EPAについて教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

追加情報です。


「EPA」で最近の成書を検索すると、
----------------------------
1.かつお節/和田俊/幸書房/1999.12 
2.生理活性脂質EPA・DHAの生化学と応用/原健次/幸書房/1996.4 
3.AA、EPA、DHA/鹿山光/恒星社厚生閣/1995.9 
4.からだによく効く魚介類のすべて/落合敏/日本文芸社/1995.2 
5.EPA及びDHAを含む食品/東京都消費者センター…/東京都消費者センター…/1994.12 
6.EPAの医学/熊谷朗/中山書店/1994.2 
----------------------------------
ご参考まで。
    • good
    • 0

以下のサイトは参考になりますでしょうか?


1.http://www2.famille.ne.jp/~horio/text1/text1.html
(エイコサペンタエン酸 (EPA))
2.http://www2.neweb.ne.jp/wc/hooko/ARELGY.HTML
(食品とアレルギー)
3.http://www2.famille.ne.jp/~horio/textE12/textE12 …・11
(アラキドン酸代謝に対する EPA の作用)
4.http://hatori.or.jp/hanamaru/hanamaru1204-2.htm
(国立栄養研究所 板倉先生の高脂血症の食餌療法)
5.http://www.on.rim.or.jp/~messahra/gakusei/bioche …
(不飽和脂肪酸)
6.http://www.jafra.gr.jp/DHA2.htm
(ドコサヘキサエン酸(DHA)の機能研究最新動向)
7.http://www.hassui.co.jp/do-you-know/
(DHAとEPA)
8.http://homepage1.nifty.com/totukahp/18gou.htm
(α-リノレン酸系列)
9.http://kbic.ardour.co.jp/~g-mimaki/dha.html
(DHA)
10.http://www.drugmania.net/smartdrug.htm
(DHA・EPA)
11.http://www.jssst.or.jp/jsln/1999WSreport.html
(推奨摂取量)

ご参考まで。
    • good
    • 0

=Economic Planning Agency of Japan、《日》経済企画庁


=Educational Paperback Association、教育ペーパーバック協会
=Environmental Protection Agency、《米》環境保護局
=eicosapentaenoic acid、エイコサペンタエン酸

とありますが、きっとエイコサペンタエン酸でしょうね。(^-^)
DHAとともに高度不飽和脂肪酸の代表的な物質で、特に魚介類の
脂肪に多量に含まれ、動脈硬化や脳血栓などの血管系の病気や
大腸ガンや乳ガンなどのガンの予防効果や治癒効果が期待され
ています。また、痴呆症の予防や視力回復にも効果 があると
言われ、現在、注目されている脂肪酸です。

参考URL:http://www.rakuten.ne.jp/gold/kuroshio/kuroshio- …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDHAとEPAの違いと、魚の水銀問題について。

青魚には、DHAとEPAが含まれていますが、この2つ栄養素は、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

また、家内が妊娠中で、魚からDHAを摂取させたいのですが、水銀の問題があると聞いたことがあります。
実際のところはどうなんでしょうか。

Aベストアンサー

DHAとEPAの両者とも、不飽和脂肪酸と呼ばれる脂です。
ご存知かと思いますが、両者とも血液の流れを良くし、動脈硬化などを予防する効果があります。

両者の最も大きな違いは、DHAは脳にまで運ばれて脳神経を活性化ささせる働きがありますが、EPAは脳まで行き渡らない仕組みとなっています。
なお、脂肪を減少させる効果が高いのは、EPAとなっています。

下記のサイトを参考にしました。
http://www.dha-epa.net/

また、魚の水銀問題ですが、実際に厚生労働省が発表しているところによると、マグロなどの大型魚については、食物連鎖によって水銀が蓄積されているため、妊婦中には食べても良い目安量が設定されています。

http://www.dha-epa.net/attention.htm
食べても良い目安量は、上記サイトに詳しく書いてあります。

参考URL:http://www.dha-epa.net/

QDHA EPAのオイルがカッチカチに固まりました

omega-3 epa1500mg / dha750mg

natural factors というカナダの会社のものですが、(i herbで購入)

書いて有るとおり、ほぼ毎日スプーンに1杯くらい飲んで、

飲んだ後は冷蔵庫に入れています。

先ほど、冷蔵庫の掃除をしていて気づきましたが、

この瓶を入れてある冷蔵庫のポケットに液だれしたあとがついて

湯で洗っても、水に浸けていても、プラスチックのようにかちかちに
固まって取れません。

血液がさらさらになるイメージでしたが、こんなにかちかちになるものって
体に悪いのでは?と思えてきました。
4ヶ月ほど前に買った物です。

普通の天ぷら油でもこんなに克つ価値に固まる事ってないと思います。

dha epa って本当に体にいいのですか?

Aベストアンサー

DHA,EPAは、御存知のようにω-3脂肪酸と言われる不飽和脂肪酸です。
eicosa pentaen oic acid eicosaはラテン語の20で、penta(同5)のen(二重結合)のある脂肪酸
docosa hexaen oic acid docosaはラテン語の22で、hexa(同6)のen(二重結合)のある脂肪酸
と言う意味、ωですからカルボキシル基(-COOH)の反対の末端から3番目の炭素から二重結合が始まる。
1 2 3 4 5
/\=/\=/\=/\=/\/\/\/COOH   EPA
/\=/\=/\=/\=/\ほ/\/\/\COOH DHA

 同じ炭素数であっても二重結合が増えると融点が下がり液体になります。

 二重結合があると、その部分が空気中などの酸素と反応して過酸化物を作り固体になります。いわゆる乾性油--油絵の具やペンキ--になります。
 ⇒不飽和脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E9%A3%BD%E5%92%8C%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )

 EPA,DHAは魚介類・亜麻仁油・しそ油・えごま油・魚油に多く含まれる脂肪酸で、通常は食品から十分摂取できる脂肪酸です。過剰に摂りすぎると男性では前立腺がんの原因にもなること。日本人は魚介類を良く食べますし、サンフラワー油も良く摂るので、危険をおかしてまでサプリメントで摂る必要はないでしょう。ω-3の摂取量の少ない欧米人とは違う。
>血液がさらさらになるイメージでしたが、こんなにかちかちになるものって
体に悪いのでは?と思えてきました。
 カチカチになるのとは直接関係ないです。古い酸化した油は体に悪いということ。それと不飽和脂肪酸がよいか悪いかとは別の話です。もちろん酸化して糊化したものは有毒です。

 酸化されやすくて、体内の過酸化物を取り除くと言うのは誤りです。
ω-3脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%A9-3%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8#.E6.A6.82.E8.A6.81 )
 体の中での代謝に必要な栄養素で、本当に必要ならαリノール酸からも生合成します。

 脂肪酸の代謝は、タンパク質に比較すれば簡単ですが、それにしても覚えることが複雑でカタカナが多く、生物や化学を学ぶ時は苦しみましたね。

DHA,EPAは、御存知のようにω-3脂肪酸と言われる不飽和脂肪酸です。
eicosa pentaen oic acid eicosaはラテン語の20で、penta(同5)のen(二重結合)のある脂肪酸
docosa hexaen oic acid docosaはラテン語の22で、hexa(同6)のen(二重結合)のある脂肪酸
と言う意味、ωですからカルボキシル基(-COOH)の反対の末端から3番目の炭素から二重結合が始まる。
1 2 3 4 5
/\=/\=/\=/\=/\/\/\/COOH   EPA
/\=/\=/\=/\=/\ほ/\/\/\COOH DHA

 同じ炭素数であっても二重結合が増え...続きを読む

Q胡桃のαリノレン酸と青魚のDHA,EPAの違いは?

昨日、TVでクルミが「硬くなった血管を柔らかくする」と言って話題になっているようですが、
αリノレン酸が体内でDHA,EPAに変わるからとか・・
それならば青魚でDHA,EPAを摂ればいいのではないでしょぅか?
血管を柔らかくする効果は青魚にも有るのではないでしょうか?
それとも、クルミが特別なのでしょうか?

Aベストアンサー

ω-3脂肪酸の話ですね。
α-リノレン酸  all-cis-9,12,15-オクタデカトリエン酸
エイコサペンタエン酸 (EPA)  (5Z,8Z,11Z,14Z,17Z)-イコサ- 5,8,11,14,17-ペンタエン酸
ドコサヘキサエン酸 (DHA)   (4Z,7Z,10Z,13Z,16Z,19Z)-ドコサ-4,7,10,13,16,19-ヘキサエン酸

 リノレン酸は慣用名なので、「オクタデカトリエン酸」のほうがわかりやすいかも。
オクタデカン酸 オクタ(8)、デカン(10)炭素数18、トリ(3)二重結合の数
イコサペンタエン酸 イコサ(20)炭素数20、ペンタ(5)二重結合の数
ドコサヘキサエン酸 ドコサ(22)炭素数20、ヘキサ(6)二重結合の数
 ω-3脂肪酸なので、カルボキシル基の反対側の端っこ(ω)から3個目から二重結合が始まる。数字はラテン語

>それならば青魚でDHA,EPAを摂ればいいのではないでしょぅか?
 そうです。
 確かに、それらの効果はEPA,DHAによるものですが、『多くの動物は体内でα-リノレン酸を原料としてEPAやドコサヘキサエン酸 (DHA) を生産することができるが、α-リノレン酸からEPAやDHAに変換される割合は10%–15%程度( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%82%B5%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A8%E3%83%B3%E9%85%B8 )』とされていますから、それで必要量をまかなえるか、そうでないかは諸説ありjす。

>それとも、クルミが特別なのでしょうか?
 胡桃よりは「エゴマ、アブラナ(キャノーラ)、ダイズ、アマ」などに多い。

 動物は進化の過程で、普段の食餌から十分得られる物は、体内で合成する能力を失っても生存に影響がないため、その合成能力を失っている物がいくつかあります。良く知られているのはビタミン類ですね。肉食動物はビタミンCを食餌から取れないために体内で合成できますから、「犬や猫には生野菜や果物は食べなくても良い」
 ω-3脂肪酸は、種子や、(草を主食とする)草食動物には多く含まれていますから、人は体内でω-3脂肪酸を合成しなくても良い--食餌から十分摂取できる--動物になったということ。
 大事なこと。できるだけ我々の御先祖様に近い食餌---あらゆる物を満遍なく食べれば必要な栄養素は取れるはず。人間が農業を始めてから得られるようになった食物は栄養素が偏っている--穀類・(草ではなく穀物で育てられる)肉類などに偏ると問題ということです。

 リノレン酸が含まれる食物は胡桃だけではありません!!!--特定の食品だけを取り上げて宣伝するのはマスコミの姿勢としては極めて悪質だと思います。

 ⇒必須脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E9%A0%88%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )
 ⇒ω-3脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%A9-3%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )
 ⇒ω-6脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%A9-6%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )
 ⇒α-リノレン酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%91-%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%83%AC%E3%83%B3%E9%85%B8 )
 

 

ω-3脂肪酸の話ですね。
α-リノレン酸  all-cis-9,12,15-オクタデカトリエン酸
エイコサペンタエン酸 (EPA)  (5Z,8Z,11Z,14Z,17Z)-イコサ- 5,8,11,14,17-ペンタエン酸
ドコサヘキサエン酸 (DHA)   (4Z,7Z,10Z,13Z,16Z,19Z)-ドコサ-4,7,10,13,16,19-ヘキサエン酸

 リノレン酸は慣用名なので、「オクタデカトリエン酸」のほうがわかりやすいかも。
オクタデカン酸 オクタ(8)、デカン(10)炭素数18、トリ(3)二重結合の数
イコサペンタエン酸 イコサ(20)炭素数20、ペンタ(5)二重結合の数
ドコサヘキサエン酸 ...続きを読む

Q青魚に含まれるDHAやEPAの効能について

よくサンマやサバ、イワシなどの青魚に含まれるDHAやEPAが頭に良いと言われますけど、それはどんな科学的根拠によるものなのですか?具体的にDHAやEPAが大脳にどんな作用を及ぼしているのですか?

Aベストアンサー

こんにちは



DHAを摂取することによって
脳は多くの酸素を必要としますが、酸素化ヘモグロビンが少なくても
恋率よく脳が動かせるということらしいです。

引用

脳が活動するためには酸素が必要ですが、この結果から、DHAを摂取することによって、「少ない酸素でも効率よく脳を動かせるようになった」という可能性が考えられます。

http://www.nissui-research.com/archives/2013/20130107093000.php


DHAは、摂取することで脳の神経細胞が柔らかくなり、
シナプスの神経伝達物質のやり取りを活性化して記憶力や学習能力の向上に役立ちます
http://www.hamptonhistory.org/brain-dha/

QEPA、DHAについて。

こんにちは。

シーズー10歳4.5キロですが中性脂肪が高いのと眼が悪いのでEPA、DHAのカプセルを与えようと思っています。

EPA、DHAの1日の含有量は何mgのものが良いでしょうか?
EPA、DHAの比率はどれくらいのものが良いでしょうか?

アズミラは1カプセルあたり
オメガ-3 脂肪酸500mg( EPA's 300mg , DHA's 200mg )で人間用並みになっています。

最近日本製のものを買ったのですがDHA72.5mg、EPA17.6mgで少ないです。

多めに与えても大丈夫なんでしょうか?

お勧めのものがあったら教えてください。

手作り食です。

Aベストアンサー

犬にとっての必須脂肪酸がリノール酸のみであるというのは、誤りです。
誤りというか、情報が古いと言った方がいいのかもしれません。

そもそも、栄養学的に見てもリノール酸から合成できるのはγリノレン酸であって、リノール酸からαリノレン酸(オメガ3)を作ることはできません。また、これは犬に限ったことではありません。
犬の必須脂肪酸は、リノール酸とαリノレン酸であるというのが現在の正しい理解です。

詳しくは、こちら等を。
http://www.anicli24.com/column/article/%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E6%A0%84%E9%A4%8A%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81%E3%80%80%E7%AC%AC4%E5%9B%9E%E3%80%80%E8%84%82%E8%B3%AA%E3%80%80%E7%B7%A8%E3%80%80%E3%80%80%E7%8D%A3%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%80%80%E4%BD%90%E8%97%A4
http://www.le-ciel.me/?mode=f7

本題です。
>EPA、DHAの1日の含有量は何mgのものが良いでしょうか?
実際のところ、オメガ3をどの程度与える必要があるかというのは、どれくらいオメガ6を摂取しているかにかかってきます。
上記URLにもある通り、両者はそのバランスが大事なのです。
ただ、残念なことに犬にとって最適なバランスが何対何なのかは分かっていません。
また、与えている食餌内容によって必要とされるオメガ3の量も変わってくるので、一概に何mgということはできません。

ただ、私の持っている資料によれば、
小型犬一日当たり100~200mgの魚油の摂取を推奨しているものがあります(あくまで魚油としてです)。

>EPA、DHAの比率はどれくらいのものが良いでしょうか?
最近では、EPAの比率が高い方が推奨されています。
人間の場合、2:1が目安となるようですが、これも犬の場合はどうなのか分かっていません。
ところで、両者の効果の違いについて、非常に大まかにいうと
中性脂肪を減らしたり動脈硬化を予防するという点においては、EPAが優れており、
認知症の予防効果はDHAのみが持っているということになります。
よって、今回の場合は、やはりEPAの摂取をメインにされた方がいいと思います。

>多めに与えても大丈夫なんでしょうか?
DHA・EPAの効果として血液がサラサラになることが指摘されています。
これは逆に考えると出血傾向の増大を表します。
従って、手術前などの摂取は(規定量であっても)勧められません。
また、αリノレン酸の過剰摂取は、下痢・嘔吐を引き起こすことがあります。
ただ、人間の場合ですが、余程の過剰摂取でない限り、副作用は稀とも言われています。
いずれにせよ、犬の状態を観察しつつ少量から試して見られた方がいいでしょう。

>お勧めのものがあったら教えてください。
海外製のものは含有量が多すぎるので、小型犬なら日本製の方がいいかなと思います(ただし品質には十分に注意してください。魚油は重金属の問題もあります)。
また、DHA+EPAというような表示の物は、DHAの比率が高いことが多いので、EPAをメインに謳っているものがいいでしょう(DHAも普通は入っています)。
さらに、ご存知と思いますが、犬用の液体タイプは酸化しやすいので、必ずカプセルタイプでビタミンEの添加されているものを。
今、楽天をちょっと覗いた限りでは、含有量・比率・カプセル・ビタミンE添加という点でわりといいかなと思ったのはこれです。週に1~2回程度から始めて、一日置きぐらいがよさそうですね。
http://item.rakuten.co.jp/soukai/4987072015896/
ただ、使用したことがないので、実際のところはわかりません。
また、普段からカプセルを食べ慣れている子は良いですが、そうでない子は食べてくれない可能性もあります。
うちの子達も、最初は何度も口に入れては吐きだして、「なにこれ?食べ物?」という感じでした。
今は、全頭大好きで、蓋を開ける音で飛んできます。

犬にとっての必須脂肪酸がリノール酸のみであるというのは、誤りです。
誤りというか、情報が古いと言った方がいいのかもしれません。

そもそも、栄養学的に見てもリノール酸から合成できるのはγリノレン酸であって、リノール酸からαリノレン酸(オメガ3)を作ることはできません。また、これは犬に限ったことではありません。
犬の必須脂肪酸は、リノール酸とαリノレン酸であるというのが現在の正しい理解です。

詳しくは、こちら等を。
http://www.anicli24.com/column/article/%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%...続きを読む

Q妊婦にお勧めの青汁を教えてください。また、葉酸以外に摂ったほうが良い栄養素があればそれについても教えてください。

妊婦です。
インターネットで検索していると色々な種類の青汁があるようですね。
無農薬や製法(実は何が良いのかあまり分からないのですが)にはこだわりたいのですが、種類についてはそれぞれに良い点があるようで、どれにしようかとか迷っています。
特に妊婦にとって必要な栄養素が多く含まれている青汁の種類を教えてください。
またお勧めの直売店の情報等もありましたらそれも教えてください。
なお、最近では飲みやすさをアピールしている商品が多いようですが、私はものすごく苦い青汁でも平気です(*^-^)ニコ
合わせて、他にもお勧めのサプリ等について教えてください。葉酸は有名ですが・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

栄養学博士です。
青汁はお肉をよく食べている人には、そんなに害は出ないのですが、そうでない人が青汁を摂りすぎますと、カリウムやマグネシウムの作用が出て、妊娠中毒症や下痢を起す場合があります。
カリウムとナトリウムは拮抗作用があり、カリウムが多いと、ナトリウムが排泄され、筋力が落ちますので、子宮の筋力まで落ちる可能性があります。これは果物を摂り過ぎている妊婦さんに流産の多いのを見るとわかると思います。
マグネシウムは、心臓に必要なミネラルですが、マグネシウムが多いと下痢を起こします。これは、昔から下剤として知られる「水酸化マグネシウム」を考えればわかります。
ちなみに、生で栄養素を摂るのでしたら、自分で、農薬の少ない野菜を、何種類か買ってきて、ジューサーで作ったほうが安全です。
一つの野菜だけで作られた青汁は、極言すれば「偏食」になりますので、妊婦さんには勧められません。栄養素で一番大切で、一番安全なのがお米に含まれる「アミノ酸」で、副食で摂って欲しいのは、野菜と、脳の働きを良くするミネラルを補給するつもりで、海藻類です。
もっとわかりやすく言いますと、安産で健康な赤ちゃんを産んだ人の話を聞くことです。まず、あなたのお母さんに尋ねてみてください。
では、元気な赤ちゃんを産んでください。

栄養学博士です。
青汁はお肉をよく食べている人には、そんなに害は出ないのですが、そうでない人が青汁を摂りすぎますと、カリウムやマグネシウムの作用が出て、妊娠中毒症や下痢を起す場合があります。
カリウムとナトリウムは拮抗作用があり、カリウムが多いと、ナトリウムが排泄され、筋力が落ちますので、子宮の筋力まで落ちる可能性があります。これは果物を摂り過ぎている妊婦さんに流産の多いのを見るとわかると思います。
マグネシウムは、心臓に必要なミネラルですが、マグネシウムが多いと下痢を起...続きを読む

QDHA・EPAなどについて

魚の脂肪分に含まれるDHA・EPAというのは、魚から摂取する場合と、缶詰、サプリメントなどから摂取する場合とで、効能(?)に大きな違いって出るものでしょうか?

他の栄養分(栄養素)はとりあえず置いといて、例えば、
魚屋さんでサバを買ってきて焼いて食べる。
サバの缶詰を買ってきて食べる。
DHA・EPAのサプリメントを飲む。

これって、DHA・EPAについてのみ考えた場合、大きな違いがあるのでしょうか?

栄養については全く知識がないので、なんとなくサプリメントでいいじゃねえか、とか思ってしまうのですが、医師や栄養士みたいな人は、栄養分は食品から取ったほうが良い、みたいなことを言っているような気がするのですが・・・。

Aベストアンサー

サプリメントはあくまで補助食品ですからね。
本物の魚の方がいいと思いますが。

つい最近、効能を否定されたサプリメントもありますしね。

QEPAの効果

EPAは炎症を抑える効果があると聞きましたが
どうなのでしょうか?
お腹の炎症の予防などにも効果はあるのでしょうか?
あとオススメのサプリもあればお願いします。

Aベストアンサー

EPAは炎症を抑える効果ありますかね?炎症反応の局所ホルモンの原料として、反応性が穏やかなので、体内の脂肪酸として増えていたほうがいいとは思いますが、炎症を抑えるのではなく炎症反応が穏やかになるという意味のように思われます。ゆえにおなかの炎症を抑えるのは無理でしょう。
 もし過敏性腸症候群のような状況であれば、乳酸菌のような補助がいいのではないでしょうか。後は自律神経系をコントロールしやすくなる高麗人参かな。高麗人参は五臓を補い、精神を安らかにするリラックス効果のある生薬ですので、お勧めです。

QDHAとEPAとは異なるものですか?

DHAがボケ防止に効くとのことで、母に飲ませようと
お店を見てきたのですが、EPAという栄養剤があり、
パッケージに魚の絵が書いてあったので、DHAと同じ効果のものなのかな
と迷っています。
DHAとEPAは同じ効果をもつものでしょうか?

Aベストアンサー

DHAは脳まで行き着きますが、EPAは脳まで届きません。
どちらも血行をよくしますが、認知症予防で飲まれるのでしたら、DHAが入っていないとダメです。がハッキリ立証はされていません。
 油剤を飲まれる時にはビタミンEも摂取された方がいいと思います。

 あとちなみに認知症予防にいいものとして、1から2g程度のビタミンCもいいです。あとはフランス海岸松、イチョウ葉、人参エキスなどもいいと思います。

Qツナ缶ついて

食塩、オイル無添加のツナ缶を食べています。原材料には「きはだまぐろ」
しか書いてないのですが、まぐろだけでどうしてあのツナ独特の味が出せるのですか?またツナってどうやって作られるのですか?ツナ缶はそのまま食べられるのでよく食べるのですが、普通のまぐろと栄養的に見て、どのような違いがあるのでしょうか?教えて下さい!メーカーのホームページだけだとどうしてもいいことしか書いていないような気がしてここに質問してみました。

Aベストアンサー

専門家ではありませんので、ものすごく詳しいことはいえませんが。
どうやら、今年はシーチキン誕生50周年だそうです。昨日朝の番組でシーチキンについての特集を放送してました。そこでは、出来立てほやほやのシーチキンを食べていましたが、私達が口にするものとは味が違ったようです。それは、オイル無添加といっても、缶の中にはオイルが入ってますよね?製造過程でサラダ油と調味液をマグロの具と一緒に入れるのですが、油&液と具がなじむことによって、あの独特の味が出るそうです。
栄養分に関しては、蒸す(加熱)しているので、加熱されることによってなくなってしまうものもありますが、一般的に重要視されるような栄養分に関しては、缶詰と普通のマグロはそれほど変わりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報