加藤諦三さんの自分の構造という本が家にあったので、気楽に読んでみたらとても共感ができました。
自分に直面して相手と接していれば明確な感情が出てくるのであるというような感じでしたが、まさに私のことかと思いました。
他の本も読みたくなりましたが、検索したらあまりにもたくさんの本がありますね。
どの本がお勧めなのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

無名兵士の言葉・・・お勧め


 若い人には実感ないかしらね。
    • good
    • 0

仕事や人間関係が上手くいかず、うつ気味になった時に


「自分に気づく心理学(PHP文庫)」を読みました。

私の場合、心理学の本を選ぶ時は、タイトルが気になったものは手当たり次第本を手にとり、目次を読んで自分に当てはまる項があるものを選びます。そうして出会った本がこの本です。

他にも数冊心理学の本を読みましたが、加藤諦三さんの著書は特に「なるほど」と思わせてくれますね。
    • good
    • 0

・自分を活かす心理学  PHP研究所


・後悔をした今が、幸運のはじまり  三笠書房

生き方や子育てについても、為になるような本だと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの解答ありがとうございます。
自分を活かす心理学はブックオフに確か100円で売っておりました。
買おうと思います!!

お礼日時:2007/07/15 22:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたい

本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたいのですが探せません。外国の少女が仮面の騎士となって悪者を暴くような内容です。昼間は学生で寮に住んでいたような…仮面少女ファンテッド…というような題名だった記憶があります。シリーズ5冊くらいありました。もう絶版かもしれませんがお心当たりのある方情報お願い致します。

Aベストアンサー

「国際子ども図書館」
http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fKJN.pl?act=KW
ここで、「仮面少女」で検索してみると
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズ(全5巻)
ジョルジュ・ショ-レ/作
南本史/訳
赤坂三好/絵
ポプラ社/刊
1.『少女名探偵あらわる』 1975/07
2.『秘密のふくろう団』 1975/09
3.『四人の仮面少女』 1975/09
4.『タイムマシンのなぞ』 1975/11
5.『仮面の少女と王子』 1975/12
_
この本が出てきました。シリーズ名も質問の「仮面少女ファンデット」に近いのでこれではないかと思います。
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズの解説
http://www.d-b.ne.jp/yohji/Mdata/fantomet1.htm

Q以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思

以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思い出せずに困っています。


幸せな恋人生活の後に、最終的には彼女が彼氏を殺してしまう話だった気がします…はっきりとしておらずすみません。


その本には最後に結構なページ数を割いた番外編のようなものがついていました。
本編から何年か経った後、彼氏を殺してしまったことを悔い、北海道の宗谷岬に旅立つ話です。

番外編の題名は「イヨマップ」でした。
『アイヌ語で「愛してる」って意味なんだよ』みたいなことを言っていたのがやけに印象的で、そこだけはっきりと覚えています。


学校の図書館に新書として入ってきたのを読んだのが三、四年ほど前なので、発刊もそれくらいだと思われます。



僅かな情報ですが、ほんの少しでも心当たりのある方の書き込みをお待ちしてます。

Aベストアンサー

「ラストスマイル」菊池誠(2004年発売)

この作品の第二部の題が「イヨマップ」です。

質問者様の記憶と同じく北海道が舞台になっていますので一度ご確認ください。

お探しの本だといいのですが・・・。

Q今まで読んだ本の中で読んで良かったと 思った本

今まで読んだ本の中で読んで良かったと思った本などを教えてください。
中学生ぐらいでも分かる、難し過ぎない本がいいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下がオススメです ジャンルはいずれも「自己啓発」になります。
苫米地英人著「努力はいらない!『夢』実現脳の作り方」(マキノ出版)
・・・夢のかなえ方の基本が述べられています。
ルー・タイス著で田口未和訳「アファメーション」(フォレスト出版)
・・・読み進めるうちに、運がたちまち向上します。
ボブ・プロクター著で岩元貴久監訳「宇宙を味方にしてお金に愛される法則」(きこ書房)
・・・お金のみならず、全ての運が上昇します。この中の「アファーメーション」私は毎日やって喜びに満たされてます。
野口嘉則著「3つの真実」(ビジネス社)
・・・人生明るくなります。この中の「内面化ワーク」を今も私は毎日やって、毎日喜びに満たされてます。
D・カーネギー著で山口博訳「人を動かす」(創元社)
・・・お友達がたくさんできます。
ロバート・シュラー著で稲盛和夫監訳「いかにして自分の夢を実現するか」(三笠書房)
・・・夢が実現し、元気になれます。
D・J・シュワルツ著桑名一央訳「大きく考えることの魔術」(実務教育出版)
・・・自分の無限の可能性に目覚めます。何より自信がつきますよ。
西田文郎著「No.1理論」(三笠書房)
・・・何でもできるようになりますよ。
マクスウェル・マルツ著で田中孝顕訳「潜在意識が答えを知っている!」
・・・まさしく元気の基。一生の座右の書になりますよ。
佐藤伝著「図解 朝日記で夢をかなえるノート」(PHP研究所)
・・・夢がかなわざるを得ない日記のつけ方などが紹介されてます。
ジェームス・スキナー著「成功の9ステップ」(幻冬舎)
・・・元気・健康になれます。
スティーブン・R・コヴィー著ジェームススキナー・川西茂訳「七つの習慣」(キングベアー出版)
・・・自分の価値観を明るいものにかえられます。
アンソニー・ロビンズ著本田健訳「一瞬で自分を変える方法」(三笠書房)
・・・元気出ます。
ナポレオン・ヒル著で田中孝顕訳「思考は現実化する」(きこ書房)
・・・まさしく願望が現実化します。
今村暁著「1分間の日記で夢は必ずかなう!」(フォレスト出版)
・・・まさに人生の夢がかないます。
望月俊孝著「100%夢をかなえる人の習慣」(中経出版)
・・・この本に書かれてある通り宝地図を作れば楽しく、夢がかないますよ。
アラン・コーエン著 牧野・M・美枝訳「人生の答えはいつも私の中にある」(KKベストセラーズ)
・・・まさに目からウロコです。元気が出ます。
アラン・コーエン著 牧野・M・美枝訳「願う力で人生は変えられる」(ダイヤモンド社)
・・・自分が王様の子供になったかのごとく、自信にあふれてきます。
カレン・キングストン著で田村明子訳「ガラクタ捨てれば自分が見える」
・・・この本に書かれてあるとおりガラクタ捨ててすっきりし、毎日嬉しいです。
安藤一男著「無意識の魔力」(三笠書房)
・・・無意識の無限の可能性に目覚めます。

以下がオススメです ジャンルはいずれも「自己啓発」になります。
苫米地英人著「努力はいらない!『夢』実現脳の作り方」(マキノ出版)
・・・夢のかなえ方の基本が述べられています。
ルー・タイス著で田口未和訳「アファメーション」(フォレスト出版)
・・・読み進めるうちに、運がたちまち向上します。
ボブ・プロクター著で岩元貴久監訳「宇宙を味方にしてお金に愛される法則」(きこ書房)
・・・お金のみならず、全ての運が上昇します。この中の「アファーメーション」私は毎日やって喜びに満たされて...続きを読む

Q気分転換に向く気楽な本を教えてください。

1時間程で読み終える気分転換に向いている気楽な本を教えてください。

マンガ・絵本・小説ジャンルは問いません。
ひとつだけ条件を。幻の本・国会図書館にしかないような本ではなく簡単に手に入る本を。

皆様のお閑な時にどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

古いものですが、疲れている時に読んで、「ほっ」とか「ぷっ」というものを思い出してみました。

●『さる・るるる』シリーズ
ことば遊びと絶妙な間が素敵な絵本です。買って損はないと思います。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/487110026X/ref=pd_ecc_rvi_2/249-5088246-5418764

●『ネコマンガ』シリーズ
ネコ版「プロ野球珍プレー」。ネコの写真にふきだしがつくのですが、何気ない写真が「なるほどそういう風に見えるかも」と思えます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062564157/ref=pd_ecc_rvi_3/249-5088246-5418764

●あとはおとといぐらいに目にした本をご紹介します。新刊だそうです。
面倒くさがりやさんの主人公がかわいいです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569635628/ref=pd_ecc_rvi_1/249-5088246-5418764

ご参考までに。

こんばんは。

古いものですが、疲れている時に読んで、「ほっ」とか「ぷっ」というものを思い出してみました。

●『さる・るるる』シリーズ
ことば遊びと絶妙な間が素敵な絵本です。買って損はないと思います。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/487110026X/ref=pd_ecc_rvi_2/249-5088246-5418764

●『ネコマンガ』シリーズ
ネコ版「プロ野球珍プレー」。ネコの写真にふきだしがつくのですが、何気ない写真が「なるほどそういう風に見えるかも」と思えます。
http://www.amazon.co.jp/exec/ob...続きを読む

Q本を読むとき声に出して読むのは私だけですか?

本を読むとき声に出して読むのは私だけですか?
マンガも少し前までは声に出して読んでいました。
しかも、感情とか込めて読んでいます。
こんなの私だけでしょうか?
又、やめた方が良いでしょうか?
お願いします。教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。
私はよく会社で声が小さいと注意されることがよくありました。また研修結果を発表する際も上手く言葉に出来ない時がありました。
そんな時先輩から言われたのが「本や新聞を声に出して読め」でした。
そこで毎日新聞の記事を声に出して読んでいたら
注意される事が少なくなり、また自分が言いたいことが言葉になるようになりました。
本を声に出す事はとても良いと思います。
余談ですが、私は野球が好きなので野球の記事ばかり声にだして読んでました(笑)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報