特定企業にたいする包括的なファクタリング(受取手形に替わる期日前一括支払)契約を数社と結んでいます。
条件は手形発行日に額面額から所定の割引料相当額を控除して当社へ振り込む形式のもので、債務者企業が倒産等になった場合でも、返済の義務はありません。(当社への振込処理時点で貸借は解消)
このような場合の仕訳として、
(振込時)
1,000,000 預  金         売 掛 金 1,020,000
20,000 支払利息(割引料)

というふうな仕訳を行っています。

最近気になっているのが「支払利息(割引料)」で、
これは、「手形売却損」もしくは「雑  費」でいいのではないかということです。
「支払利息」にするには、債務が発生するわけではなく、また、手形を割引みたいな意味合いでもあらませんから・・・・・

どなたか、経理事務に詳しい方のアドバイスお願いします。

A 回答 (4件)

質問者さんの会社では、手形自体を手にするわけではないでしょうから


「手形売却損」ではなく「売上債権売却損」というほうが適切かもしれません。
「中小企業会計指針」を含めて会計基準では、「支払利息」に含めず「手形売却損」「売上債権譲渡損」などとして処理することが要求されています。これらは営業外費用科目です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
非常に判りやすくすっきりしました!!
当方の仕訳科目では「売掛債権売却損」という科目を使用していないため
「その他雑支出」(営業外費用)に計上しようと思います。

お礼日時:2007/07/10 15:12

>「期日前支払」に関してですが、入金(振込)時点で貸借解消となる(万が一、債務者倒産でも返金不要のため)借入金とは明らかに異なるものと認識していますが・・・・・・



最初にも書きましたが、
手形売却損なんかも会社によっては支払利息に含めているところも多いってことなんです。つまりどっちでもいいよってことです。

会社ごとに決めた処理方法を継続していれば問題ないと思います。(後で集計とるときわかりにくくない方法を選択した方が良いですけど。個別掲記なんかの問題があるので)

どっちにしろ営業外費用です。
    • good
    • 0

通常支払い利息勘定を使用する会社が多いのではないかと思います。



金額が大きければファクタリング割引料なんて単独勘定を作成することも考えられますが。

手形売却損なんかも会社によっては支払利息に含めているところも多いと思いますよ。

要するに、期日前入金であるってことは期日までの借入金と同じ効果であります(だから割引もされるわけです)から支払利息を使用します。


更に言うと、債権譲渡日時点でお金が入っていなかったとしても
未収入金/売掛金
とするのが正確な処理ではないかと思います。
債権を譲渡した時点で当社にある債権は売上にかかる債権(売掛金)ではなくそれ以外の債権(未収入金)になりますから。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございました。
「期日前支払」に関してですが、入金(振込)時点で貸借解消となる(万が一、債務者倒産でも返金不要のため)借入金とは明らかに異なるものと認識していますが・・・・・・
建設業者なもので、「支払利息(割引料)」の科目はできるだけ避けたく思っています。

補足日時:2007/07/10 13:23
    • good
    • 0

当社は「支払手数料」の科目で処理し、


摘要には債券割引料(ファクタリング)と記載しています。

この回答への補足

回答ありがとうございました。
「支払手数料」の科目は販管費科目ですよね。
営業外費用ではないですよね?

補足日時:2007/07/10 13:30
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qファクタリング

会社で売掛金の回収を手形で集金をしています。
売掛先からファクタリングを勧められています。
月末締めで請求をし、翌月25日に4か月の手形で売掛の回収をし、すぐにその月末に割引して現金化しています。
ファクタリングのことをよく理解していないので教えてください。
銀行の割引とファクタリングにした場合の割引とか手数料は金額的に
どの程度の差があるのでしょうか。
大きな金額のため、期日までおくことは不可能ですぐに現金化したいです。
ファクタリングにした場合、現金化は最速でいつになるのでしょうか。
また、手続きをしてどの位でファクタリングにできますか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして零細企業で経理を主に担当している者です。
弊社でも最近比較的大きい企業からは手形からファクタリングに
変更して下さいとの依頼がよく来ます。
御社の銀行の割引レ-トとファクタリングの引き受け金融機関の
短プラの金利のどちらが高いかも問題ですね。
ただ、ファクタリングにすると手形管理の手間が無い事、領収書
の発行(郵送費、印紙代が要らない)ただ取引先金融機関から
振り込まれる時に振込手数料が引かれますが。
基本的にその都度資金化として契約しますと御社の場合でしら毎月
25日にファクタリングの手数料(割引料と同じ)が引かれ
資金化され御社の口座に入ります。
ファクタリングは契約してから約2ヶ月程掛かったと思います。
どちらにせよいろいろな事を考慮して決められたら良いかと思います。

Q期日払いとは?(vs.手形、ファクタリング)

「期日払い」(vs. 手形・ファクタリング)について教えて下さい。

1)運用手順・・どのような手続きを経て運用されるのか?
2)影響効果・・割引はできるのか?等
3)会計処理・・仕訳は?
よくある仕訳サンプルとして下記がありますが、
   77月77日  仕入    / 買掛金
   88月88日  買掛金   / 期日買掛金
   99月99日  期日買掛金 / 現預金
買掛金を期日買掛金に振替えるのは、どのタイミング(何を根拠に)で振替えるのか?
その会計的な意味合いは?

当方いまだかつて期日支払いとうものに出会ったことがありません。
細かい質問で申し訳ありませんが、どなたかお教え下さい。

Aベストアンサー

あまり正確ではないかもしれませんが、
1)運用手順としては、当事者間の了承で行われます。
ファクタリングとはことなり、銀行などを挟んでの三者間取引ではありません。
2)基本的に割引はできないと思います。
支払期日がかなり先の振込だと考える方が良いと思います。
印紙代や手形を取立する費用や管理面(盗難)がなくなる。
先方にしても領収証を発行しないで済む。などがあると思います。
3)一般の買掛金と区別するのは、支払額が確定しているかどうかを区別するためのものだと思います。
買掛金/期日買掛金の振替のタイミングとしては、支払金額を確定させた時に行います。期日振込をする前には、だいたい手形で支払っていたと思われますので、過去に手形を振出していたタイミングで良いと思います。

Qファクタリングにおける仕訳処理

近日中に手形受取をしていた得意先からの回収処理をファクタリング方式に変更予定ですが、実際の仕訳処理はどのようにするのでしょうか?
採用するファクタリング方式は個別方式です。また、ファクタリング会社は得意先の関連会社です。
従来なら、売掛金と受取手形で仕訳し、期日には受取手形と当座預金へ仕訳し、割引処理を実行した場合は、まず、通常通り、売掛金と受取手形に仕訳、その後、当座預金と割引手形に仕訳し、決済期日に割引手形と受取手形に仕訳しておりました。ファクタリングは債権をファクタリング会社に譲渡する契約なので、手形発行日に債権は売掛先ではなく、ファクタリング会社に移動しますよね。まず、割引処理を行わない(期日に振り込まれる)場合は、手形決済期日に銀行預金と売掛金の振り替えでしょうか?また、希望日に現金化を行う(いわゆる割引相当の処理)場合は、当社にとっては「受取手形の存在がない」のですがどのようにすればよいのでしょうか?ご教授願います。

Aベストアンサー

・期日に振込みの場合、売掛を残し振り込み時点で預金/売掛の仕訳
・期日前現金化する場合は、預金  ×××
                 支払利息 ××
                         売掛×××の仕訳になると思います。
以上当社では処理しております。

Q受取手形割引高と受取手形裏書譲渡高について

貸借対照表にある受取手形割引高と受取手形裏書譲渡高の意味がイマイチ分かりません。検索して色々調べてはいるものの、小難しい説明ばかりでなかなか本質、意味を理解するのが難しいです。どなたか分かりやすく教えて頂けないでしょうか?2つとも受取手形からそれぞれ派生するものと思っているんですけど・・・。簡単な例を挙げて貰えるだけでも非常に助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

失礼ながら、ご質問者様は簿記に対する知識レベルが不明なので、本当の初歩

1 手形の割引
 例えば平成22年3月31日期日の手形(額面100万円)を持っています。このまま持っていれば、期日には手形額面の金額がもらえます[通常は、銀行に取立て依頼をする]。しかし、会社は25日の給料(30万円)を支払うのに現金(預金)が不足するので、『上記100万円の手形を、25日に現金にしてくれ』と銀行に頼みます。銀行は5日早く現金を渡すので、一定の計算をして90万円を渡す。
 これを「手形の割引」とよび、「手形の割引」の対象となった手形の内、本来の期限が到達していない物の額面合計が『受取手形割引高』

2 手形の裏書
 会社は仕入れ代金などを手形で支払う事があり、基本的な形は自社が振り出した手形(支払手形)を先方に渡します。しかし、手元に100万円の受取手形があり、支払額も100万円であり、手形期日も同じだとした場合、手形を振り出さずに手持ち手形を渡しても良い訳です。
 これを「手形の裏書」とよび、「手形の裏書」の対象となった手形の内、本来の期限が到達していない物の額面合計が『受取手形裏書譲渡高』

失礼ながら、ご質問者様は簿記に対する知識レベルが不明なので、本当の初歩

1 手形の割引
 例えば平成22年3月31日期日の手形(額面100万円)を持っています。このまま持っていれば、期日には手形額面の金額がもらえます[通常は、銀行に取立て依頼をする]。しかし、会社は25日の給料(30万円)を支払うのに現金(預金)が不足するので、『上記100万円の手形を、25日に現金にしてくれ』と銀行に頼みます。銀行は5日早く現金を渡すので、一定の計算をして90万円を渡す。
 これを「手形の割引...続きを読む

Qファクタリングについて

ファクタリングについて教えてください。

支払期日に 当社の預金に入金されますが
入金された日に出金できますか?
手形の場合は 取立に出して入金されても翌日の午後以降でないと
使えないので そのような資金繰りをしてるのですが
ファクタリングの場合は どうでしょうか?
手形同様 すぐには使えないのでしょうか?
それとも現金振込同様 すぐに使えるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ファクタリングは、入金後すぐ引き出し可能です。
また、期日前でも、割引手形のように現金化することは可能です。
入金方法の選択
・期日一括入金方法
・随時資金化方法(必要時のみ期日前現金化)
・一定日資金化(全て指定日に現金化)
以上の選択も可能です、資金に余裕があれば随時資金化方法が良いとおもわれます。
簡単ですが参考になれば幸いです。

Q受取手形の仕訳について

初歩的な質問で申し訳ないのですが、教えて下さい。
受取手形を貰った時、受取手形/売掛金と仕訳するのですが、
その手形を割引した時、当座/割引手形と仕訳します。
さらにその手形を裏書した時は、買掛金/裏書手形と仕訳します。
そういう仕訳では受取手形が残ったままになるのではないでしょうか?
宜しくご指導下さい。

Aベストアンサー

得意先から受取手形を貰った時、受取手形/売掛金と仕訳し、


(1)その手形を銀行で割引した時、
当座預金/割引手形

割引した手形の期日が到来した時、
割引手形/受取手形


(2)その手形を仕入代金の支払に充当した時、
買掛金/裏書手形

裏書した手形の期日が到来した時、
裏書手形/受取手形


なお、割引手形と裏書手形は共に負債勘定です。

Qファクタリングについて

経理初心者です。ファクタリングってどんなものなのですか?
メリットとかはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

参考に

http://www.tkcnf.or.jp/08keieisha/qa0310_zaimu.html
http://www.toshiba-finance.co.jp/product/factoring/index_j.htm

Q手形で支払いをする時(廻し手形)の期日は・・

経理初心者で、ここでいろいろと教えていただきながら何とか頑張ってます。。。
廻し手形について教えてください。
現在、取引先からの手形がいくつかあり、今月の支払いにそれを
使って支払いをしようと思ってます。
その際、手形の期日があと2週間しかないものがいくつかと、最近
受け取ったもので、期日が3ヶ月先のものがいくつかあります。

そういう場合、期日がまじかな手形でも支払いに利用しても大丈夫
なのでしょうか??
最低1ヶ月は先じゃないと駄目などというマナー?のようなものは
あるんでしょうか??
金額的にはどちらも大丈夫なので、どちらの手形を廻してもいいのは
いいんですが。

それと、期日が来た場合、銀行の窓口で書く用紙は窓口でもらうんでしょうか??その他必要なものはありますか??

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おはようございます。
当社では毎月のように受手を廻して支払をしておりますので、参考までに書き込みします。

・手形を廻すときは、支払先によっては、割引の手続きをしたいと言う場合もあり、早めに手形を郵送しております。

・当社の取引している銀行では取立て依頼をするときは、手形を10日前までに銀行に持ち込まなくてはなりません(この辺は銀行によっても違うものと思います)。勿論、満期日1~2日前に持ち込んでもいいのですが、そうすると他店券扱いとなり、資金化されるまでに3日程度時間がかかります。どういうことかというと、7/31日が満期日でも、8/3頃にならないと口座から現金を下ろせない、と言うことです。10日前に取り立て依頼をすると、確実に7/31には資金化され、現金として扱うことができます。
7/31にすぐ資金化したい場合は、満期日の1か月~2週間くらい前には銀行に手形を持ち込むぐらいの余裕が欲しいものです。

・支払明細書を作成し、手形を送る前に必ずFAXで支払先に送ります。その際、満期日を必ず記載しております。

以上3点を考慮の上で手形を廻してみてはいかがでしょうか。

おはようございます。
当社では毎月のように受手を廻して支払をしておりますので、参考までに書き込みします。

・手形を廻すときは、支払先によっては、割引の手続きをしたいと言う場合もあり、早めに手形を郵送しております。

・当社の取引している銀行では取立て依頼をするときは、手形を10日前までに銀行に持ち込まなくてはなりません(この辺は銀行によっても違うものと思います)。勿論、満期日1~2日前に持ち込んでもいいのですが、そうすると他店券扱いとなり、資金化されるまでに3日程度時間がかか...続きを読む

Qファクタリングの実務について質問です。

通常、「今後は手形をやめてファクタリングにしたい!!」と思うのは債権者、債務者どちらの場合が多いのでしょうか?
ファクタリング会社の説明を見ると債権者(契約者)のメリットばかりが目立ってよく分かりません。
実際は、事務コストの削減などの目的で債務者の方が変更したいと思う事が多いのでは・・・と考えています。
一般的には債権者は債務者(得意先)に対して支払に関してものは言いにくいでしょうし・・

実務家の皆様のご意見をぜひお聞かせください!!

Aベストアンサー

債務者の気がするね。
大企業がファクタリング会社を作る場合も多いだろうし。ファクタリング会社持ってれば割り引いた金も入ってくるわけだし。銀行に手形の割引の金利払うことないよな。連結が主流だとそういうことが多いんじゃないかしら。

手形の印紙だけでもずいぶんな金額になるしね。

でも友達の会社でファクタリング残したまま下請け会社が夜逃げしたときは大変なことになったといってたな。債権譲渡通知もってファクタリング会社に来たらしいけど、面倒だった話を聞いた。手形なら決済すりゃそれでいいんだろうけど。
まあ、それは余談だな。

Q約束手形の裏書人が解散したあとの取立期日が到来する手形

お世話になります。
質問のタイトルの通りですが、現在手元にあります、約束手形の裏書人が来年3月を以って解散することとなりましたが、約束手形の取立日(支払期日)が、来年の4月以降となっているものが数葉ありますが、この場合手形の効力に問題が生じますでしょうか。
仮に平成16年4月10日が支払期日でそのあたりに、取立に出すこととなるとおもいますが、裏書人がその時点で解散している場合に問題となるのか教えてください。
私の判断では、万が一に不渡りとなった場合に裏書していても、4月には解散していることから、裏書人としての効力が無くなるだけかなぁと考えております。
以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

裏書人はある意味、連帯保証人ですから
その人がいなくなっても手形の効力は変わりません
不具合は保証能力が下がる事です、振出人の義務として
新しい裏書人の追加を求めるべきです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング