私は経理初心者です。皆様教えてください。

増資(新株発行)の仕訳について
500万円の増資を行い1/2を資本金、1/2を資本準備金に振替える場合

入金日に
 \5,000,000 普通預金/資本金 \2,500,000
           /資本準備金 \2,500,000

という仕訳でよいのでしょうか?

以前にも似たような質問が出ていたと思うのですが、新会社法の施行によって変わった点もあるかと思いましたので、再度質問させてください。
入金日に振替を起こすだけでよいのでしょうか?払込期日等は関係ありませんか?上司に質問をしても上司がわかっていないようです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

払込を「期日」とした場合と「期間」とした場合とで異なります。



「期日」とした場合には、その期日の前日以前に払い込まれた額については「普通預金/新株式申込証拠金」として期日当日に「新株式申込証拠金/資本金・資本準備金」とし、期日当日に払い込まれた額については直接に「普通預金/資本金・資本準備金」とします。

他方、「期間」とした場合には、期間内であればいつでも、払い込まれた日に「普通預金/資本金・資本準備金」の仕訳を切ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
期日と期間で仕訳が違うんですね。勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/07/14 09:39

間違いありません。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q技術を買取、資本金準備金に振り替えれるか

新会社を設立して直後にある技術を買取ましたが、未払いです。
買い取ったコストで資本準備金に組入れる事は可能ですか。
可能であった場合、買取は未払いで資本準備金に振り方もおしえて下さい。

Aベストアンサー

一応可能ではある。DESで資本に組み入れたうえで、資本準備金に回せなかった分を振り替えて資本準備金とすることは、できないわけではない。ただし制約はある。

Q累積赤字が資本金の倍の会社の増資

資本金1000万円の会社ですが累積赤字が2000万円あります。借入金は1000万円です。
このたび運転資金を借り入れることが困難なため第三者割当増資で管理職が出資することになりました。
設立時には1株1000円×1万株だったのですが、創業者の議決権を確保するため一株2500円で4000株の1000万円の増資を計画しています。
この場合実質0円の株が2500円で取引されることになりますが、贈与の問題が発生しそうな気がしています。その場合誰にいくらぐらいの贈与税が発生するのでしょうか?

Aベストアンサー

バランスシートで考えてみましょう。
【資産の部】 100円
【負債・資本の部】 負債(借入金と未払い金)200円+資本金(純資産)△100円
ここまでは、理解できますよね。

で、株価ですが、非上場株の場合の1株当たりの実勢価格は
純資産÷(発行株ー自社保有株)で算出が一般的。
つまり、1,000万円は丸々贈与と見なされる可能性が高い。
http://www.sozoku.yashio-office.com/sozokuoyakudachi/q117
税額は、ケースバイケース。

まぁ、支援銀行のアドバイスを受けながら、無利子社債の発行も検討アリではないかと。

Q増資した資本金について教えて下さい

増資のために法人口座に入金する私のお金は、増資後に会社設立時の資本金の
様に引き出して自由に使えるのでしょうか?

お手数ですがご回答頂けます様お願い致します。

Aベストアンサー

別に資本金は現金のまま保存しておかないといけないルールはありませんから。
引き出すことはできますが、それが給料なのか貸付金なのかは知りませんが、適正な処理をすれば問題りません。

ただし会社のためではなく、個人が自由に使うためなら、それなりのコスト(もらうなら税金、借りるなら利息)は支払わねばなりません。

Q利益準備金、別途積立金の反映タイミングについて

法人化後、初年度の決算が完了しました。

当期利益を利益準備金と別途積立金に振替えたいのですが、
振替えのタイミングがわかりません。

株主総会において剰余金の配当・処分が決議されてからということは、
決議日時点の翌年度で仕訳すればよいのでしょうか?

そうすると、初年度の株主資本等変動計算書では、
・繰越損益金に利益の全額が記載される
・利益準備金、別途積立金はなし

そして、翌年度の株主資本等変動計算書で
・初年度で決議された利益準備金、別途積立金を記載していく
・繰越損益金に初年度期末④を期首①へ、振替えた分を減②へ、翌年度利益を増③へ記載する

このように認識していますが、認識間違っていれば教えて下さい。

Aベストアンサー

>当期利益を利益準備金と別途積立金に振替えたいのですが、振替えのタイミングがわかりません。

当期の決算時点で(当期の期末日付で)当期利益を利益準備金と別途積立金に振替えます。

ですから、初年度の株主資本等変動計算書では、
・利益準備金、別途積立金を記載する。
・繰越損益金は、利益準備金、別途積立金を差し引いた残額を記載する。

もし万が一、株主総会で否決されたら、株主資本等変動計算書を書き替えて、改めて承認を求めることになります。これが正しい手続きです。

Q増資?増資じゃない?(こちらが正式な質問です)

小さな会社の経理初心者です。
先ほど、重要事項と思われる情報を入れるのを忘れていたので、
もう一度質問します。
間違えた方の質問を削除する方法が分からないので、もし、
回答下さった方がいらしたら、すみません。


会社の過去の決算関係書類を見ていたら、何年か前に、
別途積立金の数百万円を取り崩して、資本金に組み入れていました。
(「損失金処理」という書類に↑のことが書かれていました)

このことを会社の人は「増資した」と言っているのですが、
「増資」とは「創立後に、株を発行して資本金を増やすこと」だと思っていた
のですが、違うのでしょうか?
今回のケースで、資本金が増えたのは、株を発行して得たお金ではなく、
元は別途積立金だったお金なのに…?


そのあとの決算の決算関係書類を確認したところ、資本金金額が増え、
株数も増えていました。
別途積立金を取り崩しただけなのに、どうして株数が増えているのかよく分かりません。

初心者丸出しの質問で恥ずかしいですが、どうか回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

平成ひとケタであれば、会社法ではなく改正前商法の規制下だ。

利益剰余金の資本組入れが禁止されていたのは、平成18年の会社法施行後平成21年までだ。その前の改正前商法下では容認されていた。「何年か前」をここ数年内なのだろうと推定していたが、平成ひとケタなら問題ない。

改正前商法下では、配当可能利益を資本に組み入れて株主に株式を交付するという、いわゆる株式配当の制度が用意されていた。あなたの会社ではおそらく、株式配当をおこなったのだろう。

参考までに、現行の会社法下で同じことをおこなうには、前述のとおり、利益剰余金の資本組入れと株式分割というふたつの手続きを同時並行で進めればよい。現行会社法下では、ふたつの手続きをセットで進めることで、かつての株式配当と同じ結果を得られる。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報