痔になりやすい生活習慣とは?

雨の日に傘を差しながら自転車に乗っていました。
片側一車線の道路の左側の歩道を走っていたのですが、信号のない三叉路でワゴン車が左折をしようと歩道を半分以上ふさぐ形で停車していました。
私は車の前を通り過ぎようとしましたが、車が少し前に進んだので、ぶつかると思い驚きブレーキをかけましたが遅く、運転席側の側面ドア部分に衝突し、跳ね返る形で転びました。

相手方は
ただ停まっていただけなのに傘を差した自転車が勝手にぶつかってきた
と言っています。
私は
停止していた車が動き出して驚き、向こうがそれに気付いて停まったがそこに私がぶつかった、というのが実際だと思っています。

相手はすぐに物損扱いでの示談を求めてきましたが、とりあえず警察を呼んで事情聴取を行いました。

警察は相手方(車)の人に、
法律では歩道の手前で停止することになっているが、と言っていました。
私の方にはやはり、雨の中傘を差しながら片手で運転していたため、ブレーキが十分にかけられなかったのは当然だ、と言っていました。

被害は相手方の車に自転車のタイヤの大きさほどの縦長の凹み、こちら側は自転車のフレームのゆがみがあります。
私はその後すぐ受診しましたが、肩・膝の打撲と左手の親指近くの捻挫と骨折の疑いとの診断書をもらいました。

今までも雨の中自転車に乗っていて、車と事故にあったという質問はありましたが、見方がそのケースによってまちまちでした。
上記の私のケースですと、過失割合はどうなるのでしょうか。また、こちら側は自転車だったのですが、相手の保険会社と不利にならないように交渉していくにはどうしたらいいのでしょうか。

以上、非常に長文になりすみません。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

簡単にいうと保険会社のお客様は加害者です。


被害者は、金を請求してくるだけの交渉相手です。
ビジネスである保険会社はお客様の言い分・主張を
元に交渉してきます。
あなたは自分の意見・主張を通す以外方法はありません。
事実・真実は誰にも分かりません。
お客様に主張通り交渉すれば保険会社は支払いを
抑制できます。
あなたは証拠を突きつける以外ありません。
妥協するのも方法の一つです。
悪質な加害者には厳罰嘆願書を出すという方法もあります。
過去の質問者の嘆願書についてのURLを入れておきます。
診断書には、全治何日と書かれていますか?
骨折の疑いでは、1~2週間でしょう。
レントゲン撮影をして骨折の有無を確認してから
診断書を取り直して下さい。
骨折であるならば全治1ヶ月くらいの診断書になると思います。
警察に提出する診断書の日数によって相手の免許停止期間など
大きく違ってきます。
またたまにその事を交渉に利用する人がいますが無駄です。
保険会社に契約者の免許や罰金は関係ありませんから・・・

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3146036.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり、自分に非があることも含めて、きちんと事実を伝えていきたいと思います。
過失割合の話はそれからになるのでしょうか。
骨折の疑いがあるのは、医師でも診断が難しい場所らしいのですが、精密検査を受けて、正確な結果を求めようと思います。

お礼日時:2007/07/15 21:26

追伸


診断書は警察に提出 人身事故処理してください。
後日トラブったとき、人身処理しなかったために、保険が機能しないこともあります。当たり前のことを当たり前に処理することですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実際にケガをしているので、仰るとおり、人身事故として処理をしていこうと思っています。

お礼日時:2007/07/15 20:28

ま~ぁ 書き込みからどっちもどっち お互い不注意ですね。


自転車、故に書き込みから多少被害者意識をおもちのようですが、相手保険加入であれば、保険会社と割合については話し合いで決めれば良いでしょう。
過失相殺で影響があるのは物損被害についてのみです。自転車被害はたかがしれてますが、車の修理代については結構それなり高くなりますよ?
>相手の保険会社と不利にならないように交渉していくにはどうしたらいいのでしょうか。
保険会社はそれなり、過去の事例に基づき客観的な判断をします。
保険会社との交渉が不利 不利益になるということはありません。大抵は過剰な被害者意識による過大な自分過失を少なくしたいという意識によるものではないでしょうか?
むしろ、当事者同士での話しあいのほうが感情的になりやすく、また過去の判例に基づく知識がないまま、双方利害が対立して冷静に話しあうことはできないと思います。

人身部分については、自賠責がありますので、基本的には過失相殺にこだわる必要はありません。
120万限度に100%賠償補償されます。
あまり、過失にこだわることなく交渉された方が良いとは思いますが・・・?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。
事故時より、相手方(車)より何回も「物損扱いで」と言われていたために、書き込みが少々感情的になっていたかもしれません。
また、相手方が凹んだ車体の修理について「知り合いの車屋に頼む」と言われていたため、不安になっているということもあります。
いずれにせよ、仰るとおり、保険会社に入ってもらい、話を進めていくのが基本なのかなと思います。
もちろん自分の過失はきちんと認めたうえで。

お礼日時:2007/07/15 20:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自転車と自動車の人身事故

ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。
先日、当方自動車、相手方自転車で人身事故を起こしてしまいました。
★発生時間 :夜18:30 完全日没後
車ライト点灯
★信号機のない見通しの悪い交差点当方6m道路で標識なし。相手方4~5m道路で一時停止、路面止まれ表示あり。
★事故状況
左側直進で交差点に進入したところ、右手から自転車が急に飛び出してきて車前方と接触
自転車を確認できたのはぶつかった瞬間で、運転席前のフロントガラスにヒビが入った。
急に目の前に現れたこと、ぶつかった時の衝撃が激しかったことから、自転車は一時停止は全くせずに交差点に進入してきたと感じています
★現場検証
警察より、スピードを聞かれ30キロから35キロ程度だと思うと回答。
警察はフロントガラスにヒビがはいっていることから、スピード超過「40キロ以上で走行」を疑われました。法定速度は30キロ規制
★怪我
自転車側 高校生→全身打撲。
骨折や入院なし、自宅療養
当方→なし
★対応
救急車と警察は当方が呼びました。会社の近くだったため、現場検証後すぐに、上司と病院へ向かったところ診察を終えた被害者と家族の方にお会いし、謝罪をしています。翌朝再度、上司2名と父、私の4名で被害者宅に菓子折り、お詫び状をもってお詫びに伺いました。
★警察には見通しの悪い交差点では規制がなくても、車は徐行しなければいけないと言われました。私自身徐行はしていなかったため、それには納得し、警察の方にも反省の念をお伝えしました。
何より高校生に怪我を負わせてしまったことに対しての罪の意識を感じております。
そのため、保険の割合に関しては出来るだけ被害者の方の過失は少なくして差し上げたいのですが、一方で被害者の方が飛び出してこなければ。。との思いもあり、罰金と違反得点は最低限におさめてほしいと願っています。
尚、被害者の現場検証は怪我が治ってからの実施、親御さんの話では現状では、左からぶつかったこと以外よく覚えていないとのこと。発生時の瞬間をみた目撃者はいないようです。

★前段長くなりましたが、この場合想定される過失の割合と違反得点をご存知の方教えてください。
また、こういった場合罰金がかかるものなのでしょうか??
今まで無事故無違反のゴールド免許で安全運転を心がけていたため、今回の事は非常にショックで、心配です。。

ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。
先日、当方自動車、相手方自転車で人身事故を起こしてしまいました。
★発生時間 :夜18:30 完全日没後
車ライト点灯
★信号機のない見通しの悪い交差点当方6m道路で標識なし。相手方4~5m道路で一時停止、路面止まれ表示あり。
★事故状況
左側直進で交差点に進入したところ、右手から自転車が急に飛び出してきて車前方と接触
自転車を確認できたのはぶつかった瞬間で、運転席前のフロントガラスにヒビが入った。
急に目の前に現れたこと、ぶつかった時の衝撃が激し...続きを読む

Aベストアンサー

まず警察で人身事故の扱いになったのなら、次回ゴールドは無くなります。

点数の多少も罰金の過多も関係なく人身事故=次回ブルーになります。

人身事故を起こした場合は三つの処分があります。

行政処分、刑事罰、民事賠償の三つですが、免許の点数や免停に関するのが行政処分です。

行政処分における人身事故での加点(得点ではありません)は安全運転義務違反で2点、事故の過失の大小で2点から9点ですが、今回は被害者が軽傷なので2+2の4点か2+4の6点などになると思われます。

もし6点の処分になった場合は短期の免停が来ます。

この短期30日免停は講習を受けることで1日に短縮することができますが、講習は平日しかやってませんので土日休みの人は仕事に少し差し支えます。

次に刑事罰では罰金や懲役などの処分が下されますが、今回は人身事故でも軽微な方なのでおそらく不起訴(無罪)で罰金も無しになると予想します。もし罰金があってもそう大した額にならないでしょう。

最後の民事賠償は、相手の怪我は自賠責保険から支払われ、自転車や衣服の賠償は任意保険から支払われます。これらの賠償にかかわる被害者との折衝はすべて任意保険会社に一任できます。

つまり質問者さんがすでに菓子折り持って謝罪に行って誠意を見せたのであれば、後は保険屋さんに一任するのが宜しいと思います。

まとめますと人身事故の行政処分は4点から6点で、6点の場合は30日短期免停になりますが講習で1日に短縮可能、いずれの点数にせよ次回更新はブルー。

刑事処分はおそらく無罪で罰金も無しでしょう。

民事賠償は、自賠責と任意保険を利用し、保険屋に一任することをお勧めします。

まず警察で人身事故の扱いになったのなら、次回ゴールドは無くなります。

点数の多少も罰金の過多も関係なく人身事故=次回ブルーになります。

人身事故を起こした場合は三つの処分があります。

行政処分、刑事罰、民事賠償の三つですが、免許の点数や免停に関するのが行政処分です。

行政処分における人身事故での加点(得点ではありません)は安全運転義務違反で2点、事故の過失の大小で2点から9点ですが、今回は被害者が軽傷なので2+2の4点か2+4の6点などになると思われます。

もし6点の処分になった場...続きを読む


人気Q&Aランキング