知人が「どうせ選挙は自民党が勝つから行かない」と言っていました。どうして皆、自民党に票を入れるのでしょうか?「他に入れたい党がない」と言っている人もいるのですが、自民党というのは他の党と比べればマシ?な党なのでしょうか??
テレビでは自民党は金持ちの味方をしているとか、不正ばかりをしているというニュースばかり流れています。だったら、自民党に票を入れなければいいと思うのですが・・・主に誰が、自民党に票を入れているのでしょうか?貧乏な人が入れるとは思えないのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (25件中11~20件)

私は民主党を内政では支持していますが、外交イデオロギーを見ると不安になります。


まず、人権擁護法案という悪法に意欲を示しています。
人権擁護法案とは、下に人権擁護委員というのを2万人敷き、市民から人権侵害を受けた、という苦情があれば、それをトップの人権委員会で、人権侵害にあたるか議論し、侵害にあたるとすれば、人権侵害を行ったとされる人に出頭、立ち入り検査などができます。問題は、人権侵害の定義が曖昧で、侵害されたというのは心の問題なのです。人の言動を、ある人は侮辱だと受け止めるかもしれない、一方他の人はそうは感じないかもしれない。それを裁判もなしに、人権委員会の判断だけで、書類の押収も立ち入り検査まで受けさせられ、警察署より強大な権力が与えられる、恐怖のような法案です。また人権擁護委員には、人権侵害を受けたことのある人、特定の運動家が選出されるべきであるとなっています。この悪法を成立させようとしているのは、在日韓国人の組織、民団や、部落解放同盟、公明、民主、社民各党です。
もし、韓国の左翼政権であるノムヒョン政権や北朝鮮の問題を批判した場合、それが在日の人々の心を傷つけたとして、人権侵害にあたると糾弾されれば、その人は社会的に抹殺されるでしょう。ネット規制にもつながります。こんな法律が成立すれば、閉塞した言論封殺社会になる恐れがあります。民主党は党として、法案を準備しています。参考URLhttp://blog.livedoor.jp/monster_00/archives/cat_ …櫻井よしこWEBサイト ;​http://blog.yoshiko-sakurai.jp/2005/03/post_324. …
外国人参政権付与法案にも積極的です。これに関しては私の過去の回答から。;​http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1659402.html​​
そしていわゆる従軍慰安婦問題で、謝罪や個人補償を盛り込んだ法案も何度も提出しています。これについては読売新聞の記事が参考になります。http://ameblo.jp/lancer1/entry-10029205550.html
民主党は数では少ない、社民党系の影響が強いのです。
小沢代表もかつては右派でしたが、北朝鮮への経済制裁に反対論を唱えたり、中国のトップとの会談でも、ガス田の話は一切しなかったりするなど、左傾化してきています。鳩山氏も、前原前代表が、「中国は脅威」との認識を示した時に猛反発しました。
しかし、野田系、旧民社党系などの良識派も一部にはいます。経済政策も自民党よりは良いと思います。なので、選挙の時は基本的には、民主支持で、できるだけ候補者を調べて、社民的な議員には入れないようにしています。自分の選挙区にいる民主議員がこれらの政策に反対している右派であれば、入れます。そうでなければ自民党です。比例は民主議員を個人名で投票できるので、保守系の民主に入れています。
自民党は内政が良くないので、民主の良識派を増やすことにしています。結論とすると、民主は外交政策、また安保でのバラバラ感が不安材料で、消極的自民支持につながっているのではないでしょうか?
    • good
    • 0

自民党が勝つ最大の要因は、公明党の影響です。

公明党の場合、トップの人が●○党に入れろと言うと、殆どがその党に投票します。各選挙区に公明票は約3万票ありますから、公明党がどちらにつくかで政権が決まるのです。前回の自民党が大勝した衆院選でも、仮に公明党が民主党と選挙協力していれば、民主が280~300、自民が150~170議席となっていたというシュミレーションがあります。それと自民党は参院では単独過半数に至らないので、公明党の持つ議席数の力もあります。自民党の高市早苗議員は、前々回の衆院選で公明党の嫌われ、推薦をもらえず落選しました。その後高市議員は公明党に媚びを売り、関係修復して推薦をもらい、前回の衆院選で当選しました。
つまり、公明党の考えに反発する議員は、推薦を取り消して、みんな落選させることが可能なのです。なので、自民、民主両党はが公明党の政策の影響を常に受けてしまうということです。公明党は民主党が勝っても与党であり続けるでしょう。一宗教団体に政権が左右されている、これが今の日本のかなしい現実です。これを防ぐにはみんなが投票に行くことです。
    • good
    • 0

公務員は自民に投票します。

今の政治では国民に対して、公務員は非常に優遇されているからです。仕事の割に給与は高いし、家賃、駐車場などもただも同然の金額。自民以外に政権を握られたら、もうこんな良い目は出来なくなる可能性が有りますからね。こんなに財政難になったのも公務員の無駄遣いが原因なのに、国民にその尻ぬぐいを要求しています。
>知人が「どうせ選挙は自民党が勝つから行かない」と言っていました
今回ばかりはそうではないようです。今の政治に不満が有るのなら、暴動するつもりで、仲間を連れて自民、公明以外に投票しましょう。このままなら、益々格差は広がり、死ぬほど残業させられて税金と言う名目で自民に金を奪われます。
    • good
    • 2

No11です。

度々失礼します。
一部訂正します。
(5)の最後。統一選と参議院選挙が両方行われる年は、地方議員ではなく、都道府県議会議員や市町村議員が票を集められないために、投票率が下がります。地方自治体の議会議員が国会議員の票のとりまとめを行うためです。統一選で自らの選挙をした後に参院選があると疲弊した議員は票のとりまとめをあまりしなくなります(もしくはとりまとめができない)。
    • good
    • 0

(1)上流階級の人たち


金持ちの味方なのだから(厳密に言うと金持ちの味方というよりは経済優先の考えでかなり複雑な仕組みになっているわけです。)。

(2)地方の住民
 地方のインフラ整備や第一次産業保護、年金問題などの政策によって地方の住民の支持を得てきました。但し、少しずつ自民離れは進んでいます。小選挙区は自民党の人に入れるけど、比例は他の党にという方が何割かいるようです。また、地方では一票の価値が高くなり、(一票の格差の問題で)一票の影響が大きくなります。

(3)保守的な人(大雑把ですみません。)
(2)ともかぶる部分があります。自民党の保守政策の方が良いと判断している人です(消極的であれ)。この人たちは、感覚的に自民党支持の人もいれば、それぞれの政党の政策などを総合的に判断して自民党支持の人もいます。後者は問題ありません。しかし、前者は、考えの放棄としての自民支持の人がいますし、野党になったら今より悪くなるかもしれないという曖昧な理由で自民党に投票する人もいます。No7の方の仰るとおり、完璧な政党など存在しませんし、与党よりも全ての面において上回る野党も存在しません。これでは一生自民党中心の政権が良いということになります。そもそも、考え方が間違っています。自民党政権のままでも今後もっと悪い状況にならない可能性は0ではありません。野党が政権をとっても、自民党政権のままでも悪い状況になる時はなります。絶対に自民党政治なら今より悪くなることはないと考えるその根拠はなんなのかと思います。あくまで政党は相対的な結果として選ぶものですし、相対的な結果の判断としても、すべてにおいて野党が与党を上回っていなければならないなんてことはありません。自分の大事だと思う政策のいくつかについて、表面上の甘言に惑わされること無く、どの政党が良いのか、悪いのかを総合的に判断した結果、どの政党に投票するか決めればよいと思います。その結果が自民党支持でも全然問題ありません。

(4)公明党との選挙協力
 もともとの自民の組織票に公明の組織票が加わったことで、接戦や多少不利だった小選挙区について自民党が勝ちやすくなりました。小選挙区は勝たないと意味が無い選挙区と言えるので、この選挙協力で大分自民にとっては楽になっています。

(5)「どうせ選挙は自民党が勝つから行かない」という行動が自民党を応援してる。低投票率は組織票の多い政党に有利。
 自民党・公明党は組織票が多いため、投票率が低くなればなるほど組織票によって勝ちやすくなります。20%の組織票を与党が持っていると仮定します。投票率が80%ならば、組織票の占める割合は25%ですが、投票率が50%ならば、割合は40%になってしまいます。低投票率であるほど、与党は無党派層の票を取り入れる必要が少なく、勝ちやすくなります。森元首相の言葉で「無党派層が寝ていてほしい」というのがあります。自民党にとっては低投票率は都合が良いということです。今回の選挙は統計的に低投票率になる傾向があるので(統一地方選の年に参議院選があると、地方議員が票集めをする余裕がないので投票率は低くなる傾向にあります。)無党派層がどれだけ多く投票するかで結果にかなり影響すると思います。
    • good
    • 0

政官財の癒着ががっつりできているので、強い組織票を持つ団体はすべて押さえているので、世論動向は影響力は結構少なめ。

創価学会公明党と自民党の関係がすべてを物語っているでしょう。
    • good
    • 0

>テレビでは自民党は金持ちの味方をしているとか、不正ばかりをしている


>というニュースばかり流れています。
>だったら、自民党に票を入れなければいいと思うのですが・・・

ここがポイントですね。
日本ではテレビの言うことを鵜呑みにして信じる人は非常に多いです。
だから、テレビやマスコミの操縦がうまい政治家のいる政党が勝ちます。

その典型的な例が、前の首相の小泉さんですね。
「小泉劇場」と呼ばれるほど巧みなマスコミ操縦で、本来は反自民に流れる有権者を、見事に引き止めました。

実際、1990年以降では、自民党にマスコミ操作が上手な人があまり多くなかったので、選挙に破れて野党なる時代もありました。

もう一つの理由は、テレビを信じる人は多いが、テレビを信じない人も若干いること。
もしくは、日頃の人間関係の付き合い上、マスコミの報道に関わらず、自民党に投票せざるをえない人もかなりいることです。
特に後者の場合、地方には大勢います。
最近はほころびが目立ってますが、自民党は特定の職域団体からの支持が非常に強いのです。
具体的には、建設業・農林水産業・医師などです。
    • good
    • 0

#7の者です、再び失礼します。



#6の方が真理を付いていると思います。

>それは国民の中に権力者に迎合しようという保守主義的な性格の人が多いことが挙げられます。 国民ひとりひとりに独立心がなく、強い人に頼ろうとする弱者意識が強いことです。

まったくもって、同感です。
だから、どこかで聞いたようなセリフを自分で確認もせず、安心して弱者に対し使用するのでしょう。




自分で少しでも考えれば、野党にも与党と同等の腐敗があるなどと思うわけのではないでしょう(野党に皆無だといってるわけではありません。誤りが皆無の組織など世界中にありません、だからどんな権力も必ず長期になれば絶対腐敗するのです)。

与党と野党では、与えられた権力が大きく大きく違います。
誰が好き好んでリスク犯して、力の小さい(行政権も立法権の実行力のない)ヤツらに擦り寄るでしょうか。
財界(民)や官との癒着による不正は、彼らに(与党)に権力があるからに他ならないでしょう。
そんなこと米国になぜ日本が擦り寄るか考えれば分かるでしょう(お互いにオイシイからでしょう)。
日本が、「米国と同等に」どこかの小国に意味も無く擦り寄るわけが無いでしょう(無論、相当の理由がある場合は別です)。

また、第4の権力と言われるマスメデイアが、時の政権を厳しくチェックすることは至極当たり前のことであります(それは仮に民主党政権になっても同じことですし、私は日本のマスメディアは諸外国に比べゆるゆるだと思っています)。
ちなみにチェックしたり、批判することと、理屈の通らない非難をすることは全く別のことです。



質問者様がどのような決断をするにしても、いちTVのいち番組のいち出演者の一つの意見だけで判断せず(無論わたしのもです)、
一度必ず止まって、必ずご自分で確認し理解し納得した上で、ご自分の大事な権利を行使してください。レベルの高い低いの問題ではなくそれぞれ個々人のレベルの中でご自分で確認して理解して、必ず最後にはご自身で納得することです。

誰でもない質問者様ご自身の、ご家族・友人・知人の生活してゆく社会のルールを決めるための、自分たちの国の方向を決める国政選挙です。



二度にわたり、大変失礼いたしました。
    • good
    • 2

>なぜ自民党が勝つのか?



本質的な部分の見解をひとことで言えば、
「この国は民主主義国家として、成熟していないから」です。
これに尽きます。


至極当然に政権交代が定期的に行われている欧米主要国では、民主国家として(一時を除き)60年間も一党が政権に就き続けるなんて考えられない(あり得ない)わけで、言ってみればこの国は(一応民主主義体制と名の付く国の中で)世界でも例のない一党長期政権国家状態にいるわけです(国名だけならあの北の国も一党長期だが、言うまでもなくあそこは独裁です)。
要するに、1億2000万人の国民のほとんど全ての人が、まともに「定期的に政権党が交代する」経験を味わったことのない国民なのです。
ひとつお断りしますが、私も(少なくとも)’80年代くらいまで自民党(+官僚社会主義)政権がこの国で機能してきたことは認めますし、米国に安全保障の全てを委託することで、この仕組みのなかで集中して経済的な大成長をしてきた実績は事実でしょうし、もっと言えば当然私自身もその恩恵を受けているのでしょう。

でも、そもそも民主主義国家体制の大きな利点は、国民がその国を運営する政権を複数の中からの選択によってその時々に変更し、権力の中枢がチェックできる仕組みなはずです。

私たち国民は、「ジャパン アズ No1」とまで言われた’80年代までの経済的な成功を忘れられずに、それ以降も本来のこの民主主義のそもそもの大前提の仕組みを、主権者たる国民が選挙という民主国家国民にしかない最高の権利を(それを自覚した上で)行使することで、主権者たる国民自身がこの仕組みを育てて活用しようとしてこなかったからではないでしょうか。
ましてや、一部の方たちの中には、主権者たる国民がその権利を放棄しながら、「ある日突然」文句の付けようのない完璧な代わりの政党が出現するとでも思っているかのような錯覚をしているようです。
そもそも、この世界中に完璧な政党など存在しないわけで、(国家体制、安全保障・外交の方向に大きな違いがない、同規模の政党が二つ以上あるのなら)どちらかが絶対に優れているなんて無いわけで、『すべからずそれは相対的なもので、国民がどこを選ぶか、それだけの違い』であるはずです。

あえて言いますが、私は今現在、「これほど与党の対抗として、野党の存在感のある時期はない」とさえ思っています(それが望むべく理想のカタチかどうかは全くの別問題ですし、それを言うなら現与党の自民党自体が望むべく政権党としての理想からは、大きく掛け離れています)。
そして、ここで言う野党は、現在の対抗しえる条件(規模・人材・能力・実績・・)から見ても、民主党を指しています。

私は、上記のように現在を捉えていますが、
もし、(誰かの意見でもなく、恣意的ではなく)民主党が自民党(=官僚主導政治)より絶対的に劣っていると言い切れる方がいらっしゃるとしたら、
それは間違いなく、数千万人にも及ぶ彼らに入れている(主権者たる)国民自身が、それを少し上回る自民に入れる国民よりも絶対的に劣るというこであるのです(こんな国は、少なくとも成熟した欧米主要国の民主国家ではありえません。そもそも選挙において絶対にどちらかが劣る選択なんて概念がありません)。
要するに、60年以上にも及ぶ自民党政権下の(教育の)結果、自分らを支持する数にせまる、もう一方の大量の絶対的に劣る国民を作り上げたということにもなります。

私は、この分け方(自民絶対優・民主絶対劣)には全く同意できませんが、ある意味自民政権下教育の失敗には納得できるところがあります。
たとえば、特に中高学での教育で議会制民主主義や選挙・選挙権について基本的なことさえ学ばせて(覚えさせて)こなかったことです。
それは、(大変申し訳ないが)こちらのサイトでの質問文の少なくない例を見てもそれは明らかでしょう。とても教養も礼節など道徳観などにも欠けているとは思えない文章力のある方が、議会制民主主義どころか「衆議院と参議院の違いも、与党と野党の役割・権力の違いさえ」も知らないか、全く違う解釈をしているのが見られるからです。しかも老若男女年齢に拘わらず、です(念のため、高い知識のない者には資格が無いと言ってるのでは断じてありません。上記に挙げた基本中の基本までも知らない、と言いたいのです)。

欧米主要国では投票率の80~90%台なんて特に珍しいことではないでしょう。
その彼らは「(民主国家の)国民として選挙権を行使することは、権利でもあり、大事な義務だ」と言っています。
「民主国家を維持・機能させるために、当然に払わなければならないコスト(国民の義務)」だ、というわけです。
この国では、文句や聞こえのいい諦めのセリフや言い訳だけは言うけど、毎回半分近くの有権者が主権者としての権利を放棄しています。
いくら聞こえのいいセリフを言っても、政治家(特に現政権を維持したい与党議員)から見れば、
選挙権を行使しないという行為は「私は現状に不満はありません、権利を行使した方々の住みやすい(都合の良い)社会ルールにしても構いません」という、「白紙の委任状」を出したも同然と、『彼らに受け取られても』しょうがないのです。
厳しいことを言えば、「どんな事になっても、文句を言う資格さえない」とも言えるのです。
なぜなら、民主国家の国民だからこそある(某国のカタチがけの特殊な選挙は別として)、
主権者たる国民としての権利を自ら放棄したからです。



それから、
「今こうした質問文のような疑問が出てくる、というこの事自体が、未成熟さのひとつの現実」を表しています(質問者様を非難してるわけではありません)。

ほんの1,2週間前時では、明らかに自民大敗間違いなしでしたでしょう。そして時が経つと、その方向に気持ちがあった一部のいわゆる無党派層で(現状の国政に疑問を持つ方からでさえも)こういった声が出てくる。

もちろん、それは様々な理由によるでしょう。
冷静になって自民しかないと「思えてきた」とか、それでも回りの冷めた雰囲気に自分の判断が分からなくなるとか、「我慢」という意味を日本人特有に解釈して現状に慣れてしまう・受け入れてしまう・諦めてしまうとか、対抗馬の現野党に絶対的な確証を求めてしまう(それは自民にも無いし、そもそも野党には『期待』で、与党は『それまでの実績・結果』を、最優先に判断することが大原則なのに。野党は政権党でないので、実績で比べること自体が間違っている→イチローと松井の実績をワールドーシリーズでの成績で比較するようなもの<注>イチローはWSに出場したことがないのだから比較しようがない)とか、もちろんやはり自分は自民の方向を信じるというのもあるでしょう。無論、元来政権与党のほうが選挙は有利なこともあるし、自民党の政権党への異常なまでの執着心から来る、裏に表と行われている様々な手法が功を奏してもいるのでしょう。

でも、それとは別で、欧米主要国の民主国家とは明らかに違う(それらの国では考えられない)大きな要素として、
「過去に全国民の誰一人もが自国で、その当たり前の仕組みが機能した成功体験をしていない不安」も明らかにあるでしょう(13年前の11ヶ月の8党派連立は、あまりにも短かったし、カタチとして異常に不健全だったので当てはまりません)。

ましてや、この国では前例を必要以上に重視する国民性でもあります。
大企業にもあるように、過去の(官僚社会主義政治とはいえ)成功体験から抜け出せない組織は明らかに時代から取り残されていきました。
そして、この国の運営をずーと担ってきて、国地方合わせて1000兆円の世界史上例のない途方もない借金、それでもなお年10兆円にも及ぶ税金の無駄遣い、年金・社会福祉制度崩壊、世界一の自殺者数、なにより先進国で唯一異常な長期政権を許すような例のない民主国家、という現実の彼らの政治結果です。



ちなみに、本質的以外で、
ここ7,8年について、自民党が勝っている(それでも何回か負けているが)、確実な理由のひとつは明白です。
『公明党の選挙協力』です。
実際、コイズミ劇場はじめあれだけ様々な要素が有利に運び、結果大勝したといわれる前回の郵政選挙「でさえ」も、
『公明党のどの選挙区でも満遍なく確実に2万票前後はある組織票(創価票)の上積み分』が無ければ、
結果は間逆となり、
民主党が大勝したという試算が出ていることは周知のところです。

自民単独では既に選挙に勝てない、ということは、
ほかでもない、当の自民党議員自身の誰もが承知していることです。
    • good
    • 3

メキシコにPRIという万年政権与党がありました。

 1920年代から、実に70有余年与党の地位にありました。 この間、大統領は全てこの党員でした。 長く、国会議員の九割近くを占めて来ました。 しかし、90年代の後半に政党は選挙で大敗し、一気に崩壊して行きました。 

あまりに長く与党の地位にあり過ぎて癒着し、内部から崩壊して行ったのです。 

一党独裁は長くは続きません。 それは精々70年。 ソ連も70年余で共産党による一党独裁が崩れています。 

日本においてどうして自由民主党が強いのか。 それは国民の中に権力者に迎合しようという保守主義的な性格の人が多いことが挙げられます。 国民ひとりひとりに独立心がなく、強い人に頼ろうとする弱者意識が強いことです。 

日本の歴史を見ても、一般大衆が蜂起して、自分達の権利を守って戦ったという例はほんの数えるほどしかありません。 一般大衆は有史以来、ずっと『負け犬』の地位に甘んじて来ました。 しかし、一党による独裁は長く続いても、70年です。 

今の自民党の議員は三世、四世の議員も少なくありません。 彼らは下野した経験がありません。 要するに打たれ弱い。 この党がいったん野党になったら、殆どの自民党議員は政権与党に鞍替えし、自然に解党してしまう運命にあります。 

ですから、自民党が存在するのも後長くても10年程度ではありませんか。 実家に事務所経費を計上して、野党の追及を受けている赤城農水大臣を見ても、見るからにひ弱で、放って置くと前任者みたいに簡単に自殺しそうです。 いつの間にか、こんなひ弱な議員ばかりになっているのです。 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q従軍慰安婦など存在しない 水曜デモ 岡崎トミ子 いい加減にしろ!!

従軍慰安婦など存在しない 水曜デモ 岡崎トミ子 いい加減にしろ!!

この国賊バカ女をどうにかして欲しい。
どなたか名案はありませんか?

Aベストアンサー

>この国賊バカ女をどうにかして欲しい。どなたか名案はありませんか?
全くもって同感ですが、残念ながら次回の参院選まで打つ手がありません。
多分彼女の政治経歴を御存じなく投票された宮城県の皆さんに、事実を知らしめる事で次回の選挙に期待するしかないでしょう。

さて確信的なのか或いは人事効果能力が欠如しているのかは(尤も現民主党政権はそもそも国政担当能力が不足しておりますが)不明ですが、あきれた事に菅政権は本来公安にマークされるべき対象である岡崎トミ子という人物を、そのトップである国家公安委員長というポストにつけてしまった。
極論すると泥棒を警察署長に任命した様なものです。

彼女の反日的政治経歴を改めてウィキから抜粋して記述しますと(皆様当然御存知だとは思いますが)

● 2001年岡崎の政治団体が01年7月の参院選の際、政治資金規正法で禁止されている外国人からの寄付として、朝鮮学校を運営する朝鮮籍の理事長と、パチンコ店を経営する韓国籍の会社社長からそれぞれ2万円の寄附を受けたことがわかった。

● 2009年5月6日、1932年に中国で起きた平頂山事件について日本政府に公式謝罪を求める議員団に参加

● 2003年韓国への海外視察の際、元慰安婦関係者が毎週水曜日に行う日本大使館へ対する恒例の抗議行動(通称水曜デモ)に参加(大使館の公用車で送迎)し、応援のコメントをした。産經新聞は「国費を利用しての反日デモ参加」と報道した。そのため国会の内外から国会議員としての見識を疑われると批判された。

● 本人女性を除いた慰安婦に対する日本の謝罪と賠償を求める戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案の主な提案者の一人。

● 2008年1月、在日韓国人等に参政権を付与することを目的とする「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」に参加。

● 1999年8月9日国旗及び国歌に関する法律に反対した。

● 2004年の年金未納問題の際に1年11か月間未納であったことが発覚した。

以上ほんの一部の抜粋に過ぎませんが、韓国のそして中国の反日運動にまでコミットしている、つまり彼女はイデオロギーには関係がなく反日的なものならどこにでも首を突っ込む、全くどこの国会議員だか呆れ果ててものも言えません。
我々日本国民は、何が悲しくてこの様な人物を税金で養わなければならないのでしょうか?

敬愛する宮城県の有権者の皆様、栄誉ある戦国の雄伊達政宗公の御膝元でこの様な人物を国会に送り出して良いものか、次回の参院選では良識ある選択を御願いします。

>この国賊バカ女をどうにかして欲しい。どなたか名案はありませんか?
全くもって同感ですが、残念ながら次回の参院選まで打つ手がありません。
多分彼女の政治経歴を御存じなく投票された宮城県の皆さんに、事実を知らしめる事で次回の選挙に期待するしかないでしょう。

さて確信的なのか或いは人事効果能力が欠如しているのかは(尤も現民主党政権はそもそも国政担当能力が不足しておりますが)不明ですが、あきれた事に菅政権は本来公安にマークされるべき対象である岡崎トミ子という人物を、そのトップであ...続きを読む

Q自民党政権や自公政権での悪政は、自民党議員と役人を比べて、どちらにより

自民党政権や自公政権での悪政は、自民党議員と役人を比べて、どちらにより責任があると思いますか。

こいつらよりより責任があると思う連中がいればそれも教えてください。

また、一番の悪政は何だったと思いますか。

Aベストアンサー

>こいつらよりより責任があると思う連中がいればそれも教えてください。

はい先生!! ずっとこいつらを選んできた国民だと思いまーす!!!!

Q福田がブッシュにいい加減にしろと言える日は来るのか?

太田総理でやってたんですが、値上げラッシュを止められないのは外交ベタな政治家の責任なのか?
日本は戦後からアメリカに対して、負け犬の考え方が基本になっているようだ。
日本は技術力がある。日本人は賢い。自動車メーカーだってなんだって、こうだって決められた所でなんとか工夫する民族である。

そうやって、アメリカを超えるようになるとまたアメリカはルールを変えるようになるのだと。
バイオエタノールはアメリカのメーカーが一生懸命やっている。日本のメーカーはエコ車など一生懸命開発する。
日本人がそれでまた色々と工夫して、それによってアメリカが損をするとまたアメリカはルールを変える。
その繰り返しをもうやめよう。戦後からもう60年も立っているんだから。
福田首相がブッシュ大統領に「いい加減にしろ」と言えばいい!
そんな日は来るのでしょうか?

Aベストアンサー

>値上げラッシュを止められないのは外交ベタな政治家の責任なのか?
 違います、元々この値上げは原油価格の上昇です
  それに対し、日銀はかつてないほどの低金利にして価格の上昇を抑えています

>日本は戦後からアメリカに対して、負け犬の考え方が基本になっているようだ。
 憲法9条等によって防衛的に米国に追従しかないのに・・・
 大田は憲法9条賛成でしょ 考えが破綻してるとしか思えません

>日本は技術力がある。日本人は賢い
 だからこそ外交は弱いんです
 米国みたいに軍事力があるわけでない
 中国みたいに安い生産力があるわけでもない
 ましてや資源があるわけではない
  日本は『加工国家』といい、資源を商品にかえ世界中に輸出してるのです。だから他国の機嫌をそこねると売れなくなる・・・

>戦後からもう60年も立っているんだから。
 軍事的にに憲法9条&日米安保で米国からの独立は無理
 経済的に米国は日本の大切なお得意様だから無理
 (日本の5月通関ベース貿易収支しってます?3656億円の黒字ですよw)
 せめて英国のように、軍事的に対等になればいいのですが、

 この大田はそれを邪魔してる一人ですね

 大田の他の掲示板でもよく言われるのですが
  『問題提起』は出来ても『問題解決』はできない人だと思います
 大田は代表的な問題・排除型思考の持ち主です

例)自動車の交通事故を減らそう
 問題提起・排除型  → 自動車を廃止しよう
 問題解決型  → では交通事故がおきないよう、こうゆう法案を通したらどうか?

 何かあれば、排除すればいい、しかしそれに伴うデメットはまったく考慮しません

>値上げラッシュを止められないのは外交ベタな政治家の責任なのか?
 違います、元々この値上げは原油価格の上昇です
  それに対し、日銀はかつてないほどの低金利にして価格の上昇を抑えています

>日本は戦後からアメリカに対して、負け犬の考え方が基本になっているようだ。
 憲法9条等によって防衛的に米国に追従しかないのに・・・
 大田は憲法9条賛成でしょ 考えが破綻してるとしか思えません

>日本は技術力がある。日本人は賢い
 だからこそ外交は弱いんです
 米国みたいに軍事力が...続きを読む

Q次の衆議院選挙で小泉自民党が勝った場合

次の衆議院選挙で小泉自民党が勝った場合、どういうシナリオで郵政民営化法案が可決されますか?
これは既に参議院で否決されています。
それを覆すことができるんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

選挙の勝ち方次第です。
棄権欠席組みを含め、公明党を含めて過半数なら、小泉首相が、来年9月の任期までなので、参議院議員は別段反対しても怖くないので、否決、また混乱
棄権欠席の数を大きく超えて、勝つなら小泉首相の続投で来年9月を超えて続投するので、参議院議員が賛成に回る可能性あり、可決
郵政民営化のためだけの議員を、国民の選択肢だと言って、出すのが、果たして民主主義?
と言う声が県単位の自民党で高くなれば、圧勝できない可能性あるので、また混乱。
可能性としては、選挙で空白、政局で空白。
景気や年金問題はまた先送り
国益は失われるだけ。

Qいい加減にしろ!中国!!

いい加減にしろ!中国!!

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/china/?1284987839

日本に報復ですって。本当に幼稚な国家ですね。
品位のかけらもない。

こんなことして困るのは日本より中国だということが分からないのかな?
円高に誘導?ならば人民元切り上げ要求したら?世界は歓迎だと思うよ。

中国は政治も経済も不安定なんだから、こんなことしたらドミノ倒しのようにバブル崩壊・・・・。
もっと大人の対応できないのかな?

欧米諸国が笑っている。彼らの国益になるから。

日本は冷静に対処すればよいだけ。

皆さんどう思いますか?

Aベストアンサー

まあ今回の件に限った話では無いのですが、如何なる外交関係に於いても(拮抗した国力・軍事力を有する2カ国間の外交を除いて)正義というものは存在しないのがよく分かります。

それにネットの普及が拍車をかけている、本来ネットの良さは情報の双方向性だったはずですが、その実情はニュース・ソースを握った何者かの意図に踊らされてしまう。
特に民度の低い中国等の国家に於いて顕著です。

憲法9条を改正して正式な軍隊及び交戦権を復活させ、場合に依っては核武装も辞さない覚悟がそろそろ必要な時期に来ているのかも。

Q【政治・自民党】自民党の派閥は何個くらいありますか? 自民党内にある現在の派閥名と派閥の代表者を教

【政治・自民党】自民党の派閥は何個くらいありますか?

自民党内にある現在の派閥名と派閥の代表者を教えてください。

Aベストアンサー

①清和政策研究会(せいわせいさくけんきゅうかい)
細田博之 通称「細田派」
※自由党の佐藤栄作の系譜。田中角栄時代に清和会と経世会に分裂。
経世会は、その後羽田孜と共に自民党を離脱。その後出戻ったのが二階と石破。

②平成研究会(へいせいけんきゅうかい)
額賀福志郎 通称「額田派」

③宏池会(こうちかい)
岸田文雄 通称「岸田派」
※旧自由党の池田隼人の系譜。ハト派。

④為公会(いこうかい)
麻生太郎 通称「麻生派」
※旧宏池会会長の加藤紘一への反対組。山東組と合流を目指す。

⑤志帥会(しすいかい)
二階俊博 通称「二階派」
※旧日本民主党の河村一郎の系譜で。春秋会の本流。

⑥水月会(すいげつかい)
石破茂 通称「石破派」
※党内ではベンチャーな立ち位置。いわゆる窓際。

⑦近未来政治研究会(きんみらいせいじけんきゅうかい)
石原伸晃 通称「石原派」
※旧春秋会系では振興、現在は二階派との合流を模索。

⑧番町政策研究所(ばんちょうせいさくけんきゅうじょ)
山東昭子 通称「山東派」
※旧日本民主党の松村謙三の系譜。ハト派。

Q民主党よ、いい加減にしろ!!

マニフェスト詐欺で、政権に居座る民主党に
腹が立っています。

あれだけ埋蔵金とか財源の根拠として話して
いたのに、話が全く逆の国民の大増税になった。

国会議員削減とかを全くしない高給取りの
自分達をまずは仕分けろって言いたい。

言ってる筋は間違ってますか?


http://gendai.net/articles/view/syakai/133869

Aベストアンサー

1200万円のチャーター代を認めるのもクズ、それに乗るのもクズ、民主に投票したのが一番のクズ!!

Q内閣支持率が高いと選挙で自民が勝つ確立が高いの?

各新聞、報道局が内閣支持率を毎週のように発表していますが、
それぞれ差はあると思いますが麻生内閣の支持率が50パーセント以上の場合、解散総選挙をした時、「麻生内閣はいいなぁ!麻生内閣は自民党だから支持して自民に票を入れよう!」ってことで自民党に票が入りやすいという解釈でよろしいのでしょうか?

それと各メディアはそれぞれどこから、どのようなやり方で内閣支持率を算出してるのでしょうか?

Aベストアンサー

ご了解通りです。 ちなみに内閣の支持率の調査方法は各社まちまちだと思いますが、たとえば朝日新聞の場合、通常添付の「朝日RDD方式」と言う世論調査方法で調べているようです。 コンピューターに入力した有権者の電話番号から、無作為に1,000人程度を選び出して、電話による聞き取り調査を行うというものです。

http://www.padmacolors.org/archives/2006/07/25_071903.php

Q中国 もういい加減にしろ!

先程、ニュースでやってましたが、中国で過去最大のデモが起きていました。暴動ですが、平和堂でしょうか?日本のデパートのガラスが割られていました。日本人が一生懸命働いたお金で、デパートを建ててやり、人々を雇用し、進出して新たな需要を開拓するのが目的と言われれば、その通りかも知れませんが、もうこんな国にこれ以上期待せず、頭を冷やして、土下座してくるまで、無視してやれば少しは立場もわかると思うのですが。現地法人らに注意勧告って、こんなにされてまで居る必要も無いと思います。政府がやらせたデモと言う話もありますが、とうの昔に意図するレベルは越え、それで「すべての責任は日本にある」では済まされない話です。

Aベストアンサー

パナソニックなどのメーカーも機械設備など破壊されたりしているようです。今回は行くところまで行くかも知れません。何十年経っても何かあると直ぐに被害者意識がもたげてくる国です。百年経っても二百年経っても同じでしょう。中途半端な状態が続くよりも良かったかも知れません。むしろ行くところまで行った方が良いとさえいえます。日本の経営者も恐らく深刻な見直しを迫られるようになるのではないでしょうか?

勿論中国に進出している日本企業が操業出来なくなれば多くの中国人が失業し、大きな痛手を負う事になります。ですがそんな事は悪がきには理解できないのかも知れないですね。やっぱり行くところまで行く方が分かり易いかもしれません。

Q仮に現時点で衆議院解散総選挙となり自民党が勝ったとします。

仮に現時点で衆議院解散総選挙となり自民党が勝ったとします。
ただ自民党だけでは衆議院過半数を取れない場合に自公政権の再来と成るのでしょうか。

Aベストアンサー

全く意味がない質問です。

「仮に現時点で衆議院解散総選挙となり自民党が勝った」という一文だけでは何にも言えない。
各党の議席は?
争点は?
各党の有力者が選挙中どういうことを言ったのか?
どういう政治状況で解散になりどういう選挙戦になったのか?

そういうことがすべてもろもろ選挙後に影響を及ぼします。

仮にというのなら上に上げたこともすべて仮定してください。
そんなことできるわけないのだから、仮定の質問なんて何の意味もないのでがね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング