今日DVDで初めてゲド戦記を見たんですけど、なんかあまりおもしろくありませんでした。特に最後なんでテルーが龍になるのかが一番の疑問です。分かる方教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

原作のアニメ化としてどうとかいう以前に、映画としてあまりにも出来が良くなかったですね・・・どうしてあんなにヒットして、DVDも売れているのかが謎なのですが。



テルーが竜になる理由について、原作を読むのが一番・・・なのですが、なかなか全部読むのも大変なので、簡単に・・・
アースシーでは竜が人間として生まれてくるケースがごく稀にあり、ある程度の年齢になると竜としての自我に目覚め、本来の姿に戻ることができるようになるようです。
なぜそのようなことが起こるのか、までは原作でもはっきりと説明はされていなかったと思いますが・・・
映画の中でも「昔人と竜はひとつだった」という台詞が出てきたと思いますが、それと関連があるのではないかと思います。
原作ではテルーが竜として目覚める前に、別のやはり人間として生まれた竜、アイリアンという女性が出てきています。(このアイリアンが竜として目覚める話は、外伝の「トンボ」で書かれています。テルーが竜になるのは5巻です)
原作ではこのアイリアンの存在がまずがあるので、テルーが竜だった、ということがわかってもむしろ納得するのですが、映画だけ見たら唐突に感じるだろうなあ、と見ていて思いました。
しかし、原作では竜になってしまうこと=テナーともお別れ、という切なさがあったのですが、映画ではそのまま一緒に暮らしていて、そのあたりもなんだかがっかり、でしたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。今度ちゃんと原作を読んでみようと思います。

お礼日時:2007/07/16 18:06

今まで観たアニメで一番つまらなかった、、、


宮崎の息子というだけで監督させるほうがおかしいですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/16 06:09

こんばんは。



あれは正直クズ映画です。

宮崎監督とジブリの名を借りてヒットしただけで愚作です。

原作者から批難されてるんですから宮崎吾朗監督(息子)も謝罪でもすべきかもしれないですね。

下記、サイトには多数の適切な意見が書かれてます。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …

日本の観客も駄作でも宣伝次第で劇場へ行ってしまう。
ヒットすると勘違いしてまた駄作ができるという悪循環になってしまう
んですよね。

宮崎吾朗監督も興行成績で満足せず、くだらない失敗作だということを
認識し次作を作って欲しいものです。

原作はすばらしいらしいですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/16 06:08

ゲド戦記の原作は5巻(と外伝)あり、映画はそのうちの3巻をメインにしています。


ただ原作では3巻でもテルーが竜になるシーンはないです(そもそもクモを倒しに行くのに、テルーは同行しません)。
竜の姿になるのは、確か5巻の終わりの方ではなかったかと思います。

なぜ竜になるのかは、映画では説明がなかったように記憶しています。
わたしも1度読んだだけで詳しくはないのですが、その理由にはカレシンという名の竜が関係しており、また人間と竜がどうしてできたかというところまで係わってきます。
詳しくは原作を読まれるか、原作のあらすじを検索して読まれるとよいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/15 20:26

原作の真ん中あたりだけしか出てこないので


当然意味不明な部分がたくさん出てくる
原作読めば少しはすっきりするかも
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。時間があれば読んでみたいと思います。

お礼日時:2007/07/15 18:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゲド戦記 いくつかの疑問点

ゲド戦記を観てきました。
個人的には時代をうまくとらえた良い作品だと思っています。

いくつかの点で、疑問も残りましたので、ご覧になった方はぜひ、アドバイスをお願いいたします。

1、主人公たちは、なぜ二つの名前を持っているのでしょうか? ゲドはハイタカ、アレンやテルーにも失念しましたが、本当の名前がありますよね。ラピュタや千と千尋にも、「本当の名前」という概念が存在しますが、これは何かを象徴しているのでしょうか? 

2、アレンはなぜ国王を殺したのでしょうか?

3、アレンはなぜ、心に闇を持っているのでしょうか? なにか過去にトラウマなどがあるのでしょうか?

4、テルーはなぜ竜に変身(?)したのでしょうか?

5、クモはなぜゲドに敵意をむき出しにしているのでしょうか? 

6、そしてもしよろしければ、ゲド戦記の全体的な感想や、好きなシーンなどをお聞かせください。

 よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

<ネタバレです>


1.
一つには、現在アースシーで話されていることばと、創生されたときのことばが違うということです。太古語といいます(今では竜しか話していない)。真の名とは、その太古語での名前なのです。この太古語で真の名をいわなければ、魔法やまじないが使えないのは映画にもあったとおりです。

また、真の名は人間だけにあるものではありません。竜やカラス、岩や水といったすべての生物・物質・場所にもあります。人間や精霊など命あるものにはまったく知られていない、つまり誰もしらない名前もあるそうです。

ちなみに、ゲドは13歳のときに地元の魔法使いによって命名されたものです。このように人の真の名は、一定年齢に達してから命名されたようです。

象徴というより、設定の意味ということになると思うのですが、私は文字どおり、本当の個、アイデンティティについている名前なのだと思います。だから人間は大人と認められるようになって初めて真の名がつけられるのだと思います。

2.
解釈になるので、まだ自信ありませんが、おそらく影に支配されていたのではないかと、今のところ考えています。

3.
アレンの影として「現れて」いましたね。若者の不安と驕りによるものだと思います。原作に、別の人物があの状態となって自分の影と戦う話があります。その箇所にはそのような理由が書いてありました。

4.「元々、人間と竜は一つだった」というセリフがありましたね。とても近い存在なんです。実は、テルーは竜の娘であり、竜ときょうだいなのです。このことは、原作にはっきりと書かれています。テルーは人と竜のどちらの形も持っているということでしょう。

5.
クモとハイタカは過去に戦ったことがあるからです。

6.
今までのジブリ作品にくらべて、絵のタッチがラフで、色も濃く、違和感があったのですが、おそらく意識してそうしたんだろうな、とは感じました。それが成功しているかどうかは、ちょっと、まだ疑問が残ります。
その他諸々…、今のところ文句しかでない状態なので、もう何回か観て、いいところを見つけてから回答したいと思います^^; ただ、好きか嫌いかをいえば「好き」です。

<ネタバレです>


1.
一つには、現在アースシーで話されていることばと、創生されたときのことばが違うということです。太古語といいます(今では竜しか話していない)。真の名とは、その太古語での名前なのです。この太古語で真の名をいわなければ、魔法やまじないが使えないのは映画にもあったとおりです。

また、真の名は人間だけにあるものではありません。竜やカラス、岩や水といったすべての生物・物質・場所にもあります。人間や精霊など命あるものにはまったく知られていない、つまり誰もしら...続きを読む

Q映画『ゲド戦記』と『風の谷のナウシカ』

映画『ゲド戦記』と『風の谷のナウシカ(コミック全7巻)』でこの2つを比較してどのような共通点があるか分かる方お願いします。
あとその因果関係など気づいたものがあれば何でもいいので教えてください。

Aベストアンサー

宮崎(父)監督は自分の作品には小説『ゲド戦記』からイメージを借りている場面が多くあった!と明言してますね。
(私は未読なので小説『ゲド戦記』との共通点は特定できませんが…)

アニメ『ゲド戦記』と漫画『ナウシカ』で気になった共通点は…
・ハイタカとユパが、廃村を見つけて世界の衰退を予感する。
・アレンとナウシカが、怒りで我を忘れ多数の敵に切り掛かり最後は敵に捕まる。
・アレンとナウシカが、影のような敵に襲われる。

アニメ『ゲド戦記』と『シュナの旅』で気になった共通点は…
・人買いの車を襲って救出する。仲間は逃げ出すが、他の奴隷は無気力で逃げようとしない。

アニメ『ゲド戦記』とアニメ『長靴をはいた猫』(原画:宮崎駿)で気になった共通点は…
・事件を起こし城から逃げる主人公→旅の仲間と合流→ヒロインと出会う→悪者がヒロインを誘拐→敵城に侵入→塔の頂上で対決し勝利

アニメ『ゲド戦記』とアニメ『太陽の王子 ホルスの大冒険』(場面設計:宮崎駿)で気になった共通点は…
・一人ぼっちの主人公がオオカミに襲われ、最初の味方に助けられる。
・主人公は敵に心の闇を見抜かれて仲間になるよう誘惑される。
・主人公は「剣」が使えた時、一人前と認められる。

宮崎(父)監督は自分の作品には小説『ゲド戦記』からイメージを借りている場面が多くあった!と明言してますね。
(私は未読なので小説『ゲド戦記』との共通点は特定できませんが…)

アニメ『ゲド戦記』と漫画『ナウシカ』で気になった共通点は…
・ハイタカとユパが、廃村を見つけて世界の衰退を予感する。
・アレンとナウシカが、怒りで我を忘れ多数の敵に切り掛かり最後は敵に捕まる。
・アレンとナウシカが、影のような敵に襲われる。

アニメ『ゲド戦記』と『シュナの旅』で気になった共通点は…
・人...続きを読む

Qゲド戦記(ジブリ)のDVD化について

DVDはまだ発売されていないと思うのですが、発売予定はあるのでしょうか?
評判があまり良くなかった事もあって、発売を見送らせているとかでしょうか?
個人的には好きだったんですが・・。

Aベストアンサー

発売予定はまだいつと出ていないようですが、「ハウルの動く城」も「千と千尋の神隠し」も、DVD発売は封切りから1年後でしたから、まだ今の時点では、通常より遅れているとはいえないのではと思います。

Qあまり知られていなくて、でもおもしろいお勧め映画、ありますか?

こんにちは。よろしくお願いします。

映画が好きでたくさん観ています。
あまり人に知られていなくて、でも「これ!おもしろかった!」という
映画がありましたら、是非教えてください。
ただ、アクション、バイオレンス、ホラーは苦手です。
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のような救いのない
エンディングの映画もちょっと・・という感じです。
サスペンス、恋愛物・ラブコメディ、パニック映画、実話を元にした映画、
歌って踊っての楽しい映画も大好きです。
劇場公開されたものでなくても、(テレビ映画でも)いいです。
洋画でも邦画でも、製作年代も問いません。
映画好きの皆様、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古い映画では、
エルンスト・ルビッチ『桃色(ピンク)の店』
レオ・マッケリー『我が道を往く』
ルネ・クレール『奥様は魔女』
ハワード・ホークス『赤ちゃん教育』
ジョン・フォード『怒りの葡萄』
ルキノ・ヴィスコンティ『ベリッシマ』

ちょっと新しくなると
ジョン・シュレシンジャー『ダーリング』
ピーター・ボグダノビッチ『ラストショー』
エリック・ロメール『海辺のポーリーヌ』
フランシス・フォード・コッポラ『アウトサイダー』
以上、有名どころではありますが。

比較的最近の映画ですと、
ジム・ジャームッシュ『ブロークン・フラワーズ』
ヴィム・ヴェンダース『アメリカ,家族のいる風景』

もうちょっとこじんまりしたお話だと『エイプリルの七面鳥』『イン・アメリカ』なんかはほのぼのさせますね。近作の『JUNO』の雰囲気が好きならお勧め。

Q世界で一番長い映画∩世界で一番短い映画

皆さん、とっても素朴な疑問なんですが、
今まで作成された映画で、一番長い上映時間の映画と
一番短い上演時間の映画を教えてほしいです。
インターネットでなかなか探せなかったので
どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

世界で一番長い映画は
ジョン・ヘンリー・ティミス監督の「CURE FOR INSOMNIA」で映画で85時間だそうです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報