既に浮遊化されたCHO細胞株の入手を希望しています。
株分け(販売)してくださる企業、大学、研究室を
ご存じの方いたら教えてください。
また、付着性のCHO細胞を浮遊化させる方法についても
ご存じの方いましたら、おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

検索 株」に関するQ&A: 低位株の検索方法

A 回答 (1件)

御希望の CHO 細胞株かは分かりませんが,理化学研究所の細胞バンクまたは JCRB Cell Bank で売っているようです。



理化学研究所細胞バンク:
http://www.rtc.riken.go.jp/CELL/HTML/RIKEN_Cell_ …
「細胞検索」のペ-ジで「1.細胞名・Keyword 検索(Whole cell name , keyword search) 」をするとヒットします。

JCRB Cell Bank:
http://cellbank.nihs.go.jp/
「細胞分譲:HS研究資源バンク(HSRRB) [大阪 泉南]」の「細胞株の検索」をするとヒットします。

これらのペ-ジの他の情報も参考になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありました!まさに希望通りの細胞株です。
どうもありがとうございました!!

お礼日時:2001/01/24 11:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフラスコに付着する細胞と付着しない細胞の違い

いつもお世話になってます。
先日ある大学で行われたバイオ実験体験教室に行ってきました。様々な細胞を紫色の培地で培養していました。そのときは考えていなかったのですが、帰宅してから顕微鏡で観察したときにフラスコに付着する細胞と付着しない細胞の違いは何なのだろうと疑問に思うようになりました。
ネット等で調べた所「カドヘリン」という分子が付着に関与しているとありました。でもそれは細胞と細胞を繋ぐために必要でフラスコに対する付着とは違うのかなぁとも思います。どのような分子が関与しているのでしょうか?
またこれはあくまで私のイメージなのですが、イモリや虫が壁をよじ登っていく為に必要な足に付いている物質と類似するものがあるのでしょうか?

宜しくお願いします

Aベストアンサー

培養可能な細胞の多くが、接着していないと維持できないという性質を持っています。そのため細胞培養の容器の培養面には、細胞が接着しやすくなるような表面処理が施されています。中にはプラスチックの処理だけでは接着や増殖ができない細胞もおり、これらはコラーゲンなどの基質でコートされた容器で培養します。表面処理したプラスチックに対する接着は負電荷と陽電荷の相互作用によるところがあるようですが、コラーゲンなどに対しては接着分子が働いて接着します。
http://www.nitta-gelatin.co.jp/products/labo/manual/manual_1.html
http://www.bdj.co.jp/labware/qa_07.html

接着分子に関してはこちらもどうぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/細胞接着

Q"浮遊細胞"の細胞増殖率を、なるべく簡単に測定したいのですが、

"浮遊細胞"の細胞増殖率を、なるべく簡単に測定したいのですが、

どのような方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

特別な設備が無いなら、一定時間ごとにサンプリングして
血球計算盤でカウントするのが一番簡単だと思いますよ。

Q細胞の細胞内陰極化について

細胞は外部に対して内部がマイナスに荷電しているということですが、外がナトリウム 内がカリウムとありますがナトリウムもカリウムもプラスイオンですよね?なのでどうしても内がマイナス
というのがイメージできないのですが・・・。

Aベストアンサー

細胞膜に存在する、いわゆるイオンチャンネルの働きによります。ATPを努力現に特定のイオンを運び入れたり出したり
 ⇒イオンチャネル - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB )
 ⇒カリウムチャネル - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%AB )
 ⇒カルシウムチャネル - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%AB )

Q浮遊細胞の培養

培養初心者なので申し訳ないのですが、浮遊細胞(例えば心筋細胞)の培養を行う際、やはりディッシュにコーティングしてから、細胞を接着させなければ、培地交換はできないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

遠心して培地交換はすでに答えられているので別の答えをすると、

重い細胞(FM3Aなど)だと張り付いてはいないけれども沈んでいるのでそっと上からアスピレーターで除くと細胞が残ります。

HL60のような遠心に弱い細胞を使っている場合は、
頻繁に遠心すると活きが悪くなるので気をつけてください。
増殖が早い細胞だとどんどん増えていくので培地で希釈するだけで通常の継代が出来るものがあります。

細胞によっては浮遊系のものをコーティングディッシュで飼うと
シグナルが入るという話を聞いたことがありますので、
貼り付けるのならば気をつけてください。


学生実習でウズラの心筋細胞を飼った時には接着形だったと思いましたが浮く心筋細胞もあるのでしょうか。

Q浮遊細胞のMTT assay

浮遊細胞のMTT assayをやり始めました(HL60細胞株です)。
ある論文を参考に、細胞をまいてから24h放置し、試薬の添加を行うのですが、この24hの細胞増殖の速さが毎回まちまちで再現性のあるデータがなかなか取れず困っています。
この24h放置というのは付着細胞にしか必要ない気がするのですが、実際はどうなのでしょうか?
また、実際同じようなことを行っている方がいらっしゃれば、どのように行っているのか教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

HL60って細胞同士がくっつきませんか?
くっついたままだとバラツキの原因になります
96wellのような小さなスケールでやる時は特に注意が必要です


人気Q&Aランキング

おすすめ情報