グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

文学理論の授業の課題で、好きな作品をひとつ選び、その作品の構造を説明し、またその作品に類似した作品を取り上げて類似点を説明しなければいけません。授業で扱った作品以外ということでとても困っています。なにかいい作品例があったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

これは「構造の取り出し方がわからない」というご質問として回答します。


一度、構造を取り出すことができるようになったら、あらゆる作品を構造から眺めることができるようになると思います。

あらゆる物語はひとつの文章にまとめることができます。

ここでは映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」を取り上げましょう。
一作目を取り上げるのは一作目です。二作目は完結していないし、三作目はずーっと見に行こうと思っているにもかかわらず、いまだにわたしがまだ見に行けていないからです。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」はどういう物語か。
これを一語でまとめてみましょう。ジョニー・デップに惑わされないよう。あと、サルにも。

・ビル・ターナーがジャック・スパロウの助けを得てエリザベスと結ばれる物語である。

これは何かを思いだしませんか?

・桃太郎はイヌ・サル・キジの助けを得てお姫様と結ばれる物語である。

そうです、桃太郎と同じ構造を持つ作品なのです。キャプテン・スパロウはイヌ・サル・キジだったんですね。

つまり、「構造を取り出す」というのは、こういうことをやることです。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」は、もうひとつ別のまとめかたがあります。

・鍛冶屋の徒弟ビル・ターナーが自分の父親を見つけ、父の跡を継ぐ物語である。

これも何かを思いだしませんか?

・一寸法師が自分の父親(堀川の中納言)を見つけ、父の跡を継ぐ物語である(堀川の少将→中納言へ)。

このように、あらゆるストーリーは

・主人公が何かをする物語

・主人公が何かになる物語

の二種類に要約することができます。
これが構造の一番基本的な型です。

そうしてあらゆる物語の構造は、すでに昔話に出てきている。
そういう角度から物語のモデル(範型)を、昔話に求めるのです。

もひとつおまけね、『ハムレット』を、

・主人公が父親の敵討ちをする物語

とまとめたとする。これは『かちかち山』と一緒。
あるいは別の角度から

・主人公が父親の死因を探す物語

とまとめたとします。
これは『オイディプス王』と同じ構造を持っている。

『オイディプス王』は「あらゆる物語の範型」とも言われています。授業で扱った作品にはあげてありませんでしたが、きっとやってると思います。

「テーバイの名君オイディプスは、自分の真の父を知る。父を殺したのは自分であり、現在の妻は自分の母であった」

というやつです。ここには「自分探し」もあれば「父殺し」もある、「近親相姦」もある、「隠された過去が現在に浮かびあがる」もあれば「運命」もある。いろんな「物語」が電話帳のようにつまっているわけです。もちろん「パイレーツ・オブ・カリビアン」が同じ構造を持っている部分もあります(だからジャック・スパロウの父親は出てきちゃいけないはずなんですが、どう処理がしてあるんだろう。気になる)。

まずは質問者さんが選ぶ小説を上記の二点で要約してみてください。
そうしてその構造はほかのどれと同じか。
そうすることで、物語の基本構造を取り出すことはできるようになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とってもわかりやすいです!!
これらを参考にして、自分なりに考えてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/13 12:29

#1です。

なるほどわかりました。
たとえば、
http://www5a.biglobe.ne.jp/~gegebo/ultra.htm
こういうことをやればいいんじゃないでしょうか。
もっと素朴な形でもいいかもしれませんが、
それは講義内容次第ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます!!
講義内容と比較して、自分なりに考えてみます。

お礼日時:2007/07/13 12:32

それを聞きたければ授業でどんな作品を取り上げて


どのように説明されたのか示さなければ話になりませんよ。

この回答への補足

すいません。
授業で扱った作品は、
「指輪物語」
「穴」
「ライ麦畑でつかまえて」
「ハムレット」
「日本昔話」
です。
質問の補足ですが、好きな作品に構造が類似する作品は授業内で扱った作品でもいいということです。

補足日時:2007/07/11 15:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『ハムレット』を皆様はどう思いますか?

ハムレットを読みました。勿論、シェイクスピアのです。
有名な話ではありますが、あまり感動しませんでした。ちょっと期待はずれというか…。人が全員死んでおしまい、という空虚感が残っています。悲劇だから人が死ぬのは不可欠かもしれませんが、あまりにもハムレットの人生を狂わせた出来事がうまく行き過ぎるようで…まぁ確かに古い話ではあるのですがネ^^;

皆様の『ハムレット』に対する意見、感想、見所&利き所など教えてください。ついでに好きなキャラクターなどや、好きな場面・クライマックスシーンなど。

皆様の解答、それを踏まえてもう一度読んでみます。

Aベストアンサー

わたしはハムレット、好きですね。
しかしどこが見どころかと言われると、ちょっと困ります。

そもそも(と大きく出ますが)ハムレットは基本的に戯曲なのです。舞台にかけるために書かれたものですね。なので、真骨頂を味わうのであれば舞台を見るべきかも……というのが「見どころ&聞きどころ」の答えになるかと思います。

しかしこれではお求めの答えになってはいないと思いますのでもう少し付け加えますが、わたしはハムレットは「ファザコン・マザコンの自己中心的(善良であっても)な若者の苦悩」という作品だと思っています。だからその存在に興味を持てる人は、受け入れられるんじゃないでしょうか。
更に多分……ですが、観客に対して派手に「運命の転変」を見せたかったというのもあるのではないでしょうか。まあ現代の視点から見て、それがご都合主義にしか映らないというのは仕方のないことだと思います。特に文にすると余計ね。

わたしがハムレットに注目したのは「オフィーリア」(J.E.ミレー)という絵からでした。
劇中では出てこないオフィーリアの自殺の場面ですが、その絵を見たことによってとても引き込まれました。
さらに未見ですが「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」という劇もあります。これらを考えると、実際描かれたものからまた別の物語をつむぎ出せるふところの深さがあるといえると思います。古典(になった作品)ならではといえるかもしれません。

しかしまあ、古典だからと言ってみんながみんな感動できるものでは決してないですからね(^_^;)。
というより小説(この場合戯曲ですが)は肌に合う合わないが如実に出る分野です。「なんでこんなんが古典として残ったんだろう?」というのは山ほどあります。というか、そう思うものの方がずっと多いのではないですか。
なので、ハムレットが「?」ならそれはそれでいいとして、別な作品(シェークスピアじゃなくても)に手を伸ばす方が建設的なのかもしれません。また10年後くらいに読んで見たら違った感想を持てるかもしれませんし。

ちなみにハムレットの舞台をご覧になる機会がありましたら、ハムレット役は年齢的に若い役者さんでご覧になるべきだと思います。
以前外人のおっさん(失礼(^_^;)四十代でしょうねー)のハムレットを見ましたが、おっさんにしか見えない……。王妃より老けて見えるハムレットじゃあかんやろ。
しかし真田広之さんは四十前後でもハムレットに見えました。日本人だとあまり気にならないかもしれないです。

ちなみに#1さまはロミオとジュリエットの話をしていらっしゃいますね(^_^;)。一応念のため。

わたしはハムレット、好きですね。
しかしどこが見どころかと言われると、ちょっと困ります。

そもそも(と大きく出ますが)ハムレットは基本的に戯曲なのです。舞台にかけるために書かれたものですね。なので、真骨頂を味わうのであれば舞台を見るべきかも……というのが「見どころ&聞きどころ」の答えになるかと思います。

しかしこれではお求めの答えになってはいないと思いますのでもう少し付け加えますが、わたしはハムレットは「ファザコン・マザコンの自己中心的(善良であっても)な若者の苦悩」と...続きを読む


人気Q&Aランキング