今、ピューリタン革命について・・・レポートを書いているんですが、なぜその革命が起こったのか背景がよくわかりません。他にも、この革命について何か知っていたらレポートの参考にしたいのでお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ピューリタン革命の発端は1939年にスコットランドで起こった反乱で(反乱の原因は国王の国教会強制政策)この反乱を鎮圧するための戦費を調達するために国王は議会を招集しましたが、議会は課税を拒否して国王を弾劾したため、怒った国王は即座に議会を解散。

(※この議会は非常に短いかいきで解散されたために短期議会とも呼ばれる。)
同年11月に、反乱の長期化のために国王は議会を再度招集しましたが、議会は「大諫議書」を可決し、国王を批判して専制政治に抗議しました。
(この段階で議会の中には王を支持する「王党派」と王権に反対する「議会派」に分裂。)
このような中、1642年に国王は武力による議会弾圧を企図。この弾圧はやがて内乱へと発展し、ピューリタン革命が開始されました。


※さらに詳しく内容を知りたい場合は下記の「世界史猛特訓」バックナンバーを参照してください。
http://www.sekaishi.com/mailmag/sekamo/67.html
    • good
    • 0

16~17世紀は、ヨーロッパはまさに宗教戦争の時代です。


シュマルカルデン戦争、ユグノー戦争、オランダ独立戦争、三十年戦争等々。敵を攻撃し自分を正当化するモノとして宗教が利用された。ピューリタン革命もその意味では同じ面もあるのですが、他とは違う、単なる宗教上の対立ではない別な原因がありました。それは、王と議会の対立で、これがこの革命の最大の原因となります。これは、ちょっとこの欄で説明するのはしんどいので、悪いけど下記参考URLを見て下さい。

これも参考に(ちょっと文字化けするかも)
http://members.tripod.co.jp/ISA00/puritan.htm

参考URL:http://www.dokidoki.ne.jp/home2/akira16/index10- …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q産業革命とフランス革命

18世紀末に始まる2つの革命、産業革命とフランス革命によって、ヨーロッパ社会はどのように変化したと考えられますか?

Aベストアンサー

一つづつ調べてまとめればいいでしょう。

産業革命
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%A3%E6%A5%AD%E9%9D%A9%E5%91%BD

フランス革命
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%9D%A9%E5%91%BD

Qロシア革命とフランス革命について

ずばりロシア革命とフランス革命って何でしょうか?
分りやすく教えていただけると幸いです。

日本には日本革命が起こる予兆はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

革命の手段として、テロを行うのは、共産主義ないし社会主義思想のシンパが多勢を占める。

フランス革命の目的
・革命的人間への改造
・伝統の破壊による社会改造
・脱キリスト教の新宗教樹立と全人類への布教

ロシア革命の目的
・共産主義的人間への改造
・階級破壊による社会主義体制への改造
・共産主義信仰の全人類への布教とこれによる全人類への救済

これらの革命の背景は,ルソー・マルクスと続く平等・共産・社会主義思想にある。
革命後は、平等という名のイデオロギーにとりつかれた独裁者によって、全体主義国家建設のための大量・無差別殺戮(テロリズム)による恐怖政治が行われた。

日本は潜在的な社会主義への憧れが、いまだに存在しており、過去において、赤軍派などの共産思想を持ったテロリストが闊歩した時代があった(東大をはじめとする大学紛争、血盟団、日本赤軍しかり)。

民主主義が社会主義への前段階と吹聴する知識人は、日本において多数生息するが、保守主義による巻き返しの傾向も感じられる。

日本のテロルの系譜を簡単になぞる。
70年に、よど号をハイジャックし北朝鮮に亡命した赤軍派。
72年の連合赤軍事件。
74年の東アジア反日武装戦線[狼]による連続企業爆破事件。

戦前のテロル思想としては、石原莞爾の世界戦争最終論(戦争をなくす為の最後の戦争)が挙げられるだろう。

革命の手段として、テロを行うのは、共産主義ないし社会主義思想のシンパが多勢を占める。

フランス革命の目的
・革命的人間への改造
・伝統の破壊による社会改造
・脱キリスト教の新宗教樹立と全人類への布教

ロシア革命の目的
・共産主義的人間への改造
・階級破壊による社会主義体制への改造
・共産主義信仰の全人類への布教とこれによる全人類への救済

これらの革命の背景は,ルソー・マルクスと続く平等・共産・社会主義思想にある。
革命後は、平等という名のイデオロギーにとりつかれた独裁...続きを読む

Qレポート作成時の参考文献について

今レポートを作っています。
参考文献の書き方についてお聞きします。

今回のレポートは本ではなくほとんど情報はネットから探したのですが、そのサイトの名前とURLを、参考文献のところに載せれば良いのでしょうか?
また、載せる場合はレポートとは別の紙、最後の紙一枚にまとめるのでしょうか?

Aベストアンサー

私の場合、インターネットで得た情報は
サイトの著者(グループの場合、所属機関、所属部署、研究チーム名、チームリーダー名)
サイト名
サイトのアドレス
最終アクセス日(webの世界では抹消される情報もある。後で確認出来なかった場合、捏造で無い事を証明する為に必要。)
の順で書きます。
記述の順番等は、所属の大学のフォーマットに従って下さい。
また、著書同様、自分の言葉に書き直した場合でも参考文献目録に載せます。

参考文献目録は、レポートの最後の続きに数行空けて書けば良いでしょう。
順番は、書籍、雑誌、webです。

更に、私の場合は手元に最終アクセス日の印刷を持っておきます。
後で本当に情報がそこにあったことを証明しなければならない時の為に。

Qレポートの参考文献の記し方

レポートについての質問です。

私は冒頭で「『●●●』を読んだ上で考えるものとする。」と書いたのですが、このような場合も最後に改めて参考文献として記すべきですか?

また、この本から引用もしたのですが、
引用文献:『●●●』
参考文献:『●●●』
という風に二度示した方がいいのでしょうか?それとも引用と参考をまとめて記してもいいのですか?

初歩的なことですけどよくわかりません(>-<;)
回答お願いします!

Aベストアンサー

ごく一般的な書き方でいうと、レポートの冒頭で、
「『●●●』を読んだ上で考えるものとする。」と書いたり、
文中で何かの文献から引用した場合、
「―――(『▲▲▲』)といわれている」
などと書いたとしても、そこに作者名や出版社、発行年月は入れないと思います(作者名は入れる場合もアリですが)。

ですから、文末に「参考文献」として、
・『●●●』(著者名、出版社、○○年×月発行)
・『▲▲▲』(著者名、出版社、○○年△月発行)
といった具合に羅列していきます。

あんまり「引用文献」という言い方は見たことがありません。“引用した”ということは、“参考にした”ということになりますから、特に分けて書く必要はないと思います。

Qレポートの書き方 参考文献

レポートの最後に書く参考文献の書き方を教えてください。

参考文献は最後のページの余りに書いてもいいのですか?
それとも新しく一枚作ったほうが良いのですか?

そして、参考文献の著者名などの書き方を教えてください。
発行年数は「初版第1刷発行」と「初版第10刷発行」があるのすでがどちらを書くのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なんだか叱られているみたいですね。

その本そのものが発行された年を書くということです。
「初版第1刷発行」と「初版第10刷発行」では、後者です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報