男が女になってしまう面白い小説を教えてください。

あくまでも「面白い」ものです。エロありでもなしでもいいです。
あまりありふれた展開をしないものを教えてください。
エンターティンメントでも純文学的なものでもいいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

こんにちは^^


「俺があいつで、あいつが俺で」という小説があったと思います。
ドラマ化されて、コメディタッチでおもしろいです。
(たしか、観月ありさと、いしだ壱成)
おススメです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Qエロ小説でも犯罪小説でも純文学?

質問1
芥川賞の「共食い」と「苦役列車」のことなんですが。。。
まだ読んでいないのですが(これから読むつもり)、共食いの方はなんか近親相姦みたいな内容で、
苦役列車の方は「酒乱の父が犯罪ばかり繰り返している」、というような内容、と聞きました。

こういうのも純文学、っていうんでしょうか?
エロ小説、犯罪小説でよければ私でも書けそうなんですが・・・

純文学っていうからにはエロとか犯罪とかはNGのような気がしますが。
そういう内容でもいいんですか?


質問2
それから芥川賞を取るには、文学雑誌に発表された作品が対象、と聞きましたが、そもそもその文学雑誌に発表するにはどうすればいいのでしょうか?
募集とかしてるんでしょうか? 郵便で送ればいいのかな?  それとも漫画雑誌の「作品持ち込み」みたいに自分で編集部を訪ねて編集者に目の前で読んでもらう、というスタイルでしょうか?

Aベストアンサー

質問1 =

芥川賞の大元、芥川龍之介の作品を精査してみます。

かの有名な「羅生門」では、「ある下人」が主人公として出てきますが、この下人は「羅生門の楼の上で死骸の髪の毛を抜いてる老婆」を見咎めます。老婆は「この髪を抜いてな、かづらをつくろうと思うたのじゃ」と言います。平安の都で起きた飢饉により、かづらを売って食い物を手にし、生き抜く為の手段であると。すると下人は自分も生き抜く為に老婆の着物を奪い取ります。これは純文学でも「犯罪の描写」です。

また「地獄変」においても、主人公の絵師、良秀は大殿から「地獄変」の屏風絵を描くよう命じられます。話を受け入れた良秀ですが、彼は「実際に見たものしか描けない」絵師でした。彼は、地獄絵図を描くために弟子を鎖で縛り上げ、梟につつかせるなど、狂人さながらの行動をとります。しかしどうしても仕上がらない。燃え上がる牛車の中で焼け死ぬ女房の姿を書き加えたいが、どうしても描けない。つまり、実際に車の中で女が焼け死ぬ光景を見たい、と大殿に訴えて出ます。話を聞いた大殿は、その申し出を受け入れました。当日、屋敷に呼び出された良秀は、車に閉じ込められたわが娘の姿を見せつけられます。良秀は嘆くでも怒るでもなく、やがて車に火がかけられ、縛り上げられた娘は身もだえしつつ、纏った豪華な衣装とともに焼け焦がれていきます。これも明らかな「気違いじみた犯罪の描写」です。

ですから「犯罪を純文学に表現として入れるのは」問題ないと思います。


それとエロは作品全体がエロなら「官能小説」になりますが(例えば団鬼六作品)、一部描写では、全く問題は無いでしょう。大正時代は「接吻」と表現しただけでも「エロい」描写とされてましたからね。


質問2 =

こちらのURLをどうぞ

http://www.bunshun.co.jp/award/index.htm

質問1 =

芥川賞の大元、芥川龍之介の作品を精査してみます。

かの有名な「羅生門」では、「ある下人」が主人公として出てきますが、この下人は「羅生門の楼の上で死骸の髪の毛を抜いてる老婆」を見咎めます。老婆は「この髪を抜いてな、かづらをつくろうと思うたのじゃ」と言います。平安の都で起きた飢饉により、かづらを売って食い物を手にし、生き抜く為の手段であると。すると下人は自分も生き抜く為に老婆の着物を奪い取ります。これは純文学でも「犯罪の描写」です。

また「地獄変」においても、主人...続きを読む

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q女の亡骸に寄り添う男が登場する小説を探しています

死んでしまった、もしくは眠り続ける女の隣に、寄り添う男が登場する話を探しています。
短編でも構いません。
なるべくなら日本の現代小説で教えて頂きたいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。


★「女の亡骸に寄り添う男が登場する小説」でしたら、

渡辺淳一の「泪壷」をおすすめします。

正確に言うと、亡骸ではないのですが、
亡骸にかなり、近いものがあります。
詳しく書くと、ネタバレになってしまいますので、
あまり多くは語りませんが・・・。
短編ですので、すぐに読めますよ♪


★あと、「眠り続ける女の隣に、寄り添う男が登場する話」でしたら、

同じく渡辺淳一の「麻酔」をおすすめします。

これは、手術中の麻酔の失敗により、植物状態になった妻に
寄り添う男性が主人公です。(長編小説です。)


渡辺淳一というと、どうしても官能的な小説というイメージが
つきまといますが、この二作は、生々しい性描写もなく、
「泪壷」の方は、文学小説的な感じが、
「麻酔」の方は、医学小説的な感じがしますね☆
(ただし、ちょっとホラー系統がだめというなら、
「泪壷」の方はやめておいてくださいね。)


この他にも(渡辺淳一以外にも)、もっといっぱいあったように
思うのですが、いま、思い出せません。
また思い出しましたら、追加投稿いたします。

こんにちは。


★「女の亡骸に寄り添う男が登場する小説」でしたら、

渡辺淳一の「泪壷」をおすすめします。

正確に言うと、亡骸ではないのですが、
亡骸にかなり、近いものがあります。
詳しく書くと、ネタバレになってしまいますので、
あまり多くは語りませんが・・・。
短編ですので、すぐに読めますよ♪


★あと、「眠り続ける女の隣に、寄り添う男が登場する話」でしたら、

同じく渡辺淳一の「麻酔」をおすすめします。

これは、手術中の麻酔の失敗により、植物状態になった妻に
寄り...続きを読む

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q小説初心者でも読めそうな小説

小説初心者でも読めそうな小説

小説初心者っていう表現は変ですが;

最近小説読んでなかったので、久しぶりに読んでみようかなと思いました
でも何を読めば良いのかさっぱり分からないので、
おすすめで読みやすい本を教えてもらいたいです。

今まで読んだ本は、東野圭吾さんの「手紙」や森絵都さんの「カラフル」やハリーポッターと賢者の石などです。

Aベストアンサー

 まず、質問者様が挙げておられる名前の中に森絵都さんがおられたので、彼女の他の作品で『DIVE!!』なんかも面白いと思いますよ。
 水泳の「飛び込み」競技を題材にした小説で、主人公は中学生の男の子。彼自身は気付いていませんが、彼は飛び込みにおける非凡な才能を秘めていて、そんな原石のような彼を新任の女性コーチがどんどん磨いていく、というお話です。他にも彼のライバルになるような子たちの話も描かれていて、私は結構のめり込めました。
 森絵都さんがお好きなら是非読んでみては如何でしょうか?

 あと、私自身のおススメ作品は恩田陸さんで『夜のピクニック』です。
 高校最後の「歩行祭」にある「誓い」を抱いて参加する事を決めている貴子。そんな彼女の「誓い」とは…? そして、その「誓い」は果たされるのか…?
 と、こんな風に書きましたがこの小説において一番大切なのは「誓い」ではありません。高校最後の年だからこそ言える事、出来る事、というのを非常に上手に描いている、ということがこの小説を読む上で一番感じる事だったように思います。
 この小説を読み終って一番最初に思った事を登場人物の一人が言ってくれていました。
 「しまった。タイミングを逃した!」
 彼は幼い頃にある小説を読んでおかなかった事についてこう言っていましたが、私はこの小説を「自分が高校生の時に読んでおきたかった!」と感じました。
 質問者様がどうお感じになられるかは分かりませんが「高校生ってこんな感じだったなぁ。あの頃が懐かしいなぁ」と私は感じた作品です。高校生に戻りたいな、と思った時には是非。

 まず、質問者様が挙げておられる名前の中に森絵都さんがおられたので、彼女の他の作品で『DIVE!!』なんかも面白いと思いますよ。
 水泳の「飛び込み」競技を題材にした小説で、主人公は中学生の男の子。彼自身は気付いていませんが、彼は飛び込みにおける非凡な才能を秘めていて、そんな原石のような彼を新任の女性コーチがどんどん磨いていく、というお話です。他にも彼のライバルになるような子たちの話も描かれていて、私は結構のめり込めました。
 森絵都さんがお好きなら是非読んでみては如何でしょうか...続きを読む

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q面白い男の友情ものの小説を教えてください

自分は、男(男子高生とか)の友情ものの小説が好きです。
ちょっと暴力沙汰もある感じのが、特にハマります。
ので、そんなジャンルで面白いものがあれば、教えてください!

ちなみに金城一紀さんの「レボリューションNo.3」や「GO」なんかが、どストライクです。
もう少し、大人の尖った小説でも大丈夫です。

Aベストアンサー

こんにちは。私も金城一紀さんの小説はストライクにハマってますので、良かったら参考にして下さい。
●中場利一さん「岸和田少年愚連隊」
 暴力沙汰といよりヤンキー全開で、しかも超ド級に面白くて(人前で読むと笑いを堪えるのに苦労します)、男の友情も全開です。主人公の利一と友人のコテツとの友情コンビにガッツリ浸れます。シリーズで完結編や血煙純情編、望郷編などもあります。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAP81874/
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAP73336/
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAQ21089/
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAQ07408/
●三浦しをんさん「まほろ駅前多田便利軒」
 三浦さんの直木賞受賞作品です。便利屋を営む主人公(男)の所へ、高校時代一度も話したことのないクラスメイト(男)が押しかけてきます。よく分からないままに便利屋をこなす2人の友情が面白いです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAQ99215/
●早見和真「ひゃくはち」
 デビュー作なんですが、すごく泣けました。関東のスポーツが有名な私立高校の野球部の部員の青春譜のような感じです。でも青春!という感じではなく、野球や恋愛、友情などが複雑に絡み合い、また現代と高校時代も絡み合ってすごく面白かったです。お勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAT44621/
●石田衣良さん「4TEEN」
 中学生なんですが、東京の下町で暮す少年達の友情物語です。こちらも直木賞受賞作品です。難病に冒された少年への友情や、恋愛、イジメ、格差社会などを抱えながらも明るく友情をはぐくむ彼らが爽やかです。また「5年3組リョウタ組」も新米でやや落ちこぼれ気味のリョウタ先生とほぼ同期でエリートの先生との友情が書かれています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAQ63681/
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAS94042/
●恩田陸さん「ネバーランド」
 こちらは高校生の友情物語です。有名進学私立高校の男子寮で冬に起きたちょっとしたミステリーがテーマになっています。尖った感じはありませんが男子高校生の友情がサッパリと描かれていて、ちょっとミステリーも味わえる感じが良いです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAO12797/
●原田宗典さん「平成トムソーヤ」
 天才的なスリの腕前を持ちながらも母親の過干渉で鬱々とした毎日を送る高校生ノムラノブオが数学が得意なその名もスウガクと出会い冒険が始まります。恋愛あり、冒険ありのドキドキする話で、特に後半のスピード感はなかなか良いです。暴力沙汰もちょっぴりあります(ヤンキーの絡みとか)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAJ63962/
●椎名誠さん「哀愁の町に霧が降るのだ」
 椎名さんが実際に、20代前半に何故か東京で男ばかり4人で劣悪な環境のアパートで共同生活をした話を元に書かれています。上下巻ありますが、最初はなかなか始まりません(^_^;)。なんというか串本温泉の事とかエッセイ風に綴られていています。イライラするならすっ飛ばしても本編とは何ら関係ないのでOKです。中身はとても面白いですよ。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAF71634/

 良かったら読んでみて下さい。ご参考までにm(__)m。

こんにちは。私も金城一紀さんの小説はストライクにハマってますので、良かったら参考にして下さい。
●中場利一さん「岸和田少年愚連隊」
 暴力沙汰といよりヤンキー全開で、しかも超ド級に面白くて(人前で読むと笑いを堪えるのに苦労します)、男の友情も全開です。主人公の利一と友人のコテツとの友情コンビにガッツリ浸れます。シリーズで完結編や血煙純情編、望郷編などもあります。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAP81874/
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAP73336/
http://books.yah...続きを読む

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q小説家とは何歳まで小説を書けるものでしょうか

小説家とは何歳まで小説を書けるものでしょうか。
普通の仕事と同じように、60歳くらいが定年なのでしょうか。
一流の小説家で、70歳を超えても小説が書けた小説家はいるのでしょうか。
何歳くらいまで、小説を書けるのですか。

Aベストアンサー

質は落ちるだろうけど、たいていの作家さんは、
痴呆になるか、病気になるか、死ぬまで書いていると思います。
まぁ、小説を書くというのは、
一種の麻薬みたいなものでしょうから‥やめられないのとちゃいますか。


人気Q&Aランキング