in situ disrupyionとは何の目的のために用いる方法のでしょう?

私の読んだ論文には未知のDNAに既知のDNAを組み入れ、それをプローブに
してサザンをしたと書いてあったのですが、サザンが目的の技術なので
しょうか?また、この技術は酵母を用いた実験では一般的なのでしょうか?

A 回答 (1件)

少し補足していただかないと私には正確な答えができませんが、おそらく、「未知のDNAに既知のDNAを組み入れ」ることで、遺伝子破壊を行っているように思います。

だとすると、サザンはその確認を行っているのでしょう。

論文の情報(雑誌名、巻、頁)を教えていただけば、たぶん正確に答えられると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ