AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

CMM、CMMIの考えが抽象的すぎてわかりません。具体的な事例で教えてください。
CMM、CMMIの違いもわかりません。

A 回答 (1件)

>CMM、CMMIの違いもわかりません。


http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/cmm.html
CMM(capability maturity model)
シーエムエム / 能力成熟度モデル / ソフトウェア能力成熟度モデル

CMM自体には多くの人が提案した色々な方式が有り、CMMIはそれを
統合したものとなります。

CMM
* レベル1:プロセスが確立されていない初期段階
  同じ仕事であっても、作業手順が決められていないので
 仕事の度に別の方法・結果となる。
  担当する人の熟練度によっても変わるので、どの程度の
 時間・費用が掛かるか予想もできない。

* レベル2:特定のプロジェクトリーダーや技術者に依存している状態
  作業手順を熟知した特定のリーダーの作業及び指示が必要。
  そのリーダーの下だと比較的、品質や期間が安定する。
  しかし、他のリーダーだと結果が変わる。

* レベル3:首尾一貫したプロセスを標準として持っている段階
  作業手順がきちんとマニュアル化されている為、リーダーや
 担当者による結果の違いが少ない。

* レベル4:標準化されたプロセスを定量的に測定し、洗練化していく
  標準化された手順が妥当な物かの検証が行われ、改善箇所
 の修正が継続して行われる。
 #製造業でいうとTQCサークル活動

* レベル5は技術・要件環境の違いによって、標準プロセスを最適化
して用いられる段階
  同じ標準を何にでも適用するのではなく、要件環境に合う
 形に応用していく。

製造業においては、品質が高い製品をより良く、より速く、より
安全に作る為の方法が古くから検討され、採用されてきました。
#TQC活動等

しかし、ソフト開発は一般に職人仕事扱いとされ、担当者の技量
によって品質が異なってもしょうが無いものだとされてきました。
その考えを改めて、工業製品として均一で品質の高い物を作り出す
にはどうしたら良いか、現状がどの段階にいるかを判定する為の
方法として考えられた物の一つがCMMモデルとなります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング