4月17日はQueenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

はじめまして。
よく筋肉には二種類(赤筋と白筋)あって、「赤筋」を鍛えると
脂肪燃焼に効果があると聞きますが、赤筋を鍛えるには具体的に
どのようなトレーニングをすればよろしいのでしょうか?
赤筋は「低負荷・多回数」のトレーニングで鍛えられるといいますが、
「低負荷」とは具体的にはどれくらいの負荷でしょうか?
人によっては「50キロ」の負荷でも低負荷になるでしょうし、
「20キロ」でも高負荷になると思います。
私自身、大体「40キロ」ぐらいで15回がやっとという感じですが、
ゆっくりやっているのでかなりきつく、こんな負荷でトレーニングを
続けなくてはならないかと思うと続ける勇気がなくなります。
よく2キロ前後のダンベルで赤筋を鍛えられると聞きますが、
本当なのでしょうか?
だとしたら、私のトレーニングは間違っているのでしょうか?
質問が長くなってしまい申し訳ありませんが、回答のほどどうか
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

脂肪燃焼をしたいたがめに赤筋を鍛えたいのですか?


随意で赤筋に力を入れられないし。
#2の大先生がいるからこれ以上恥かしい回答は出来ません・・・

それだったら、外走って脂肪燃焼をする体のシステムを強化したほうがいいと思いますが。
    • good
    • 0

遅働性筋線維っていうのは交代交代で可動するので鍛えること


自体ほとんど出来ないです
持久的トレーニングによりST線維の運動適合化っていうのはありますが
その代り皆さんの大好きな「基礎代謝」は下がりますよ


目的を補足していただければアドバイス可能なんですが

>、「赤筋」を鍛えると
脂肪燃焼に効果があると聞きますが、

こういうことが書いてある本やサイトはあまり信用できるものでは
無いです
    • good
    • 0

同じ様な質問を何度か見たことがありますよ。



ウォーキング、ジョギング、自転車、水泳などの有酸素運動を週4回・20分以上をめどに行うことで遅筋の発達が促されます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤筋を鍛える方法教えてください。

今ダイエットを頑張ってるのですが、筋肉を付ける時に赤筋と白筋の二つが筋肉にはあり、白筋瞬発力のある筋肉、赤筋は骨を支えたりするような筋肉というのが書いているのを見つけました。

赤筋を鍛えることで代謝が上がるというのもみたので、そういうトレーニングを頑張ろうと思っています。




今は背筋を伸ばしてきっちりした姿勢をしたら背筋が鍛えられるというのと、背筋を正すときに使う筋肉に赤筋が一番多くあるというのを見て姿勢良く過ごしてます。

この他どういう運動が赤筋のトレーニングに良いのでしょうか?


あるページには【軽い負荷で何十回も繰り返す運動は接近、2回3回が限界の凄い負担のある動きが白筋】を鍛えると書いてました。

コレで考えるとマラソンは赤筋を鍛える運動になるのでしょうか?

白か赤か、どちらを鍛えてるという基準や、運動方法があれば教えて欲しいです。


こういう運動がオススメというのがあるなら、是非そういうのも教えて欲しいです。

知識ある方待ってます。

Aベストアンサー

白筋(パワー・筋力・筋肥大)に対する赤筋というのは、筋持久力系ということになります。
そして、筋持久力系と言うのは、12回以上の反復が可能な負荷で実施することで培われます。

因みに、6回以下の限界反復が筋力・パワー強化、6~12回の限界反復ですと筋肥大に繋がります。

そして、パワー・筋力は最大挙上重量の85%以上の負荷、筋肥大は67~85%の負荷、筋持久力は67%以下の負荷で実施するということになっています。

つまり、簡単に言えば、個人差はあろうかとは思いますが、原則的には、反復12回が、白筋強化と赤筋強化の境界線になっているのですね。

なお、マラソンは赤筋強化にはなりません。高強度のマラソン選手は、走り続けることで筋量を失ないますので、かなり重いバーベルを担ぐスクワットなどして、失われた筋量の回復に努めます。が、普段運動していない人の趣味程度の走りならば、はじめから圧倒的に筋量が少ない為、ジョグなどにより、走る為に必要な最低限の筋力が得られますので、それなりに筋量が増えるということもありえますね。

赤筋は、少々サボっても、長持ちします。加齢に伴ない速筋はどんどん無くなりますが、遅筋は最後まで長持ちします。

赤筋強化については、自重筋トレの、スクワット、腕立て、腹筋を、毎日100回やることにしておいて、時々、サボっちゃうということで良いのだと思いますね。腕立て100回が最初は無理なら膝を付いてやるとか、腹筋も背中にマットでも置いて、とにかく100回と決めたら、意地でも100回やり続けることで、直ぐに正規のフォームで100回くらい、楽勝でできるようになりますよ。

白筋(パワー・筋力・筋肥大)に対する赤筋というのは、筋持久力系ということになります。
そして、筋持久力系と言うのは、12回以上の反復が可能な負荷で実施することで培われます。

因みに、6回以下の限界反復が筋力・パワー強化、6~12回の限界反復ですと筋肥大に繋がります。

そして、パワー・筋力は最大挙上重量の85%以上の負荷、筋肥大は67~85%の負荷、筋持久力は67%以下の負荷で実施するということになっています。

つまり、簡単に言えば、個人差はあろうかとは思いますが、原則的には、反復12回が、白筋...続きを読む


人気Q&Aランキング