親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

地震がおきた柏崎刈羽原発のことなんですが大丈夫だと言っていたのに漏れたことに対しての苦情やそのことを理由に運転再開に反対したいのですがどこに言ったらいいのでしょうか?
難しいことだとは思うのですが・・・。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

節電したり代替案が無ければ文句は言うな、という回答があるようですが、電気は無償サービスではありません。


私達はお金を払って電気を使用している上に、生活の安全、最低限の生活の保障は基本的人権の範囲内です。
同じように代価をもらってどのような方法で発電するかは電力会社が考えなくてはならないことで、民間人がしなくては権利を要求出来ないような事象ではないのではないでしょうか?
もちろん節電は地球人としての義務ですし、代替案を考えることに意義はありますが、それとこれとは別の話であって、皆自分の身の安全は確保したいし、友人や家族が放射能に汚染され、奇形児を産んだ場合に同じような発想は出来る筈もない訳で、特に質問者さまは、安全を保障した上で安定した電力も供給しろと要求している訳ではなく、「怖いと思うより電気使えなくなったほうがいい」と言っているくらい、弁えておられる方のようなので、いち民間人として物申すのであれば、「怖いからやめて下さい」「不安なので安全を保障して下さい」といった内容で充分ではないかと思います。
効果的なアプローチというものは当然ありますが、しかし一人一人が言うことを言わなければ、出来ることも出来なくなることも事実です。
という訳で、是非ともがんばって欲しいと思いましたので、少し調べて↓を見つけました。最後のは、クレーム先ではなく、力になってくれそうな団体です。
私見としては、1番お奨めなのは、電気事業連合会ではないかと思います。東京電力だけに要請しても、全国の原発が停止になる訳ではないし、新潟だけ良ければ良いという問題ではないと思いますので。
ちなみに、「原子力発電」と検索するだけで、これらは見つかりましたので、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンの調子が悪くお礼が遅くなりました。すみません。
回答、参考サイトまで教えていただきありがとうございます。
電気事業連合会ですか。そうですね。私一人が要請しただけでは何も変わりませんね。効果的な方法を考えてみます。

参考になります。協力していただきありがとうございました。

お礼日時:2007/08/14 17:06

色んな回答を見て思ったんですが発想の転換もありかなと思いました


例えば燃やせる物は何でも燃やしその熱源を発電に廻す
埋め立てられたプラスチックゴミを掘れば沢山の電力に廻せると思います
ゴミなら海外から集めることも可能でしょう

そして日本国内の地下にある天然ガスも徹底的に利用し発電化
勿論可能な限り今ある火力発電もフル回転

温暖化の心配やダイオキシンの心配もあると思いますが
最低限今、このサイトを見ている人間が生きている間は地球も持ちこたえるでしょう
後のことは後の人が考えれば良く知ったことではない
どうせ30億年後には太陽も巨大化し地球を飲み込みこむんです
危機に直面している人が危機回避の方法を考えなさいという考え方もあるようです
    • good
    • 0

私は、30年以上前から地熱発電所を調べています。


1970年代後半に九州の八丁原地熱発電所を皮切りに、近年では八丈島地熱発電所まで実際に足を運び、建設途中から見守ってきましたが、地熱水管の寿命は想像以上に短いのですよ。
詰まったら横に、新しい井戸を掘る。。。の繰り返しです。
井戸1本で何十年なんてとても持たない。
すぐに、詰まっちゃう。
しかも、火力発電所のボイラー並みの高圧、高温水が大量に眠っている地熱源は、火山国の日本でも、ごく一部しかありません。
とてもじゃありませんが、地熱発電で日本の産業は支えきれません。

コスト面でも、日本の火力発電所の主燃料は油じゃありません。
LNGです。
LNGは近年、ダブつき気味でスポット市場すら、近年形成されています。
日本の電力会社は、脱石油が完了しています。

日本の電力会社が、なぜ、大規模電源なのかというと、kWあたりの建設コストを下げるためですよ。
小規模の発電所を沢山作ったら、kWあたりの建設コストが高くついてとてもじゃないが商売になりません。

原子力をやめます。
その代わり、電気代は今の10倍になります。。。では困るのですよ。

ただ、日本の最大需要電力は以前のような急成長はしないと思います。
ならば、今後、建設予定の原発を凍結し、その莫大な建設予算を新エネルギー研究に回したほうが良いと私は思います。
    • good
    • 0

No.12です。



訂正があります。

>風力は、あの大きな風車一つで、数十キロワットから数百ワットです。

は、

数十キロワットから数百<<キロ>>ワットの間違えです。
すいません。

http://www.nedo.go.jp/enetai/other/fuuryoku/doun …

を参照ください。
    • good
    • 0

原子力の代替はあります。

地熱発電をすればいいのです。

このことを、マスコミや周りの人にまずどんどん伝えていくことです。

地震国である日本に、原子力発電は、非常に危険です。そもそも、原子炉を作っているコンクリートや金属材料に対する放射能による劣化の影響が、まだはっきり分かっていないのです。つまり、10年とか20年、原子炉を動かし続けた時、どの程度、建築材料が劣化するのか、まだ分かっていません。つまり、それが分からないまま立ててしまっているのが世界中での実情なのです。そして、現実には、予想よりも放射能による劣化の程度がひどいと言うことが分かってきていて、多くの原子炉がひび割れ等の理由で、運転休止に追い込まれているわけです。いっそうのこと廃炉にすればいいと思うのですが、高レベル廃棄物やコンクリートなどの低レベル廃棄物も、未だ処分の方法が決まらず、早々簡単に廃炉さえできないと言うのが本当のところです。(コンクリートなどは、一般廃棄物と一緒に処理することが先日決まりましたが、実際に受け入れるところがあるかどうか、見ものです。高レベル廃棄物は、NUMOとか言う組織が盛んに地下300メートルも深いところに埋めると言っていますが、関東大震災を初め、中越の地震なども、ほとんど大きな影響を与える地震は地下10キロぐらいのところで起きています。つまり、300mだと、正に断層によりその空間が壊れる恐れが強い。また、地下水の状況さえ正確には分かっていず、日本のように、地下の地層が複雑に入り組んだ地域は、地層処分さえ、ままならないはずなのです。

地熱発電は、一説によると、日本の現在のエネルギーの3割を十分にまかなうだけの可能性があると言われています。
http://www.janjan.jp/living/0703/0703120552/1.php
を参照ください。
本来、地熱は、日本にとり、一番有利な発電方法であるはずです。火力発電は、今後原油の値上がりと、円安により、ガソリン一リットル200円越えも数年のうちに到来すると言われるように、とても割高なものになるはずです。
地熱発電は、一度井戸を掘れば、ほぼ半永久的に、燃料代はほとんどかからずに発電ができます。井戸を掘るのに数億円かかると言われていますが、原子力に比べればただのようなものです。
原子炉は、一つで、ほぼ100万キロワットの出力がありますが、地熱は数万キロワットなので、数をいっぱい作る必要があります。しかし、小さな学校の校庭ぐらいの施設で3万キロワットでますから、非常にいいと思います。風力は、あの大きな風車一つで、数十キロワットから数百ワットです。

また、何よりも、CO2を出さないのが地熱のいいところです。

アメリカが最も地熱発電が盛んで、日本の十倍以上の地熱発電所があります。ただ、日本は、地震国であるため、アメリカよりも熱源が地表近くにあり、数キロ掘れば、熱源として利用できると言う強みがあります。アメリカなどでは、その数倍以上掘る必要があるとか。多分、そのため、日本のエネルギー自立を嫌がるアメリカの意向で、日本の地熱開発が進まないのだと感じています。
    • good
    • 0

そのようなことは不可能でしょう。


交通事故で死亡者が出たから、車の運行を全て禁止して欲しいという要望を出すような物です。
現実必要な物を無くすわけには行きません。
ただ、事故をなくするように怠慢な運用をしないような指導や取締りなど前向きに考えることが必要です。
    • good
    • 0

電源特別会計といいまして、電気料金の一部をプールして


地元への支払いに当てる財源があります。
発電所の発電電力kWhあたり何円かを払っています。
運転停止でこの支払いが市にいかなくなるのでは
という心配はあります。そういう報道がありませんが。
    • good
    • 0

#3のx530です。



代替エネルギープランが思いつかないと書かれていたので、僭越ながら考えてみました。
そして、ふっと思ったのですが、なんか変です。
基本の基本が変なのです。
電力会社は株式会社です。
民間企業です。
国民の多くがイラナイ!出来るならばイラナイ!と思っている原子力発電。
民間企業がお客様の方を向かないで商売が成り立つわけ無い。
今般の一連の流れを見る限り、私は釈然としない気持ちを電力会社に感じている昨今ですが、どうやら、黒幕は通産省であり資源エネルギー庁であると感じています。
#7様のコメントを見て思いました。
> 1年以上運転できないだろうということになったようですね。
これ、調べて行くうちに、にわかに信じられなくなりました。
新潟県、柏崎市、刈羽村は電源交付金を行政予算に織り込み済みです。大きな財源です。
小さな村にはそぐわない立派な体育館などの箱物行政は、みんな電源交付金によるものです。
国からおりる電源交付金は発電所の発電量に応じて支払われます。
発電所が発電をしないと支払われません。
過去の原発トラブルを見ると、電源交付金が支払われないために、役所の財政が困窮し、早く発電を再開してくれと通産省、資源エネルギー庁、電力会社へ泣きついている市町村幹部が沢山います。
一年以上も運転を停止して、来年度の県や市、村の予算策定はどうなるのでしょう。
結局、地元の公共事業者たちが痛い目を見ることになります。
いいえ、地元だけではありません。
また、原発が停止すれば、燃料費の高い油火力が発電します。
東電が発電用燃料を大量に消費するとなると、投機筋が動き、原油価格がより一層高騰します。
輸入原油が高騰すると、ガソリンや灯油、プラスティックなどの石油製品までも値上がりします。
当然、電力会社の収支も圧迫します。
電力会社は、発電用燃料費の高騰という大義名分があれば電気料金の値上げを国に申請できます。
結局、その付けは、日本国民全員から薄く広く払わせる上手い仕組みが出来ていると思いました。

原子炉を一基作るのに、一説では1兆円掛かると言われています。
自然エネルギーは、現時点ではコストが高く付き産業用には向きません。
しかし、兆という金額を真剣に研究予算として太陽光や風力、潮流、地熱に国が動けば、かなりの技術開発が行なわれる事と思います。
この金額ならば、代替エネルギーの充分な財源になると思いますが、如何なものでしょうね。

#7様東京地区の電力はありません。
=東電の場合=
最大電力
6430万kW・過去最大電力(2001年7月24日)
5873万kW・去年の最大電力(参考)
供給能力
6183.7万kW・東電の全発電所出力(2006年3末191ヶ所)
7498万kW・他社受電を含む発電設備総出力
近年、東電の供給能力は大変増強され他社受電込みで7498万kWもあります。
柏崎刈羽原発(821.2万kW)が今夏ダメでも差引き6676.8万kWもあります。
この供給能力は、2001年の過去最大よりも250万kWも余力があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか。
原発を反対する人が多いのに運転を続けていて不思議に思っていました。
経済的な問題、高齢者が多いせいかと思っていましたが。
停止したら別の問題が起こりますね。
本当のことは分からないしどうしたらいいのかわからなくなりますね。
あれから調べてみましたが、発電方法は色々あるのですね。
良い代替エネルギーがあってももう作ってしまった原発の建設費分を稼ぐまでは運転するのでしょうかね。
安全を考えたらお金の問題じゃないですよね。
想定したらきりがないです。
チェルノブイリの事故や一昨年原発があることは知っているのかミサイルが海に落ちましたし、何が起こるかわかりません。
安全ではないと思います。
周辺に住んでるかたなのか、専門のかたなのか分かりませんが、こうやって色んなかたから回答や意見をもらえるのはありがたいです。


皆様ありがとうございます。

お礼日時:2007/07/21 14:33

回答ではありませんが。

ご存知でしょうが、
1年以上運転できないだろうということになったようですね。
海外のメディアでも報道されています。

真夏の東京地区の電力は不足するでしょうが、安全確保のほうが
優先です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、良かったです。ニュースを見て安心しました。
しばらく運転停止みたいですね。安全対策していないまま運転していたら原発の周辺だけでなく日本で大きな事故がおこりそうだし、このままずっと停止になると嬉しいのですが。
漏れてたのは怖いですね。現在調査中みたいですが、まだ出てきそうな気がします。他県の原発もどうなのか気になります。

お礼日時:2007/07/21 11:43

(周辺にお住まいなら)リスクを無理やり押し付けられ、不安に思う気持ちがあること、心中お察しいたします。



まずは、回答にあります通り市町村への申し立てがよいかとは思いますが、先方も電力側との折衝が大変でしょうし、たとえば多少長期的な話になりますが、NGOとして活動するのもよいかと思います。いろんなNGO(活動重視、情報発信重視など)がありますので、選択には困らないと思います。

より、長期的な話かもしれませんが、そもそも原子力を推進してきたのは、省庁(官僚)であり、内閣(政治家)ですので、7月29日の選挙などを通して自分の意思を表明するのがよいと思います。もちろん電力会社も政府方針に追従してきたし、苦情も言いたくはなりますが、生産性に乏しく、根本的な解決や納得にはつながりにくいかと思います。

(そういった意味で、NGOの一つである「環境エネルギー政策研究所」は、政府のエネルギー政策に対し変更を求め、かつ代替エネルギープランを提案してます。東京にあるNGOではありますが、ご参考までに。)

#補足
電力会社は、「原子力発電所は、絶対安全です、大丈夫です。」と言ってますが、そう言わないと立地・運転ができないのが、日本の風土だからだと思います。リスクをゼロにできないのは、当たり前ですので、どの程度のリスク(安全性)なら許容するかを本来議論すべきではあります。

問題なのは、許容するリスクを決めるのが、住民や国民ではなく、遠いところにいる人で、選挙でもって、直接的に原子力政策を変更しにくい制度となっていることです。(間接民主制のよさではありますが。)

参考URL:http://www.isep.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、参考サイトまで教えてもらいありがとうございます。
周りは無理だろうという意見しかないし、調べても具体的な方法は出てこなかったのでわかりませんでした。あまり詳しくないので助かります。
NGOですか。そうですね。ただ一人で反対だと意見するだけではきっと駄目ですね。政治など色々なところで関係してくるのですね。
今ニュースで取り上げられ関心があるうちに反対した方が効果あると思いましたが、考えてから行動してみます。
参考になります。ありがとうございました

お礼日時:2007/07/18 17:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング