ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

28歳独身女性です。私に限らず誰しもリスクを負って生きていると思います。その一つが会社の倒産です。-思考過ぎるかもしれませんが、今の勤めている会社が倒産する可能性やクビになる可能性は0ではありません。私は大学を卒業後、就職をせずフリーターとなり夢を追っていた時期があります。24歳で挫折した時、無資格、無キャリアで、正社員になるのは普通に考えて難しいと思い、バイトをしながら宅建を取得しました。それでも当時26になっていて、女性だし、正社員として就職するにはかなりの時間を要すると思っていたにも関わらず、最初に面接した所ですぐに採用が決まってしまい、今に至ります。しかし、現在正社員で働いていますが、上記記載のように会社が絶対に潰れない保障はないし、仮に現在、お付き合いをしている人と結婚して、主婦になったとしても夫の会社が潰れない保証も無く、「何かあった時にすぐに会社という組織から採用して貰える人間になりたい」という希望があります。
それには年齢に見合ったスキルと言うものがあると思うのです。仮に今すぐに会社が潰れたとして(潰れる、潰れると連呼していて今の会社にとって最悪の社員ですね・・・。)28歳の今現在ならば、派遣社員だったとしても「宅建」で最低限度の生活は出来るくらいの就職は出来ると思っています。でもそれが35歳なら?40歳なら??と考えると、毎年試験があり自分よりも若い人が合格していきますから、宅建のみでは難しくなるだろう・・・。と判断しています。そういった事も考えて、現在ファイナンシャルプランナーの勉強を始めました。あくまで希望と予定ですが30歳までにはファイナンシャルプランナー2級と、簿記1級を取得したいと考えておりますが、それ以外、もしくはそれ以降でお勧めな資格、または、こうした方が良いんじゃないか?といった建設的なアドバイスをお願いします。補足になりますが現在、不動産賃貸の事務職をしており、営業職と違って一般社員→店長→エリアマネージャー等といった昇格は一切ありません。また、逆を言えば仕事に関して昇格したい!などという欲や野心等は無く、手取りで最低20万(現在は22万)くらい貰える位の仕事にスグに就ける人材になるにはどんなスキルが必要か?といったイメージでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

業務に関連性のあるのがいいのではないでしょうか?


FPと簿記1級、宅建では繋がりが薄いと思いまし、
それぞれそれだけでは食べていける仕事ではないと思います。
FPは保険の外交員、
簿記なら会社の経理
に有利でしょうが、どちらかというと
実務経験・人柄を重視すると思います。

本気でやるなら司法書士です。
かなり大変ですが、強力な資格ですよ。
不動産登記法と民法が中心になるので
現在のお仕事ともリンクしてよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。まず、私がFPや簿記を選んだ理由なのですが、私は入社した今の会社で最初は営業職でしたが、朝7時から夜11時半までの勤務実態と実際の休みが月に2回ほどしかなかったのです。このままでは何れ体を壊すと思った事から、転職も視野に入れていた時期があったのですが、賃貸ではFPは全く必要ではないですが、売買の求人だと、住宅ローンの計算等の部署で宅建・FPの組み合わせをよく目にしていました。(中々異動させて貰えなかったのですが最終的には、異動させてもらえないのであれば転職します!位の強気な事を言ったら、即異動させて貰いました)簿記については、現在の職種が経理という扱いを受けている事と、まだ具体的な目標ではなくて夢といったおぼろげなものですが、不動産の最高峰資格と呼ばれている不動産鑑定士にいずれは挑戦したいのです。会計学なども必要なので基礎の勉強になれば・・・。といった思惑からです。

お礼日時:2007/07/18 03:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅建は持ってて損はないですか?役に立ちますか?

こんばんは。今年27歳になる女性です。
今の会社に勤めて2年目になります。
今の仕事は不動産とは全く違う業務ですが、他で不動産会社も経営しています。

最近上司に、宅建の資格を取って貰いたいとのことを言われました。
今の業務と並行して、不動産の仕事も多くなるみたいです。
宅建の資格について、あまり知らなかったので、宅建を持っていたらどんなことができるのか等調べ、これを機にステップアップや今後のためにも勉強してみようかなと思い始めました。

しかし、正直不動産にはあまり興味なかったし、今のところ不動産の仕事をしてみてもずっと続けるつもりはありません。
元々、事務やPCに向かっている作業よりは動いている仕事(接客や販売など)の方が自分に合ってると思い、いずれは転職しようとも思ってました。

こんな自分ですが、宅建をとっていて、今後将来何か役に立つと思いますか?持ってて損はないですか?
例えば、結婚して一旦仕事を辞めて、また仕事を始めるときに持っていたら有利なんでしょうか?
やっぱり不動産業界でないと、持ってても何の役にも立たないのかなとも思いますが…。
あるとすれば、自分がアパートや部屋を借りるときや、マイホームを建てるときくらいでしょうか。

宅建の資格を取るのは簡単なものではないし、勉強する動機が曖昧で甘いかもしれませんが、よろしくお願いします。

こんばんは。今年27歳になる女性です。
今の会社に勤めて2年目になります。
今の仕事は不動産とは全く違う業務ですが、他で不動産会社も経営しています。

最近上司に、宅建の資格を取って貰いたいとのことを言われました。
今の業務と並行して、不動産の仕事も多くなるみたいです。
宅建の資格について、あまり知らなかったので、宅建を持っていたらどんなことができるのか等調べ、これを機にステップアップや今後のためにも勉強してみようかなと思い始めました。

しかし、正直不動産にはあまり興味なかったし、...続きを読む

Aベストアンサー

当方、不動産業には従事しておりませんが、資格だけは所持しております。

> 宅建の資格について、あまり知らなかったので、宅建を持っていたらどんなことができるのか等
> 調べ、これを機にステップアップや今後のためにも勉強してみようかなと思い始めました。
極端な事を書けば、不動産の賃貸借契約や売買契約に際して、「契約内容の説明」と「説明書類への押印」が出来ます。
社内での地位とは無関係に、不動産の契約に於いては現場責任者であると認識する必要が有るのではないでしょうか?

> こんな自分ですが、宅建をとっていて、今後将来何か役に立つと思いますか?
> 持ってて損はないですか?
知識を増やしたり、身分証明書が増えるだけです。それに対して価値を認めるかどうかは人によって異なりますね。
資格取得当時、私は諸般の事情で宅建主任者証を身分証明書として使う必要が有りましたので、高い手数料(更新も含め)を支払っておりますが、もし、知識を増やすだけでよければ、登録は不要です。

> 例えば、結婚して一旦仕事を辞めて、また仕事を始めるときに持っていたら有利なんでしょうか?
> やっぱり不動産業界でないと、持ってても何の役にも立たないのかなとも思いますが…。
私がこの資格を持っていた役に立ったと思う事を列挙いたします。
総じて、不動産業以外であったとしても、総務部門に勤めた場合に役に立つのではないかと思います。
・不動産登記簿の内容が多少は理解できる
 ⇒同僚がマンションを購入して親元(1戸建て)から転居した際に、分厚い登記簿を持ってきて、アタフタしていたので『区分所有』の謄本はこれが正常である旨と、ローン等の書類で聞いてきている箇所の説明が出来た。
・立ち退き要求に対して、(旧)借家法に基づく抗弁を入れ知恵した
 ⇒阪神淡路大震災の時、大家が倒壊物件の立て替え後に居住者を追い出そうとしていた。偶々、そのことで相談を受けたので、コピーした契約書を斜め読みした上で、抗弁できる根拠を教えた。
 [当時は、インターネットが普及していないので、資格者だと言う事で重宝がられましたね]
・賃貸料相場の妥当性の判断
 ⇒実務経験が無い人は、合格後の研修で不動産の売買価格や賃貸料の適正相場(比較による推測)の算出を教わります。偶々、今勤めている会社の家賃が適正なのか知りたいから不動産屋に問合せてくれと家主[親会社]から依頼がありました。家主が求めているズバリの物件(土地面積、使用形態など)情報が無いので、私が資料添付の上で計算結果を渡したところ、文句無く通ってしまいました。

> 宅建の資格を取るのは簡単なものではないし、勉強する動機が曖昧で甘いかもしれませんが、
> よろしくお願いします。
他の方の回答にも書きましたが、私が受けた頃と比べるのは的外れかもしれませんが・・・
私は、試験申し込み期限である8月のお盆過ぎに専門学校へ講座申し込みを行い、試験直前までの土曜・日曜に講義(模試や答錬を含む)を受けて、合格いたしました。
私のプロフィールを見ていただくと法律の知識が多少はあるように感じるかもしれませんが、法律が絡む資格では宅建が一番最初に取得しており、法律は疎い方でした。興味が湧いたから最後まで講義に出席できましたし、過去問集で何度も復習したお陰で合格できたと思っております。
あと、動機なんて何でも良いのではないでしょうか?社労士を目指す人の中にも『この資格は固定客を掴めば儲かると聞いたのですが』という言う方が居ます(私はそれでも良いと思っています)。

当方、不動産業には従事しておりませんが、資格だけは所持しております。

> 宅建の資格について、あまり知らなかったので、宅建を持っていたらどんなことができるのか等
> 調べ、これを機にステップアップや今後のためにも勉強してみようかなと思い始めました。
極端な事を書けば、不動産の賃貸借契約や売買契約に際して、「契約内容の説明」と「説明書類への押印」が出来ます。
社内での地位とは無関係に、不動産の契約に於いては現場責任者であると認識する必要が有るのではないでしょうか?

> こんな自分です...続きを読む

Qなぜ宅建は簡単な資格だといわれるのでしょう?

一級建築士ですが今年宅建を受けようと勉強していますが、
思っていたよりも結構苦労しています。
よく宅建なんて簡単だと言われますが
受験資格はないとはいえ
100人受けると85人は落ちる試験です。
よく考えると率的には受験資格が必要とはいえ
一級建築士学科試験以上です。
一般的には合格率10%台だと難易度は高い方だと思いますが法律系の資格で一番簡単だからそう言うイメージが付いているのでしょうか?

Aベストアンサー

宅建も以前よりも、合格ラインが上昇傾向にありますね。

確かに合格率10%台ですと、合格しやすいとは思いません。
元々宅建の受験者は1991年頃までは、現在のように多くありませんでした。試験の形式は択一式ですが、他の法律系資格試験と異なり、4択です(2000年から実施されている法検(2級は2001年から)は、5択の問題が多いですが、時折4択が混在しています)。このようなことから、以前は、宅建は”比較的”合格しやすい試験と云われていました。そういったイメージが付き纏っているからだと思われます。

しかし、1992年に受験者が15万人を超え、しかも学生などの若年層の受験が増えています。受験者が多くなった分、合格ラインもここ数年上昇しています。短期間で合格された方もいらっしゃるようですが、ある程度時間に余裕のある方や、宅建受験以外に他の資格試験にも取り組んでいて、その知識が役に立ったという方が多いと思われます。

Q宅建を取った理由を面接で聞かれた時

私は現在就活中のものです。
学校の先輩方に資格を取った理由を面接で聞かれることもある、と
伺ったので宅建を取った理由をどういえばいいのか困っています。
一応考えたのが、
「1~2年次、同じ先生の民法を受講していたのですが、先生の教え方がとても魅力的だった事に加え、他の法律科目と違い普段の生活で起こり得る事柄を扱う身近な法律である事も解って学ぶ事が楽しくなりました。ぜひこの講義で学んだ事を講義外でも活かしたい、と思い民法が試験科目である宅建試験を受けることにしました。」

こんな感じでいこうと思ってるのですが、ちょっと薄いでしょうか?
ちなみに目指している業界はIT、金融、不動産で、不動産業界では
「元々業界に興味があったので・・・」、で行こうと思っているのですが、それ以外の業界でこれを言ってしまうと、迷っているのではないか、と人事の方に思われそうなので、言わないようにしたいと思ってます。

どなたがご意見をよろしくお願いします。
またこうした方が良い、と言うのがありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も就職の時に宅建を持っていました。
私の場合は質問者様と同じようなことを言っていました。
大学で法律科目を勉強して非常に面白かったので
法律知識を身につけるために何か資格をと考えたのがきっかけでした。
どうせ勉強するならば自分の生活に関わる資格がよかったので、
住環境に関する法律はこれから先役立つことも多いと考え宅建を選びました。

資格の勉強の動機はそれ程重要ではないですし、
むしろ資格を取得したことで何を学んだかを言えばいいと思います。

っていうふうに答えてました。

本当の理由が不動産関係に興味があったということだと
確かに他の業界はだったら不動産へという流れになるかもしれませんが
そうでないなら別に取り繕う必要もないし、
そのまま正直に言えばいいと思います。

Q女35才独身無職、無資格、人生プランを立てて下さい。

女35才独身無職、無資格、人生プランを立てて下さい。

お世話になります。
私はもうすぐ35才になります。
事情があり高校卒業後この歳になるまで殆ど働けませんでした。
20代の頃、少しだけアルバイトをしていましたが30代になってからは
一日も働けていません。

母の余命宣告をきっかけに本気になって自分の人生をしっかりと生きたいと思い
将来の事を考えましたが自分一人ではどうすれば良いのか
分からずに相談させて頂きました。

私の事は以下の通りです。
・資格無し
・職歴無し(アルバイトは工場ばかりでした)
・頭が悪い
・貯金無し
・友達無し
・国民健康保険(父親の扶養)
・国民年金は未納(免除申請無し/今年の誕生日月から払いたい)
・性格は臆病者で、ネガティブ思考、社交性無し、自分はこの世で一番ダメな人間だと思っています。
・痛いのが怖いので歯医者や病院に行けない。

【家族の事】
・父
年齢:60才(1月生まれ)
職業:トラックドライバー(アルバイト)
月給:手取り15万程度(ボーナス無し)
年金:国民年金で受給額が低い(月5万程度/まだ支給されていない)
貯金:無し
病気:胃と肺と耳が悪い。

・母(52才)
入院中(余命僅か)
貯金:無し

・弟(独身/同居)
年齢:32才
職業:工場勤め(正社員/社員は10人程しか居ない小さな会社)
月給:手取り20万前後(ボーナス無し)
年金:厚生年金
貯金:無し
病気:耳がかなり悪い(治すには手術が必要)

【住居の事など】
一戸建て(築22年)
ローン支払額:毎月14万(夏(32万)、冬(30万)ボーナス分の積み立て含む)
毎月のローンの支払いは8万程です。
返済残り3年

【加入保険】
府民共済(大阪)
掛け金1000円
父2口
母、私、弟は1口

【支払い(月額)】
・住宅ローン:月14万
・光熱費、プロバイダ、自動車保険など:5万円
・ケータイ:2万(4人分)
・ETCと近鉄友の会(月額1万円のコース):2万程
・新聞、駐車場、国保、国民年金(私の分)など:56000
・母の入院費:約8万程になるかと思います。

【私の希望】
・母の命が尽きるまでは仕事をせずに母の面倒を見たいです。
・結婚は無理(容姿が悪い、高年齢)なので独身で通します。
*本当は優しい男性と結婚して夫婦二人で生きたいです。
・正社員(製造系)になりたい(厚生年金、会社の健康保険に入りたいので)
・私、弟、(出来れば父も)アフラックなどのがん保険、医療保険に入りたい。
・家族の将来のため、病気になった時のために貯金をしたい。
・何とか住宅ローンを完済してずっと今の家に済み続けたいです。
・弟に結婚して幸せに欲しいと思う。
*家を出られると家計が成り立たないので独身で居て欲しいとも思ってしまう。
・父の老後の面倒を見たい。
・幸せになりたい。

私や家族が人生でお金に困らないようにするためには
どうすればいいのでしょうか?
とにかく貯金をすればいいんだと思いますがこの先、
どのような出費(税金など)があるのか分からずお金の振り分け方などを
どうすればいいのか全く分かりません。

私はこの世に生まれてから今までずっと母の深い愛に守られてきました。
片時も母から離れたことはありません。
母が大好きです。
母が居ないと何もしたくありません。
母が居ないと食事も喉を通りません。
大好きなテレビを見ても全く楽しくありません。
私にとって母は精神安定剤です。
私にとって母はこの世で一番尊敬できる人です。
母のように強く、優しく、思慮深く、賢い人間になりたい。

そんな私が母との永遠の別れを控えて一人で生きていかなければならなくなりました。
他人事とは思わずに本気で私が何をすればいいのか
アドバイスを頂ければとても助かります。
宜しくお願いします。

女35才独身無職、無資格、人生プランを立てて下さい。

お世話になります。
私はもうすぐ35才になります。
事情があり高校卒業後この歳になるまで殆ど働けませんでした。
20代の頃、少しだけアルバイトをしていましたが30代になってからは
一日も働けていません。

母の余命宣告をきっかけに本気になって自分の人生をしっかりと生きたいと思い
将来の事を考えましたが自分一人ではどうすれば良いのか
分からずに相談させて頂きました。

私の事は以下の通りです。
・資格無し
・職歴無し(アルバイトは工場ばかり...続きを読む

Aベストアンサー

疑問があるんですが、お母さんは、弟さんの扶養になっているんですかね。弟さんの税金面もあるけど、前の回答者様の回答以外に、健康保険組合の独自の優遇処置があるかもしれません。因みに、あなたも、弟さんの扶養になれる一般的な条件は満足しています。
私は、製造業に勤めていました。なかなか、正社員は難しいかもしれませんが、認められれば、パートから正社員はかなり例がありました。製造業は、定着率が悪くて、仕事を覚えたころに辞めちゃうのが多かったですからね。それと、平たく言えば、労働時間が正社員に近ければ、厚生年金だって、健康保険組合だって加入できます。最も、いい加減な会社は多いから、その辺は調べてから応募した方がいいですよ。解からなければ、面接かなんかの時に聞いた方がいいですよ。そうなっていれば、別に悪い印象は与えのせん。法を無視するような会社は、すべてが労働者に不利と考えた方がいいかもしれません。
お母さんへの愛情は、文を読んで良くわかります。あなたがされたいようにすればいいでしょう。その後は、一心不乱に働くしかないでしょう。少なくとも、あなた自信の老後が無くなっちゃいます。35歳は、若いですよ。でも、十数年の職歴がないハンデは大きいです。また、女性が歳を取ってから、それなりにかせぐのは大変です。やる気でカバーするしかないでしょう。
誤解のないように言っときますが、私の母は、主婦が働かない時代に、親父が馬鹿やって、働いてますよ。義務教育もまともに受けていませんし、最初は誰でもできるようなアルバイトだったけど、正社員になっています。今は、親父の年金で生活をまかなっているから、自分の年金で楽に暮らしています。子供のころは、さびしかったけどね。
私も自分をダメな人間だと思っています。あなたの親と違って、家を継ぐ長男は別だけど、私と弟は、就職が決まったとたん、勝手にアパートを探されて、追い出されています。動物の子離れと同じことをされました。でも、弟は兎も角、私は、それで、この歳まで生きてこられたと思います。甘ったれと、自他供に認めています。ただし、今でも、僅かですが、恨みはあります。
私の友達の事ですが、妹が結婚せずに、それと、勤めてはやめで、50歳を超えています。もう、まともな仕事なんかないですよね。お父さんは亡くなったけど、お母さんと住んでいるから、今は何とかなるけど、友達は近い将来は一緒に住むしかないと思っています。ところが、奥さんと、子供は大反対です。友達は、非常に困っています。あなたは、弟さんが結婚すしたら無論、しなくたって、弟さんの人生があるんだから、迷惑をかけるのだは、さけたほうがいいですよ。

疑問があるんですが、お母さんは、弟さんの扶養になっているんですかね。弟さんの税金面もあるけど、前の回答者様の回答以外に、健康保険組合の独自の優遇処置があるかもしれません。因みに、あなたも、弟さんの扶養になれる一般的な条件は満足しています。
私は、製造業に勤めていました。なかなか、正社員は難しいかもしれませんが、認められれば、パートから正社員はかなり例がありました。製造業は、定着率が悪くて、仕事を覚えたころに辞めちゃうのが多かったですからね。それと、平たく言えば、労働時間が正...続きを読む

Q私は、40代後半になりますが、宅建の資格をとれば、私のような年齢でも、

私は、40代後半になりますが、宅建の資格をとれば、私のような年齢でも、関連業界に就職は
できますでしょうか?
ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者様の今までの職歴が分からないので何とも言えませんが、年齢的に宅建資格だけでは就職は厳しいと思いますよ。

賃貸物件の仲介営業は、若い営業マンが中心で、求人の応募上限年齢が30歳までとなっている場合も多いですし、土地・建物の売買仲介営業は、質問者様くらいの年齢だと実務経験が無いと、これまた厳しいと思います。

住宅販売や大東建設、東建のようなアパート経営提案営業は40代でも採用される可能性はあると思いますが、ノルマも厳しく離職率も高いという話を聞くので、よほど覚悟がないならお勧めはしませんけどね(^_^;)

宅建の資格を取得する事自体は、応募できる仕事が増えたり、少し評価が上がる事もあるので悪いことではありませんが、即就職につながる資格ではないので、過度な期待はしないほうが良いかと思います。

尚、No.1の回答者様が書かれている「名貸し」は違法行為です。
私は不動産関連の仕事をしていますが、まともな不動産業者は、このような行為は行ってはいませんので、勘違いなさいませんようご注意下さい。

QFP技能士、AFP、CFPの難易度とレベルを教えてください。

FP技能士、AFP、CFPの難易度とレベルを教えてください。

今年の受験で合格し、経済学部(経済学科)に進学できたら、FPの資格を取ろうかと考えています。
大学のパンフレットを見ると「ファイナンシャル・プランニング技能士」と記載されていたのですが、
AFPやCFPとFP技能士とでは、やはりFP技能士がレベル的には一番低いのでしょうか。
経済学科の紹介にはFP技能士と記載されており、経営学科の紹介にはFPとだけ記載されていました。

できれば就職に有利なものを取得したいのですが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

◎説明をする前に、日本におけるFPと言う資格の簡単な歴史
 当初は民間資格として存在し、私がこの資格を知った時点では「日本FP協会」「金融財政事情研究会」と、社名は忘れましたがもう1社を含むた3社が夫々独自に試験を行い、資格付与していた。
 その後、「日本FP協会」「金融財政事情研究会」の2団体だけとなり、厚生労働省が『技能士』資格の1つに認めたことで、実施団体が2団体のまま引き継がれる。
 この『技能士』に移行するに際し、後述しますがCFPは国際資格であることから、「日本FP協会」が従前から認定したAFPは2級FP技能士となった

◎各名称の説明
FP技能士
 労働安全衛生法に定められた『技能士』の1つ
 実施団体は「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」の2団体であり、実施している分野[資産設計提案業務、個人資産相談業務など]は異なるが、合格すれば『FP技能士』
 平成23年1月以降は、両団体共に1級~3級の試験を実施予定。
 [この文章を書いている時点では、日本FP協会は1級と2級のみ実施]
 1級の試験を受験する際に、CFP登録者(常に)又はCFP全科目合格者(全科目合格から一定期限内に)は「学科試験」が免除される。

AFP
 日本FP協会が独自に認定している民間資格の名称。
 同協会が認定するプログラム修了者にして、FP2級試験に合格した者が、同協会に登録する事で名乗る事ができる。AFPの登録をしなくても2級に合格した事実は消滅し無いので、『2級FP技能士』は名乗れる。
 AFP登録をした者は、2年間毎にAFP登録資格の更新手続きを要求され、その際に協会の定める単位を15単位取得しておく必要がある。

CFP
 日本に於いては日本FP協会が認定している国際資格の名称。元々はアメリカ発祥の資格であり、アメリカの他にもカナダ・フランス・イギリスなどにも存在する。
 受験資格はAFP登録をしていること。試験は6つのカテゴリーに分かれており、科目合格もある[科目合格したという実績は無期限で認められる]
 登録する為には6つのカテゴリー全てに合格した上に、合格した年を含む前後一定の期間内に実務経験3年(相談・執筆・講演など)を有するか、実務経験に代わる講習を受けて3年分に換算される単位を取得している事を要する。
 AFPのときとは異なり、CFPに合格しても『1級FP技能士』は名乗れない
 CFP登録をした者は、2年間毎にCFP登録資格の更新手続きを要求され、その際に協会の定める単位を30単位取得しておく必要がある。

◎難易度は・・・
 [難]1級FP>CFP>AFP≒2級FP>3級FP[易]

◎就職に有利なのは
有利な者は判りかねますが、この資格を自動車免許に例えると、私はこんなイメージを持っています。
 1 級:大型免許
 CFP:国際自動車免許[普通自動車]
 AFP:普通自動車免許
 2 級:普通自動車免許[AT限定]
 3 級:原付免許

参考先
 金融財政事情研究会
 http://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/index.html
 日本FP協会
 http://www.jafp.or.jp/index.shtml


因みに私はAFP登録者であり、『技能士』の制度発足時には特例講習を受けて2級合格者の認定を受けております。
2年間で「15単位」(AFP)「30単位」(CFP)取得は困難・面倒と心配している方も居ますが、協会の冊子に2ヶ月毎に『誌上テスト』(1回10問で、たしか受験料が1回800円)が載っており、このテストに合格すると1回毎に3単位取得できます。テストの回答期限の関係で2年間に14回分のテストを受ける事が可能⇒全部に合格すると52単位
この「誌上テスト」は協会HPから受験もできるのですが、協会HPには「誌上テスト」の他にもテストが用意されており、この文章を書いている時点では「コンプライアンス テスト」(「誌上テスト」と同じ問題数・受験料)が有ります。⇒タイミングは誌上テストと同じなので、全部に合格すると52単位
更に、色々な企業・団体が認定講習[通学、通信]を開いたり、都道府県毎にFP支部が講習会を開いているので、単位取得の機会は多いです。

◎説明をする前に、日本におけるFPと言う資格の簡単な歴史
 当初は民間資格として存在し、私がこの資格を知った時点では「日本FP協会」「金融財政事情研究会」と、社名は忘れましたがもう1社を含むた3社が夫々独自に試験を行い、資格付与していた。
 その後、「日本FP協会」「金融財政事情研究会」の2団体だけとなり、厚生労働省が『技能士』資格の1つに認めたことで、実施団体が2団体のまま引き継がれる。
 この『技能士』に移行するに際し、後述しますがCFPは国際資格であることから、「日本FP...続きを読む

Q40代からでは無意味か…

司法書士資格を取りたいと思っているのですが、今から勉強しても、合格するのは40代になっていると思います。

40代から司法書士資格を取得しても無意味でしょうか?

数年事務所で経験を積んで、独立したいのですが…

Aベストアンサー

ありだと思いますね。

私は30代半ばですが、時間とお金があれば挑戦したいですね。

私自身補助者として税理士業界にいましたので、士業人脈を大切にしています。
私の知っている事務所は、司法書士の随時募集を常にやっていますね。
その事務所で特に仲の良い司法書士から聞きましたが、独立する前に司法書士法人に就職することで、住宅ローンなどを組みやすくし、経験とローンのほとぼりが冷めたころに独立する人が多いため、若手の先生は入れ替わりが多いと言っていましたね。

現在司法書士業界はグレーゾーン金利などの訴訟で賑わっていますが、これから目指すのであれば関係ないでしょう。であれば、今までの経験を生かした特化した法務などもよいと思います。

知っている司法書士法人の代表なんて、資格を多く持っていて、経営ノウハウも持っているため、司法書士法人・土地家屋調査士法人・行政書士法人・測量会社などを運営し、社会保険労務士事務所や弁護士事務所を傘下に置いていますね。さらに介護施設まで立ち上げています。司法書士資格をとっかかりにして多角経営もよいかもしれませんからね。

ただ、年齢からしても、保険は掛けておきましょう。国家資格は絶対合格できるとはいえない試験です。何年も受験し続けて合格できない人も多いですし、1年で合格できるような人もいます。合格できなかったときのことを考えて、定職は失わない方が良いと思いますね。

司法書士であれば、弁護士事務所などで下働きするのも経験ですし、合格後は何とか就職できるのではないですかね。最悪、未経験のまま開業してしまうのもありではないですかね。

ありだと思いますね。

私は30代半ばですが、時間とお金があれば挑戦したいですね。

私自身補助者として税理士業界にいましたので、士業人脈を大切にしています。
私の知っている事務所は、司法書士の随時募集を常にやっていますね。
その事務所で特に仲の良い司法書士から聞きましたが、独立する前に司法書士法人に就職することで、住宅ローンなどを組みやすくし、経験とローンのほとぼりが冷めたころに独立する人が多いため、若手の先生は入れ替わりが多いと言っていましたね。

現在司法書士業界はグレーゾ...続きを読む

Q人生逆転した人いますか

32歳男性です。
今、自分的には結構人生の底に入る感じがします。
そこでお聞きしたいのですが
人生の底から挽回した人について聞きたいです。
そういう方がいらっしゃったら、
どういった状況からどんなふうになったのか
お聞きしたいのです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

逆転ほどもない
素朴な幸せなんですが
今は暖かい部屋で
仕事も辞めれて
カードローンもなく…
素朴なものですが

ずっと悲惨な人生だったので
私には逆転人生に感じてます。

人生の底にいるとしても
それも自分の人生として受けとめてきました。
誰かを羨んだり
妬む暇も 実際なかったです。

今 平穏に暮らせていても
その時の事は
自分の人生のひとこまであり
自分が成長した時期だったと思ってます。
逆転するには
その時の自分の姿勢が反映すると思います。

逆転したからって
それが全て○だとは 思えません。

自分自身 いつも真っ直ぐに
人に親切に…
これは今も変わらないと思ってます。

近道だけに拘らず
自分らしさを無くさず
這い上がってください!
がんばれー

Q行政書士になるのはなぜやめておいた方がいい?

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務などの獲得を目指して動いているようですが、他士業ががっちりスクラムを組んで行政書士に新規の仕事を与えないよう共闘しているような状況だということも知りました。
 2000年ぐらいを境に、それ以降の新規登録者で急成長している行政書士事務所や行政書士法人は、ほとんどが商業登記を違法に行ったり(非司行為)、法律相談や法的交渉の代理などの業務を行ったり(非弁行為)して市民の法的権利を害するようなことで大きくなったことも知りました。
 新人行政書士に「仕事を教える」として研修費名目でお金を払わせたり、実務マニュアルを売ると売り込みがあったり、宣伝広告のノウハウを教えるという情報商材があったりするいわゆる「ヒヨコ食い」の話もさんざん知らされました。
 挙句の果てには外国人の不法入国の手引を行うものが後を絶たないとして、警察が行政書士会を監視対象にしているという事も知りました。
 資格学校の安くない受講料と、合格までに費やした2年間という時間は、自らの無知が招いた授業料と割り切ることもできます。
 であればこそ、今後、資格学校の「街の法律家」「法廷に立たない弁護士」「扱える書類は10000種以上」「就・転職にも有利」などの謳い文句に踊らされてこの無駄な資格試験を受検する人が出てこないよう、思いとどまれるように折にふれて説得していくことで、自分のできる社会貢献としたいと思っています。
 上記しましたように、行政書士にはならない方がいいという根拠になる事実はたくさん知っています。しかし、ひとことで「ズバッ」と説明する訴求力には欠けていると思うんです。
 「行政書士にはならない方がいい」端的に説明できる方法を、何か教えて下さい。

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務...続きを読む

Aベストアンサー

行政書士は独占業務がないから。あっても付随的な業務だから。

この一言に尽きると思います。

私は弁理士試験の受験生時代に行政書士登録をしていました。これは2次試験の選択科目免除のためです。登録中に県の行政書士名簿をもらっていました。そこで分かったのは、行政書士一本でやっている人は圧倒的に少ないってことです。大多数は司法書士か税理士がダブルライセンスとしてもっていました。司法書士は農地法の許可申請のためであり、税理士は建設業の許可申請のためですね。

会社設立を業務にしている行政書士がいますが、登記ができなければ意味がないし、記帳業務をしている行政書士がいますが、税務申告ができなければ意味がない。


人気Q&Aランキング