【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

私は国際弁護士に興味がある高校生です。法律を教える教授っていますよね? そういう人って、国際弁護士の仕事も同時に出来るんですか?
あと、国際弁護士になるにはアメリカのどんな大学に行けばいいんでしょうか。。。なるべくUC(University of California)のどれかに行きたいんですけど、法律の専攻がない?!んですよね。。
国際弁護士になるためにはどういうことを具体的に知るべきで、勉強するべきなんでしょうか?経済、政治など知るべきですよね。やっぱり新聞とか読むべきでしょうか?
わかりやすい回答お願いします><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

国際弁護士という定義は曖昧です。


例えば、丸山和也氏は日本の弁護士資格を持った国際弁護士ですが、湯浅卓弁護士は日本の資格は持たずアメリカ・ニューヨーク州の弁護士資格を持った国際弁護士です。
日本で渉外弁護士として活躍するなら両方あった方が良いんじゃないでしょうか。

以下、適当なこと書いてすみません。
(1)大学に入学する
 ※できれば東大、最低でも早慶
(2)大学を卒業し、法科大学院に入学する
 ※法科大学院の法律既修者コースは2年制
(3)法科大学院を修了し、(新)司法試験に合格する
 ※司法試験は5年以内に3回しか受験できない
(4)司法研修所に入所する
 ※裁判所・検察庁・法律事務所で実務修習を積む
(5)大手渉外法律事務所に内定を貰い、司法修習を終え、弁護士登録
 ※渉外事務所…弁護士が百人単位が所属していて、主に企業法務を扱い、町弁と違って法廷にはほとんど立たない。年収は町弁よりかなり高い。
(6)大手渉外法律事務所で新米弁護士として研鑽を積む
(7)費用は事務所持ちでアメリカの法科大学院に留学する
(8)法科大学院で学び、アメリカで弁護士資格を取得する
(9)アメリカの法律事務所で研修を積む
(10)帰国して渉外法律事務所で渉外弁護士として活躍する
(11)事務所のパートナー弁護士となる
(12)法科大学院の教授(実務家教員)となる
(13)シニアパートナーとなる?

※以前は、日本の大学の法学教授・助教授を5年以上やると、司法試験に合格しなくても弁護士資格を取得できましたが、その特例はなくなりました。
研究者(法学研究科)と実務家(法務研究科=法科大学院)が別立てで養成される制度な以上、教授といっても法学部や法学研究科の研究者教員ではなくて法科大学院の実務家教員を目指すのが現実的だと思います。

>UC(University of California)のどれかに行きたいんですけど、法律の専攻がない?!
UCLAやUCBには法科大学院あったんじゃないでしょうか。日本と制度が違ってアメリカの大学には法学部はありませんよ。

>どういうことを具体的に知るべきで、勉強するべきなんでしょうか?
高校生ということなので、まずは大学受験をがんばって下さい。
法学部生になれば、おのずと情報入ってくると思いますよ。

新聞は読んどいたほうが読まないよりは良いでしょうね。私は読みませんが(笑)

この回答への補足

もしアメリカの大学に高校の後行きたい場合はどんな専攻にしたらいいんですか??あと、その後に日本の法科大学院に行くのはどうでしょうか?お願いします><

補足日時:2007/07/18 09:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり国際弁護士になるには日本の大学にいったほうがいいんですかねぇ~。でも、アメリカ大学に行きたいです!>< ivy007さんの回答を参考にして、国際弁護士への夢を頑張ります!ありがとうございました^^*/~~

お礼日時:2007/07/19 07:07

No6ですが、No2の補足質問に関して回答します。


前述したようにアメリカに法学部は無いのですから、もって教養を広げれる分野が良いと思います。因みにアメリカの場合、主専攻と副専攻があり、日本と違い二つも専攻できます。私的には理系の分野が良いのではないかと思います。私は現在知財に関して興味があるのですが、理系の知識が重要になってきます。法律家の第一線で活躍したいのでしたらば、理系の知識があったほうが断然有利ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

thank you so much! I will try my best!

お礼日時:2007/07/24 07:56

アメリカには法学部は無く、法律家になりたい人は皆、大学卒業後にロースクールに行きます。

因みに医者になりたい人はメディカルスクールに行くので医学部も無いです。高校の時点から日本の弁護士でなく海外の弁護士になりたいのでしたらば、大学をアメリカで卒業し、アメリカのロースクールを出ることをお勧めします。日本の場合、司法制度改革でだいぶ簡単になったとはいえ、今後の司法試験の難易度は合格率25%程度で、しかも学部とロースクールを両方卒業するには国立で最低600万、私立で1000万はかかります。あなたはまだ若いですし、親に十分な資力があるのでしたらば、絶対に高校卒業後アメリカに行くことがあなたの夢への近道です。アメリカの学部で一般教養や語学能力を磨き、卒業後直接アメリカのロースクールを受験すれば簡単に受かりますよ。ニューヨークのロースクールとかが確か外国人をたくさん受け入れてたはずです。アメリカの場合、ロースクールを卒業すれば90~100%の確率で弁護士になれますよ。ただそれまでの道のりは厳しいですが。また、外国の弁護士資格があれば、日本に帰国後、一定の手続きで日本の弁護士会に登録でき弁護士活動もできます。そして、日本のロースクールで教授になることももちろんできます。むしろ英米法の教員として歓迎されます。英語頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

English shika ima utenainode yomizurakute sumimasen. Thank you for answering me my quiestion. I have been in America for two years already. However i was wondering where i should go for my college to be an international lawer. that is why u helped me so much. Thank you so much. ^^

お礼日時:2007/07/24 07:55

No.1です。



参考URLは日本語なので、読めるはずですが。
文字化けするようでしたら、IE→表示→エンコード→日本語にしてみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

読めました~^^ありがとうございました!!

お礼日時:2007/07/18 11:26

私のいた法科大学院に、東京青山法律事務所の代表パートナー(といっても70のおじい様)が非常勤で教えに来てましたよ。



今は、法科大学院のおかげで、実務家でも優秀であったり、一分野に秀でていたりすると、実務家教授として大学で活躍できる場もあるようです。

とはいえ、現段階で具体的にどういったスタイルで働くかまでは決められないと思いますので、
どこの法曹資格をとるか、実務家あるいは教授職のいずれを主軸とするかで道は変わってくるかと思います。

先の回答では、SAT受験しろとは言いましたが、
教授職で、しかも日本でを主軸にするとお考えであれば、
日本の法学部をまず卒業して、こっちかあっちの院に進学するのがよいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいご質問ありがとうございました。とても参考になりました。^^

お礼日時:2007/07/18 11:24

あっちで法曹資格とりたいなら、LSAT見据えた英語力をつけるためにも、SAT受けてあちらの4年制大学を卒業することですかね。



高校卒業後すぐの9月の入学目指して、SAT受験についてお調べになるか、学校の先生に聞いてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本語?!じゃなかったので、読めませんでした。でも、回答してくださってありがとうございました。^^

お礼日時:2007/07/18 09:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング