宿題で次のような問題が出たのですが…どうしても分からないんです。
どなたか教えてください。

30.戦後ジャーナリズムの発達で広がった読者層に対応するため、社会の多様な面を素材とした小説を何というか。
89.プロレタリア詩の中心的人物は誰か。
94.『鮫』などで侵略戦争、封建的国民性などを風刺した詩人を答えよ。

先生は常識だというのですが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

30について、私もN0.2の方と同様、中間小説という言葉が真っ先に頭に浮かんだのですが、文学史の問題としてはいささか不適当な名称ではないかと思います。


当時「近代文学」や「新日本文学」に拠る作家たちと対称的に、社会の色んな面を描き出す小説が盛んに読まれ、それらは「風俗小説」と呼ばれました。評論家中村光夫さんが名著「風俗小説論」を出されたくらい、当時の文学界を席捲しました。坂口安吾、織田作之助、田村泰次郎等々はこの派に属します。おそらくこの「風俗小説」が答えではないかと思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説まで、ありがとうございました。
どうやら「風俗小説」で良いようです。
索引で調べたところ、注釈に2~3行、問題文のような文章が出ていました。

お礼日時:2007/07/16 16:23

うーん……ぱっと思いついた言葉としては「中間小説」というのがあります。


戦後使われていて今は死語なのですが、純文学でもなく大衆文学でもない中間の文学という分類です。
ただ、質問文の「戦後ジャーナリズムの発達で広がった読者層」というのは「大衆」を答えさせようとしているように思いますし、「社会の多様な面を素材」ということからも「娯楽小説」「通俗小説」と呼ばれた「大衆小説」ではないかと思います。
純文学は純小説とは言わないのに大衆文学は大衆小説とも言います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説、ありがとうございます。
索引で調べたところ、「中間小説」や「大衆小説」という言葉は載っていませんでした。「大衆文学」という言葉は、
”昭和30年代に、マスコミの発達で文化の大衆化現象が起こり、大衆文学、推理小説が発達した”
と書いてあり、とても近いのですが、ほんの少し違うようです。

お礼日時:2007/07/16 16:30

わかるものだけ、とりあえず・・・



89
中野重治かな
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%87%8E% …

94
金子光晴です
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%AD%90% …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q詩人について

詩人について

賞賛されている詩人の詩が誰にでも理解されないのは何故なんでしょう?
また、何故何を言っているのか理解できない人は理解できないのでしょうか?

Aベストアンサー

このご質問は新聞記事のようないわば実用的な文章と詩とを比較してみれば理解し易いと思いますが、ひとことで言えば両者では評価する基準と、読む側に前提としているものが大きく異なるからです。

例えば新聞記事では「わかり易さ」というのは重要で欠かせない要素です。一度読めば明確に意味が理解できるものがよいとされ、何回も読み直さないと意味がわからないような記事、あるいは読み方によってさまざまな意味にとれるような記事はよくないとされています。(検閲の目をかいくぐって真実を伝えるような場合だけは例外ですが…)

一方詩では「わかり易い」詩ももちろん存在しますし、回答者のようにこれを好む人も少なくないとは思いますが、それは必要不可欠な要素ではないと思います。また読み方によってイメージが広がっていき、さまざまな意味に読み取れるということが、詩の場合には欠点ではなくむしろ美点とされます。

読む側に前提として求めているものも両者では違います。新聞記事が前提としているのは政治・経済・社会・文化などに対する基本的な知識だけです、昔は新人記者に「中学生が読んでも理解できるように書け」と教えていたそうですが、そういうことです。

しかし詩が読む側に求めているのは、そのような知識をただ多く持っていることではなく、言葉に対する鋭敏な感覚と柔軟な感性です。簡潔に昔風にいえば詩心があるかどうかです。これは知識の量とは必ずしも比例せず、個人差が大きいと感じます。このため「詩は理解できない」という人が少なくないのだと考えます。

あまりよい例ではないかもしれませんが、「提灯に明かりをともす」ことを「提灯に火をつける」と書いたのでは「提灯を燃やす」のと区別できないから「提灯の中の蝋燭立ての蝋燭の芯に火を点ける」と明確に書くべきだとするような立場から、最も遠い場所にいるのが詩人だということではないかと回答者は考えています。

このご質問は新聞記事のようないわば実用的な文章と詩とを比較してみれば理解し易いと思いますが、ひとことで言えば両者では評価する基準と、読む側に前提としているものが大きく異なるからです。

例えば新聞記事では「わかり易さ」というのは重要で欠かせない要素です。一度読めば明確に意味が理解できるものがよいとされ、何回も読み直さないと意味がわからないような記事、あるいは読み方によってさまざまな意味にとれるような記事はよくないとされています。(検閲の目をかいくぐって真実を伝えるような場合...続きを読む

Q詩人の自殺

金子みすずさんの自殺には事情があったようですが、
詩人で自殺した人の名前をお教えください!

あまりにマイナーどころにはついてゆけませんが。

Aベストアンサー

矢川澄子 作家、詩人、翻訳家 71歳 2002年5月29日
長岡弘芳 評論家、詩人 57歳 1989年8月14日
江口榛一 詩人、作家 65歳 1979年4月18日
長沢延子 詩人 17歳 1949年6月1日
生田春月 詩人 38歳 1930年5月19日
北村透谷 詩人 25歳 1894年5月16日
矢川澄子 作家、詩人、翻訳家 71歳 2002年5月29日

WIKIに掲載されています。

自殺・自決・自害した日本の著名人物一覧(wiki)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E6%AE%BA%E3%83%BB%E8%87%AA%E6%B1%BA%E3%83%BB%E8%87%AA%E5%AE%B3%E3%81%97%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%91%97%E5%90%8D%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7

Q吾輩は猫である夏目漱石著の「吾輩は猫である」は、どのような風刺が込めらているのですか?悩んでいます

吾輩は猫である
夏目漱石著の「吾輩は猫である」は、どのような風刺が込めらているのですか?悩んでいます…教えてください!

Aベストアンサー

動物が登場する小説は数多くありますが、『吾輩は猫である』はそうした動物ものとは明らかに一線を画しています。

ペットとして猫を飼っている家族を想像してみてください。同じ空間にいたとしても、人間とペットとでは住んでいる世界に大きな差があります。人間は人間の倫理で、猫は猫の本能で動いているわけです。

人間からすると、猫は気ままにうろちょろしている存在です。学校に行ったり、会社に行ったりしませんよね。そこに愛情は通うにせよ、同じ倫理観を持って行動してはいません。

一方、猫側からするとどうでしょうか。実際の猫の気持ちは分からないので物語で考えてみますが、物語の多くは人間社会とは違う、動物には動物の社会があるものとして描かれます。

それが人間社会の縮図として描かれるにせよ、「人間の世界」と「動物の世界」はほとんど交わらず、それぞれが別の層のものとして存在しています。

本来「人間の世界」に生きる者は「動物の世界」のことは考えないですし、また同じように「動物の世界」に生きる者は「人間の世界」のことは考えません。

では、『吾輩は猫である』がどういう世界かというと、本来は「動物の世界」に生きているはずの猫が、「人間の世界」のことを語るという歪みがあるわけですね。

〈吾輩〉が想いを寄せるメス猫の三毛子や乱暴者の車屋の黒という猫についてなど、「動物の世界」の話もあるにはあるんですが、ほとんどが「人間の世界」について語られています。

〈吾輩〉というのは、「ぼく」「わたし」などと同じ1人称なんですが、「動物の世界」の話が語られない以上、実は役割としては3人称の視点とほとんど同じなんです。

カメラを想像してみてください。部屋の中で話している人々がいて、それに近づいていくと映像と音声が撮れます。別の部屋に行くと、今度はその部屋で話している人々の映像と音声が撮れるわけです。

〈吾輩〉というのは、ほとんどこのカメラと同じ役割を果たしています。こうした映像と音声に加えて、〈吾輩〉は驚くべきことに、苦沙弥先生の心理描写までをも始めます。

「迷亭が帰ってから、そこそこに晩飯を済まして、又書斎へ引き揚げた主人は再び拱手して下の様に考え始めた」(389ページ)から「以上は主人が当夜煢々たる孤燈の下で沈思熟虜した時の心的作用を有のままに描き出したものである」(391ページ)まで、わりと長い間、苦沙弥先生の心理描写がされるんですね。

一応、「吾輩はこれで読心術を心得ている。いつ心得たなんて、そんな余計な事は聞かんでもいい。ともかくも心得ている」(392ページ)と強引な説明はされるんですが、これはもう猫から見た風景などという領域をはるかに超えていて、明らかに役割としては3人称の視点と同じです。

『吾輩は猫である』の前半はわりと〈吾輩〉の存在感は濃厚で、例の人間とはおろかな生き物だなあという感じが伝わってくるんですが、後半、人間たちの会話が軽妙に進んでいくに従って、〈吾輩〉の存在感というのはどんどんなくなっていき、ほとんど普通の3人称の小説と変わらないタッチになります。

そうした要素を、風刺のための猫の役割の終わりととるか、夏目漱石の文章スタイルの確立ととるか、色々考えていけそうではありますが、いずれにせよはっきり言えることがあります。

それは『吾輩は猫である』が、単なる生き物としての猫を主人公兼語り手にしたことに意味があるのではなくて、人間社会を歪んだ角度からとらえるための一つのカメラ的存在として機能させたことに意味があるということです。

ストーリーというほどのストーリーはなく、また、文体としても完成しきってはいない小説です。正直、読みづらさもあります。ですが、これほど人間社会を滑稽味あふれる風刺で描いた小説が他にあったでしょうか。ぜひ一度は読んでみてください。

http://ameblo.jp/classical-literature/entry-11260116465.html

動物が登場する小説は数多くありますが、『吾輩は猫である』はそうした動物ものとは明らかに一線を画しています。

ペットとして猫を飼っている家族を想像してみてください。同じ空間にいたとしても、人間とペットとでは住んでいる世界に大きな差があります。人間は人間の倫理で、猫は猫の本能で動いているわけです。

人間からすると、猫は気ままにうろちょろしている存在です。学校に行ったり、会社に行ったりしませんよね。そこに愛情は通うにせよ、同じ倫理観を持って行動してはいません。

一方、猫側からす...続きを読む

Q万葉集89番 甲類、乙類について

古典の甲類、乙類がよくわかりません。

万葉集89番の
ゐあかして きみをばまたむ ぬばたまの わがくろかみに しもはふるとも

の、甲類、乙類はどの文字のことなのでしょうか。
教えて下さい!よろしくおねがいします。


可能であれば、この歌の音仮名、訓仮名がどれなのかも知りたいです。よろしくお願いします!!
至急知りたいです。

Aベストアンサー

この歌の原文は以下の通りです。

居明而 君乎者将待 奴婆珠能 吾黒髪尓 霜者零騰文
https://ja.wikisource.org/wiki/%E4%B8%87%E8%91%89%E9%9B%86/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E5%B7%BB

この中で「意味」ではなく、「音」を表している漢字は「而=て」「乎=を」「者=ば/は」「将=む」「奴=ぬ」「婆=ば」「能=の」「尓=に」「騰=と」「文=も」の10個です。
万葉仮名の中で、甲乙の区別があるのはキ・ヒ・ミ・ケ・へ・メ・コ・ソ・ト・ノ・ヨ・ロの12音(ギ・ビ・ゲなどを入れれば19音)です。「モ」にも『古事記』では区別がありますが(甲類=毛、乙類=母)、『万葉集』や『日本書紀』では区別されません。
この歌の場合、甲乙の区別があるのは「能」と「騰」だけで、ともに乙類です。
http://www1.kcn.ne.jp/~uehiro08/contents/kana/1ran.htm

ちなみに甲類・乙類とは、万葉仮名の漢字の使い分けです。たとえば、神(カミ)のミを表すには「未」「微」などの漢字が用いられますが、「美」や「弥」は使われません。逆に、髪(カミ)のミには「美」や「弥」が使われ、「未」や「微」は決して使われないのです。
そこから、これらの音には奈良時代まで、2種類の発音があったらしいと推定され(実際にどんな発音だったかはわかりません)、「甲類」「乙類」と呼んで区別しています。くわしくはリンク先から、「上代特殊仮名遣いの発見」という項目をご覧ください。
http://kojiki.ys-ray.com/manyougana.html

この歌の原文は以下の通りです。

居明而 君乎者将待 奴婆珠能 吾黒髪尓 霜者零騰文
https://ja.wikisource.org/wiki/%E4%B8%87%E8%91%89%E9%9B%86/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E5%B7%BB

この中で「意味」ではなく、「音」を表している漢字は「而=て」「乎=を」「者=ば/は」「将=む」「奴=ぬ」「婆=ば」「能=の」「尓=に」「騰=と」「文=も」の10個です。
万葉仮名の中で、甲乙の区別があるのはキ・ヒ・ミ・ケ・へ・メ・コ・ソ・ト・ノ・ヨ・ロの12音(ギ・ビ・ゲなどを入れれば19音)です。「モ」にも『古事...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報