マンガでよめる痔のこと・薬のこと

お世話になります。
カラーレーザープリンタの購入を考えています。
主な目的は、仕事でDTPしたもののゲラ刷りですが、将来的には
名刺や、簡単な名簿、フィルム出力するほどでもない小冊子等の
印刷までの課程を下請けしたいと思っています。
モノクロ文書か、せいぜいがロゴ、小さなイラスト程度の出力になると思います。
が、買いに行ったお店の人に、カラーレーザーは維持費がとても高く、
モノクロはともかく、写真印刷はインクジェットに負ける画質だから、
メリットは少ないとアドバイスを頂きました。
でもインクジェットでは、印刷物の下請けはできません。
カラーコピーは、ゼロックスのいいのを会社で使っているのですが、
その画質をカラーレーザーに期待してはいけませんか?
維持費については、消耗品のコストは勉強しましたので、覚悟しています。
保守の点ではちょっと、悩んでいます。

予算を鑑みて、エプソンのLP7800Cにめぼしをつけているのですが、
PS対応ではないのもちょっとまずいでしょうか?

いろいろ考えるポイントを教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

EPSON LP-8800Cを使っています。



●発色
写真の発色はきれいです。
レーザープリンターのトナーは「顔料を接着剤で固めて紙に固定する」原理上、インクジェット+専用紙と比べると色の鮮やかさで劣る感があります。ただ、色味は好みの要素が大きいです。

特に「べた塗り」の部分で印刷表面にニスを塗ったような「てかり」がでますが指でこすったり水性ペンでなぞってもにじまないのは大きなメリットです。

写真印刷やグラデーション印刷でのドット飛びや粒子感は全く気にならないレベルにまで進化しています。
逆に広範囲のべた塗りでムラがでます。

XEROXの複合機Docucentre 500等の印字品質は業界最高で値段も一流ですから、レーザーの普及機にああいう「目の覚めるような鮮やかさ」は期待してはいけません。

●PostScript
PostScript対応と印字品質は関係ありません。
PSプリンタはアドビのTYPE-1フォントを使っている場合、フォントをプリンタのハードディスクに保存して置いて、高速に印刷可能です。あと、
○機種による印刷結果のバラツキ(配置のズレ)が無いこと。
○TrueTypeフォントでズレの大きい72ポイント以上の文字印刷にも対応している事。
がメリットですが、上の条件に当てはまらないと利点はありません。

●お店
出張修理にするなら、メーカーから人が来ますのでどこで買っても同じですが、持ち込み修理にするなら車で持ち込める所にしましょう。

●コスト、その他
ランニングコストはインクジェットで1枚60円くらいになる使い方で、1枚30円程度です。
カラーコピーが1枚150~200円程度なのでコストメリットは大きいです。
印字品質を追求するならインクジェットですが、同じ原稿を30枚以上印刷するような使い方なら6枚/分以上の速度の出るレーザーのメリットが出てきます。
逆にゲラ刷りがメインだとインクジェットの方がいいですね。

なお、くれぐれも家の中でトナーをぶちまけないよう気をつけてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしく回答していただき、とても嬉しいです。
そうですか、進化していますか。う・ふ
サポートのことをもう少し考えて、実際購入の方向に行くと思います。

ドナーのぶちまけは会社で経験済みです。
気を付けます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/07/18 12:42

私もカラーレーザーを購入したいと思っている一人ですが、エプソンのLP7800Cあたりがコストパフォーマンスはいいのではと思っています。


face-jpさんが紹介されているLP8300Cとの違いは、カタログによるとPS対応でないこと及びコピーシステムへの発展性がないこと位です。
カタログと同時に印刷サンプル(商品写真入りのチラシ)も送付してもらい見てみましたが、かなりいけてました。
当然ですが専用の用紙を使った方が色はよりきれいに出るようですし、トナーののりもいいようです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

会社では何気なく使っているPS対応レーザー(OKIのモノクロ)ですが、Illustratorをプリントした場合、PS対応でないとどの程度画質が劣るものでしょうか?その辺のところがさっぱりわかりません。
それと、購入する場合、どのような店舗で買うのがよいでしょう?
サポートのことも考えないといけませんよね。

わかる範囲で結構ですから、教えてください。

補足日時:2002/07/17 22:49
    • good
    • 0

ご自分で使用されるのであれば別に問題はないかと思いますが、印刷物を引き受けようと思うとコストがかかり過ぎるのではないでしょうか。



>カラーレーザーは維持費がとても高く、
確かに高いと思いますので、どの程度の単価をお考えかわかりませんが、町のコピー屋さんの値段が参考になるのではないでしょうか。
(1枚20円位でしょうか?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答をありがとうございます。
あまりの速さに感激しております。
そうですね、コスト面ではいろいろ考えるところもあるのですが、
仕事の幅を広げたいと思っていますので、
ぜひ環境を整えたいと思います。

お礼日時:2002/07/17 21:01

うちの会社ではエプソンのLP8300Cを使っています。


写真のプリントアウトについては、インクジェットと比べてそう大きな遜色
はないと思いますが(その筋のプロの目で見ればどうかはわかりませんが)
大きな範囲のベタ塗りなんかがある場合、少し色ムラが出てしまいます。

素人でもはっきりとわかる程度のものです。

私がわかるのはこの程度の事だけですが、ご参考まで。

この回答への補足

早速のご回答をありがとうございます。
質問の通り、ベタな写真はあまりないと思います。
ちょっと大き目のイラストはあるかもしれません。
その場合グラデーションとかインクジェットにくらべて
きれいに出るでしょうか?

ドットが目立つとか、色が飛ぶとか、細かい柄がなくなるとかの
状態だと購入する意味がないな、と思うのですが……。

補足日時:2002/07/17 21:02
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレーザーとインクジェット。画質はどちらが上?

失礼します。
質問したいのですが、レーザープリンターとインクジェットプリンターでは、画質はどちらが上でしょう?

趣味でイラストを制作し、プリントしています。
2ヶ月くらい前に、キャノンのMG6230を購入しました。
インク粒は微小で見えませんが、その個々の滲みの集大成は肉眼で視認出来ます。
まあ、それも僅かではありますが、目を凝らせば見えないこともないんですね。

出来るなら、そういった滲みも全く見えないのが望ましいです。
市販のイラスト類なんて、目を凝らしても全く見えません。

やはり、インクジェットなのが問題なのでしょうか?
レーザーだと、そういうこともないんでしょうか?
インクジェットとレーザープリンターでは、どちらが画質が上でしょう?

Aベストアンサー

レーザーとインクジェットでは色合いが異なります。
また、ドットの細かさはエプソンのインクジェットが上です。
にじみは乾式であるレーザーの方が少ないです。
レーザー(LEDタイプもあり)で高画質なものは一部しかありあせん。
A3だとZEROX DocuPrint C3360が最安値になります。
レーザーで1,200×2,400dpiは驚異的な画質です。
ただ、個人で使う値段ではありません。
http://www.fujixerox.co.jp/product/printer/docuprint_c3360/

A4までだとZEROX DocuPrint CP100 b
http://www.fujixerox.co.jp/product/printer/docuprint_cp100b/index.html
そのOEM?のNEC MultiWriter 5600C
http://www.nec.co.jp/products/laser/color/5600c/index.html
が高解像度デジタルスクリーン技術による1,200×2,400dpi相当の画質を誇っています。
ただ、このモデルはドラム組み込み式のためドラム交換が出来ないので
ドラムの寿命=プリンターの寿命になります。
その分かどうか、NECの実売価格は1万を切ってます。
http://kakaku.com/item/K0000277250/

なおEPSONのインクジェットプリンターの最高値は8色インクで5760×1440dpiを誇っています。
レーザーは4色です。

レーザーとインクジェットでは色合いが異なります。
また、ドットの細かさはエプソンのインクジェットが上です。
にじみは乾式であるレーザーの方が少ないです。
レーザー(LEDタイプもあり)で高画質なものは一部しかありあせん。
A3だとZEROX DocuPrint C3360が最安値になります。
レーザーで1,200×2,400dpiは驚異的な画質です。
ただ、個人で使う値段ではありません。
http://www.fujixerox.co.jp/product/printer/docuprint_c3360/

A4までだとZEROX DocuPrint CP100 b
http://www.fujixerox.co.jp/product/pr...続きを読む

Qゼロックスのカラーレーザー導入にあたって質問です

ゼロックスのカラーレーザー導入にあたって質問です

個人の仕事用カラーでレーザーを買う予定の者です。

ネットで調べて、自分の必要スペック(A3まで対応・1200dpi)のものが
ゼロックスが一番安そうだったので、お店に見に行くことにしました。
ですが、量販店では取り扱いがない、ということで、ショールームに見に行くことにしました。

量販店に置いてない理由をゼロックスに聞いたところ、
ゼロックスがそうしている訳ではなく、お店の方がそうしている(?)ということでした。
まず、これはどういうことなのでしょうか?

それと、お店では見れないのでショールームで現物を確かめる訳ですが、
原価だと高くつくので、ネットで同じ型のものを安く購入しようと思っています。
やはり、ゼロックス直で買わないと、例えばメンテナンスなし、などということになって、
後々困るのでしょうか?

それと、セロックスは、トナー代(ランニングコスト)が高くつくのでしょうか?
(だから、本体が安い?)

その他、ゼロックスのカラーレーザーの、メリット・デメリットについて、
ご存知のことがあれば教えてください。

よろしくお願いします。

ゼロックスのカラーレーザー導入にあたって質問です

個人の仕事用カラーでレーザーを買う予定の者です。

ネットで調べて、自分の必要スペック(A3まで対応・1200dpi)のものが
ゼロックスが一番安そうだったので、お店に見に行くことにしました。
ですが、量販店では取り扱いがない、ということで、ショールームに見に行くことにしました。

量販店に置いてない理由をゼロックスに聞いたところ、
ゼロックスがそうしている訳ではなく、お店の方がそうしている(?)ということでした。
まず、これはどういうこと...続きを読む

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

人間という動物の能力の限界が現れた機械の能力という壁があります。
プリンタであれ、コピーであれ、想定を超えるような使用の場合、トラブルが多くなります。
コピーは昔から、同じ原稿を大量に作るための印刷機的な存在でしたね。
ですから、コピー機は保守契約を付けておかないと、怖くて売れなかったというわけです。
また、昔の機械は今の機械と違って、なくなったトナーを補充するのも大変だったこともあります。

また、感光ドラムというのは一定の枚数で交換が必要な物です。
現在は、超寿命のものが出てきたり、キヤノンのようにトナーと一体型にしてメンテナンスの手間を抑えたような商品も多くあります。

でも、頭書の機械は、高額な本体の他に保守契約料金がかかったわけで、当然ユーザーからは「高い」という声が多くなり、本体は割り引いて後の保守契約料で回収するというスタイルが定着していきました。
販売店は利益を確保したい、メーカーはサービスマンの数を減らしたい、そういった利害が一致し販売店のサービスマンを育成する会社も出てきたわけです。
現在も、そういった流れが続き、本体はたたき売りして保守契約やトナー代金で元を取るというスタイルが普通です。
これは商習慣の壁といえるでしょうね。


こういった2つの壁を乗り越えるのは容易ではありません。

設計時点から(コストダウンの名目で)保守契約を前提とした価格で開発すると思われますから、ユーザー再度ではどうにもならないわけです。


基本的にはレーザープリンタも似たような設計なのですが、開発、販売する部隊が違うこと、商品としてはコピー機よりも新しく、コピー機を作っていなかったメーカーが参入して大きなウェイトを占めているために、コピー機のやり方が通用しない・・・ひねくれた見方ですけど、こういったことはあるでしょうね。
コピー機では保守契約が必須の機種は珍しくありませんけど、カラーレーザーはそういった商品は見たことがありません。
ですから、保守契約など考えずに価格だけで購入しても基本的に問題はないはずです。

ただ、プリンタの中でもカラーレーザーというのが特殊です。

一般的に消耗品はトナーと感光ドラムですけど、そのほかに中間転写ベルト(orドラム)というものが出ることもあります。
さらに、たいていの機種では、定着ユニット(最終工程でトナーの乗った紙を加熱・プレスする装置)が10~15万ページ程度で交換しなければなりません。
ユーザーがキットを購入して交換できるものと、サービスマンを呼ぶタイプがあり、価格は5~10万円程度です。
使用頻度の問題もありますけど、そういった価格は事前に分かりますので、購入先とかメーカーに確認したほうがよいですね。
後、本体に付属してくるトナーの量です。
コストダウンのために「本体に付属してくるトナーは動作確認用ですから少量です。本来、本体とトナーは別売りです。」というメーカーが多く、購入直後にトナーがなくなり4色すべて買ったら10万円以上した、なんていう話もあります。


そういったことは機種によって変わることもありますので、メーカーにキチンと聞いたほうがよいですね。
見かけの価格だけで動くと、後で高いものに付くことがあります。


あと、「>残念ながら、ゼロックスは個人向けの商品ラインナップは少なく、販売の総額が伸びる可能性は低いわけです。
ということは、大量生産で安い機器が入手しにくい、ということなんですかね?」・・・これは勘違いです。意味が違います。

販売店がメーカーから品物を仕入れる価格は販売店によってかなり変わります。
一番大きなものが取引の総額です。取引総額が多くなれば卸価格が安くなるというのは常識です。
量販店は、そうやって大量に仕入れて、仕入れ価格を安くし、安売りするのが普通です。

キヤノンやエプソンであれば、1万円程度のインクジェットプリンタがよく売れますから1万台も仕入れ契約を結べばそれだけで1億円の取引になります。
ところがゼロックスではそういった機械が弱いために、どうやっても数百台が限度。
そうなると値引が期待出来ないということです。
街中で「ゼロックス」の看板を上げている事務機店で2ヶ月に一度200万円のカラーコピーを売れば、それだけで1200万円ですから、量販店よりも取引額が多くなり、仕入れ価格が有利になる、そういう意味です。
大量生産したものであろうと、少量で手作りしたものでも、販売数量によって卸価格が変わってしまいます。

後で見ると、タイプミスも結構あったようで、勘違いさせてしまったようですね。

プリンタの修理屋です。

人間という動物の能力の限界が現れた機械の能力という壁があります。
プリンタであれ、コピーであれ、想定を超えるような使用の場合、トラブルが多くなります。
コピーは昔から、同じ原稿を大量に作るための印刷機的な存在でしたね。
ですから、コピー機は保守契約を付けておかないと、怖くて売れなかったというわけです。
また、昔の機械は今の機械と違って、なくなったトナーを補充するのも大変だったこともあります。

また、感光ドラムというのは一定の枚数で交換が必要な物です。
現...続きを読む


人気Q&Aランキング