「鶴」「亀」や「鬼」、仙人の「仙」は日本語で縁起が良いそうですが、これはどういった言われからなのでしょうか?何かの故事がありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

中国の道教の理想としたのは羽化登仙。

仙人になることです。仙人の「仙」は、変遷の「遷」に通じます。別の次元、ステージに移った人間が仙人です。肉体を捨てて飛んでいくのです。そしてその仙人が住むとされるのが東海(中国から見て、です)の蓬莱山。蓬莱山には長寿の鶴や亀(鶴は千年、亀は万年)と仙人が住むと信じられています。時間や世俗の束縛を超越して生きるのが道教の教える理想という訳です。

で、鬼ですが、中国語の文脈の中では、「鬼才」とか「鬼神」という言葉に見られるように超越的な霊力を持った存在、という意味合いと、「鬼籍に入る」という言葉に見られるように死後の霊魂、という意味を兼ね備えた言葉です。
    • good
    • 0

中国語の「鬼」は「神」( 日本語的には自然霊 ) のようなニュアンスです。


よく言われる「触らぬ神に祟り無し。」の「神」ですね。
(人にとって良いことも悪いこともする怖い存在。
 怒らせないよう触らぬように、でも崇めている)

また、仏教の「鬼」は閻魔大王の指示に従い悪人を懲らしめる刑務官です。
つまり、仏教では「仏」の仲間です。
けっして、悪魔の仲間ではありません。

そんな中国の思想文化が日本に伝わったのでしょうね。
参考程度に。
    • good
    • 0

「鬼」は、古代人が考えた頭の大きな亡霊を形象化した文字です。

このことから、人間の力を越えたすぐれた働きを示します。

「仙」という文字には、長生きして天に登るという字義があります。

「鶴」「亀」は既出のように長寿でしょう。
    • good
    • 0

「鶴」と「亀」は長寿の象徴です. 「鶴は千年, 亀は万年」という言葉もあります.


「鬼」は.... ん~, 必ずしも縁起がいいとはいえない.... 「人を超えた能力を持つ」という意味ではいい言葉なんですけど, そこにしばしば「人ではない」という意味が追加されることがあります.
「仙」も, おそらく「人を超えた能力を持つ」という感じではないですかねぇ.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国の故事に由来する「故事成語・ことわざ」と、その由来となった物語

三国志などで。『三顧の礼』や『泣いてバショクを斬る』のような故事成語がたくさん出てきます。

また、同じ三国志から『鶏肋』とは、大した物では無いが捨てるには惜しいという意味で使われるようになりました。

他にも、先んずれば人を制す出典:史記(項羽本紀)

というように、三国志のみならず、中国の歴史書からこのような故事成語がでてきますが、そのような内容をまとめた本を探しています。
中国の故事に由来する「故事成語・ことわざ」と、その由来となった物語をまとめたサイトや書籍を教えてください。

Aベストアンサー

文庫で手頃。簡潔でわかり易い。
いいことばっかりの本でしたが絶版みたいです。
まだ最近の本ですので、book offなんかで探されたら、比較的入手しやすいのでは?

エピソードで楽しくわかる「故事成語」 PHP文庫

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw/250-0192568-4898605?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%83G%83s%83%5C%81%5B%83h%82%C5%8Ay%82%B5%82%AD%82%ED%82%A9%82%E9%81u%8C%CC%8E%96%90%AC%8C%EA%81v&Go.x=8&Go.y=16

Q【故事】「人間はみんな腹黒だけど表に出さなければ問題はない」 という同じ感じの故事を教えてください。

【故事】「人間はみんな腹黒だけど表に出さなければ問題はない」

という同じ感じの故事を教えてください。

Aベストアンサー

ご質問の意図とは若干異なるかもしれませんが、時節柄、

雉も鳴かずば撃たれまい
http://kotowaza-allguide.com/ki/kijimonakazuba.html
が思い浮かびました。

Q姿勢が「窺われる」?「伺うわれる」?「覗われる」?

突然ですが、
「これからも発展し続けようとする御社の姿勢がうかがわれる」
「彼女の前向きに生きていこうとする姿勢がうかがわれる」

というような文脈の場合、「うかがう」は「窺う」、「伺う」、「覗う」のどれを使えばよいのでしょうか?

いつも迷ってしまいます。どなたか違いを教えて下さい!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

「うかがう」には色々な意味があります。
1.ある目的を達成するためにひそかに機会を待つ
2.人の機嫌などを探る
3.ものごとを推察する
4.見て察知する

漢字では窺う、覗うと書きます。伺うは聞く、訪ねるの謙譲語として使います。

>「これからも発展し続けようとする御社の姿勢がうかがわれる」
その会社は正面きって発表はしていないが、計画などを
伺うと、会社の姿勢がそうと知れる(4)

>「彼女の前向きに生きていこうとする姿勢がうかがわれる」
(4)

このような意味なら窺うが良いと思われますが、常用漢字ではないと思います。迷った時は「うかがう」で良いと思いますよ。

Q「トホ」、「ソクホ」、「ケイバ」の単語を使ったことわざ、または故事成語はありますでしょうか。

以前、別会社の上司の話を聞いていたときに、
他の人間をほめる場面で、
『彼は「トホ」で「ソクホ」で「ケイバ」だから、あの役職に選ばれた……』
と、言ってました。

その後、その言葉が気になって、ネットで検索してみましたが、見つかりません。
まず、漢字がわかっていません。

ちなみに、記憶が曖昧になってしまい、
文章が少し違っているはずです。
単語は間違いなく上記の3つを使っていました。

言い回しがリズムに載っていたので、
ことわざか故事成語か、どちらかでないかと思っています。

ご存知の方、ぜひご教授ください。

Aベストアンサー

Yahoo辞書で調べてみましたよ。

その「音」で人をほめるときに使いそうな物は以下の二つでした。

警抜(けいばつ)[名・形動]着想などが、ぬきんでてすぐれていること。また、そのさま。「―な表現」

吐哺握髪(とほあくはつ)為政者が人材を得ることに熱心なたとえ。

そくほはわかりませんでした。(T_T)

Q【日本語】日本語の「御大将」を「おんだい」と読むそうです。 「大将」は「たいしょう」なのになぜ「御」

【日本語】日本語の「御大将」を「おんだい」と読むそうです。

「大将」は「たいしょう」なのになぜ「御」が付くと「だい」に読みが変わるんですか?

大将と御大将はどっちが偉いですか?

大将と御大将の違いは何ですか?

Aベストアンサー

おん‐たい 【御大】解説
〔名〕
(「おん」は接頭語。「大」は「大将(たいしょう)」の略)
(1)一つの団体や仲間の中で、中心的な地位にある人を親しみをこめて、または気軽な感じでいう語。かしら。親分。大将。
(2)刑事をいう、盗人仲間の隠語。〔特殊語百科辞典{1931}〕
 [日本国語大辞典]


人気Q&Aランキング

おすすめ情報