最新閲覧日:

ソシュールの言語思想について教えて下さい。ソシュールについてなら何でもいいので教えて下さい。

A 回答 (2件)

ソシュールの思想概要は、「ソシュールの思想」でほぼわかると思いますが、


まずソシュールのみならず、ソシュールがどのような文脈の中で語られているかを見る必要があると思います。
ソシュールは、言語学の中で、既存の言語学批判を行った者として、心理学のフロイト、経済学のマルクス、数学のカントールなどと同時に語られることが多いです。
少なからず古典を読むさいには、その前後の思想をふまえておく必要があると思いますが、時間も理解力もない場合は、簡単な入門書を読めばこと足りると思います。浅田彰「逃走論」などがおすすめです。さらにもっと最前線の思想を求めるなら柄谷行人の「探求1」、「探求2」などを読み込むと面白いです。
    • good
    • 0

ソシュールの思想をここで語るには、非常な力が要求されます。

どなたか別の方に期待してみてください。

彼の思想とは一度じっくり向き合ってみてほしいし、経験できればあなたのすごい財産になるはずです。とおりいっぺんの知識に終わるのなら、価値はほとんどない。

大学生であるなら、まず図書館へお行きなさい。(大学の図書館か公立の大きい図書館。)本など資料の探し方も身に付けなさい。

ソシュールの言語思想について教えてほしい理由はなんでしょうか? 自分の考えを深めるためであるなら、人から聞いて済ませようとはしないことです。自分の力で学ぶこと、試験勉強ではなく、学ぶことを究めてください。

丸山圭三郎『ソシュールの思想』岩波書店 や 『ソシュール小事典』大修館書店 は、まず見てみてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ