一般に、目の前のリンゴは実際に「存在」していると考えられますが、三角形は実際に「存在」しているのではなく、概念として「存在」していると考えられていると思います。

では、分子は実際に「存在」しているのでしょうか、それとも、概念として「存在」しているのでしょうか? もし、分子が実際に「存在」していると考えるとすると、その根拠は何でしょうか? 三角形との違いは何なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (39件中21~30件)

>私の疑問は、質問のタイトルに書かせていただいたように、「分子」と「三角形」の”存在の仕方、あるいは、存在の種類”は同じか違うかということです。



そうでしたね
三角形の場合だと光として三角を見ることが出来ますから
これは認識できる存在でしょう。また分子の場合はぼやけ
ていますから漠然とした存在でしょう。三角形との違いは
分子の方が概念で作られた存在であって三角形の方は実在
している存在を概念で実在化できえる存在だと思います。
なので類似点は存在から概念化でき得る
違点は分子はマクロ的三角形はミクロ的
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>三角形の場合だと光として三角を見ることが出来ますから

例えば、鉛筆か何かで紙の上に描いた三角形のことですか?

お礼日時:2007/07/17 22:30

kaitara1ですが、あなたのご質問は絵に描いたリンゴと本物のリンゴでは存在すると存在のしかたが違うということにもなりますか。

始めの形だと目の前の三角定規は実際に「存在」していると考えられますが、三角形は実際に「存在」しているのではなく、概念として・・・ということになると思うのですが。分子は実際はリンゴでも三角定規でも分子からできていると考えられるという意味で典型的な記号です。あるいは具体的な分子ではなく分子という言葉を問題にしておられるわけでもないと思いますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>絵に描いたリンゴと本物のリンゴでは存在すると存在のしかたが違うということにもなりますか

両方とも五感で直接その存在を確認できるという意味で、存在の仕方は同じだと思います。

>始めの形だ....
この後の文の主旨がよくわかりませんでした。すみません。

>分子は実際はリンゴでも三角定規でも分子からできていると考えられるという意味で典型的な記号です。

これも、あまりよくわかりませんでした。「分子」が他の名詞(例えば、電車とかリンゴとか)と比べて、特に典型的な記号である理由は何でしょうか?名詞は全て記号ではないのでしょうか?

私の疑問は、記号としての分子ではなく、具体的実体(もし、あれば、の話ですが)としての分子に関してです。

お礼日時:2007/07/17 22:28

哲学板としては非常に面白くない回答なのですが


見るというメカニズムは対象に光を当てて跳ね返ってきた光を目で受信して結果「見る」わけです。これと同じように原子を見ることが出来ればりんごと同じレベルで存在を認識できるんですよね?

それと赤外線カメラとかってありますよね?あれは光の変わりに赤外線を放射してそれを受信し映像にするわけなんですが、テレビとかでその映像をみたことがあるかと思います。赤外線で見た真っ暗闇の場所のリンゴの存在は存在していると質問者さんも認識しますよね?

実は電子顕微鏡もこれと同じメカニズムなんです・・・。
ものすごく乱暴に言います。
普通の顕微鏡でも原子見えます。原子が小さすぎて見えないんじゃないんです。原子サイズまでアップで見れるんですが見える画像がつぶれちゃって見えない。なぜかというと光は電磁波の一種で波のようにうねってます。

リンゴの場合、リンゴに当たった光が赤い色の光になって眼に入ってきてくる。そのときリンゴの端のほうに当たった光は赤になって帰ってきますがリンゴにぎりぎり当たらなかった光は返ってこない、もしくはリンゴの後ろのほうの何かに跳ね返ってきて違う色の光になって帰ってくる。だからリンゴとそれ以外の境界線を認識できる、つまりリンゴの輪郭をみることが出来るんです。

しかし上記で言ったように光は波のようにうねってます。そのうねりの幅がリンゴにたいしてものすごく小さいため、リンゴの輪郭をきれいに我々に見せてくれます。

では原子相手ではどうでしょうか?

原子はあまりに小さすぎて光の波の幅より小さいんです。
これじゃまともに跳ね返らない。だって波の幅のより小さいんですからちょっとずらして光を照射しても当たりまくり、もしくはうまいこと波がよけちゃう・・・。結果、原子の輪郭はむちゃくちゃに見えるし隣の原子のむちゃくちゃに見えるから映像がつぶれまくり、滲みまくりですね。

ではどうやって原子をみるか?

波が光(可視光)より小さい波を当ててやればいいんですよ。もちろん原子より小さい幅の波を。
それが電子銃ですね。電子銃によって打ち出された電子は波の幅がとっても小さいため原子にうまいこと跳ね返り、原子の輪郭も見ることが出来たってことです。

ですので、
ビデオカメラでとったリンゴを見てその存在を信じる
赤外線カメラで取ったリンゴを見てその存在を信じる

顕微鏡で見たミジンコを見てその存在を信じる
電子顕微鏡で見た原子を見てその存在を信じる

どうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>電子顕微鏡で見た原子を見てその存在を信じる

「電子顕微鏡で見た原子」というのは、原子の何を見ているのでしょうか? 原子の輪郭ですか? もし、原子の輪郭だとしたら、その原子を構成している原子核、あるいは、その原子核を構成している素粒子は、どのように見えるのでしょうか? そもそも原子に輪郭があるのでしょうか?

お礼日時:2007/07/17 21:56

No.14です。

さらに知りたいと思って 投稿させていただきます。

分子H2Oなる数学モデルないし理論から 水素や酸素が 感覚によって分かるように 取り出されるとすれば どうなのでしょう?

原子爆弾や核エネルギーとして 実感しうるかたちが 理論から導き出されるなど そのあたりのことは いかがお考えなのでしょう?

感覚の延長としての範囲を 一たん超えて ふたたび実際の世界に戻って来たような気がします。

ニュートリノが 宇宙を飛び交っていて それが通ったという跡を観察し得れば 可感的な《もの》として 存在すると言っているのでしょうか?もはや わかりません。お手上げです。

こんな回答がゆるされるとしますならば・・・。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

>分子H2Oなる数学モデルないし理論から 水素や酸素が 感覚によって分かるように 取り出されるとすれば どうなのでしょう?

仮に、水素や酸素の分子が目の前に超拡大されて登場したら、それが、どんな形をしているか具体的に描けると思いますか?

これが「技術的にではなく原理的に決して描き得ない」というのが、肉の眼の延長をはるかに超越してしまった現代科学の結論だと思います。水の分子として、丸い水素原子2個と丸い酸素原子1個をくっ付けたような図をよく見かけますが、分子や原子が、あのような実体を持った球体であるというのは、全くの大嘘です。あれは、単なる観念模型です。

>原子爆弾や核エネルギーとして 実感しうるかたちが 理論から導き出されるなど そのあたりのことは いかがお考えなのでしょう?

私は、原子や分子が存在しないと考えているわけではなく、原子や分子の存在の仕方が、リンゴの存在の仕方とは異なり、交通規則の存在の仕方と同じではないかと考えているわけです。交通規則は物理的実体ではないにも関わらず、明らかに「現実的力」であるように、「自然規則」である、原子や分子も、原子爆弾という「現実的力」を持つのではないかと思います。

>ニュートリノが 宇宙を飛び交っていて それが通ったという跡を観察し得れば 可感的な《もの》として 存在すると言っているのでしょうか?

「それが通ったという跡」は、ニュートリノが原因となって引き起こされた結果であって、ニュートリノそのものではないと考えることができると思います。でも、一般には、次のように考えるでしょう。

確かに、「それが通ったという跡」はニュートリノそのもではないが、でも、「それが通ったという跡」がある以上、その原因であるニュートリノがあるはずだと。

それに対して、私の考えは、以下の通りです。

確かに、「それが通ったという跡」を引き起こすニュートリノは存在するかも知れませんが、それは、ニュートリノという「実体」があるのではなく、ニュートリノという「規則」があるのではないかということです。例えば、直進不可・右折のみ可の交差点で、全ての車が交差点の中心を避けるように迂回して運動するのを見て、この交差点の中心には「目に見えない何か物理的実体があるのだ」と考える人はいないと思いますが、それと同じことだと思います。

補足日時:2007/07/17 21:38
    • good
    • 0

kaitara1ですが、私の言いたかった事に対する反論ではないのですが対象を記号化するという操作(という概念)は大切だと思うのであなたが挙げた反証に即して書いてみます。


<(4)、(5)、(6)の場合は、概念に対応する具体物が存在しないように思います。


(4)概念「分子」に対する具体物 あらゆる物質
(5)概念「国境」に対する具体物 国境付近の風景
(6)概念「民主主義」に対する具体物 議論を行なう建物などでこれがすなわち記号と対象の関係です。記号として存在するか対象として存在するかというのはあまり意味がないことが分かります。本当は具体物というのはあなたが私のパソコンの画面に示した文字そのものです。このようなものが存在するというのは正に対象として存在しているわけですから具体的な記号として存在すると同時にその記号に対する対象も同じように存在しているということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

おっしゃっているのは、記号「リンゴ」に対して、対象「リンゴ」が存在するように、記号「分子」に対して、対象「分子」が存在するだけのこと。という意味でしょうか?

そうだとすると、全く、おっしゃるとおりです。

ただ、私の質問は、その共に存在している対象「リンゴ」と対象「分子」の”存在の仕方”が全く違うのではないかということです。すなわち、対象「リンゴ」は具体的に存在しているのに対して、対象「分子」は、具体的に存在しているわけではなく、概念としてしか存在していないのではないかということです。

お礼日時:2007/07/17 07:24

NO.11さんの補足を見てなんとなくわかりました。


つまり漠然としているものに対して存在と言えるか?
ということですね。
数学の公式を見て図形が書けるか?といういうようなことだと
思います。ですが存在していると考えて良いと思います。存在
しているという定義はあるものを作ったときにそれが変化すれ
ば存在があると言うことだと思います。たとえば紙で塔を作っ
たとしましょうそしたらなぜか塔が倒れていたとしましょう。
そうすると塔が倒れていた理由は塔を倒す何かが存在している
からに他ならないでしょう。勿論塔を倒す何かでは曖昧で漠然と
しています(マクロな存在)しかし曖昧が存在しない訳ではない
また三角形との違いと言えばマクロ的な度合いの差ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

私の疑問は、質問のタイトルに書かせていただいたように、「分子」と「三角形」の”存在の仕方、あるいは、存在の種類”は同じか違うかということです。

存在しているかいないかと言う意味では、三角形も分子もリンゴも、あるいは、ぼんやりした影もみな存在していると思います。

お礼日時:2007/07/17 07:00

観想という空想の徒であって 哲学・論理学については 嫌いではないですが それを究めようというつもりのない者です。

とお断わりして 次のように考えます。

存在と聞いて それを考えるのは おそらくわれわれ人間だけだと思います。つまり 存在であるものがその存在を考えるというおこないがです。

ここから拡げて この世の《もの》は一般に《存在する》と言うのだと思います。

さらには わたしという者は存在するし わたしの考えるという《こと》も存在し わたしのたとえば暑苦しさという《さま》も存在するというふうに表現するのだと思われます。

ただし この世のものの中でも たとえば物の怪といった想像上のものは 架空のものとして存在すると言うか もしくは 単なる空想であって存在しないと表現するかだと見られます。

これを分けるのは 肉の眼ないし五感で捉えることができるかでしょう。そして その延長として経験科学の眼(その手段としての能力)で捉えることができるかだと思われます。

こころの眼で捉えるものごとは 上の基準で実際に存在すると確認したものごととつながっている場合は 一般にその存在することが 強く主張されます。(強くというのは 逆に 根拠が弱いゆえだと理解してよいと思われます)。たとえば道真の霊とそのたたりとまた賜物としての学力は 想像上で あたかもその存在が主張されるがごとくです。

お尋ねの《りんご》は 感覚でその存在が確かめられ 《三角形》も 図形として確認され得ます。《分子》も 科学の眼でその存在が確認されるというふうに われわれは理解しているのではないでしょうか。素粒子や基本粒子となると わたしは よくわかりません。それは もはや あたかも物の怪のごとくなのでしょうか。専門知識にお詳しかったら おしえてください。

〔ちなみに 《物質》というのは この世のもの(質料)ではなく この経験領域を超えたところに想定するものだと習ったのですが。存在するとも・しないとも 分からないものとして想定するのだと。

つまり 想像上の架空のものなのではなく あくまで想像(思考)を超えたところに 想定するものだと。つまり 経験領域において存在することを超えている。つまり 想定じょう むしろ存在の原理であるかも知れないし ないかも知れない。つまり 物質については 科学の眼をも超えているので その存在(ひょっとすると存在の原理?)について――想像するや考えるやとは関係なく――《信じる あるいは 信じない》という態度を われわれ人間は採るのだと。

これを 哲学としては――経験科学たる学問として―― どう究明していくのか 悩んでいたものですから ちなみにとして付け加えさせていただきました。〕
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

ご回答いただいた言葉で考えると、結局、「肉の眼ないし五感」に対して、「科学の眼」は人類の認識に何をもたらしたのかということだと思います。「科学の眼」が「肉の眼ないし五感」の延長と考えられる範囲に留まっていれば、認識の形式に大きな違いはなかったと思いますが、実際には、現代科学は、既に、「肉の眼ないし五感」の延長/拡大の範囲をはるかに超えてしまっているように思います。

例えば、昔は肉眼で見ることのできなかった細菌を光学顕微鏡で見たり、あるいは、月の表面を天体望遠鏡で見たりしているうちは、「肉の眼ないし五感」の延長の範囲内だと思いますが、一旦、科学が数学を使って、この世界をモデル化し始めた段階で、「肉の眼ないし五感」の延長の範囲を越えてしまったのではないかと思います。

その結果、「科学の眼」は、”実際には存在しないもの”を見るようになったのではないかと考えます。例えば、「分子」がその例ではないかと。「分子」は「リンゴ」が存在するような意味で存在しているのではなく、むしろ、「都道府県」が存在するような意味で存在しているのではないかと思うのです。何故なら、「分子」(あるいは、それを構成する素粒子と言ったほうが良いかも知れませんが)は、数学モデルという「自然の制度」に基づいて定義されたものであり、いかなる、「実体」でもないと思われるからです。

お礼日時:2007/07/16 21:55

#9です。



もちろん存在を否定しているわけじゃありません。
気持ちはよく分かりますが、やはり概念が先じゃないでしょうか。例えば、子供の頃、キリン、ゾウ、カバをはじめて知ったのは絵本じゃないでしょうか。そして動物園に行ってあれはキリンだ、と言うのではないでしょうか。
私たちにとって概念と存在は等価であり、存在していようがいまいが、概念で私たちは考えるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、おっしゃっている意味がわかったような気がします。

「分子」については、おっしゃられる通りかもしれません。確かに、人間が、「分子」という概念を定義した結果として、「分子」が生み出されたと見ることができます。

ただ、リンゴ(あるいは、キリン、ゾウなども含めて)については、人間が定義しようがしまいが存在するように思います。これは、言語が先か、物が先かの話だと思いますが、立派な学者は、言語が先と考えているようですが、私は、立派な学者ではないので、物が先だと思っています。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/07/16 21:14

具体化と抽象化という言葉では、表わせないので、


べつの表現に挑戦してみました。

それだけのことです。

それと、三角形の概念の客観性と、林檎の概念に忍び込む、主観性

くれぐれも、病気に気をつけましょう。
失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/16 21:06

記号として存在しているかどうかの問題ではないでしょうか。

記号抜きで分子が存在しているとすれば三角形の形のもの(分子でもよいと思います)が存在していることに対応するのではないでしょうか。つまり飲む対象としての水に対応するのは例えば三角の形をした何か具体的な物体に対応するということではないでしょうか。概念としての三角形はH2Oとして表される水に対応するのではないかと思います。違いがあるとすればリンゴは記号抜きで食べる事が多いが分子や三角形は記号として扱う事が多いという違いではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

例を挙げて考えてみると、以下の(1)、(2)、(3)の場合は、おっしゃることがよくわかりますが、(4)、(5)、(6)の場合は、概念に対応する具体物が存在しないように思います。

(1)概念「三角形」<--->具体物「三角定規」
(2)概念「水(H2O)」<--->具体物「コップに入った水」
(3)概念「リンゴ」<--->具体物「今、食べているリンゴ」
(4)概念「分子」<--->具体物「???」
(5)概念「国境」<--->具体物「???」
(6)概念「民主主義」<--->具体物「???」

お礼日時:2007/07/16 21:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三角形の角度を1つ固定して残り2つを変える変換

三角形の角度を1つ固定して残り2つを変えていくような変換は何変換になりますか?
合同変換や相似変換は論外として,位相変換だと三角形が維持できなくなるので….

Aベストアンサー

三角形の形を維持した変換なら、アフィン変換でしょうね。

ただし、角度を1つ固定するというわけにはいきませんが。

Q同じ星座でも生まれ月が違うと違う種類の星座になる

んですか?星座って12個だけではなかったんですか?

Aベストアンサー

生まれ月の「星座」というのは、その時期に太陽がある位置
(昼間は星は見えませんが、太陽はその星座に位置している)
星空の中を、一年をかけて太陽は一周します(実際は、地球が
太陽の周りを一周しているのですが)。
その折に通過する星座を、360度を30度ずつに分けると、
だいたい12星座の場所になるのです(正確に言うと13個目の
へびつかい座も入れたい感じなのですが)。
そして、星座の割り振りをする時に、暦としての役割を重視して、
実際の星座の領域とは多少ずらして、春分と秋分を基点として
分けたので、春分・秋分がカレンダーの月と一致しないように、
星座もずれているのです。

Q直角三角形の角度

x軸y軸上に直角三角形を書いた場合の角度の求め方が知りたいです。
座標(x.y)と(x’.y’)から成る斜辺を持つ直角三角形の角度の求め方を教えてください。


よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>cosA=4/3 となると思うのですが、この4/3は何度なのでしょうか?

cosA=4/3 を満たす A は実数じゃなさそう。

…なので、tan(A) = 4/3 を満たす A でも勘定してみますか。
cos(A) = 0.6 に相当する。
このあと、
 ∞
 Π cos(A/2^k) = sin(A)/A   …(1)
 k=1
…を EXCEL に勘定させると、

k  cos(A/2^k)  (1)
-  ------   -----
1  0.8944  
2  0.9732  0.8705
3  0.9933  0.8647
4  0.9983  0.8632
5  0.9996  0.8628
6  0.9999  0.8628
7  1.0000  0.8627

有効桁数 4 ならば、この先 (1) は変わらなくなる。
つまり、sin(A)/A = 0.8627 。また、sin(A) = 0.8000 のはず。
よって、
 A = sin(A)/0.8627 = 0.9273 rad = 53.13 deg
を得る。
  

Q丸い三角形は存在しない。

「丸い三角形は存在しない。」

という陳述についてどう考えられるでしょうか?

1、意味も意義も在る。
2、意味はあるが意義は無い。
3、意味は無いが意義は在る。
4、意味も意義も無い。

Aベストアンサー

回答は1.

意味について:
 陳述であれば言語である。言語としては文法的に正しいので、意味はある。

意義について:
 陳述について、思考するだけの価値(真偽など)があるので、意義はある。

Q三角形の高さの変化と底辺に接する角度の比率

私は絵を描いていて、
透視図法などを使う時
消失点が紙の外にあると
手間がかかるので
なんとか、計算で消失点を描かずに
線が引けないかと考えているのですが

2点透視を描くのに、
消失点とそこから伸びる
2本の線を三角形とみたてて、

消失点が三角形の上部に位置する頂点
2本の線に交わる、紙に対し垂直な線が底辺
消失点を通る、紙に対し水平な線が三角形の高さ
とすれば、
消失点が水平線上を動くことは
三角形の高さが変わる
(三角形の上部頂点が上下移動)
する事だと思い、
三角形の
底辺に接する2つの内角とその比率がわかれば

同じ水平線上の自由な位置に消失点を
置いたのと同じいろいろな線が引けると
思ったのですが

底辺が水平線な三角形の
高さが変化(上部頂点の位置が上下に垂直移動)
しても、底辺に接する2つの角度の比率
が変わらないのかどうか
自分には確信がもてないので
2つの角度の比率が変化してしまうかどうか
ご存知の方がおりましたら
是非、教えてください。

よろしくお願い致します。

私は絵を描いていて、
透視図法などを使う時
消失点が紙の外にあると
手間がかかるので
なんとか、計算で消失点を描かずに
線が引けないかと考えているのですが

2点透視を描くのに、
消失点とそこから伸びる
2本の線を三角形とみたてて、

消失点が三角形の上部に位置する頂点
2本の線に交わる、紙に対し垂直な線が底辺
消失点を通る、紙に対し水平な線が三角形の高さ
とすれば、
消失点が水平線上を動くことは
三角形の高さが変わる
(三角形の上部頂点が上下移動)
する事だと思い、
三...続きを読む

Aベストアンサー

[1] 角度の比率が一定というわけには行きませんで、角度を出すには計算が必要ですが、[2]作図でも解決できます。

[1] 紙に描いた水平線hの延長上に消失点Bがあって、また、hと垂直な線vが描いてある。hとvの交点をO、v上の任意の点をAとすると、直角三角形AOBができます。「三角形の高さ」と仰っているのは、OBの長さのことですね。で、v上にもう一つ点Cを取って、直角三角形COBを作る。すると、∠OABと∠OCBの比率は、OBの長さを変えたときに複雑に変化します。(ですから、お考えの方法は旨く行きません。)
 ∠OABを計算する方法は、

∠OAB = arctan(OBの長さ/OAの長さ)

です。arctanはアークタンジェント。関数電卓やExcelなどで計算できます。Excelでやる場合は、
=(180/pi())*Arctan(OBの長さの数値 / OAの長さの数値)
を入力。関数電卓なら、DEG(角度を「度」で表す)モードにしておいてから、
OBの長さの数値 [÷] OAの長さの数値 [=] [Atan]
です。

[2] 計算しなくてもできます。作図で∠OABを作ればいいのです。
(1) まず、hとvを描きます。交点Oが決まります。
(2)h上に点Bがあるわけですが、紙からはみ出してしまうBの代わりに、OBの長さを例えば1/4に縮小したところに点B'を描きます。(縮尺は何倍でもいいけれど、B'が紙に入るように選ぶんです。)
(3)v上の任意の点Aを決めます。
(4)v上に別の点A'を置きます。このとき、OA'の長さが、OAの長さの1/4(つまり(2)で使った縮尺)になるようにします。
(なお、(3)(4)の手順を逆にして、つまり先にA'を置いて、OA’の長さの4倍((2)で使った縮尺の逆数)がOAになるようにAを決めても同じことです。)
(5) そして、A'とB'を結ぶ。すると∠OA'B'と∠OABは等しい。
(6) だから、A'B'と平行で、かつ、Aを通る線を描けば、これが辺OB(の一部)になっています。(この作図は三角定規を使っても良いし、コンパスでもできます。もちろん分度器でも。)

 キチンとやるには[2]の方がいいかな?と思います。なぜなら[1]は、計算した角度を分度器で正確に作図するのが案外難しいから。(大きな分度器をお持ちなら問題ないかもしれませんが。)

[1] 角度の比率が一定というわけには行きませんで、角度を出すには計算が必要ですが、[2]作図でも解決できます。

[1] 紙に描いた水平線hの延長上に消失点Bがあって、また、hと垂直な線vが描いてある。hとvの交点をO、v上の任意の点をAとすると、直角三角形AOBができます。「三角形の高さ」と仰っているのは、OBの長さのことですね。で、v上にもう一つ点Cを取って、直角三角形COBを作る。すると、∠OABと∠OCBの比率は、OBの長さを変えたときに複雑に変化します。(ですから、お考えの方法は旨く行きません。)
...続きを読む

Q存在が目的、存在が価値、存在が意味であり、存在が正義、存在を求めることが愛 分かる人?

存在が目的、存在が価値、存在が意味であり、存在が正義、存在を求めることが愛

この意味が分かる人居ますか?腕に覚える人は見抜いて下さい。

端的に書き表してください。

Aベストアンサー

私が何に悩んでいたかが分かりました。

この「存在性理論」は、「空間」というものがすでに
あるものということだけでなく、「存在」というもの
もすでにあるものという前提での理論であると思いま
した。

それならば、例えば「人間」という存在に「物質」面
と「精神」面が備わっているということや、子供が生
まれることも、進化してゆくことも、この理論で説明
できそうです。
唯物論と唯心論をまとめる、新しい理論であるとおっ
しゃることも分からないではないです。

しかし、私が悩んだのは、№12で申し上げた、宇宙の
元初の状態から「存在」が生じるということについて
は、この理論では説明できないだろうということでし
た。
その部分は「真理」ということで「未知」ということ
でよろしいのですね?
尤もこれが分かったら、えらいことですが‥‥

Q【宇宙が無限に広がっているかは三角形を描けば分かる】 1. 3辺の三角形の角度の合計が180度だと

【宇宙が無限に広がっているかは三角形を描けば分かる】

1. 3辺の三角形の角度の合計が180度だとどこまでも真っ直ぐに伸びる宇宙でその彼方は無限に存在するという考え
2. 3辺の三角形の角度の合計が180度以上の宇宙。地球もこれに当たる右に移動して一周するとまた同じ地点に戻る。よって宇宙の果ては何と自分がいま立っている場所というオチ。
3. 3辺の三角形の3辺の角度の合計が180度以下の場合、右に移動するとひたすら右が存在し、無限に宇宙は広がっているという答え。


で、不思議なんですが、宇宙の果てを三角形で調べると結果は3つの答えしか出ないが、どの答えも宇宙が無限に広がっているという答えがもう出ているのでは?

なにをさらに調べようとしているのでしょう?

三角形で宇宙を見たら、どの答えも宇宙は無限に存在するという答えしか用意されていないのにどうやって三角形で調べて宇宙は有限で宇宙の果てが存在していたと証明出来るのでしょう?

宇宙は無限ありきの問題で答えも宇宙は無限だったという答えしかない質問に何を天文学者は調べようとしているのか教えてください。

これで宇宙は有限って証明できないですよね?

この三角形調査って意味あります?

【宇宙が無限に広がっているかは三角形を描けば分かる】

1. 3辺の三角形の角度の合計が180度だとどこまでも真っ直ぐに伸びる宇宙でその彼方は無限に存在するという考え
2. 3辺の三角形の角度の合計が180度以上の宇宙。地球もこれに当たる右に移動して一周するとまた同じ地点に戻る。よって宇宙の果ては何と自分がいま立っている場所というオチ。
3. 3辺の三角形の3辺の角度の合計が180度以下の場合、右に移動するとひたすら右が存在し、無限に宇宙は広がっているという答え。


で、不思議なんですが、宇宙の果て...続きを読む

Aベストアンサー

三角形の内角の和が180度(空間が平坦)なのは、
物体が存在しない場合に限られます。
また、宇宙の半径は138億光年であり、
過去は138億年前に始まっています。

Q<分子レベルにまで分解しても自然に自己集合する、「できやすい形」>について、教えて下さい。

このカテのある質問を読んでいましたら、活躍されている人からの回答のなかに、次の説明を発見しました。
<細胞器官などの構造は、分子レベルにまで分解しても自然に自己集合する、「できやすい形」である事が知られています。>
興味を惹かれましたので、「できやすい形」などについて、もう少し教えて下さい。

Aベストアンサー

生物学的な基礎知識です。

自己集合については、下記のサイトの下段に、細胞器官
であるリボゾームを個々のタンパク質まで分解した後、
溶液中で、元の細胞内器官に自己集合する事が記されている。
「単離したリボゾームをさらに個々のRNAとタンパク質成分に解離後、これらを混ぜて再構成することが可能である。1968年(昭和43)野村真康(1927― )らは、大腸菌30S亜粒子について、16SRNAと21種の成分タンパク質を混ぜ、それらが自発的に再集合して完全な活性をもつ30S亜粒子となることを発見した。この実験は、リボゾーム(あるいは一般に細胞内の複雑なオルガネラ)を正しく構築するのに必要な情報はすべてその成分の構造自体に含まれていて、他の因子とかエネルギーとかを必要としない自己集合過程であることを示した点できわめて意義深い」

https://kotobank.jp/word/%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%A0-658381

Q日曜大工がしたいのですが三角形の角度が教えてください。

日曜大工がしたいのですが三角形の角度が教えてください。
底辺が60cmで高さが45cmの直角三角形の
他の角度が知りたいです。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

エクセルをお持ちでしたら
計算させればよいです。
セルに
=DEGREES(ATAN(45/60))
→36.86989765
次のセルで
=90-DEGREES(ATAN(45/60))
→53.13010235

もちろん先の方の回答のように
CADで作図してもいいですね。

Q“存在”について-私自身の存在、ものの存在

“存在”って哲学的な意味でどういう意味ですか?

「なにかがあること、またあるもの。在る(有る)ということ」
と辞書にはありますがみなさんどういう風に解釈してらっしゃいますか?

みなさんの考えを聞かせてください。皆さんなりの意見で結構です。
どんな意見でも聞かせてほしいです。

Aベストアンサー

個人的な考えです。
存在、つまりものがある、人がいる、ということ自体、人間が意識して考え出したものですが、人間自体もいつか滅亡した時には、存在というものは意味をなさなくなります。
自分が今生きていて、存在していることを確信しているということは事実であり、単に数百年後に証明ができないだけです。存在とは、時間の流れとともに「存在しない」に限りなく近くなること。
こう考えると空しいですが、数百年後にはこの世にはいないのですから、今存在を実感していればそれはそれで良いと思います。
存在は「必要なときに存在していると認識したい状況で認識するもの」です。
まとまりがないですね。すいません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報