セルコホーム(加納住宅)で建てた方、あるいは検討した方、ささいな情報でもいいので評判など教えて下さい
宣伝されない欠点も知りたいです
よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

極端に安いのですか?、バブルのころ円高で近所でも外人が来て建ててました、


湿度の低い国の住宅ですよね、
通気は問題無いのですか?
ベニア板の防腐処理出来てるか?

日本のHMのパネル住宅でも名前は言えませんが、昔湿気でかびのクレムで問題有りました、

寒冷地は高気密住宅が多い
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
湿気には注意したいですね。

お礼日時:2007/07/18 21:43

以前検討したことがあります。


欠点というか、欠陥ではなくどの工法の住宅にも優れたところと気をつけないといけない点がありますよね。
セルコホームの場合は2×6ですのでそれなりに頑丈さはあるようです。ただ、基礎は布基礎ですよね。ベタ基礎にするとオプションになると思いますよ。それほど地盤が弱くなければいいですけど、地震王国の日本ではやっぱりベタ基礎のほうがいいかなって思います。
あと、無垢材を床材にすると、床暖房はできないと言われることもあるようです。中には冬やっぱり床暖房が欲しかったという人をウェブで見かけます。また、ブログ等で施主になった人の中には、部材にキズが多いと不満を漏らす人が多いかなと思います。
2×4や2×6などは、すべてのピッチなどがマニュアルで決められているので、精度自体はそんなに気にしなくていいかな~と思います。
とは言っても、ある程度建築については勉強して、JIOに頼らなくてもわかるくらい知識はつけたほうがいいですよね。
断熱材はグラスウールですので、もしなんらかの事情で施行に問題があった場合はちょっと心配かなと思います。
内断熱は外断熱より、経費は安いのですが施工精度が問われます。
ウレタンなどの噴き付けはセルコは本部の指示でできなかったように思います。そもそも、スタッドも変えないと駄目みたいですし。
色々書いたのですが、価格も安くて、高気密高断熱住宅が作れるので、悪くはないと思います。
また、今まで書いた点についてもオプションで床暖房対応の床材にしたり、基礎も変えられるしキズは受け渡しの時にある程度治してはもらえますから、本当に施主さん次第ですよね。どの住宅も。
私の場合はセルコパートナーのうち付近の管轄の営業さんとそりが合わなかったのでやめました。支店によってはサービスややり方にばらつきがあるかもしれないので、何社か同じような輸入メーカーを比較検討したほうがよいかもしれません。
後、建物ってのちのちの施主さんの家のメンテナンスによって、価値がだいぶ変わりますので、建てた後のが大事だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
建てた後のメンテナンスは盲点ですね
家作りが楽しくなりそうです

お礼日時:2007/07/18 21:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む

Q4人家族の家の大きさは何坪がいい?

新築予定です。

家族構成は子供2人の4人家族です。将来親と同居するという予定はありません。

土地と資金はあると過程した場合、
4人家族の家の大きさは何坪くらいがちょうどよいでしょうか?

勿論大きいほうがいいですが、あまり無駄な部屋などは作りたくありません。

Aベストアンサー

 部屋数と各希望広さを拾い出せばば自ずと決まるでしょうが…。
例えばちょっとゆとりの広さで行けば、子供部屋x2(16)、主寝室(12)、ウォークインクロゼット(6)、キッチン(6)、ダイニング(10)、リビング(25)、玄関(4)、風呂(3)、洗面(2)、トイレx2(2)は必要最低限(合計86畳+廊下階段4=90畳で約150m2)、+オプションはゲストルーム、和室、パントリー、セカンドリビング、シャワールーム、書斎、ホームシアタールーム等きりがありませんが余裕があるなら戸建てで200m2くらいがいいでしょう。
 北米では平均240m2です。日本は半分以下でやっぱりウサギ小屋ですが、そう言われないためにも広い家がいいですよ。240m2までなら(特例適用住宅)不動産取得税も固定資産税も安いです。
 資産価値のある家を作るためにもね。4LDKとかの発想から4ベッドルーム2バスというように欧米の感覚に時代は変わりつつあります。最近ではマンションも水回りが充実していますので、風呂場+シャワールームの2バスは最低必要でしょうね。

Qこれからの住宅は木造か鉄骨どっちが良いか

今年の春に90坪の土地を購入して5年後を目途に新築を計画しています。まだHMにしようか、地元の工務店にしようか決まっていませんが、まずは建物の工法から決めていきたいと思っています。今は建築技術も向上しているとは思いますが、これからの住宅は木造住宅が良いのか、鉄骨住宅あるいはコンクリート住宅が良いのかどれが良いと思いますか?

Aベストアンサー

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土質で3トン、砂質で5トン以上、それ以下の地盤に建てるときは地盤改良をしても木造の方が無難です。

また RC は結露の問題があります。コンクリートは建てて数年は湿気を吐き出します。
それに、湿気を外部に全く逃がしません。計画換気をしっかり考えないと健康上も良くありません。
RC 構造では、壁内結露のことを考えると外断熱が良いと思います。
内断熱にすると、断熱材とコンクリートの間に結露でカビが生える原因になります。
ただ外断熱の場合は断熱材を厚くしずらいので冷寒地には向かないと思います。
とは言え、硬質ウレタンの50mm程度を施工すれば、IV地域以南では全く問題ないでしょう。

また RC と言えども寿命があります。
コンクリートの水セメント比と、鉄筋のかぶり厚で40-100年程度で駄目になります。
大抵は 21-24N/m2 で、かぶり厚4cm程度なので 50-60年程度でしょうか。
耐用年数的には、木造でもキチンと作れば(作ってないところも多いですが)、
この程度か、それ以上の耐用年数になりますので、極端に長いわけでもないです。
しかも、RC の場合は、耐用年数が過ぎた後は資材を再利用できないので、
長いスパンでは廃棄のことも考えないといけないでしょう。

軽量鉄骨は、木造と比べると、上物が重いだけではなく荷重が柱に集中する構造です。
また、多くの軽量鉄骨の構造(一部違いますが)では、
地震の際の命綱として、フレームにブレースを入れています。
地震が起きたらブレースが確実に歪むので、歪みを治さずに放っておくと、
気がつかずに地震に弱い構造になっている可能性もあります。
制震のダンパーを入れているところもありますが、機械構造の劣化や寿命を考えると、
家の根幹を機械構造に任せるのは個人的に好きではありません。
建てた瞬間ではなく、長期の安全性を考えると、単純で頑丈なモノが一番安心できます。
それを考えると、僕は鉄骨ならラーメン構造が好きです。

鉄骨の場合も充填断熱にすると、
断熱材を厚くしても鉄骨が熱橋になって断熱効率を落とします。
外断熱にした場合も、あまり厚い断熱材を使えないので、
どちらの場合も高断熱には向かないと思います。
とは言え、これも多少の光熱費を犠牲にして、全館床暖房などにすれば快適に過ごせると思います。
また、鉄骨は火災の時には、一気に溶けて崩れるので、火災に対しては木造よりも弱いです。
しかし、どんな構造でも火災の時は窓から火が入るから、構造の強弱はさほど重要でないかな。

次に木造ですが、3階建以上だと RC か軽量鉄骨の方が良いと思いますが、
2階建までならキチンと考えて設計すれば、そこそこ耐震性は高く作れます。
木造は比較的軽く、鉄骨と比べると柱の一部でなく、土台全体に荷重が分散するので、
ベタ基礎にし易く、比較的弱い地盤でも対応可能というのも利点です。

木造は大きく分けると、在来軸組と2×4があります。
どちらの場合も、断熱性能や、家の寿命などは、施工の丁寧さや、部材の使い方でピンキリです。
例えば、建材は湿気に強い弱い、シロアリに強い弱いなどの特徴があり、
適切でない部材を使っているメーカーは意外と多いです。
また、施工の精度で性能も変わります。

昔は在来軸組と2×4の一番の違いは、耐震性と言われていましたが、
最近では在来でも構造面材を使うところが増えてきて、
耐震性という意味では構造よりも、間取りや設計に依存するようになってきました。
最近の構造での在来軸組と2×4の一番の違いは、
2×4の方が職人の技術によって出来上がりが左右されづらいことだと思います。
(これはプレハブにも言えることですね。)
一方、在来は職人の腕に左右されやすい反面、
間取りや将来のリフォームなどの自由度が高いです。

このように、どのような工法でも、一長一短はあります。
建てる地域、土地の状態、何階建かによっても、良い構造は変わってきます。
どんな場合でも、この構造が良いと言えるような構造は無いと思います。
また、同じ工法に分類される構造でも、建材、施工方法で全く性能は変わります。
更に、家は車などの工業製品と違って、一件たりとも同じ建て方ではありません。
いろいろな条件を考えて、最適と思える工法、工務店、メーカーなどを探して、
納得いく家を建てて下さい。

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土...続きを読む

Qラップサイディングは雨漏りしやすいと言われました。

ラップサイディングは雨漏りしやすいと言われました。

たびたびこちらでお世話になってます。
新築計画中の者ですが、外壁材についてお知恵をお貸しください。

当初、外壁はサイディングボードの「よろい調」といものにする予定でした。
しかし、希望の色が規格品にないということで、無塗装品に指定色で塗装を考えましたが、
50万円UPすると工務店に言われました。

そこで次に「ラップサイディング」を考えたのですが、工務店は、
「ラップサイディングは日本の気候に合わない。海外の雨の少ない地域ならよいが、
梅雨のある日本にはむかないし、最近のゲリラ豪雨のように横から吹き付ける激しい雨
によって、雨が侵入する。施工も大変だし、扱ってるメーカーも少ないからやめたほうがいい」
と言われました。

納得いかない気持ちでしたので、メーカー(東レ)に問い合わせたところ
「サイディングの種類によって雨漏りしやすいということはない。どんなサイディングボードを
使っても横雨にたいしてはサイディングの裏側に水は入る。そのために防湿シートを施工するし、
水が抜ける穴もつける。」
というものでした。
メーカーだから、悪い事は言わないのは当然かもしれませんが、工務店側の言い分は本当に
正しいのでしょうか?

ラップサイディングって、施工がそんなに難しいのでしょうか?
工務店がやけにラップサイディングをいやがっているのは何なのでしょうか?
施工の技術に自信がない?
それとも本当に雨漏りするので施主側のことを思って言っている?

土地にくっついている工務店なので、変更することはできません。
この工務店にやってもらうしかありません。

ラップサイディングは雨漏りしやすいのか?
ラップサイディングは施工が難しいのか?

この2点についてお知恵をお貸しください。

ラップサイディングは雨漏りしやすいと言われました。

たびたびこちらでお世話になってます。
新築計画中の者ですが、外壁材についてお知恵をお貸しください。

当初、外壁はサイディングボードの「よろい調」といものにする予定でした。
しかし、希望の色が規格品にないということで、無塗装品に指定色で塗装を考えましたが、
50万円UPすると工務店に言われました。

そこで次に「ラップサイディング」を考えたのですが、工務店は、
「ラップサイディングは日本の気候に合わない。海外の雨の少ない地域ならよい...続きを読む

Aベストアンサー

昼休み前から・・・・自分の投稿記事で気が気で無かったのですが・・・・
 #1です。 追加で書き込んだ 回答で やっぱりミスってました。すんません!!。

窯業系サイディングの 施工後の収縮率ですが・・・単位を間違ってました。
通常品で 4‰( %0 パーミル 1000分の1)= 0.4% 3Mの板で 12mm
セラディール18 で 1‰( %0 パーミル 1000分の1)= 0.1% 以下 3Mの板で 3mm以下
となります。

取り急ぎ・・・以上訂正致します。
  
  

Q注文住宅、総額いくらかかりましたか?教えてください。

注文住宅で家を建てられた方、総額いくらかかかりましたか?
漠然としていて、叱られそうなのですが・・・。
もちろん、上を見ればきりがないし、タ○ホームなどの基本通り
で建てた方などは安く建てられたと思います。
つまり平均が知りたいのです。
建て方も、坪数も、もちろん皆さん違うと思うので一概に「いくら」
が平均とはいえないのも解ります。
ハウスメーカー、工務店、大工、それでも変わってくるのも解ります。

実は、新築を考える中で、主人と私の家に対する金額が500万ほど
違うので意見が分れて困るのです。
総床面積40から45で、主人は2000万あれば建てられるといい
私は2500万はすると思っています。
参考意見として、是非家にいくら使ったのか教えていただけると
助かります。

Aベストアンサー

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー天井の全面収納棚、と1方向の対面収納、1畳の階段下収納、2箇所の床下収納、ウォークインクローゼットは4箇所、6畳小屋裏収納、小屋裏収納拡張のための屋根裏出入り口付、床下収納2箇所、南側全面幅12m×2mのビルトインバルコニー暴風雨補強対策付、戸外の水栓2箇所、戸外コンセント5箇所、耐震強度も自分で再計算し、余裕の補強をしてもらっています。庭に電気を引いた1.5坪ログハウス物置も付いて、標準装備や希望オプションは全て入れました。築3年を経過しましたが、不具合はもちろん何もなく快適です。

「これでどうしてそんなに安いの」とよく言われますが、特に節約を意識せず普通に建てました。40坪で2500万円という価格は標準的なもののようですが「何でそんなに高いの?」と正直思います。

要するに「お任せ」では高くなりますし、手抜きや無駄な施工をさせないようよく勉強して必要な部分に必要なお金をかけていけば十分安い家が建つということです。その勉強が半端ではありません。

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー...続きを読む

Q玄関が西向きは悪い?

一昨年、中古住宅を購入しました。が、母が今頃になって「西向きに玄関がある家はうまくいってない」って言い出して、それが気になって・・・道路が西にあって表が西、裏が東になってます。もし家相上あまりよくないのであれば、リフォームで向きを変えたいと思いますのでアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

http://ww8.tiki.ne.jp/~elbe2/htm_kaso/kihon_12.html
西の玄関は悪くないですよ。
ただ正中線にドアがきているのはあまりよくありません。
欠けになってるのもよくありません。

西は金運というのでドアから出ていくともいわれます。
でも幸運も入ってくるといいますよ。
まず、正確な真北と建物の中心を出して検討してみてください。
ドアの位置だけの変更で済んだり、リフォームの必要がないこともあります。お母さまは貴方の家庭でお金が出ていくことが思い当り急に心配になったのではないでしょうか。家相が散財をさせると・・。お財布を引き締めないと家相対策で散財しかねません。慎重に。

ちなみに仮想の専門でなく建築士です。

Q1000万で家を建てた方。快適さはどうですか?

いつか家を建てたいので今勉強中です。
ですがこの先何があるか分からないのであまり無謀なローンは組みたくので1000万くらいの家を建てようと思ってます。
家は安いのは安かろう悪かろうと良く聞きますがすべてがそうとは限らないと思うのですがどうなんでしょうか?
大手のハウスメーカーではなく地元の工務店にお願いしてみようと考えています。
家の外観や設備にはあまりこだわりはありませんが自然素材で作りたいです。
あまり便利な機能はつけるつもりはありません。ごくシンプルな家を目指しており足りない部分はDIYなどに挑戦してみたいです(大変だと思いますが)
子供が2人います。最初は1部屋で大きくなったら2人部屋に分けるような作りにします。
土地の広さや建てる場所はまだ決まってないので何とも言えないのですが1000万から1500万くらいで建てられた方住み心地はどうでしょうか?
工夫されたことを教えて頂きたいです。
建てる場所の候補は静岡、神奈川あたりに考えています。
良かったこと、後悔したことどんなことでも結構ですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 1000万じゃないんですが、いいですか?

 我が家は1200万でした。4SLDKです。リビングダイニングの広さは16畳位。
 一階はLDKと水回り和室、二階に三部屋(クローセット付)と納戸があり、ベランダもあります。
 
 他に犬用にガーデンルームを別工事でとりつけました。

 子供は二人、男女ですから分けました。もう大きいしね。
 ツレとは別室ですから、もしも仮に客が来たら和室を空ける予定ですが、今は私が和室を占有しています。
 四人で四部屋です。
 リビングの一角に書斎のような仕事スペースを作りました。いまそこでこれを書き込んでいます。
 
 脱衣所も普通の広さ、お風呂は広いくらい。
 二階にもトイレがあるし、廊下も広い。
 二階でこだわったのは将来大きい部屋として使えるようにと、壁ではなく開けられるような間仕切りにしたこと。
 和室の収納を確保するために畳下を収納スペースにしたこと。これも別料金でしたが、小上がり風になり四畳半のスペースがそのまま収納になります。二畳は板間、床の間というか仏壇スペースと一間の押入れがあります。

 住み心地はいいですよ。特に遜色なく住んでいます。
 キッチンもそれなりに広いし、
 玄関アプローチもしっかりしているし。

 細かいところでは、各部屋のドアがストッパーがあり、トレイにはペーパーホルダーが二個用のもので上に物が置けるような板があるところもいいかんじ。洗面所の床下収納は便利です。台所にもあります。普通のシステムキッチンですが別に困ることはありません。

 実は警戒区域からの避難民なので、これで家は三軒目です。
 よって、どこにお金がかかってどこを削れるのかが分かるからかもしれませんが、満足ですよ。

 書いていいのかな…・・建設会社の名前は・・・・一文字です。〇建設。
 一度は手抜き工事で告発された経緯があるので、今はしっかりしていますよ。

 定期点検もしてもらえるし、無料だからこれもOK

 フラット35を使ったのでエアコンや照明分は手出しになったことがネックかな。でもまあ自己資金があるならこれもOK。


 土地はそれなりに500万位のところです。
 電車の駅から徒歩四分。
 少し歩くと河川敷。増水の心配はなし。あっても対岸なので・・・これもOK.

 新興住宅地なので近辺に10件建っています。他は古い住宅。でも少し行くとまた新しい家が沢山ならんでいるような地区です。学校までも遠くない距離。

 壁紙もそれなり。

 最初は張り切るでしょうけれど、住んでいるうちに何とかなるし、リフォームも必要になる時期が絶対に来るから、あまりにもこだわりすぎたりしないで、お仕着せでも十分だと思いまして・・・・・。

 1200万の家。いいですよ~。

 1000万じゃないんですが、いいですか?

 我が家は1200万でした。4SLDKです。リビングダイニングの広さは16畳位。
 一階はLDKと水回り和室、二階に三部屋(クローセット付)と納戸があり、ベランダもあります。
 
 他に犬用にガーデンルームを別工事でとりつけました。

 子供は二人、男女ですから分けました。もう大きいしね。
 ツレとは別室ですから、もしも仮に客が来たら和室を空ける予定ですが、今は私が和室を占有しています。
 四人で四部屋です。
 リビングの一角に書斎のよ...続きを読む

Q輸入住宅は値段が高いか

海外で、煉瓦造り、白い壁、木枠の窓、屋根裏、天井の高い住宅を経験してから、こんな家に住みたいと思うようになりました。輸入住宅ってやっぱり値段が高いのでしょうか。日本には規制が多いから手直しが必要で経費がかかるためどうしても高くなる、と聞いたことがあるのですが、どんなもんでしょうか。将来的に規制が緩和されて安くなったりする見込みがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

輸入住宅に魅力を感じるかたって多いようですね。
とくに海外経験のあるかたは・・・実は私も海外に行っていたことがあり(今でも家族は向こうにいます)、そして何よりも私の勤めている会社でも輸入住宅を手がけていました。
ところが平成10年ぐらいを最期に撤収したのですが理由は
1)円安になり提供価格が維持できなくなった。
2)部材の安定確保が難しく、アフターが発生した際に部材を取り寄せるのに時間がかかる。
3)我々の使っているCADソフトが使えない。(フィートモジュールに対応できない)
というのが主な理由でした。
最近はジェトロ輸入住宅センターなどの輸入住宅専門の部材をある程度、安定供給してくれるような団体もあるのですが円安だけはどうすることもできません。
で、私が造っていたときに価格(これは原価の話ですけど)
>日本には規制が多いから手直しが必要で経費がかかるためどうしても高くなる
という実感はありませんでした。確かに輸入コストはかかるし、職人が不慣れなため、人工がかさみ、その分高くなるということはありました。しかし、最近では輸入住宅を完全に商品化しているハウスメーカー(例えば東急ホームや住友不動産ホーム)もありますから、その辺のことは十分に考慮されてますし、東急ホームさん辺りの価格を見る限りでは(オプション等でも変わってくるとは思いますが)坪単価で5万~7万程度のアップといったところでしょうか。
ただ、No.1・No.2のかたが言っているように微妙に日本風にアレンジされていることは間違いないし、本当に海外経験者の方にはちょっと物足りないとは思います。ただし、住宅設備機器類は絶対に日本製もしくは日本のメーカーのものをお勧めします。上述してあるとおり、アフターが発生したときに部品がすぐに手にはいるので・・・

輸入住宅に魅力を感じるかたって多いようですね。
とくに海外経験のあるかたは・・・実は私も海外に行っていたことがあり(今でも家族は向こうにいます)、そして何よりも私の勤めている会社でも輸入住宅を手がけていました。
ところが平成10年ぐらいを最期に撤収したのですが理由は
1)円安になり提供価格が維持できなくなった。
2)部材の安定確保が難しく、アフターが発生した際に部材を取り寄せるのに時間がかかる。
3)我々の使っているCADソフトが使えない。(フィートモジュールに対応できない)...続きを読む

Q一軒家住宅建築時に後悔した事は…

新築を建てようと考えているものです。

注文建築、新築購入の際、新築一軒家住宅建築時に後悔した事は何ですか?
どのようなものでも構いません。
いくつでも構いません。
例えば、収納をもっと増やしておけば良かった、であるとか。

みなさんの意見をお待ちしています。

Aベストアンサー

工務店で建てました

※後悔したこと

1)窓の下の高さ確認を怠ったこと。

図面では、天井から窓の上部までの長さは記載があったが、床から窓の下までの高さの記載がありませんでした。
なので、背の低い妻が、「窓枠に肘をついて外を見たいのに、ちょっと高いので、つま先立ちになる」とぼやいていました。
身長が160cm以上ある方なら、問題にならないのですけどね。
図面の段階で、「ほかのところの確認もいろいろあるし、これは確認しなくてもうまくやってくれるだろう」と妻は思っていたようですが、それがまずかったようです。

※後悔したけど思い直したこと

1)南側に階段のあるレイアウトにしたため、1,2階とも部屋の日当たりが悪い部屋ができたこと。
2)(近所の新築の家に比べて)全体的に窓が少なく、しかも小さいこと。

今年の夏の暑さを経験し、さらに近くの国道の騒音を考えると、「日当たりの悪い部屋」であることが暑さを抑える効果があると思えて、日当たりにこだわらくて良かったと思い直しました。また、窓が小さく、少ないことも断熱や防音の面からも、結果的には良かったと思いなおしました。


あと、工務店の方が、使い勝手を考えて、図面に記載のされていない部分で、いろいろと工夫をしてくださったので、そういう部分が暮らしてみて、「便利だな」と感じています。

それから、建築現場がすぐ隣だったので、途中の写真を沢山撮りました。「図面以上の厚い断熱材が入っています!」とか「普通よりも質のいいボードを使っています。でも、これって完成したら見えないんですよ。」なんていう説明をしてくださりました。
ちなみに、窓が小さくなったのは、建物の構造計算をやり、その段階で筋交いが入っているため、それを取ることはできないので、窓を大きくできなかったと説明されました。

工務店で建てました

※後悔したこと

1)窓の下の高さ確認を怠ったこと。

図面では、天井から窓の上部までの長さは記載があったが、床から窓の下までの高さの記載がありませんでした。
なので、背の低い妻が、「窓枠に肘をついて外を見たいのに、ちょっと高いので、つま先立ちになる」とぼやいていました。
身長が160cm以上ある方なら、問題にならないのですけどね。
図面の段階で、「ほかのところの確認もいろいろあるし、これは確認しなくてもうまくやってくれるだろう」と妻は思っていたようですが、そ...続きを読む

Q軽量鉄骨と木造住宅で迷ってます。

積水ハウスで約50坪の2階建てを今年都内に建てようと思ってます。 
軽量鉄骨での外壁や頑丈なイメージ、エアキスが気に入るが結露が心配。  
木造住宅でのぬくもりやあたたかさなイメージ、木が好きだがシロアリが心配。

軽量鉄骨のメリット、デメリット。
木造住宅のメリット、デメリットを教えてください。

どうぞご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

積水の元主任技能者です。


デメリット
木造は職人によってばらつきが有り場合によっては致命傷になる。

建築中の雨程度は平気だが濡れるのは気になる。

木の良さを出しやすいが多少の狂いは絶対出る。

メリット
税金が安い。
奇抜な形でも可能。
寒冷地では暖房費が安くなる。
増築が誰でも出来る。


デメリット
軽量鉄骨は寒冷地では寒く感じる。
和風建築が似合わない。
税金が高い。
4t車が入らないと高くつく。


メリット
技術と品質が一定である。
積水なら間違えが無いほど材料がきっちりしているので間違えようが無い。
基礎幅が広いのが魅力。
ほかのHMより鉄骨の精度がよく基礎の精度が良いと柱や壁の垂直水平がすんなりでる。
30年前の鉄骨がいまだにさびていない(電着塗装の為)
同メーカなら増築も出来る。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報