在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

徳川家はなぜ天皇家をつぶし、最高の権威を手に入れなかった

のでしょうか?

自分は徳川家が早い段階で天皇家を滅びさせていれば

明治維新は起きなかったのではないかと思っています。

徳川家は惜しいことをしたと思うのですが、やはり天皇家は

日本人にとって切っても切れない存在だったのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (15件中1~10件)

ヨーロッパの王権神授説は有名ですが、中国でも漢民族の王朝の交代


に際しては、武力による旧王朝の打倒であれ家臣や姻族による簒奪で
あれ、タテマエだけでも禅譲という形式を取ったります。徳を失った
皇帝が徳のあるものに権力を譲るという「形式」ですね。イスラムは
宗教と王権が合体?していますね。前の方々も述べられているように、
要は、武力や経済力による実効支配だけではダメなんですね。

日本の場合、天皇からの権力の委任という形を取っているのが特徴で
すね。ですから、天皇家をつぶす為には、天皇に代わる権威(支配の
正統性)が必要なのです。徳川に限らず、結局のところ、力では圧倒
しても、天皇に代わる権威を見出せず、実行できなかったのだと思い
ます。

平家は都落ちに際し安徳天皇を拉致?しますが、京都には天皇家の家
長である後白河院が健在であったため、焼け石に水。
承久の乱では、北条義時が天皇家の家長である後鳥羽院の島流しを敢
行しますが、北条得宗専制ですらまだ始まってはおらず、あまりにも
時期尚早。天皇を頂点とする公家勢力・寺社勢力の息の根を止める以
前に、まだそれ以下の鎌倉「将軍」の権威で武士の統合が必要な時代。
元弘の乱の後醍醐天皇の配流と、建武新政崩壊後の南朝への攻略は、
持明院・北朝の存在を前提としたもので、天皇家抹殺の意図なし。
足利義満による皇位簒奪計画という学説もありますが、事実だとして
も未遂。
織田信長が将軍や関白などの官職を受ける意志がなかったとすれば、
どのように権威(支配の正統性)を樹立するつもりだったか、興味深い
ところ。信長自身の神格化?がそれという説も。
豊臣秀吉は天皇を中国に移し、自分はインド方面まで手を伸ばすつも
りだったとか。天皇を一国王としての地位に留め、その地位を保証す
る世界皇帝になることで、天皇を超えようとしたという説も。
で、本題の徳川家ですが‥
徳川家康の場合は、京都や大坂を掌中に置くのに時間がかかり過ぎ、
短期決戦できなかったのがネックでしょう。家光の代までに幕府も安
定し、禁中並公家諸法度などで従来の権門(公家・寺社)を幕府の法制
下に置き、武家官位と公家官位を分離するなど、色々と手は打ってい
るようですが‥
でも綱吉になると、生母桂昌院に従一位を貰って喜んでみたり‥
そうこうしているうちに将軍の継承問題、そして改革と挫折の連鎖の
時代となり、天皇家に構っている余力はない‥ 要は支配の正統性の
問題は、権力を握ったらすぐに手を打たないと、手遅れになるという
ことですね。

あと、蛇足ではありますが、源・平・藤原・豊臣などの「氏」が、
日本の場合天皇から与えられるという性格を持つという点も、天皇制
存続に関して何らかの意味を持つのかもしれません。平清盛・源頼朝
・平(北条)義時・源(足利)義満が姓を自分で決めて自称せず、織田信
長・徳川家康が源・平姓を名乗り、羽柴秀吉が豊臣姓を貰って喜んで
いるうちは、天皇の風下に甘んじるという一面を持ちます。もっとも、
姓を自分で決めて自称するとか、姓を捨てて天皇家と同じ無姓となる
という発想自体が、思考力の枠を超えるものでしょうけど。でも、信
長あたりは長生きしていたらやっていたかもしれないし‥
    • good
    • 9

ペリーやハリスに脅され、開国を許してしまった徳川幕府は、倒幕される運命であったと考えられます。



国を維持するためや、逆に革命を起こす場合は、国民を納得さすために大義名分が必要となり、そのために天皇家をかつぎあげました。

では天皇家がなければ、徳川幕府が続いていたのか?と、いう問題になりますが、私は関係ないと考えます。

天皇家がなくなると、徳川幕府の軍事力が巨大なものとなるのであれば話はわかるのですが、それよりも欧米列強に取り入って軍事力を手に入れたほうが徳川幕府は続いたと考えられます。
    • good
    • 7

こんにちは。


結論から言うと#2さんが事実に近いと考えます。
先のご回答の中にもありますが
基本的に当時の法体系は律令制度を引き継いでいます。
征夷大将軍をはじめとする幕府の役職は「令外の官」です。
言い換えると正式な役職ではありません。
武家社会でこそ重んじられますが
実際にはかなり不安定な職務です。
それであればこそ家康は
「内大臣、従一位、征夷大将軍、源氏の長者、
淳和奨学両院別当(じゅんなしょうがくりょういんべっとう)、
兼右近衛大将(うこんえのたいしょう)、
右馬寮御監(うめりょうぎょかん)」
等といった役職に任ぜられたのです。
征夷大将軍だけではその場しのぎに過ぎません。
これらの役職は天皇制を頂点とする律令制があってこそ
機能します。だから公家諸法度を定めたり、一品親王の
ご東下を願ったりして天皇家と公家を守ったのです。
間違っても天皇家を倒すことなど考えなかったはずです。
よろしくです。
    • good
    • 10

徳川幕府が続く続かないは、天皇家等は関係ありません。


徳川幕府がペリーに驚かされて、鎖国を解いた時点ですでに徳川幕府は終わっています。
つまり弱いところを見せれば、その体制は終わるということです。
    • good
    • 5

天皇は民間の法が適用されない唯一の存在として保護(保持)されているようです。


法の外側にいるため、状況によっては(国内が上手くいかなくなったときなどは)、そこに必要な機能を求めることが出来るという理由で保持されているのではないでしょうか。

徳川幕府や明治政府が、それまであった法を廃し新しい規則を制定する。こういった活動の象徴・抽象化みたいなものが天皇制として維持されているのではないかなと。そういえば、戦後は勝った連合国や様々な国と友好的な交流をする役割をこなしていたなと。戦前の帝政と戦後の戦争をしない国、相反する体制の中心にそれまでの法と違うものを置くことで、非常にスムーズに移行しているという、このへんが、日本と言う土地に起こっている現象みたいです(どかかで読んだのかも)。

天皇家をつぶせば、つぶす人たちの活動そのものが成り立たなくなる恐れがあるためそういったことが起こらない、というのが#2さん含む他の方々の回答だと思います。

一言で言えば、天皇の役割は、新しい国内体制(法)の維持??権威やある状況を天皇家と結びつけるのではなく、ただ単純に、必要となった新しい状況を維持するための機能として捉えたほうが分かり易い気がします。おそらく、それまでの体制を維持しようとする人たちにとっても、新しい体制を築こうとする人たちにとっても、混乱した状況では、天皇家という機能を排すこと自体が、自らの活動を否定することになる(日本では)ため、存在そのものには抵触する意味はないのではないでしょうか。

憲法の、「天皇は国民の象徴~」は、合っているようで間違っているような気がします。国民とは別の位置に立つため、正しくは「国民(国内)の活動を維持する機能の象徴」かなと。気候的にも社会的にも日本の根底は変化にあり、変化の象徴(変化に対応する象徴、つまり変化と適応の象徴)が天皇制ではないかと思います。今風の学問になぞらえ、「カオスに立つ人」というのはどうでしょう?

連合国が、新しい体制を日本に制定するため天皇制を廃すことができなかった、というのはどこかに書いてあったことだと思います。ということで、マッカーサー元帥と昭和天皇が並んで写っている写真は非常に面白いですね。時代をさかのぼれば、そこにいた人は徳川家康だったり、明治維新の重要人物(誰か良く知らないので申し訳ないです)だったりだと思います。マッカーサー元帥は普段あまり見かけないタイプなので驚きますが。
    • good
    • 4

No.1さん、連合国による戦後の日本占領の5つの委員国、米国、英国、ソ連、中国、オーストラリアの内で、天皇の責任を問わないこと票を入れたのは、米国、英国、中国で、問う方に入れたのはソ連とオーストラリアだったはずです。

    • good
    • 5

日本が封建制度だったからだと思います。



今から千五百年程前に天皇家が日本を武力で統一した後、当時超先進国だった中国から律令制という、中央集権制度を輸入しました。しかし、その当時から日本人には物まねが苦手だったらしく、その制度を色々と骨抜きにして五百年程の大実験が行われました。しかし、結局それが日本には馴染まないということになり、新しく考え出された独創的な制度が、その当時日本近辺にはどこにも存在しなかった幕府制という封建制度だったのです。この制度は、王としての各豪族に国土や国民の所有権を認め、その王達を司る王の王として将軍を戴くという制度で、国土などをたった一人の王に属するものとする中央集権とは決定的に違った制度です。

そうなった理由は色々ありましょうが、将軍家や北条家も含めて、どの豪族も武力的には団栗の背比べだったからではないでしょうか。残りの豪族達がまとまってしまうと将軍家や北条家だけでは勝てない。もし勝てるなら、天皇家を廃止して自分が皇帝になって別の中央集権国家を作れば良かった筈です。これが無理なのは平家のやり方を見て認識したのだと思います。

その後、日本史上で唯一、豪族間の力関係のバランスを崩すことができる信長が現れたのですが、暗殺によってそれが実現しなかった。

その前後の歴代の政治指導者達も、他の大名が一つにまとまってしまったら力で勝てるはずがなかったので、自分が天皇に取って代わるのではなくて、今まで通りの封建制度を選んだのだと思います。

明治政府といえども薩長豪族の支配体形であり、したがって天皇を排するのではなく、それを戴くという支配構造になっています。

因に、幕府制では大名の私有財産権が認められており、それが貞永式目の中で「本領安堵」という形で成文化されています。人類史上で最初にこの資本主義の発展要件として本質的な私有財産権を成文化した憲法が日本の貞永式目だとのことです。
    • good
    • 7

基本的に明治維新は徳川家が将軍を務めていた幕府勢力と、これを倒そうとする勢力との間の争いの結果起こったものです。

徳川家と朝廷(天皇家)との争いではありません。そして幕府側も反幕府側も、自分たちの政治的な立場の正しさを主張するために天皇の権威を利用しようとしました。このためどちら側にも天皇家を廃する理由はまったくありません。

また家康を含む歴代の武家政権の始祖が朝廷から征夷大将軍に任じられていることからもわかるように、大きな権力を持っていた徳川家の将軍さまといえども、その権力の裏づけは天皇家の権威でした。最後の将軍徳川慶喜が「大政奉還」を行ったのも、徳川家が天下をお預かりしているという意識があったからで、このあたりに日本の歴史で天皇が果たした役割を考える大きなヒントがありそうです。
    • good
    • 5

短いながらも#2さんが正答でしょうね。


詳しくは山本博文先生の『徳川将軍と天皇』(中公文庫)をお勧めします。
    • good
    • 3

天皇家がなかったら150年前に徳川家は潰され無くなってますよ



皇室は明治維新とは直接関係がありません。薩長が事を進めやすくするため皇室を利用しただけです。

徳川が逆賊になった時、誰が守ったのでしょうか?叔母の和宮です。
和宮の助言があったからこそ徳川家が存続したのです。もし皇室がなく、薩長中心の討幕運動が起きたら徳川家は滅亡してしまいます。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング