みなさま、こんにちは。
財務会計の変動費について教えて下さい。
JISの勘定科目コードに準拠した科目体系に、現行の科目体系を編集しなおし
たいのですが、今まで変動費として扱ってきた科目はどの分類に位置つけたら
よいのかわからず、困っています。

JISの科目体系の大分類に「製造原価」と「販売費及び一般管理費」があって
多分どちらかに入れればいいと思うのですが・・・
悩んでいる変動費の科目は「販売運賃」です。

どなたかおわかりになりましたら、どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

損益計算書での表示に関してですね。


「販売運賃」は「販売費及び一般管理費」にに入ります。
名前のとおり、販売に関連して発生する費用は「販売費及び一般管理費」になります。

この回答への補足

kyaezawaさん、またまたありがとうございます。
販売費及び一般管理費の中で固定費と変動費を分けて科目をとれば大丈夫でしょうか?

補足日時:2001/01/23 16:27
    • good
    • 0

固定費と変動費を分けたいのでしたら、そういう方法になりますが、分けることに何か意味が有るのでしょうか。


通常は、「販売費及び一般管理費」の中で上から人件費・販売費・管理費の項目がまとまっていますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawaさん、ありがとうございました。
上司の方針で固定費と変動費を分けて管理しないといけないのでしたっっ。
人件費/販売費/水道費/通信費/水道光熱費も固定費と変動費に分けているん
ですよ。
何はともあれ、助かりました(^0^)

お礼日時:2001/01/23 17:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q製造間接費を固定費と変動費に分けられる時

標準原価計算で
製造間接費の変動費と固定費を分けられない時は固定予算を使うのですよね?
変動費と固定費をきっちり分けられる時は何予算を使うのですか?

Aベストアンサー

2級では変動費と固定費で分けられる場合には
公式方変動予算をつかうのが一般的です。
1級とかになるともうひとつ方法があるみたいですが、
自分はまだ1級の勉強始めたばかりなので公式方変動予算しかわかりませんが…;

Q変動販売費と変動売上原価

質問させていただきます
よろしくお願いします。
簿記の勉強しておりますがちょっと躓いております。

変動加工費
固定加工費
変動販売費
とは具体的にどんなものになるのでしょうか?

「販売費及び一般管理費」は販売員給料や広告費や本社の建物減価償却費用等だと参考書に書いてあるのですが、変動販売費についてはあまり詳しくかかれておりません。

また

変動売上原価というのは売上に連動して増加する直接材料費や直接労務費、直接経費、製造間接費を合計した金額で、つまりは変動売上原価という名前ですが売上原価と同じ意味でしょうか?

イメージを掴みたいので具体的なご解答を頂けたら幸いです。

どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

変動○○とは売上額に比例して金額が変わるもの。
固定○○とは売上額に関わらず金額が一定のもの。

変動加工費には間接材料費
固定加工費には直接労務費、間接労務費
が該当します。ちなみに、直接材料費は変動費。
また、直接経費、間接経費は科目によって違います。
変動費・・・燃料代、運送費etc
固定費・・・減価償却費、保険料etc

Q固定費と変動費

製品の価格設定の勉強をしているのですが、一応辞書で調べてみたものの固定費(円)、変動費(円/個)という単語の意味がわかりません。 「次のような設定価格の場合、固定費(175000円)と変動費(680円/個)がかかります」と文章に書いてあります。

Aベストアンサー

>一応辞書で調べてみたものの固定費(円)、変動費(円/個)という単語の意味がわかりません。

固定費は、何もしなくても発生する費用の事。
変動費は、何かする事で発生する費用の事。

>「次のような設定価格の場合、固定費(175000円)と変動費(680円/個)がかかります」と文章に書いてあります。

この工場は、何もしなくても175000円が必要なんですね。
この金額は、家賃でしようか?
A品一個作るのに、680円必要なんですね。

この例で考えると、A品を10個作った時の合計変動費は6800円。
この例で考えると、A品を100個作った時の合計変動費は68000円。

A品10個作った場合の費用は、175000+6800円。
A品100個作った場合の費用は、175000+68000円。

単純に理解すれば大丈夫です。

Q勘定科目で「管理費」はドコに分類?

勘定科目で「管理費」はドコに分類?
マンションの自治会で、会計をやっています。今回、初めてパソコンで挑戦中(^_^;)
会計ソフトで、総会の時に提出する書類を作っています。税務署云々はありません。

今回、住居人から振り込まれた当マンションの「管理費」や「積立金」「駐車場料」の分類に困っています。一括して「地代家賃」というのに入れようかな~と思っていますけど、「地代家賃」って、何かこっちが払うイメージなんですけど、いいのかな...

経理の経験はありません。アドバイスお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

>住居人から振り込まれた当マンションの「管理費」や「積立金」「駐車場料」…

【収入の部】でそれぞれ「管理費」、「積立金」、「駐車場料」の科目を作ればよいです。

正規の簿記風にやりたいなら、「積立金」は収入の部ではなく【預かり金の部】になります。
修繕積立金のことかと想像しますが、実際に修繕を行って積立金を取り崩したとき、預かり金の部から収入の部へ振り替えたのち、支払に充てることになります。

>「地代家賃」って、何かこっちが払うイメージなんですけど…

たしかに【支出の部】で使う科目です。

Q残業代他は変動費? 固定費?

財務会計は過去会計。 管理会計は未来会計。

詳細は割愛するとして、経営の実態を正確に把握する為に
管理会計の導入が必須だと思います。

管理会計の基本として
  売上 -  変動費  =  粗利 (限界利益・付加価値額・売上総利益)
  粗利 =  固定費  +  利益
と大筋で理解しています。

さてここで、人件費についていつもさりげなく疑問
を感じることがあります。

通常、人件費は固定費です。
「基本給×社員数」なら固定額ですから問題ないと思います。

しかし、残業が発生すればそれは月々変動します。人件費に
関して変動するものを上げると・・・・・

 1.残業代   変動するから単純に「変動費」ではないか?
 2.派遣(及びパート・アルバイト)人件費 
    (月々一定の場合なら「固定費」でしょうが
     例えば、日々、派遣人員の数が変わる
     物流の流通加工の現場等であれば「変動費」では
     ないかと思います。
     全体額を直接労務費として仮に固定額
     の月があっても「変動費」と考えるか?)
 3.賞与
     企業によって異なるとは思いますが、賞与は
     当期の業績をみて決まると思います。
     基本給決定時に、賞与をいくらとは「決定」
     できないと思います。
     それでも予定として「固定費」なのでしょうか。

     また、仮にたまたま業績が良く、特別賞与
     を支払うよう社員にとってありがたい状況が
     発生した場合、こういうのは「変動費」では
     ないでしょうか。 

上記1,2,3に対して、全体額との比率にもよるでしょうが、
総て「固定費」と割り切っていいものか。

どなたかコメントをいただければ幸甚です。

財務会計は過去会計。 管理会計は未来会計。

詳細は割愛するとして、経営の実態を正確に把握する為に
管理会計の導入が必須だと思います。

管理会計の基本として
  売上 -  変動費  =  粗利 (限界利益・付加価値額・売上総利益)
  粗利 =  固定費  +  利益
と大筋で理解しています。

さてここで、人件費についていつもさりげなく疑問
を感じることがあります。

通常、人件費は固定費です。
「基本給×社員数」なら固定額ですから問題ないと思います。

しかし、残業...続きを読む

Aベストアンサー

特に決まりはないので一例として見てください。

1.
一定の残業を義務づけているならその分は固定費。それ以外は変動費。
例えば1日10時間勤務の職場なら2時間分の残業は固定費で、2時間を超えた分の残業は変動費。

2.
契約上最低限支払う分は固定費。
作業量に応じて増減させる分は変動費。

3.
就業規則で支払いが決まっている分は固定費。
その他は変動費。

Q在庫は変動費に分類してよいのでしょうか?

在庫を固定費、変動費に分類する場合、どちらに分類すればよいのでしょうか?固定費に分類するのはおかしいと思いますし、売上高に100%連動せず、意図的に調整もされるので変動費に分類するのにも違和感を感じます。売上原価の一部を構成する在庫について、どのように考えればよいのか教えてください。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご自身で
>売上原価の一部を構成する在庫
と、書かれていますよね。

売上原価は売上に連動しますし、していないのであれば大問題。
よって、原価を構成する内訳科目は変動費と考えるのがスジです。
「いやいや、安全在庫数の問題があるから、その分は固定」と言う理論も無いわけでは有りませんが、それを考慮しても準変動費と考えるべきではないかと思います。

Q固定費・変動費のコストダウンについて

固定費の削減と、変動費の削減どちらの方を優先順位が高いのでしょうか?

また、みなさんの仕事場では、どのような業種で固定費比率と変動費比率および、原価比率はだいたいどのくらいなのでしょうか?

個人的に、儲かる仕組みは財務諸表から分かると思うのですが、みなさんはどうでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

もちろん固定費です。固定費の削減はもろに利益に
反映させますから。

儲かる仕組みなんて財務諸表みて解りますか?

とはいってもマックが100円バーガーを売り出し
たのも。費用を固定費、変動費に分けて損益分岐点
を算出して、1個いくら以上で売れば儲かる!とい
うのを導き出しました。

損益分岐点くらいは知っておいた方がいいと思いま
すが、たくさんの商品を扱っている企業は個々の製
品ごとに算出するのは難しいですよね。

Q事業資金を生活費に回した場合の【勘定科目・仕訳】について。

【勘定科目・仕訳】の事について質問させて下さい。

会社を立ち上げた当初に生活費が足りなくなり、
事業資金から若干、金銭を借りた事があります。
(※借りた生活費はまだ返してない状態にあります。)

その際の勘定科目と仕訳はどうなりますでしょうか?

個人事業主の場合は【事業主貸】と言う勘定科目になるかと思いますが、
会社の場合も同じ様に【事業主貸】でよろしいのでしょうか。

3月に初の決算を迎えるので間違った勘定科目・仕訳をしていたらと思い、確認の意味で投稿させて頂きました。
(ちなみに返済した場合の勘定科目・仕訳も判る方がいましたらお願します。)

初歩的な質問で申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>会社の場合も同じ様に【事業主貸】でよろしいのでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
社長に給与の前払いをした場合:
〔借方〕前渡金ооо/〔貸方〕現金ооо

給料日に:
〔借方〕役員報酬ооо/〔貸方〕前渡金ооо
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
社長に仮払いをした場合:
〔借方〕仮払金ооо/〔貸方〕現金ооо

返済した場合:
〔借方〕現金ооо/〔貸方〕仮払金ооо
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q固定費と変動費

製造業の会社で経理をしているものです。
棚卸しは固定費・変動費に区分するとしたらどちらになるのでしょうか?
原価計算をする際にどのような基準で変動費・固定費を区分すればよいのでしょうか?
あと原価計算の本を読んだ際に付加価値という言葉がでてきたのですが
よく意味が分かりませんどなたか教えてください。

Aベストアンサー

間違っていたら申し訳ないですが、私の知っている知識で言うならこういうことだと思います。

先ず、製品の棚卸時の評価は通常製造原価で評価します。製造原価ということですから、この評価額の中には変動費も固定費も含まれます。

で、この棚卸資産(製品等)は損益計算書の中では、売り上げ原価の中に含まれます(言い換えれば売上原価から控除する)。
つまり、その売上を実現するためにかかったものだけを費用として認識しようと言う考え方です。

製造業の場合、日々の生産工程の都合上、その月に生産したものがその月に販売されるとは限りません。
製造業者は生産する為に、材料費や経費を使いますが、棚卸をして製品などを貸借対照表の資産に計上せずに、そのまま費用だけが計上されてしまえば、赤字になってしまいますよね。つまり、棚卸資産の計上は、生産にかかった費用に見合う額を、売上が計上される時点に合わせるために、費用計上を見送っている状態という言い方もできるかと思います。

そして、売上が計上された時に、在庫もなくなりますので、在庫がなくなった分だけ、売上原価も増加し、費用として認識されることになるのです。

間違っていたら申し訳ないですが、私の知っている知識で言うならこういうことだと思います。

先ず、製品の棚卸時の評価は通常製造原価で評価します。製造原価ということですから、この評価額の中には変動費も固定費も含まれます。

で、この棚卸資産(製品等)は損益計算書の中では、売り上げ原価の中に含まれます(言い換えれば売上原価から控除する)。
つまり、その売上を実現するためにかかったものだけを費用として認識しようと言う考え方です。

製造業の場合、日々の生産工程の都合上、その月に生...続きを読む

Q勘定科目の科目と区分との関係

勘定科目で科目と区分との関係を知ってないとダメと言われましたが、何故なんでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

経理処理に原則の一つに、継続性の原則があります。一度決めたなら引き続き同じ方法で処理する必要があります。経理処理する人毎に違う科目で処理していたら、他の人が見たとき判断を狂わせる結果となります。その意味でいわれたと考えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報