・硫黄島(小笠原諸島) は東京都?だったと思いますが、だとしたら関東と呼んでよいですか、関東地方ではどうでしょうか。

・与論島は鹿児島県ですが、九州若しくは九州地方と呼んでよいですか。
九州若しくは九州地方とは、どこまでを示す言葉ですか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

質問者様が言及している「学問的に正式な区分」というのは「法的・行政的に正式な区分」と言いたいのだと思いますが、そういうものは存在しません。

なぜかというと「**地方」というのは法令で決められた概念ではないからです。

実際、例えば長野県は「甲信越地方」に区分されることも「中部地方」に区分されることもあります。新潟県は一般には「北陸地方」か「甲信越地方」でしょうが、「東北地方」と同じくくりで扱われることもあります。

硫黄島は東京都小笠原村の一部です。これは、法令に裏付けられた確かな事実です。

さて、東京都は、一般には「関東地方」に属すると言われますので、硫黄島も関東地方に属する「のかもしれません」。ただし、誰も「硫黄島は関東地方の一部である」「硫黄島は関東地方の一部ではない」と断言することはできません。「関東地方」の誰もが認める定義(法令の裏づけのある定義)が存在し得ないからです。

私見では
* 硫黄島は関東地方の一部ではなく、『小笠原諸島』の一部である。
* 『小笠原諸島』は行政区分では東京都に属するが、「関東地方」には属さない
と考えますが、この「私見」が間違っていると断言できる人はいないでしょう。理由は上記のように「『関東地方』の定義」を明確にし得ないからです。

この回答への補足

本州は東北・関東・中部・近畿・中国の5地方に分けられ、
中部地方は、新潟・富山・石川・長野・福井・山梨・岐阜・静岡・愛知の9県。

北陸地方は中部地方の日本海沿いの地域。新潟・石川・富山・福井の4県。

甲信越地方は「新潟県・山梨県・長野県」の3県の総称だったと思います?
学校でそう習ったような気がします。
区分の決りは本当に無いのでしょうか、どなたか教えてください。

補足日時:2007/07/16 07:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。良くわかりました。
では、与論島の場合も同じと考えても良いでしょうか。
*与論島は九州の一部ではなく、『奄美諸島(薩南諸島)』の一部である。
*『奄美諸島』は行政区分では鹿児島県に属するが、「九州地方」には属さない

学校で、九州地方、中国地方、四国地方など地図帳に記載されていて、習ったような気がするのですが、明確な区分けは無かったのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/15 21:04

≪誤植訂正≫などはかんじ変化⇒などは漢字変換  ≪ついでに≫自分に難しい文章を読むのはたいへんなことですね。

「この馬鹿は一体何をいいたいのだろう」とさへ思ってきたりしますね。でも意外や誤植や、極く簡単なことをいっていたりしますね。言い方だけ、凝縮した中に、殊更正確性と厳密をもとめて、表現しようとして、そんな言い回しをしていることがありまして。お手数をおかけして本当にもうしわけありません。自分の考えを離れて、別の世界のへんなことばの行列を見るくらいに、読んでみると、判るものですよ。自分を放り出してね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「・・・・・・・・・・・」?ANo.6さんですよね?
一瞬何の事だか判らず、別な質問者への投稿ミスかと思いました。
先ほどの回答を読み返す前に、今回の回答をよく読んで理解するのが私には必要のようです。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2007/07/16 16:01

≪本州島に付属する島『地域』≫ 私は単独でそういうことばの使い方については寡聞にも他人にも自分にも、経験しておりません。

伊豆諸島、小笠原諸島などはかんじ変化でも直ぐ出ます。伊豆諸島地域は同語重畳的でもあり、一定のジャンルでの厳密性をもとめる事以外は、造語するとしても、自分の範囲ですが、日本語としては馴染めせんし、美での、つまり自然的には受容が難しいのではないかと存じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
回答文が私には大変難しいのですが、何度も読み直して参考にしたいと思います。

お礼日時:2007/07/16 12:59

行政区画は明確に定められていると存じますが、関東とか甲信越とかいうと、行政の区画のカテゴリーではなく、方言や気候の面からくくったりしますので、一義的な把握は無理ではないでしょうか?歴史的な経緯で概念観念する一般の人が、硫黄島を東京都というくくりとまでは、そうかと思うでしょうが。

だから関東地方というと、へぇ、っそうなの。と思うでしょうね。http://www.tohoku.go.jp/  http://www.chubu.npa.go.jp/contents/frame_syouka … http://www.npa.go.jp/などは広域の管区を定めておりますが、前のご回答にも在ります。関東管区警察局長官はたしか、警視総監だったと存じます。だからといって、小笠原が関東かというと、そういう呼称はしてないと存じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>小笠原が関東かというと、そういう呼称はしてないと存じます。
ありがとうございます、良くわかりました。

では、日本列島の中央にある最大の島、本州島に付属する島『地域』と呼ぶことは出来ますか?
お時間取れればお答え下さい。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/16 11:33

No.2です。



>>天気予報では「九州・沖縄地方の天気です。」のようにいう事が多いと思います。<
>この部分ですが、これは、沖縄を含め九州。
>それとも「九州地方、沖縄地方の天気です。」の略したものだから、沖縄県は九州ではない。
>どちらの意味でしょうか。

「九州地方」に沖縄が含まれていれば、
わざわざ「九州・沖縄地方」とは言わないでしょうから、
沖縄は「九州」ではあるけれど「九州地方」ではない
ということではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、良くわかりました。

お礼日時:2007/07/15 21:06

正しいか分かりませんが、


関東・九州というと行政区分のようなイメージがあります。
なので硫黄島や与論島もそれぞれ関東・九州になるのでは。

関東地方・九州地方というと地理的な区分のようなイメージがあります。
実際、九州の方の天気予報では「九州・沖縄地方の天気です。」の
ようにいう事が多いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
学問的に正式な区分を知りたいのですが、私と同じ、一般の方の意見も知りたいと思っていましたので嬉しいです。

関東・九州と言った場合は硫黄島や与論島もそれぞれ関東・九州になる。

>天気予報では「九州・沖縄地方の天気です。」のようにいう事が多いと思います。<
この部分ですが、これは、沖縄を含め九州。
それとも「九州地方、沖縄地方の天気です。」の略したものだから、沖縄県は九州ではない。
どちらの意味でしょうか。
もし、お時間取れましたら、補足お願いできませんか。

お礼日時:2007/07/15 10:54

東京都に属していますので区分から言えば、関東です。

与論島は九州になります。九州の各県に属する島は沖縄も含めすべて九州です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
昔、琉球と呼ばれていたので沖縄は九州ではないと思っていましたが、
福岡、佐賀、長崎、熊本、宮崎、大分、鹿児島、沖縄この8県でで九州の各県を構成してるというご意見ですね。

ありがとうございました。参考にします。

お礼日時:2007/07/15 08:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q沖縄の海兵隊の移転先は硫黄島ではダメ?

沖縄の海兵隊の移転先は硫黄島ではダメ?
沖縄に駐留している米軍の一部の移転先はグアム島だそうですが、残りの部隊の移転先として辺野古ではなく、硫黄島ではダメなのですか?
もちろん今より中国や台湾、北朝鮮とは遠くなり地勢的には不便かもしれませんが、硫黄島なら自衛隊しかいませんからへりでも大砲でも好きなように訓練できます。
硫黄島ではいけない事情や理由を教えてください。

Aベストアンサー

硫黄島がダメな理由
1.面積が狭い
2.島が高速で隆起中
3.硫黄ガスが立ち込めてる
4.もったいない

面積が狭すぎるので、数千人単位の常駐には適しません。スラム化します。
兵隊は家に住まわせて置けばそれで良いのではなく、文化的な正常な生活をさせてこそ、必要時に正常な兵隊として活躍できます。
また面積が狭いために、島内での大部隊の訓練地の確保が困難。

万一、敵の空や海からの攻撃があった際、多人数の海兵隊員の陸上での退避拡散場所が無いため、海兵隊は戦わずして壊滅します。
島内に充分な空海戦力を設置する為には場所が必要になるが、その場所が島内で充分に取れなさそう。(数千人の海兵隊で島内は埋め尽くされるし)
島外からの米軍の航空戦力や海軍戦力の短時間での支援は、硫黄島ではさほど期待できず。また自衛隊戦力で米海兵隊を守るという発想は、米軍は本気では持っていない。

島が高速で隆起中なので、継続的な軍港が設置困難。よって海兵隊員が船に乗れない。

そして島内には硫黄ガスが立ち込め、少人数の派遣部隊の駐留は可能であっても、大規模部隊の本格駐留は不可能。
大部隊に居住を強制すれば、脱走者続出。

更に硫黄島というあんなに良い場所であんなに良い地形は、日本の防衛戦略のために取っておくべき。
一度米軍を住まわせたら追い出すのに苦労するのは沖縄で経験済み。
将来は日本の対艦ミサイル基地や、日本製の巡航ステルス爆撃機の待機基地としても有望。
30年後、硫黄島は西の大東島諸島(沖大東島?)と共に日本の海洋防衛を担う位置づけになる。

硫黄島がダメな理由
1.面積が狭い
2.島が高速で隆起中
3.硫黄ガスが立ち込めてる
4.もったいない

面積が狭すぎるので、数千人単位の常駐には適しません。スラム化します。
兵隊は家に住まわせて置けばそれで良いのではなく、文化的な正常な生活をさせてこそ、必要時に正常な兵隊として活躍できます。
また面積が狭いために、島内での大部隊の訓練地の確保が困難。

万一、敵の空や海からの攻撃があった際、多人数の海兵隊員の陸上での退避拡散場所が無いため、海兵隊は戦わずして壊滅します。
島内に充分...続きを読む

Q伊豆諸島・小笠原諸島が東京都である理由

伊豆諸島・小笠原諸島はどうして東京都なのでしょうか。
地理的には静岡県でも、神奈川県でも、千葉県でもいいように思えますし、
「特別管轄区」にしてもいいように思いますが、東京都である理由と経緯を教えてください。

Aベストアンサー

伊豆諸島は1878年(明治11年)に静岡県より当時の東京府に移管
されました。

伊豆七島の裁判事務が東京裁判所の帰属になったことをきっかけに
東京府に移管されたようですが、実際は、交通の利便性から東京に
移管されたようです。

小笠原は1880年(明治13年)に当時、道府県に属さない外地(内務省直轄地)から、当時の
東京府に移管されました。

 内務省の直轄から移管されたことから考えると、小笠原が開拓を
必要としたことから財政的な問題や、やはり交通の利便性から
東京府に移管されたのかと思われます。通信手段が限定されていた当時では、
国防上の理由から、東京府管轄にした方よいということも、ありました。

Q硫黄島からの手紙

「硫黄島からの手紙」の単行本を探しています。

映画だと2部作みたいですが、
・硫黄島からの手紙(日本から見た硫黄島)
・父親たちの星条旗(アメリカから見た硫黄島)

「硫黄島からの手紙」の文庫本は
http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/68/37/9784163683706.shtml
だと思うのですが、単行本は無いのでしょうか?

「父親たちの星条旗」の単行本はあるみたいなのですが・・・
http://item.rakuten.co.jp/book/4144506/

Aベストアンサー

記載されている文藝春秋の案内には、「硫黄島からの手紙」の判型の所を見ると
http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/68/37/9784163683706.shtml
  判型 四六判上製カバー装
とありますから、単行本ですよ

Q1000年前の関東平野は草原だった?

1000年前の関東平野は草原だった?
1000年前の関東平野は樹木が無くて草原だったという記事(新聞?)を読んだ記憶があります。
これは本当なのでしょうか?
本当なら原因は何ですか?

Aベストアンサー

関東平野のど真ん中と言われる茨城県K市に住んでます。
千年前は、既に浅間山と赤城山の火山灰が堆積して草原になってました。
地元の古河一高の校庭から2千年前頃の貝塚が発見されてますし、隣の栃木県N町からも弥生式住居跡や土器や貝塚が出土してますので2千年前頃は海岸だったようです。
江戸時代までは、利根川は東京湾に流れてました。
地元は利根川と渡良瀬川の合流地点で、江戸時代は東京湾からの水運が盛んに行われてた城下町でした。
明治時代に利根川を太平洋に流れてように浚渫工事をしました。
近くには干拓地が多く昔は海だった名残があります。
栃木県T市に地層が観察出来る場所がありますが、浅間山と赤城山の火山灰が堆積した事が分かります。
関東ローム層の正体です。
大木が少ない理由は、海だった事と火山灰の堆積が多く樹木が育ち難い環境だった事が考えられます。

Q硫黄島2部作

クリント・イーストウッド監督の硫黄島2部作「父親たちの星条旗」
「硫黄島からの手紙」
日本では「父親たちの星条旗」の方が公開が先だったようなのですが、アメリカではどちらの公開が先だったのでしょうか?やはり「硫黄島からの手紙」でしょうか?
 よろしくお願いします!

Aベストアンサー

両国ともに、
父親たちの星条旗が2006年10月公開、
硫黄島からの手紙が2006年12月公開ですね。
リアルタイムで劇場で観ました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%88%B6%E8%A6%AA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%98%9F%E6%9D%A1%E6%97%97
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E6%89%8B%E7%B4%99

Q埼玉県までを細かく表すと 銀河 太陽系 地球 東アジア 日本 東日本 関東 埼玉県 まで浮かんだので

埼玉県までを細かく表すと

銀河 太陽系 地球 東アジア 日本 東日本 関東 埼玉県

まで浮かんだのですが、これ以上細かく表すことはできるでしょうか?

地理に詳しい方、宇宙に詳しい方、だれでも構いません

Aベストアンサー

地球
エッジワース・カイパーベルト
太陽圏
散乱円盤
オールトの雲
太陽系
局所恒星間雲
局所泡
グールドベルト
オリオン腕
太陽系の公転軌道
天の川銀河
銀河系の伴銀河
局部銀河群
おとめ座超銀河団
うお座・くじら座超銀河団Complex
観測可能な宇宙
宇宙

詳しくは
「地球 銀河」で検索すると、「宇宙における地球の位置(ウィキペディア内)」で出てきます。

Q硫黄島のP-51についてです。 硫黄島に展開したP-51は下面にアンテ

硫黄島のP-51についてです。 硫黄島に展開したP-51は下面にアンテナを増設して従来のアンテナも1本から2本にしている機体が多くみられます。 さらに座席のヘッドパッドが従来のP-51と違って分厚くなって、無線機(?)とも思うような機械が増設されているようにも見えます。 手持ちの資料などでも、これらの装備については記載されていません。 長距離洋上任務のために、硫黄島に配備されてから改造などを施したのでしょうか?ご存知の方がいましたらご教授願います。

Aベストアンサー

こんにちは

> 硫黄島に展開したP-51は下面にアンテナを増設して従来のアンテナも
> 1本から2本にしている機体が多くみられます。 さらに座席のヘッド
> パッドが従来のP-51と違って分厚くなって、無線機(?)とも思う
> ような機械が増設されているようにも見えます。

ちょっとズバリの写真が見当たらなかったので、半分推測ですが・・。

D型後期(硫黄島の頃でしたら多分該当?)には 様々な航法支援装置が
付加されているようですね。

"P-51 Mustang Pilot's Flight Manual"によれば・・・
→Google Books(書籍)の検索で上記のキーワードを入力して検索して
みてください。

31頁本文に
・・・and the IFF antenna project from the undersides of the
wings・・・
(IFF<敵味方識別>アンテナは主翼の下面より輻射する)
という記述が一応あるのですが、P-51Dの無線関係の機器の配置図が載って
いる同頁(RADIO EQUIPMENT)には残念ながら(胴体)下面のアンテナの
位置は記載されていないようです。

座席のヘッドパッド(ヘッドレスト)後部には SCR-522-A RADIO SET と
名の付いた でっかい箱がありますので、そいつじゃないでしょうかね?


それにしても、この当時で既に IFFやら後方警戒装置 なんか積んでいる
んですねぇ~ 驚きました。
こりゃ戦争に負けるハズですわ (--;)

こんにちは

> 硫黄島に展開したP-51は下面にアンテナを増設して従来のアンテナも
> 1本から2本にしている機体が多くみられます。 さらに座席のヘッド
> パッドが従来のP-51と違って分厚くなって、無線機(?)とも思う
> ような機械が増設されているようにも見えます。

ちょっとズバリの写真が見当たらなかったので、半分推測ですが・・。

D型後期(硫黄島の頃でしたら多分該当?)には 様々な航法支援装置が
付加されているようですね。

"P-51 Mustang Pilot's Flight Manual"によれば・・・
→Google Books...続きを読む

QUnited Kingdomを何と呼ぶのが最も適当だと思いますか?

「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」を何と呼ぶのが最も適当だと思うか、ご意見をお聞かせください。「イギリス」や「英国」では「イングランド」しか表現していなくて、あと三カ国(ウェールズ・スコットランド・ノースアイルランド)を無視しているように思えるので…。連合王国かなあ。しかし、日本で定着していないし。まあ、日本も各国で勝手な名前で呼ばれているので、好きなように呼べばよいのかもしれませんが。ついでに、チャールズ「皇太子」というのは誤訳ではありませんか。ヘンリー8世がカトリックから独立し、その後世界に植民地を広げてきたので、実質的には「帝国」ですが、正式名は「王国」のままなので、「王太子」が正しいと思っています。できれば、これについてのご意見もお聞かせください。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 
 確かに難しい問題ですね。前段について、私は「“United Kingdom”=“連合王国”」と理解しています。これは国際会議等の場に於いて、イギリスが“United Kingdom”と称しているためです。しかし余り定着していないのが現状のようです。教授等は「“イギリス”でも構わない」と言いますが、ポルトガル語の“エンゲレス(=ウェールズを含むイングランド)”に由来する“イギリス(英吉利)”や“英国”の使用は避けたいのが本音です。「“United Kingdom”=“連合王国”」という理解で宜しいのではないでしょうか。
 
 これは私事ですが、同様にアメリカについても「“United States”=“合衆国”」と理解しています。アメリカも公の場では自らを“United States”と公称しています。「メキシコ合衆国の立場はどうなるのだ」という批判もありますが、メキシコは“United Mexican States”なので“合衆国”とは呼んでいません。また“アメリカ”という名称はいわゆる“アメリカ”以外の“アングロ・ラティン両アメリカ大陸”の国々からの批判を受ける場合があります。その点を踏まえると「“United States”=“合衆国”」が妥当だと考えます。
 
 後段についてですが、これも難しい問題ですね。私自身も慣習上“皇太子”と理解していますが、実際は“王太子”であるべきですね。“王室:Royal Family”であり“皇室:Imperial Family”ではありませんね。皇太子は次代の“帝位・皇位”を継承することが定められている者の称号とされていますが、“王太子”であっても“皇太子”に準ずる地位であれば王国であっても“皇太子”の称号を使用する場合もあるそうです。“連合王国”の場合、“大英帝国:British Empire”の名残であり、連合王国国王へ対する共通の忠誠により結ばれた“独立主権国家連合”である“英連邦:The Commonwealth of Nations”の存在を考慮すると、“皇太子”という称号の使用についても理解が進むと考えます。
 
世界帝王辞典:http://nekhet.ddo.jp/item/
 
ヴィクトリア・太陽の沈まない帝国>序章:http://gyoubusyou.hp.infoseek.co.jp/VIC_00.html
 
プリンスオブウェールズ:http://www.princeofwales.gov.uk/index.html
 
ウィキペディア>皇太子:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%A4%AA%E5%AD%90
 
大英帝国:http://www.britishempire.co.uk/
 
コモンウェルス事務局:http://www.thecommonwealth.org/
 
 長々と申し訳ありません。お役に立てると幸いに思います。
 
>>

 こんばんは。
 
 確かに難しい問題ですね。前段について、私は「“United Kingdom”=“連合王国”」と理解しています。これは国際会議等の場に於いて、イギリスが“United Kingdom”と称しているためです。しかし余り定着していないのが現状のようです。教授等は「“イギリス”でも構わない」と言いますが、ポルトガル語の“エンゲレス(=ウェールズを含むイングランド)”に由来する“イギリス(英吉利)”や“英国”の使用は避けたいのが本音です。「“United Kingdom”=“連...続きを読む

Q硫黄島攻略の戦略的価値

アメリカは、既にマリアナを占領しており、サイパンやテニアンからB29による日本焦土化は可能であったのに、
膨大な死傷者(26000人)を出してまで硫黄島を占領する意味はあったのでしょうか。無理をして硫黄島を攻略しなくてもその後の大勢に影響は少なかったと思うのですが。

Aベストアンサー

硫黄島の位置は当時の最大航続距離を誇るP51戦闘機を使用すれば日本本土上空までB29爆撃機を護衛するのに好適な位置にありました。
当時の日本軍の戦闘機は高空性能が悪く武器も貧弱でB29の撃墜は至難の業で、体当たりしか方法がない有様でした。
高射砲も高々度のB29に届くのは殆どない状態でした。
唯一の機会は夜間低空で侵入する都市爆撃の時くらいでした。
この時は夜間戦闘機月光や高射砲の活躍でかなりの損害を与える事が可能でした。

全体として日本の防空戦力は弱体でしたが、アメリカの空軍力による戦術には無視出来ない損害のレベルと判断し、硫黄島に空軍基地を設ける必要があったのです。

それにそれまでの島嶼奪還戦闘の経験から日本軍の抵抗は猛烈だろうが時間をかければ占領出来る自信があったのです。
しかし日本軍も数々の戦歴から硫黄島の防衛戦略を後退持久戦に切り替え要塞工事を十分にし兵力の増援も行って待ちかまえていたので米軍の損害は見積もりをはるかに越えたレベルになったのです。

アメリカ軍の戦略では空襲により日本の戦力と戦意の喪失を図らねば本土決戦での損害は膨大と予想していたので中型爆撃機と戦闘機の基地が必要だったのです。

硫黄島の位置は当時の最大航続距離を誇るP51戦闘機を使用すれば日本本土上空までB29爆撃機を護衛するのに好適な位置にありました。
当時の日本軍の戦闘機は高空性能が悪く武器も貧弱でB29の撃墜は至難の業で、体当たりしか方法がない有様でした。
高射砲も高々度のB29に届くのは殆どない状態でした。
唯一の機会は夜間低空で侵入する都市爆撃の時くらいでした。
この時は夜間戦闘機月光や高射砲の活躍でかなりの損害を与える事が可能でした。

全体として日本の防空戦力は弱体でしたが、アメリ...続きを読む

Q硫黄島近辺の岩

カテ違いならすいません。
子供のころ、東京からグアム島まで船で行きました。
その際、海から突き出た岩を見ました。
周りに島らしきものもないのに、高さ十メートルくらいの崖状の岩が垂直に突き出していたんです。
場所は鳥島と硫黄島の間辺りだったと記憶してます。

名前が分からないので、教えてください。

Aベストアンサー

#1です。孀婦岩というのもありますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%80%E5%A9%A6%E5%B2%A9


人気Q&Aランキング