現在25歳で、新居の購入を考えています。
総収入は私が360万、妻(25歳)が450万です。
職業は公務員、妻は看護師です。
建物は本体1900万(延床39坪の2階建て)、外溝費等を含め2300万、土地が1350万(60坪)、諸経費(火災保険等も含む)が300万で、頭金なしで4000万のローンを組もうとしております。
借り入れは銀行ローンで2.2%の10年固定を考えています。35年のフラットにすべきかとも思いますが、10年後の金利が優遇を受けて3.8%以下なら安くなる試算です。
安いアパートに住んで頭金を貯めるよりは、金利が安いうちに頭金なしで借りて繰り上げ返済をどんどんしていこうと考え、住宅の購入を検討しました。
モニター価格で買うため、値段以上に高性能の家(高気密高断熱、外壁は40年間張替えが不要らしい)なので、光熱費が抑えられる分(皮算用ですが…)初期投資が高くても大丈夫ではないか、と考えているのですが、4000万という大きな数字、家の維持費は皮算用で「本当にこれでいいのか」と思い投稿しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

金利が安いうちに頭金なしで借りて繰り上げ返済をどんどんしていこうと考え、>>


大変ご立派なお考えですが、そのお考えなら今後10年間はなにがあっても「子供」は作れませんよ?
奥様の妊娠出産があったら当然収入もダウンすると思います
子供が出来たら子供の費用も支出が増えます。
そうなると「ドンドン繰り上げ返済」どころか毎月のローンの支払いで目一杯になってしまったり・・・の気がします

返済金は収入の三割くらいか、多くても4割までに押さえておくのが無難です。
それとどちらかが病気や事故で倒れても1年くらいは食っていける金額が手元にないと不安すぎじゃないでしょうか?

頭金はやはり物件の2割は用意しておくほうがずっとラクです

また家を買ったら家具やインテリアも今と同じままで・・というわけにもいかないでしょう。
そういう方面に意外とお金がかかったりします。

光熱費などは試算はあくまでも試算であり、その通りいくとまるまる思わないほうがいいと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。少しの間にこんなにたくさんの書き込みがありびっくりしました!世の中いい人が多いなぁ…なんて呆けてもいられないですね…。現実が突き刺さります(涙)

お礼日時:2007/07/09 23:08

私なら頭金ためます。


家族構成がわからないし、今どんなところにすんでいるのかにもよりますが、正直、頭金なしで4000万借りる度胸は私にはありません。

職を失うリスクや、離婚のリスク考えると負債はないのがベストというのが、私の考えです。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。
補足ですが、現在妻との二人暮し、日本海側の地方都市で、街まで車で10分程度のところに新築予定です。「マイホームで子供は2~3人欲しい」という、明るい家族計画です。
妻の両親が車で2~30分のところに住んでいます。

補足日時:2007/07/09 18:48
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厳しいマイカーローン返済シミュレーションについて、皆さんの辛口な意見を

厳しいマイカーローン返済シミュレーションについて、皆さんの辛口な意見をお願いします!

今どうしても欲しい新車があります。実際に計算してみると、全部で330万円くらいのローンを組むことになりそうです。 私の年収は税込みで350万円くらいです。来年には子供も産まれるし、大きなファミリーカーが欲しいなぁ、と思っていたのですが、妻の軽自動車と合わせて維持費のことなど、実際問題かなり難しいだろうと思い、あきらめています。 しかし、今、地元銀行では10年までローンが組め、固定金利3、5%というのを見つけ心揺らいでいます。 今現在、他に借金はなく、妻の収入が月8万くらい。 私は月18万で、ボーナスは年2回合わせて40万くらいです。 妻の実家で暮らしています。 これからの子供の養育費などや車の維持費も踏まえて、ローンについて色々な意見をお願いします!

Aベストアンサー

ローンではないですが「いまのりくん」は?

http://www.imanorikun.jp/

オニキスやディーラーの残価設定型リースではないので、リース終了時の査定トラブルのリスクが無いです。また、2年経てばノーペナルティーで解約も可能(もちろんクルマをボコボコにすれば別)ですので

・生活が苦しくなったので手放したい
・いいと思って手に入れたが、やはり気に入らない
・別の新車に乗りたくなった
・家族形態が変わった(子供が増えた、親の介護など)ので大きいクルマに変えたい

などの場合にも対応可能です。

先々どうなるかわからないような場合には使えるかもです。
車検費用、エンジンオイル代、税金も込ですので月々フラットな支払いになります。

回し者ではないです(^^;

Q建築中の新居のローンと現在在住中のアパートの家賃の二重支払い

 建築条件付の土地を購入し、そこにそのハウスメーカーの家を建築することになりました。家が完成するのは5月末になるようで入居は6月になりそうです。しかしローンの開始が2月から土地の分、4月から建物の分、と現在住んでいるアパートとの家賃と重複して支払わなくてはならないといわれました。
 土地の購入時に注文住宅だと土地のローンが先に始まるので、家が完成する前から土地だけローンの支払いが始まりますということは聞いておりました。ですので、土地の分のローンの支払いは重複してもしょうがないかなとは思っていたのでよいのですが、建物のほうは引渡し後の支払いと聞いていたのに、今日ハウスメーカーの方から銀行から融資が始まることのできる4月から支払いをお願いしたいということを言われました。というのも建物の金額がいっぱいいっぱいなので、早めに全額支払ってほしいということらしいです。
 その場ではハウスメーカーの営業の方が「この金額で上と掛け合うのがいっぱいいっぱいだったもんで、これだけはお願いします。」という言われ方をしたので、私たちのほうも無理をお願いして安い値段でやってもらったのだから申し訳ないなと思い、わかりました、といって帰ってきたのですが、よく考えると今の家賃と新しい家のローンと重複して支払うのはかなり大変できついなーと思って、できれば引渡しのときからにしてもらいたいのですが、それはこちらのわがままなのでしょうか。
  支払いを引き渡し日にしてもらうことはできるのでしょうか?
お詳しい方よろしくお願いいたします。

 建築条件付の土地を購入し、そこにそのハウスメーカーの家を建築することになりました。家が完成するのは5月末になるようで入居は6月になりそうです。しかしローンの開始が2月から土地の分、4月から建物の分、と現在住んでいるアパートとの家賃と重複して支払わなくてはならないといわれました。
 土地の購入時に注文住宅だと土地のローンが先に始まるので、家が完成する前から土地だけローンの支払いが始まりますということは聞いておりました。ですので、土地の分のローンの支払いは重複してもしょうがない...続きを読む

Aベストアンサー

通常大手のメーカーは土地についは「つなぎ融資」を関連会社や金融機関にて手配するのが普通です。「つなぎ融資」とは一時的に最終融資が実行されるまでつなぐ融資で金利と手数料のみで支払いは最終融資実行後というのが常だと思います。ただ、銀行やそのメーカーにそのような仕組みが無い場合は先行融資で土地分は先にスタートするケースも中小ハウスメーカーではあることと思います。
さて、住宅分の融資ですが一般的には土地建物に抵当権設定(建物の登記が終了後、すなわち完成後)ののちに融資実行というのが普通の流れですので、今回の様な融資全てを引き渡し前に実行するなどということは通常ありえません。
仮に事実だとすればそのメーカーと金融機関で何らかの取り決めがあるのかもしれませんが(だとすればそれぞれ中小業者なのでしょう)単純に3月の決算期に実行したがっているだけだと思います。
契約書や約款に本件のような内容は通常ないので、営業マンや金融機関にはっきり上記(登記や抵当権設定時期)のような話をし、どういう流れでどうしてそうなるのか聞いた方がいいと思いますよ。
また、お客さんに建物の支払いを無理強いするものでは絶対ないのでよく相談してください。なぜなら出来てもいないのに(建築中の建物)お金なんて払う必要は全く無いのですから。出来たものをしっかりチェックしてお金は払う(金消契約)ものです。

通常大手のメーカーは土地についは「つなぎ融資」を関連会社や金融機関にて手配するのが普通です。「つなぎ融資」とは一時的に最終融資が実行されるまでつなぐ融資で金利と手数料のみで支払いは最終融資実行後というのが常だと思います。ただ、銀行やそのメーカーにそのような仕組みが無い場合は先行融資で土地分は先にスタートするケースも中小ハウスメーカーではあることと思います。
さて、住宅分の融資ですが一般的には土地建物に抵当権設定(建物の登記が終了後、すなわち完成後)ののちに融資実行というの...続きを読む

Q住宅ローンのシミュレーション(変動金利)

住宅ローンの返済額を試算したく思っています。
いろいろなサイトでシミュレーションツールがあるようですが、たとえば5年固定とか、途中で金利が変わるローンの月々返済額を計算できるものが見当たりません。

そういうツールをご存知の方いらしたら教えてください。
またエクセルの関数などでもかまいません。
「5年金利、25年返還、金利は最初の5年が1.6%、次の5年が2.5%・・・・」といったときの月額返済額、がわかるような計算方法またはツールを教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

pmt関数及び一定年数での元金返済額を計算するcumprincを組み合わせて可能です。
参考URLの回答を参考にして下さい。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1746154
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1468741

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1746154

Q【住宅ローン】この収入では無謀だという批判を頂きたいです!

この度、新築にあたって銀行の住宅ローンを私と父で組もうとしています。

私は30代の会社員です。
父は62歳で嘱託社員で働いています。

私の年収は300万円で、父の年収は180万円+年金120万円です。

この条件で2800万円の35年住宅ローンの融資を申込み、
ある銀行で事前審査はと追っています。
ただし、私が2000万円(1800万円)借り入れの35年ローンで、父が800万円(1000万円)借り入れの13年ローンで、
それぞれ別々に借り入れる方式です。

ある銀行で事前審査は通りました(その銀行は年金収入もOKでした)。


ちなみに私は独身です。将来、結婚するかもしれませんが、今の所予定はありません。


かなり無謀だと思いますが、私の収入だけではとても無理なので親との合算でしか支払えない状況です。

しかし親の諸事情により、どうしても新築建てられるうちに建てたいと親が言っています。
(父の年齢を考えると、住宅ローン組めるのもあと数年のうちと言われました)
私は冷静に見て(冷静に見なくても)無謀だろうというのは承知してます。

ただ親がファイナンシャルプランナー2社に診断依頼をかけたところ、
2社ともシュミレーションではOKとの回答でした(収入や支出、数年毎の繰上げ返済などのシュミレーション)。
親はもう新築のことしか頭にありません。

ここで頭を冷させる為に、無謀だという第三者の意見を家族に見せたいので、
批判・アドバイスなど頂けたらと思います。

この度、新築にあたって銀行の住宅ローンを私と父で組もうとしています。

私は30代の会社員です。
父は62歳で嘱託社員で働いています。

私の年収は300万円で、父の年収は180万円+年金120万円です。

この条件で2800万円の35年住宅ローンの融資を申込み、
ある銀行で事前審査はと追っています。
ただし、私が2000万円(1800万円)借り入れの35年ローンで、父が800万円(1000万円)借り入れの13年ローンで、
それぞれ別々に借り入れる方式です。

ある銀行で...続きを読む

Aベストアンサー

いやな気持にさせてごめんなさいね。
でも、あなたを責めているのではなく、親から子供を見る目でご両親にいっているつもりです。私は親ですから。

30といえば婚期の全体的な状態から見れば昔よりは遅いけど今は普通ですもの。私は仕事柄ローンの相談も2世帯の相談もうけますが、2世帯で息子が自分の身を固めていない場合は、親がほとんど資金を出します。たとえ後に嫁をもらって一緒に住んでもリフォームローンはその時息子が負うつもりのようです。

私の所に建築の相談に来る方が標準的ということでもないでしょう確かに家族それぞれの都合というものがあります。が、仕事を別にしても親として「え~」と思ったんです。

本当に心から建てたい人がお金を出す。これでなくてはいけないと思っています。

ローンでかつかつになり苦しむ人もぎりぎりまで自分の家族のために頑張れるんです。マンションが競売にかかってしまった人とも話をしたことがあります。
これからあなたに家族が何人増えるかまだわからないでしょう?貯金もなく融資枠もなくなったらご両親が介護に入ったときさらに支払いを必要となることも理解してください。いつ来てもおかしくない年ですよ。それに介護保険があるから大丈夫んなんてことはないですよ。今でも施設に入れば年金以上に持ち出しの人がたくさんいるんです。軽費で済むと呼ばれる高齢者施設建設や訪問介護サービス建設に携わるのでわかるのです。ネットでは無責任に大丈夫じゃないの?といえると思いますがね。私はご様子からとてもとてもと思ったんです。

もちろんここには自己資金と建築費が記入されてません。
それによっても状況が違うということは認めます。
あなたが家を「今」欲しくないなら、あきらめるべきだと思います。

いやな気持にさせてごめんなさいね。
でも、あなたを責めているのではなく、親から子供を見る目でご両親にいっているつもりです。私は親ですから。

30といえば婚期の全体的な状態から見れば昔よりは遅いけど今は普通ですもの。私は仕事柄ローンの相談も2世帯の相談もうけますが、2世帯で息子が自分の身を固めていない場合は、親がほとんど資金を出します。たとえ後に嫁をもらって一緒に住んでもリフォームローンはその時息子が負うつもりのようです。

私の所に建築の相談に来る方が標準的ということで...続きを読む

Q住宅ローンシミュレーション

以下の様な想定の住宅ローンの月々返済額を計算する方法ありますか?又は計算できるサイトなど・・

3000万円借入 内ボーナス分500万円
返済期間 35年(420回)

金利 1~3年目固定1%
   4~6年目固定2.5%
   7~10年目固定3.5%
   11年目以降 変動金利

とても複雑な想定ですが、何か良い方法ご存知の方教えて下さい。
金融電卓持っていますが、私が持っている機種では対応できませんでした・・

Aベストアンサー

私もすごいマニアックなシミュレーションやりましたが・・・
これが一番使いやすかったです。
上記の計算をするには
多少の改造(?)が必要ですが、エクセルの知識がちょこっとあれば大丈夫でしょう。

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se358326.html

Q~住宅ローンについて~ 20年ローンを予定してます。今の時代、固定と変動どっちがお得と思いますか?将

~住宅ローンについて~         20年ローンを予定してます。今の時代、固定と変動どっちがお得と思いますか?将来の金利上昇リスクを金融機関と借り主のどっちが負うかの話に至ると思いますが、私に先見の目がないので迷っています。詳しい方、どうか御回答お願いします。

Aベストアンサー

変動で良いと思います。というのも未来金利が上がるかどうかは誰にもわからないというのが正直な話です。固定という意見が多いですが、お得なのはどっちかで言えば変動の方が金利が安いのでお得です。固定はお得にというよりは安全にという面が強いのでお得ではないけど損はしないよというものです。ただ今回のケースの場合、多くの方が35年ローンで組まれるのに対して質問者様は20年ローンと短いスパンでお考えということなのでここ10年そんなに金利も変わっていないですし、また固定を選んでしまうと変動に変更することはできません。しかし変動は固定に変更することが可能です。なので今後金利が上昇しそうだなって思ったから固定にできる変動のほうが動きやすいですし、質問者様には合っているのではないでしょうか?

Q新住宅ローン減税

新住宅ローン減税のシミュレーションを探しています。便利なものがあったら教えてください。

Aベストアンサー

下記のものですね。

住宅ローン控除シミュレーション

平成12年分の確定申告で住宅借入金等特別控除を申告される方もご利用いただけます。
http://www.jutaku-s.com/cgi-jutaku/tax/index.cgi

平成13年度税制改正により、平成13年7月~平成15年12月末までの期間に 入居された場合に適用される新方式で試算します。
http://www.82bank.co.jp/sumai/simulation/genzei.html

Q4000万円で この家を再現できますか?

http://www.youtube.com/watch?v=_ZQyBLkg3Jo

Aベストアンサー

似た感じじゃなくて、再現するとなると、4000万円じゃ無理じゃないかなぁ・・。
4000万円でやりますという建築会社もあるかもしいれないけど、細かいディテールまで追求して、特注、特注ってことになると、簡単に数千万円追加ってことになるんじゃないかと。

Q不動産屋が出したローンの金額が間違えていた

不動産屋に頭金の金額と返済期間を伝えて、毎月の返済額と諸費用のシミュレーションを提示してもらいました。
フラット35の金利が0.77%で毎月の支払いが82000円ほどだったので、その金額なら返済可能な金額だと思い契約を結ぶために手付金を支払いました。
その後、ローンを組む金融機関を探していると、変動金利ですが0.77%より低い金利の金融機関を見つかったので、その金利でローンのシミュレーションをしてみたところ、毎月の返済額が92000円となりました。
不動産屋が提示した金額とでは10000円以上の差があり、その差が何なのか不動産屋に問い合わせたところ、シミュレーションの計算が間違えていたとの事でした。
ローンのシミュレーション金額が購入の決断となったのですが、月々の返済額が一万も増えるとなると、当初考えていた返済プランを考え直さざるを得ません。
できれば家は購入する方向で進めたいのですが、ローンの返済額という最も重要な部分をプロである不動産屋が間違えたということに憤りを感じます。契約させるための詐欺ではないかと疑ってしまうほどです。
本契約はまだなのですが、例えば購入金額を負けてもらうなり少しでもこちらに有利な契約に持っていくことは可能でしょうか?

不動産屋に頭金の金額と返済期間を伝えて、毎月の返済額と諸費用のシミュレーションを提示してもらいました。
フラット35の金利が0.77%で毎月の支払いが82000円ほどだったので、その金額なら返済可能な金額だと思い契約を結ぶために手付金を支払いました。
その後、ローンを組む金融機関を探していると、変動金利ですが0.77%より低い金利の金融機関を見つかったので、その金利でローンのシミュレーションをしてみたところ、毎月の返済額が92000円となりました。
不動産屋が提示した金額とでは10000円以上の差があ...続きを読む

Aベストアンサー

業者です。
フラット35で0.77%固定金利はありませんが・・・・・・・そこからして間違いなのでは??

今時、ローンの計算を金利電卓たたいて、手書きや入力するなどという形式を利用しているとは思えませんが・・・・・業界の市販なり、何なり自動計算のソフトを利用していると思います。
そう考えると、営業マンが余程経験不足なのか?故意的なのか?ということのような気がしますね。

当方で利用しているシュミレーションソフトは、土地の公示価格や面積、建物の面積や築年数など、物件情報を入力し、あらかじめ設定した借入れ金融機関や返済年数、金利など入力すれば、借入れ費用や登記費用、仲介手数料、火災保険などの諸費用や返済金額などすべて、明細が出ます。
自己資金を入力すれば、諸費用を含めた総額から不足分を借り入れるものとして自動で計算されます。
取得後の不動産取得税や固定資産税の予想税額なども算出されます。
このようなソフトで間違うというのは、物件価額を間違うか?返済年数や金利を間違って入力しない限り、間違いようがないのが、現実です。
プリントしたもには、当然に借入れ金額や返済期間、金利など載っていますから、間違いがあればわかると思います。
現場で計算したとしても今時ならノートPC持ち歩くでしょうから、その場は手書きで写したとしても間違いようはないような気がします。
どんなシュミレーションを渡されたのでしょう・・・・?

さて本題ですが、契約形態が仲介で売主が第三者の場合は、売主には一切の責任はありません。
ですから値引きなどの売主に対する主張は的外れです。しかし、契約書や重要事項にローン条項が付帯され、借入先や借入れ金額や返済年数、金利など記載されているはずです。フラット35で0.77%35年などと記載されていれば、その条件で借入れすることは不可能なわけですから、ローン条項による白紙解除を主張するしかないでしょう。もしくは、そのまま購入するしかありません。

売主がその計算した業者本人ならば、故意であれば虚偽のローンシュミレーションをして契約を誘導したという違反行為に該当するでしょう。1万円強違うということは、借入金で300万円以上違うという事ですから、間違いましたでは済みません。
しかし、これを以って値引き出来るかどうか?は別問題です。上記の様に白紙解除は主張できますが、違約解除や値引きは、相手方が承諾しない限りむずかしいでしょう。

相手方が売主なら、契約を白紙解除にする旨の主張をして、相手方の出方を見ながら(相手方がそのまま承諾すれば白紙解除は仕方ないと踏ん切りをつけて)価額の交渉をするぐらいでしょう。

不動産は手付金を支払い、売買契約をしたらそれがすべてです。仮契約や本契約という概念はありません。既に契約しているのですから「有利な契約」に変更しようがありません。相手方の過失を以って、値引きの交渉材料として、うまく立ち回るしかありません。

しつこいですが、購入をやめるならペナルティーなしに契約解除可能です。購入するなら値引きなどはあまり期待しないほうが良いでしょう・・・・・・幾らでも下がれば儲けものぐらいの意識で・・・

業者です。
フラット35で0.77%固定金利はありませんが・・・・・・・そこからして間違いなのでは??

今時、ローンの計算を金利電卓たたいて、手書きや入力するなどという形式を利用しているとは思えませんが・・・・・業界の市販なり、何なり自動計算のソフトを利用していると思います。
そう考えると、営業マンが余程経験不足なのか?故意的なのか?ということのような気がしますね。

当方で利用しているシュミレーションソフトは、土地の公示価格や面積、建物の面積や築年数など、物件情報を入力し、あらか...続きを読む

Q手取り27万円で10万円のローン…

マンション購入を検討しています。
手取り27万円で、管理費等込で月10万円の返済はやはり厳しいですよね?


検討中のマンションは4100万円で頭金としては800万円です(他諸経費に200万)
借入額は3300万円になります。
返済シュミレーションをしてもらったら、変動金利で月7万円、ボーナス払い11万×2回になります。

管理費と修繕積立金を合わせると3万円弱なので、月々約10万円の住宅費です。

現在、主人の給与は住宅手当込みで手取り32万、ボーナスは手取り60万×2回ですが、
マンションを購入すると住宅手当がなくなるので手取り27万弱になってしまいます。


ちなみに、現在の家賃自己負担額は管理費等込で約7万、1歳の子供と3人暮らしです。
私もパートをしていますが、今後どうなるかわからないのでないものと考えています。

審査が通ってローンを組むとして、住宅費が手取りの3割を超えているので
今後の教育資金や貯蓄面を考えるとやはり厳しいですよね?
わかってはいるのですが、質問させていただきました。

ちなみに皆さんは、手取りおいくらでどのくらいのローン(管理費込)をお支払いですか?
差支えなかったら合わせて教えてください。

マンション購入を検討しています。
手取り27万円で、管理費等込で月10万円の返済はやはり厳しいですよね?


検討中のマンションは4100万円で頭金としては800万円です(他諸経費に200万)
借入額は3300万円になります。
返済シュミレーションをしてもらったら、変動金利で月7万円、ボーナス払い11万×2回になります。

管理費と修繕積立金を合わせると3万円弱なので、月々約10万円の住宅費です。

現在、主人の給与は住宅手当込みで手取り32万、ボーナスは手取り60万×2回ですが、
マンションを購入すると住宅手当が...続きを読む

Aベストアンサー

あなたのご質問内容と少し外れており、さらに長文ですが最後までお付き合いください。マンションの購入を考えているなら、必ず寄与できる事柄の筈です。 

マンションの購入にあたって私ができるアドバイスは、マンションは購入の際に本当に重要視すべき点は、価格やそれに見合った外観や間取り、利便性や眺望などではなく、絶対にはずしてはならない最重要視することはそれ以外の面です。

 マンションは管理費や修繕積立、駐車場費などの経費が必要なため、マンション本体価格と、この経費の総合計で他の物件と比較したりしましたが、購入前のこの行為は徒労だったとつくづく感じています。

 戸建てにはなくて、マンションのみに存在する問題点は、
(1)マンションには多額の修繕費(15年~20年サイクルなどを目途にして、繰り返し行われる大規模な補修工事の費用の積立金)が必要なことです。
 さらに適正な金額ではない修繕費が非常に多いということです。
 その多額の修繕工事自体、管理組合(マンションを購入した時点でそのマンションの組合員になります。) の素人集団には、本当に必要な工事の提案なのか、工事価格が妥当なのか、工事が手順どおりに行われ有意義なものになっているのかさえわかりません。
 この工事に手抜きがなく契約どおり実施されているか、マンションの周りに設置された足場(工事の際に建物を取り囲むように組み立てられた業者が歩く通路)にのぼって工事を監督できる人材など管理組合の中にはいないはずです。組合内のご主人の仕事柄、工事についてわかる方がいたとしても、工事は昼間なので、そのご主人が在宅しない時間帯にどんどん進んでいきます。

 例えば購入当時は毎月徴収される修繕積立金が安く設定されていても、修繕が行われる際になると足りない費用分は、一時金として必ず徴収されることです。
 ですから現時点(購入時)で修繕費が安価だとしても全くあてになどなりません。徴収される時期が今ではないだけです。

(2)管理費ですが、一年更新で同じ管理会社に委託契約をすることになりますが、その際に何を再契約の根拠とするかが大切です。
 マンションの出納全般に関して管理組合内に会計監査に長けている方がいらして、更にこれを精査するために協力いただけないといけません。
マンションの出納関係は非常に複雑に作成されていて、さらにこれを何冊もある帳票と数字が合うか精査し、不可解な点が発生していないかを毎年確認しないといけないのです。
ですが、この作業を行わない管理組合は少なくないのが現状です。こちらは素人で相手となる管理会社は会計のプロなので、どのような抜け道でも見出せることを忘れてはいけません。

(3)それ以外でも、マンションに付属するあらゆる設備の修理や交換、新設などが、建物が大きいこともあり引っ切り無しでやってきますが、これに関しても知識がある方がいないと、管理会社の言い値で行うことになります。これも修繕工事と同様で、管理会社の暴利行為のひとつです。
 手間がかかる管理をご自分でせず、他人に任せるということは、それが暴利行為であっても受忍するということです。

 上記にあげたこれらの問題は既に社会問題化し始めています。すべての管理会社がそうだとは言いませんが、ご自分で調べてもわかると思いますが、このような欺瞞行為は氾濫しているのが現状です。

(4)この問題にさらに拍車をかけているのが、管理組合の無関心です。自分達の問題のはずですが、もともとマンションを購入した人たちは、とかく他人との関係性を築きたくない方や、管理活動に協力的でない方が多いため、情報交換や問題点発生時の話合いなどに非協力的です。
 これが仇なって喫緊の問題がおざなりになり、逆に必要ない工事でも組合内で熟議することに面倒くささを感じて惰性で賛成する人が必ずといっていいほど存在します。     
こうなるとマンションは議決権を各組合員が持っていることから、本当は不要な工事も過半数などで実施が決定されていきます。
 更に最悪なのが、そのマンションに管理会社の人間が一人ずつ管理組合員として住んでいる物件があります。(一室を購入して組合員として住んでいるということです。)  
 この管理会社社員兼管理組合員は、管理会社の提案した工事などに有利に働く発言や、正当な意見する人に対し不安をあおりたてるように教育されていて、それも仕事の一つとされています。 
ですが他の管理組合員には管理会社の社員であることは伏せて住民のふりをしています。実際、大手管理会社で行われています。

(5)ほかにも管理費や修繕費の滞納問題があります。マンションの一室を購入した所有者がマンション運営の為に絶対に必要なこれらの費用を支払わなくなるケースです。
 このような問題が見られるマンションは、やはり無関心な管理組合員や自己管理意識の欠如などを同時に兼ねそなえており、自助努力を怠っているマンションに多く見られます。
 この滞納者が1件ならともかく、かなりの数にまで増えている物件もあり深刻な問題となっている現状があります。
このようなマンションは管理意識の薄さから、滞納者が出始めた最初の段階で対応が遅れたことで更に多くの滞納者を増やしていると考えられるのです。
誰かが許されるなら自分も同じように楽をしたい人間が現れることは避けられません。
ですがこの滞納分は誰が負うのかというと、結果として滞納者以外のマンション所有者となるケースが多いのです。

他にもまだまだマンション管理に関しては死角になっている部分がたくさんありますし、これは誇張して発言しているわけでもありません。
 修繕費を多額に積立できているマンションは修繕の際に一時金が発生しないからと安心はできず、その積立額を管理会社が知っているので、不当な高額の工事見積もりをされ、常に標的とされることが多分にあります。
管理会社は自分たちを管理する立場の者がいないためにやりたい放題ですし、管理組合が機能していないところは、コツコツと積み立てた修繕費などの費用を管理会社に湯水のごとく吸い上げられているのと同じ状態になります。
 
 マンション管理に無関心な管理組合は、総会や理事会の出席者数や出席者の発言の少なさで、管理会社にしてみれば一目瞭然で見分けがつきます。
 たとえばチャックをきっちりと締めて胸元のポケットに入れている財布と、チャックが壊れたままでをどこにでも置きっぱなしにしている財布とでは、どちらが紛失しやすいかはお分かりいただけると思います。自分達のマンション管理に無関心な管理組合は、悪徳な管理会社からしてみれば後者なのです。        
 
 悪徳な管理会社など平然と存在できるわけがないと思うかも知れませんが、実はこのような管理会社はどこにでも実在していて、喫緊の問題としての国の取り組みが欠如していることで表沙汰になっていないだけです。
 最近、ニュースで生活保護受給問題が表面化してきて世間が騒いでいますが、この問題ももう何年も前から不当な受給が横行していることは指摘され、国の精査強化や規約改正が言われ続けていました。実際、私のまわりにも離婚して生活ができなくなったと生活保護費をもらっているにも関わらず、別れたはずの主人と住んでいる人間がいましたから。(身内や友人ではありませんのでお見知りおきを。)
 このように重大な問題が長期的に潜在していても、国が大きな政策を打ってこない限り、社会の中ではあらゆる不正が見えないところでは頻繁におこっていて、被害者はただ泣き寝入りというのが実情です。

 マンション問題は聞いただけで「面倒くさい」と思うかもしれませんが、機能している管理組合をもつマンションを購入すれば、管理費などの一個人の自己負担費用が、長期的に見て数百万円から数千万円も簡単に節約できるはずです。
マンション購入費以外にランニングコストとして必ず必要となるこの費用を削減することは結果として一財産をのこすことに繋がります。

 戸建ての場合は、リフォームにしても、設備が壊れたとしても、何か問題点が起こった時も、家族内で話し合って決めたことが簡単に実行できますが、マンションはそんな訳には行きません。
 マンションは性格や考え方や価値観の違う人間の集まりですから、事前にしっかりと下調べをした最善の提案であっても、必ずと言ってもいいほど、苦言発言や小さなデメリット製を誇張してくる人がいることで、意見が一つにまとまることはなく常に疲れ果てます。
 考え方としては、あなたが結婚されているなら、これは嫁姑問題に非常に似ていると想像してください。うまくいかない嫁姑問題の規模が大きくなったのがマンションの管理組合問題だと思っていただけたら、わかりやすいかもしれません。 

 それでも、どうしてもマンションを熱望されるなら、中古物件の場合に限定されますが、購入前にその組合の総会などの議事録を閲覧してください。ここに取り上げたすべての問題点がこれを見ると瞬時にわかる優れものです。管理組合が独立した考えをもち、健全に機能しているか、知識人が存在するか、これまでの活動などあらゆることがわかります。
 購入前に活動を続けている理事長などの中心人物に会うのも、非常に有効でしょう。
 
 マンション購入は、購入前より購入後のほうが、とてつもない労力を必要とすることを肝に銘じてくださいね。
 気を落とすようなことばかりのアドバイスで申し訳ありませんが、マンション問題で苦しむ人が一人でも増えないことを祈る気持ちからです。 良い物件に恵まれますよう陰ながらお祈りいたします。

あなたのご質問内容と少し外れており、さらに長文ですが最後までお付き合いください。マンションの購入を考えているなら、必ず寄与できる事柄の筈です。 

マンションの購入にあたって私ができるアドバイスは、マンションは購入の際に本当に重要視すべき点は、価格やそれに見合った外観や間取り、利便性や眺望などではなく、絶対にはずしてはならない最重要視することはそれ以外の面です。

 マンションは管理費や修繕積立、駐車場費などの経費が必要なため、マンション本体価格と、この経費の総合計で他の物件...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング