスを頂けると嬉しいです。宜しくお願いします。

建坪約21坪 木造二階建て
スウェーデン式サウンディング試験
水位 GL -0.90m
(1) 北東
0.25〜1m 砂質土 N値5.2〜7.6
1.25〜1.75m 粘性土 N値1.5〜2.3
2m〜2.55m 砂質土 N値5.5〜30.0
(2) 南東
0.25〜0.56m 砂質土 N値30.0
(3) 南西
0.25〜0.30m 砂質土 N値30.0
(4) 北西
0.25〜1m 砂質土 N値2.8〜4.1
1.25〜1.50m 粘性土 N値2.3 1.5
1.75〜6.75m 砂質土 N値2.8〜15.4
6.97m 砂質土 N値30.0
(5)建物の中心位置
0.25〜1m 砂質土 N値7.4〜30.0
1.25〜1.50m 粘性土 N値2.3
1.75〜2.33m 砂質土 N値6.3〜30.0

地盤改良に詳しい方、教えて下さい

田んぼだった分譲地の一区画を購入し、地盤調査をしました。結果は柱状改良工法で改良工事。工務店からはこの地域で地盤改良は聞いたことがない、この結果はおかしい、セカンドピニオンをと言われ、2つセカンドピニオンを受けました。1つめは同じく柱状改良工事。2つめは改良工事なしベタ基礎でok、20年保証つけてくれると。

工務店は20年保証をつけてくれる2つめのセカンドピニオンでと進めてくれますが改良工事をせずに建てていいものか、どれを信じていいものか困り果てて...続きを読む

Aベストアンサー

NO2です。
造成2か月ですか、造成方法が不明ですが浅層又は深層地盤改良等していない限り
地盤はまだ落ち着いていませんね。
ひょっとして施工考えてる工務店が開発造成会社と一緒ですか?
それなら地盤改良しないでと推すのも判ります、造成方法の不備突かれたくないし
傾いても地盤調査会社の判断ミスって事に出来ますから。

ところで他の方が粘土層の液状化を心配されてますが本当に粘土でしたら液状化はしません。
又、粘土層はN値が低くても地耐力は出ますのでこの点も申し添えます。
ただ、先にも申しましたがSWSは本当の地質は判りません、粘性土がシルト層であれば
液状化と低地耐力且つ圧密沈下が出る層となります。
詳しくは地盤調査報告書の知見欄に液状化に関するコメントがあると思いますのでそちらを参考にされて下さい。
やっぱり一度工務店以外の専門家の意見を聴かれた方が良いと思います。
地元の建築士事務所協会とか建築士会とかで相談にのってくれるははずですよ。

Qコンビニで住宅地図?

先日、宅配便業者のような人がコンビニのレジの人に「住宅地図を見せて」といいコンビにの人が住宅地図を渡していました。

これってコンビニのサービスなんですか?

私は今度、地域の役員をやるのですが引っ越して1年足らずでまだあまりご近所さんを把握していません。住宅地図を見ることができるなら見たいのですがどこのコンビにでも見せてもらえるのでしょうか?

ちなみに最初に書いたコンビニは家から遠い所だったのですが、このサービスがあった場合、そのコンビニの近辺の住宅地図のみですよね?

コピーを取ったりもできますか?

ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

住宅地図をじっくり見たいのでしたら、図書館に行かれてはいかがでしょう。
地域の住宅地図でしたら、おいてあるはずです。

コピーがとれるかはわかりません。

Q圧密沈下が収まった場合の地耐力は?

私の家は築20年です。3t/m2の基礎で建築しましたが、不同沈下(圧密沈下)が起きてしまいました。ここ数年の調査では、地盤沈下は収まっています。建てかえを検討していますが、業者は沈下は収まったから3t/m2で建設可能といいますが、20年で地盤は良くなるのでしょうか。
業者は、スウェーデン式サウンディング試験で調査しました。

Aベストアンサー

同様の事例で、入念な転圧地業でべた基礎で地盤保障は得られるケースで
6-7m下の支持層まで鋼管杭を打ち込みました。

金額的にはかなりのものですが将来的な構造欠陥のリスクを考えての判断でした。
瑕疵担保保障で補修費用が出る云々ということではなく、あくまでサウンディング試験は
載荷試験の回転数をN値に換算して安全率を見るという指針に過ぎず、例えば造成地の盛り土や
地中水位の高い沼池跡地など、一度でも不同沈下を起こした地盤は数十センチ以上離れた部位で
再び沈下を起こす可能性は否定できません。 回転数ゼロの層があり、載荷試験体が自沈しても
荷重100kgで3トン程度の地耐力を見ることはあります。
だから実際はかなり弱い層があるのかも知れません。

20年間30トン~の長期荷重をかけていたという事はある程度のしまりは期待できますが、
表層50cmから深さ3m程度までの地質に支持層として不安がある場合はその内容に応じての
地盤改良や杭工事の検討は必須だと思います。 あくまで、私たちの工務店の施工基準ですが、
長期優良住宅などでも地盤強度に設計者判断の根拠を示さなければ成らない等、昔に比べて
かなり厳しくもなっていますから、改良工事の検討は一般的な考えではないかと思います。

同様の事例で、入念な転圧地業でべた基礎で地盤保障は得られるケースで
6-7m下の支持層まで鋼管杭を打ち込みました。

金額的にはかなりのものですが将来的な構造欠陥のリスクを考えての判断でした。
瑕疵担保保障で補修費用が出る云々ということではなく、あくまでサウンディング試験は
載荷試験の回転数をN値に換算して安全率を見るという指針に過ぎず、例えば造成地の盛り土や
地中水位の高い沼池跡地など、一度でも不同沈下を起こした地盤は数十センチ以上離れた部位で
再び沈下を起こす可能性は否定できませ...続きを読む

Q住宅地図の上手な入手方法は?

 いつもお世話になります。

 ボランティア活動のために住宅地図(全戸の世帯主名が記載されている地図)を必要としています。住宅地図の下見のために先日書店に行きましたが、かなりの高額(8000円)でしたので購入することができませんでした。私はかなりの田舎町に住んでおり、世帯数も少ないにも関わらず、住宅地図って高いものですね。

 もし皆さんが以下の情報をご存じでしたら、知恵をお借りできないでしょうか?

Q1:住宅地図を定価より安く購入する方法がありますか?(いくらか古くても構いません。)あるいは(無理を承知で)無料で入手できる方法はあるものでしょうか?

Q2:住宅地図をコピーすることについてはどのように考えたらよろしいでしょうか?地図には「禁複写・複製」と書いてありますが、個人で使う範囲であれば何枚コピーしても構わないのでしょうか?それとも何らかの法律に抵触しますか?

 以上の点についてご存じの方がおられましたら教えてください。お手数をおかけします。

Aベストアンサー

ゼンリンの住宅地図ですね。
あれは、そんなに部数が売れるわけではないので、料金が、高めに感じるのは、無理もないですね。
あの地図、昔は、本で、製本してありましたが、最近の物は、バインダー式になってまして、非常にコピーがしやすくなっております。
あと、法律的ですが、当然、購入者が、コピーして、自分で使う範囲では、許容範囲だと思います。
でも、購入者以外が、コピーして使うの違法だと思います。でも、そんなこと、気にしてる人は?
あと、住宅地図をもっていそうな所は、いっぱいありますよ。
既出の不動産屋とか、田舎でしたら、配達するような商売をやっている所は、持っているお宅は、多いです。
すし屋、電気屋、仕出し屋、出前をする飲食店・・・
私の実家も、配達を多少するので、ゼンリンの住宅地図がありますよ。
身近な所をあたってみてはどうですかね。
あと、住宅地図を安く手にいれるには、地元の掲示板などで、書き込みされては、どうですか?
住宅地図は、4年?(適当です)置きぐらいに、新しいのが、発売されます。ですから、毎回購入している所は、古いのが不要になります。
事情を話せば、無料でくれる所もあるかもしれません。
あと、ボランティアでしたら、行政に相談すれば、古いのくれたり、商工会などを紹介してくれるかもしれません。
古いのをもらえれば、合法的に、コピーし放題ですね。

ゼンリンの住宅地図ですね。
あれは、そんなに部数が売れるわけではないので、料金が、高めに感じるのは、無理もないですね。
あの地図、昔は、本で、製本してありましたが、最近の物は、バインダー式になってまして、非常にコピーがしやすくなっております。
あと、法律的ですが、当然、購入者が、コピーして、自分で使う範囲では、許容範囲だと思います。
でも、購入者以外が、コピーして使うの違法だと思います。でも、そんなこと、気にしてる人は?
あと、住宅地図をもっていそうな所は、いっぱいありま...続きを読む

Q耐火建築物等で、建築物の部分について、外壁で耐力壁や非耐力壁、また間仕

耐火建築物等で、建築物の部分について、外壁で耐力壁や非耐力壁、また間仕切り壁で耐力壁や非耐力壁
等の区分がありますが、ここでいう耐力壁、非耐力壁とは、何を意味しているのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

耐力壁とは主要構造部分の壁、すなわち構造耐力を負担している壁のことを指します。
非耐力壁とは構造耐力を負担してない壁を言います。

もっと簡単に言うと、耐力壁は壊せない壁(壊すと家の強度が落ちる)
非耐力壁は壊しても影響の少ない壁(壊しても強度に影響が少ない)

建物が火災で倒壊してはこまるので、耐火建築物等では炎に耐えうる時間は、耐力壁のほうが長くするようになっていますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報