【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

健康に過ごしていただくことを、祈念する、おかしいですか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「祈念(する)」は、”(神仏に)願って物事の達成を念ずる”という意味ですから、ご質問のような文脈で使ってもかまわないでしょう。


ただし「祈念する」は他動詞であると考えられるので、「健康【に】祈念する。」ではなく「健康【を】祈念する。」とすべきです。
前に「○○の」を付け(○○は人物)、さらに敬語を添えて、「○○の御健康を祈念しております。」とか「あなたの御健康を御祈念申し上げております。」とすればより敬度が高まります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難うございました
勉強になりました。

お礼日時:2007/07/14 13:33

○○(みな)さんのご健康を(に)祈念して、・・。

といういいかたもないではないと存じます。ことばやフレーズは前後や状況の中のリズムやあり方の中で言われ、受け取られ、生きていくものですので、それを切り離して、一定の思いで、判断すると、変な言い方にも思えるのだと思います。会話の話し言葉にはそういうことがよくあります。≪を≫を≪に≫というときの雰囲気や状況、話し手の心理状況も作用すると存じます。敢て、≪を≫を≪に≫という会合の進行や挨拶もありえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました、
助かりました

お礼日時:2007/07/14 13:31

決まり文句として


若輩者ですが、ご指名をいただきまして、中締めと言うことで、お手を拝借頂きとう御座います。

では
今後のますますの~発展と皆様のご健康を祈念して・・・
よーぉ、シャン・シャン・シャン ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ

これですが
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。!!

お礼日時:2007/07/14 13:33

はじめまして。



「祈念する」の使い方はおかしくありません。これは祈念する対象「~を」を目的語にとる他動詞ですから、正しい使い方になっています。

ただ、敬語の使い方が正しくありません。

「いただく」は「もらう」の丁寧語です。「(相手に)過ごしてもらう」は他動的な意味があり、やや失礼にあたります。「もらう」「いただく」の表現は避けた方がいいでしょう。

「過ごす」は相手の動作ですから、この場合「もらう」の部分は尊敬語にしなくてはいけません。

正しくは

「健康にお過ごし下さることを、ご祈念致します。」
命令形「下さい」+尊敬の助動詞「れる」の連体形「る」を使って、尊敬語になっています。

「健康に過ごされることを、ご祈念申し上げます。」
尊敬の助動詞「れる」の連体形「る」を使って、尊敬語になっています。

以上ご参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難うございました、
感謝いたします。

お礼日時:2007/07/14 13:30

「祈念」の意味は、



き‐ねん【祈念】
祈り念ずること。いのり。祈願。

「健康に過ごしていただくことを、祈念する」は、かみ砕いて言えば、「(皆様が)健康に過ごしてくださることをお祈りしています」となりますので、おかしくはないと思います。

ただ、タイトルにある「健康に祈念する」はおかしいですよね。
「(皆様の)健康を祈念する」とすべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。
わかりやすく理解できました、

お礼日時:2007/07/14 13:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q祈念するの使い方

創立20周年あつまり会が、いつまでも続き、かたりつがれていきますよう祈念いたしまして挨拶とさせていただきます。
祈念をこのように使ってよろしでしょうか、
ほかに使い方を教えて下さい

Aベストアンサー

んー、
「かたりつがれていきますよう祈念いたしまして」
が間違いかどうかは分かりませんが、
私は、
「かたりつがれていきますことを祈念いたしまして」
という言い方しか聞いたことがありません。

「創立20周年あつまり会が、いつまでも続き、かたりつがれていきますことを祈念いたしまして挨拶とさせていただきます。」
で、使う局面も用法も全く問題ないと思います。


それとは別に、ちょっと気になったのですが、
「創立20周年あつまり会」って、創立20周年に卒業した人達とか、その年に入社した仲間同士の集まりなんでしょうか?
そうではなくて創立20周年を祝う1回限りの会合だとしたら、
「創立20周年あつまり会がいつまでも続き」
は変ですね。

Q上司だった方へ送る言葉として、正しい文章になってますか?

次の文章は正しいですか?「新しい職場でのご活躍をご祈念申し上げます」

Aベストアンサー

こんばんは。

文法的には正しいですが、
「ご祈念申し上げます」の部分は
「祈念いたします」と言うのが普通です。

理由1
「祈念」するのは自分なのだから、「ご」をつけるのはおかしい、という主張をする人が多いので、「ご」は付けないのが無難です。

理由2
「申し上げます」は「言う」の謙譲語、つまり、「祈念の言葉を言う」という用法(「お願い申し上げます」と同じパターン)として正しいですが、
別れや祝福の挨拶言葉としては、謙譲しすぎな感じがします。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q敬称「御机下」の意味と使い方を教えてください。

先日、他人宛の『××会社御中 ○○様 御机下』と書かれた文章を初めて拝見しました。
この「御机下」の意味と使い方を教えてください。
残念ながら、私の辞書には掲載されていませんでした。
また、インターネットで調べようと思ったのですが、それらしきページを発見することができませんでした。
××会社宛てに「御中」を記載し、○○氏宛てに「様」を記載し、更に「御机下」となっていましたが、二重敬語とは別なのですね?
是非、詳しいご解説をお願い致します。

Aベストアンサー

『机下』は、中国の書翰用語で『自分の手紙など取るに足りないものだからどうぞ机の下にでも放っておいてください』という意味の謙譲表現だそうです。
相手の名前の左下に、書くものです。

『机下』だけでいいのですが、『御』がつくと二重敬語になってしまうと思います。

『御中』は、相手を特定しない場合に使います。(例えばその会社の複数の相手に宛てる場合)
個人名で送る場合には、必要ないと思います。

『机下』
〔相手の机の下に差し出す意〕書簡文で、相手を敬ってあて名に添える脇付(わきづけ)の一。案下。

               大辞林第二版より

Q「当」と「本」の使い分け

研修先に礼状を出すのですが、自分の所属(学校)を表すには「当校」と「本校」のどちらが正しいのでしょうか?
また使い分け方法は何を基準にしているのでしょうか?

Aベストアンサー

1.どちらでもいい場合
 当院と本院(これは病院のこと。別の人が触れていらっしゃるように別院があれば話は別)
2.意味が違ってしまう場合
 当日と本日(当日とは指定された日)
3.どちらも誤解を招く場合
 「本日(当日)をもちまして、閉店させていただき ます」ただし、日付があればいい。

Q”ご健闘をお祈りします”と言う言葉について教えてください。

今年の年賀状を見ていて、少々疑問に思ったのですが、"ご健闘をお祈りします”という言葉は何となく、上位に立つ者が下位の者に言う言葉に聞こえるのですが、それ以外、目上などにも使える言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

健闘:不利な条件に屈せず、立派に戦うこと

「平幕が横綱相手によく健闘しました」と言いますが
「横綱が平幕相手によく健闘した」では横綱に失礼です。

手紙の場合、手紙の書き手が差し出す相手と戦うわけではないので、上の例とは立場は違います。
しかし、相手がはじめから不利な状況にあると決め付けているようで、特に目上の方への手紙の文書としては「見当違い」ということになります。

 同等の身分の人へ書く場合、「お互いがんばろうな」と言えあえる仲なら「ご健闘お祈りします」でもいいでしょうし、 目下に対しても場合によっては失礼に当たることあるような気がします。

 なお、「健闘」と おん が似ている言葉に「健勝(体がじょうぶで元気なさま)」があります。
 年賀状などでは相手により、「ご健勝お祈りします」のほうがふさわしいことが多いのではないでしょうか。

Q「親展」とはどういう意味ですか?

「親展」とはどういう意味ですか?
今日届いた、郵便物に「親展」と書いてあったのですが、意味が分からないので教えてください。

Aベストアンサー

親展「おやどの」・・・  親御さんに見せてください





ということではなく、親展「しんてん」

親:みずから   展:あける

つまり、「宛名の者が自分で封を切って読んでください」

という意味です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング