主脈の数を数えなければならないのですが、主脈とは、葉柄と葉の付け根から出ている脈のことですよね?
 では、たとえば5本そういった太い脈が見えて、その5本以外に2本(手の指の親指と小指の外側に2本細い指がつくような感じ)、細めの脈がある場合、合計7本と数えるのでしょうか。
 それとも、主だった5本のみと考えるのでしょうか。
 教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

うーん、ちょっと実際に見てみないとわかりませんねー。

でも主脈ではないと思います。
形態学の本などに詳しく載っていると思うので、本で調べた方が早いと思います。葉の形状の表現ですが、以前葉脈など葉の形状のレポートを書きましたが、切れ込みの表現は「深い」などでも十分良い成績が来ました。
詳しい本だと、その植物には主脈が何本、と書いてあることもあるのでそれを参考にしても良いかと思います。
肉眼で葉脈が区別つきにくければ白黒コピーすると良く見えるようになり区別もつきやすいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの写真の葉の名前を探しています。前にも質問したの

この写真の葉の名前を探しています。前にも質問したのですが答えがなかったので大きくなった葉を写真に撮りました。お願いします

Aベストアンサー

一般名で、いわゆるテンナンショウ(天南星)類ですな。
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/higher_det_12.html

テンナンショウの仲間は、属に広義としてマムシグサとも呼ばれる。一品種としてのマムシグサや、ウラシマソウもいわゆるテンナンショウ。厚労省によると日本では30種類程度の自生らしい。果実は食べないように。

テンナンショウの仲間
http://yikflower.sakura.ne.jp/flower%20frame%20tennanshou.html
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/6324/menu/ta/tennansho.html
http://wwwc.pikara.ne.jp/wildplant/newpage1.htm

下記サイトによると約150種類あるらしい。
http://yasashi.info/te_00007.htm

Q手の指 足の指の数は、何故4本でもなく6本でもなく5本になってるんですか?

手の指 足の指の数は、何故4本でもなく6本でもなく5本になってるんですか?

Aベストアンサー

進化論の泰斗故スティーヴン・J・グールド教授によれば、足の指の骨は八ぽんだった可能性があったそうです。教授の文庫版「八匹の子豚」に詳しく描いてありますが、ほ乳類でも海獣の前足は現在でもほぼ八ぽん、ですがそれ以外のほ乳類はほぼ五本、分かれた時期も分かっている様です。あなたも競走馬の指について御存じでしょう。教授に依ればジャイアントパンダは四本になったが、生存競争に負け肉食だったのに竹を食べさせられる様になったとき、四本では不便きわまるので、親指の位置にある別の突起が発達して一応五本に見えるが、X線で見ると親指は骨では無い。このように環境に適応した結果五本になった。さらに欧米人種は靴を履く時間が長いので千年後には足の第五指(小指)は消滅するという計算だそうです。

Q写真有:パキラの葉が多くなってモサモサしてきました。

写真有:パキラの葉が多くなってモサモサしてきました。

1年ほど前から、鉢(直径&高さ13cm)に入ったパキラを育てています。
幹の茶色部分が高さ13cm、その幹から5~6cmの緑の幹が3本伸びていて、
そこから葉をつけた1番細い枝が、各幹に4本ずつ生えています。

暖かくなってきてから、急にモサモサと葉を出して上へと伸びてきています。
大きな葉だと1枚10cm位あります。下の葉が窮屈そうに見えて心配だったり。
大きな葉は、濃く元気な緑色ですが、影になった葉はレタスの様な淡い緑色です。

剪定してあげた方がいいのでしょうか。
また、植え替え等を考え出す大きさの目安などは有りますでしょうか。

長く元気に育てていきたいです。 宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

写真を見る限りは、今年植え替えなかったからか、あるいは冬の管理がいまひとつだったのか、今のところ葉も小さめで元気というほどには見えませんが、(最近)急に成長を始めたということですから育てるにはまったく問題ないでしょう。

◆今のままでも鉢の大きさ・樹形ともに、とてもバランスがいいです。
今のまま管理するなら、下の方の元気のなさそうな小さい葉は少し落としてもいいでしょう。夏の生育中に緩効性肥料の置き肥を1~2回与える程度にして下さい。

<植え替えについて>
本当は6月に植え替えた方が良かったのですが・・・・・
根の成長が早く根詰まりしやすいですから、鉢の下から根が詰まっていないか、または木の成長の度合いによって1~2年ごとに植え替えるのが普通です。

◆植え替えの時期は5月~梅雨明け位までですから、今はそのままのほうがいいです。根が見えていなければ来年5~6月ころ植え替えて下さい。もし鉢の底から見て根が出ているようなら9月下旬に植え替えて下さい。
 ※もし9月に植え替えたら次の植え替えは20~21ヶ月後の5~6月でいいです。

<以下は植え替える場合での話>
(1)新しい土を用意して下さい。市販されている観葉植物専用の土か、自分で作る場合は、赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいです。
(2)鉢から抜いた株は周りの古い土を3分の1ほど落として、弱っていそうな根や鉢の周りに密集した根を同様に3分の1ほど切り落として、鉢は今の大きさでもバランスはいいですが、先のことを考えて1サイズ大きくして下さい。
(3)9月には今より成長していると思いますから、植え替える場合は下の方の元気のなさそうな葉を落として下さい。また上の方ですごく大きく成長した葉のうち何枚かは半分にカットしてもいいでしょう。※植え替えは来年にするという場合にも方法は同様にして下さい。
(4)枝の剪定はいずれにしても植え替えの時がいいでしょう。残したい枝と切る枝、育てたい形もイメージして切るといいでしょう。写真の枝はまだ小さいですからそれほど切らなくてもいいように思いますが、9月か来年5~6月に植え替える時、あまりにも細い枝があるようでしたら切り過ぎない程度に落としてもいいです。

●<管理> 参考に
http://www.yasashi.info/ha_00020g.htm
http://www9.plala.or.jp/mosimosi/green/pakla.htm
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/pachira3.htm

がんばって花を咲かせてください^^
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/pakira.html

購入される時がこの位の大きさで、その後成長させます。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/pachira1.htm
http://www.087greensmile.com/plant-pakira.html

写真を見る限りは、今年植え替えなかったからか、あるいは冬の管理がいまひとつだったのか、今のところ葉も小さめで元気というほどには見えませんが、(最近)急に成長を始めたということですから育てるにはまったく問題ないでしょう。

◆今のままでも鉢の大きさ・樹形ともに、とてもバランスがいいです。
今のまま管理するなら、下の方の元気のなさそうな小さい葉は少し落としてもいいでしょう。夏の生育中に緩効性肥料の置き肥を1~2回与える程度にして下さい。

<植え替えについて>
本当は6月に植え替えた...続きを読む

Q人間の指はなぜ5本?

生物(?)が地球上に出来てから人間に進化してきた過程で、手と足の指が5本になったのは何か意味があるのでしょうか?
 特に足の指は5本の必要がないのではと思います。
いつも5本指の靴下を履く度に思います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

突然変異で4本の子も6本の子もいたと思います。しかしその子はいろんな都合で成長できなかった、成長してもオス同志の争いに勝てなくて子孫を残すことが出来なかったと言うのがあると思います。
 実は私が教師で受け持った子どもにも指が4本の子どもがいました。でも普通の子どものように頑張っていました。リコーダーも工夫して上手に演奏することが出来ました。
 猫とライオンの違いをご存じでしょうか?アフリカの草原など大きな動物が多いところではどんどん大きくなってライオンになりましたが、大きな動物がいなかった中東付近では小さくなることが進化だったのです。

Qこの写真の葉の名称をご存知な方はいませんか?

この写真の葉の名称をご存知な方はいませんか?
場所は北信越地方で写真は最近撮影したものです.
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

 エゾノギシギシに似ている様な気もしますが、自信はありません。

【参考URL】
 エゾノギシギシ
  http://www.paw.hi-ho.ne.jp/ya-ho/yasopage/tade/ezonogishigishi.htm

 エゾノギシギシ
  http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/polygonaceae/ezonogisigisi/ezonogisigisi.htm

Q眼球の外側のはしを指で押すと目が見えなくなる。どうして?

「眼球の外側のはし」という表現ではわかりにくいんですが、こめかみに近いほうの骨(目を囲んでいる骨)と眼球の境い目の辺りです。
眼球を直接ではなくて眼球の上にある皮膚の上からですが指で、少し痛みを感じるくらいの強さで押すと5秒ほどでだんだん暗くなり、最終的に真っ暗で何も見えなくなります。
どうしてこんなのを発見したのか自分でもわかりませんが、気になったので質問することにしました。
視神経は盲斑から脳へでているので視神経を圧迫したとかは考えられないような気がしますがどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

「眼球の外側のはし」じゃなくても、どこを皮膚の上から押しても同じような状態になりますよ。

眼球を直接ではなくても圧迫しているわけですから、当然眼圧は上昇します。(眼圧とは眼球の形態を保つ上での眼球内圧です)
眼圧が機械的に上昇すれば、当然視神経も圧迫されますし、網膜内の血管も圧迫されるため、虚血状態になります。
このような状態になると、当然「見る」機能が働きませんので、おっしゃるような見え方になります。
脳貧血を経験されたことがあるなら、まさにそのような状態ですね。
あまり頻回にこんなことしない方が良いですよ。

Q写真のとおりイチゴの葉に黒い点々ができました。

写真のとおりイチゴの葉に黒い点々ができました。
これは親株からとった苗の写真です。
ほかの苗もこんな感じなのですが、回復は無理でしょうか?

炭疽病だと思います。

Aベストアンサー

写真だと良くわかりずらいのですが病班からすると炭疽病だと思われます。
登録農薬としてはアミスターフロアブル、ゲッター水和剤、バイコラール水和剤などがありますので広がる前に防除されたほうがいいです。
紹介した薬剤はそれぞれ系統が違うのでローテーションを組んで散布するようにしましょう。

>回復は無理でしょうか?

ご存知かとは思いますが植物は人間のように修復能力がないので病班が消える事はありません。
病班が広がらなければ薬剤が効いていると判断して下さい。
この時期どうしても炭疽病が発生しやすいので症状が出る前の防除が大事ですよ。

Q葉柄を除く、葉っぱ全体のことを何て呼ぶ?

葉っぱの各部位の名称を穴埋めする問題をやっているのですが、葉っぱの付け根である柄(葉柄)を除いた葉っぱ全体のことをなんと呼ぶのでしょうか?

検索したのですがヒットせず、そもそも何て検索すればいいのかわかりません。ですがどうしても名前が必要なので、知っている方お願いします。

Aベストアンサー

葉身です。
http://www1.plala.or.jp/maui/b-terms/b-terms02.htm

Q四つ葉のクローバーの写真素材を探しています。

こんにちは。
今、HP用の四つ葉のクローバーの写真素材を探しています。
いくつかは検索サイトなどから見つけましたが
なかなか自分の理想に近いものが見つかりません。
条件としては

・四つ葉のクローバーの写真素材
・あまり群生して写っているのではなく
 単体、もしくは少数で写っているもの。
・加工OKである。(リンクウェアでもかまいません)

以上です。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.google.co.jp/imghp?hl=ja&tab=wi&ie=UTF-8
で「四葉のクローバー」という検索キーワードをお試しください。

参考URL:http://www.google.co.jp/imghp?hl=ja&tab=wi&ie=UTF-8

Qショウガ科,葉柄の形態用語

ショウガ科の植物の葉の葉柄のうち,(2)の筒状の鞘になっていない部位のみの名称があれば教えてください。
(1)は葉身ですね。
(3)はさや葉鞘。集まって偽茎を形成しているわけですね。

葉鞘のうち偽茎を作っていない部分?(筒状でないが葉鞘の一部とするのか?)
葉柄のうち偽茎を作っていない部分? または,葉柄のうち鞘になっていない部分?

Aベストアンサー

今晩は、添付画像、ショウガ科の何とゆう植物でしょう?
ショウガ科で、(2)の有るもの、無い物に分かれる様です。
http://www.botanic.jp/class/shouga.htm

画像中(2)は「葉柄」で好いと思います、
画像中(1)の葉身の部分で、(2)の上の部分の[ ー ]から葉先端までの線状の部分を主脈、此の場合は特に「中央脈」と言います。

http://www.biol.tsukuba.ac.jp/~algae/BotanyWEB/top.html
Mr.Takesi Nakayama氏の労作です、参考にして下さい、此の中、「葉」>「葉」クリック、詳しく出て居ます。此れ以外も役に立つと思われます。
添付画像の場合、「中央脈の一部=葉柄」とゆう事に成るのでしょうか。

後、(3)葉鞘と(2)葉柄の連続部の向軸側には、「葉舌ようぜつ」、「葉耳ようじ」が見られる種が在ります(種に依って有り無し、添付画像は無いのでしょう)。http://had0.big.ous.ac.jp/ecologicaldic/y/youzetsu/youzetsu.htm

※言葉として、気を付けて欲しいのが、「葉鞘」、「鞘葉」は違います。

今晩は、添付画像、ショウガ科の何とゆう植物でしょう?
ショウガ科で、(2)の有るもの、無い物に分かれる様です。
http://www.botanic.jp/class/shouga.htm

画像中(2)は「葉柄」で好いと思います、
画像中(1)の葉身の部分で、(2)の上の部分の[ ー ]から葉先端までの線状の部分を主脈、此の場合は特に「中央脈」と言います。

http://www.biol.tsukuba.ac.jp/~algae/BotanyWEB/top.html
Mr.Takesi Nakayama氏の労作です、参考にして下さい、此の中、「葉」>「葉」クリック、詳しく出て居ます。此れ以外も役に立つ...続きを読む


おすすめ情報