「ロジャー・ラビット」という映画は特撮寄りのアニメ合成の実写ということで問題ないですか?
「まんが はじめて物語」はアニメ、「プロレスの星 アステカイザー」は特撮、「恐竜探検隊ボーンフリー」は特撮、「タンサー5」はアニメ…。
アニメと特撮の境界ってどこにあるんですか?
どこで別けられるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

3です。



なるほど、技術的な事ではなく
質問者さんの価値観としての境界はどこか、という意味ですね。
確かに哲学的で認知論的な領域の話かもしれません。

・・っとするならば、
社会的に「みんながそう呼んでるから」という理由で区別してるにすぎないでしょう。
『アニメとはセルアニメであり、特撮とは実写中心の映像である。』
業界も含め多くの一般の人はこうだと思います。

そして、あえて言うなら「ジャパニメーション」らしいものはアニメ。
円谷っぽい実写モノは特撮。
そういう文化的な背景が作り出す固定概念が分けていると言えるでしょう。
商業的な扱いはまさにコレ、子供向き・カートゥーンキャラ・ディズニーものならアニメ扱い。
ヒーローもの・戦隊ものの実写らしいのは特撮、っとするわけです。
だからこそ商品のジャンル分けに同意も違和感もあるのでしょうね。

つまり、
『あなたの価値観こそが境界である』っと。
ーーーーーーーーーーー

私は学生時代にアニ研にいたので、
様々な方式の「アニメ」を実際に製作した経験があります。
ですから絵柄や撮影方法で分けて考えるような事はしません。
私にとってはすべて「映像作品」というくくりなのです。
しかし、こういう経験の人は社会的にはごく少数でしょう。

多くの人は
やはり小さい頃から慣れ親しんだ慣習というテンプレートで
TVアニメらしいものと、ヒーロー特撮とに「差別」してしまうのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、ありがとうございます。
やはり、「刷り込み」ですか…。

別件ですが、Aのグループからある特徴を元に一部をBというカテゴリーに分離するのが「差別」なら、Bというカテゴリーに別けられるのにAというグループにまとめてしまうのも「差別」ということになりませんか?

あと、「ジャパニメーション」は日本人が使うべき表現じゃないと思います。(「ジャップのアニメーション」ということで、暴力的な表現のために子供に安心して見せられないカトゥーンを意味する、それこそ差別用語です)
…って、コレも「私の価値観」の問題ですか?そしたら、どんな問題もそれに帰結して…。ああ、哲学っぽい(笑)。

お礼日時:2007/07/24 13:35

こんにちは、私見ですが・・。


離れつつも、一部が重なったジャンルであると思います。

それぞれの定義ですが、
「アニメーション」とは動きを与える事と理解するべきでしょう。
したがってTVアニメのようなセルアニメ、デジタルアニメから、、。
実写によるコマ撮り、合成、パラパラ漫画までも、
素材のいかんに問わず静止物に効果を与えて映像・動画と化する行為はすべてアニメと表現されると言っていいでしょう。

対して「特撮(特殊効果撮影)」とは、これも素材のいかんを問わず
現実には有り得ない現象を作り出したり、付加したり、加工したりする作業すべてを指すと思われます。
これもまた、実写であるかそうでないかは関係ありません。
日本人はどうも円谷モノのイメージで取ってしまいますが、かつてフィルムが娯楽に代わっていった時代、映像それ自体が「特撮」であったのです。
ーーーーーー

さて、ですから「境界は曖昧で無いに等しい」が私の見解となります。

セルアニメの中の特殊効果も特撮であるし。
普通の実写にアニメ合成した特撮もありますし。
実写フィルムにシネカリ(フィルムを直接カリカリと針で傷つけて光る線を入れる事)をしてアニメにも特撮にもできるし。
近年のデジタル化技術のおかげで、もはや昔のようなジャンル分けは在って無きに等しいと思います。

この回答への補足

外国で暮らしていると、まず相手の性別を判断します。日本人のように二人称で性別を区別する習慣はありませんから。それは、パッと見で判断できるようなデータベースが頭の中で組み上がっているとしか思えません。
同じように、我々も一瞬のうちに「アニメとそれ以外」に明確に別けることができ、おそらくその結果はどの人も同じ判断をする傾向にあると推測しました。
ところが、自分でなぜできるのか、どういう基準で別けているのか、他人が分けたものに対して同感や違和感を感じるのはなぜなのか?不思議に思いました。(もしかして、そういうことを考えるのは私だけなんですか?)
もしかして、アニメのカテではなく、哲学のカテにすべきだったのでしょうか?

補足日時:2007/07/20 14:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

つまり「アニメ」と「それ以外」に店頭で別けられていることはあっても、それは多分に便宜的なものであって(「エンタテインメント」としてくくるにはあまりに大きすぎるから)、別に基準はない、ということですよね。
でも、需要があるからジャンル分けされているわけで、それを実践しようとすると何かの基準(あるいは直感)に従うしかない。そして、実際にそうされているはずです。
その時の基準(或いは直感の根拠)を知りたいのです。

お礼日時:2007/07/20 14:26

>アニメと特撮の境界ってどこにあるんですか?



考えない方が良いと思うけど(笑)

もっと迷いたければ、押井守監督の『立喰師列伝』を観ると良いかも?
この作品は人物をデジカメで撮影し、3DCGの人形に貼り付けて動かす
スーパーライヴメーションという手法で作られた映画です。
http://www.amazon.co.jp/dp/B000G1VK0C
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。

たとえば、DVD売り場では、「ミニパト」はアニメ、「立喰師列伝」は邦画に別けられてますよね。
何かの基準があるから、そのように別けていると考えるのですが?

お礼日時:2007/07/19 08:42

主人公周辺の登場人物が実写(人間)なら特撮、セル画かCGならアニメではないでしょうか?



その他として、粘土細工はクレイアニメ、人形のコマ撮りはパペットアニメと呼ばれるようです。

この回答への補足

「ピングー」はアニメだ、「きかんしゃトーマス」は特撮だ、などと無理やり別けようというのではありません。
たとえば、DVD売り場でもCD売り場でも、アニメや特撮の本でも、特定の作品はアニメか特撮のどちらかに完全に別けられているように思えます。
じゃぁ、その売り場の担当者は、ひいては、自分たちも含めて、何を根拠にした直感で別けているのだろう?と疑問に思ったのです。

補足日時:2007/07/19 08:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。

「アステカイザー」などは見せ場の戦闘シーンになるとアニメになるのに、主題歌CDも番組紹介も特撮のジャンルでされていますよね。
「ボーンフリー」にしても主要キャラはセルアニメなのに、円谷プロ製作だから(だったら「ザ・ウルトラマン」は例外中の例外なのか?)特撮に別けられているのはなぜでしょう?

お礼日時:2007/07/19 08:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近ジョジョとか 銀魂とかハガレンとか 実写化無理だろ的な作品 実写にしてますが なんでですかね?

最近ジョジョとか
銀魂とかハガレンとか
実写化無理だろ的な作品
実写にしてますが
なんでですかね?

ファンはどんな作品になっても
納得しないですよね。

親がキムタクファンなので
無限の住人見ました。
作品的には
まぁまぁ面白かった。
金返せとは
ならなかった。

でもあれは
チャンバラだから
見れた

SF漫画の実写はきついですよね?

Aベストアンサー

・原作があれば0からすべてを考えなくて良いから。
・一定のファンがすでにいるから
・若い俳優が余っているから

こんなところじゃないでしょうか。

Q2002〜2014年頃のアニメだったか特撮だったかの映画で、戦士達が鏡の世界にいくというのって何とい

2002〜2014年頃のアニメだったか特撮だったかの映画で、戦士達が鏡の世界にいくというのって何という映画ですか?
エンディングでダンスしていたような…

Aベストアンサー

フレッシュプリキュアはエンディングがダンスで
鏡の中にお母さんが閉じ込められてどうのこうの
鏡の中に入り戦う
という話がありました

プリキュア5の映画でも、鏡の世界に行く話がありました。

Qネギまの実写化

「魔法先生ネギま!」の実写化についてどう思いますか?
私はどうして実写になってしまったのかわかりません
ネギま!は私が1番好きなマンガでアニメももちろん見てました
でも、実写になっておもしろいものではないと思うんです
私は実写が決まったときショックを受けました
ネギまの実写化に賛成している人もいるみたいですけど
なにがいいのかわかりません
みなさんはどう思いますか?

Aベストアンサー

私は漫画の実写化がすべて良くないとは思っておりません。ただ、やはり物事には相性というのもがあり、実写向きの漫画やアニメ向きの漫画といったものはあります。『魔法先生ネギま』は子供の先生、魔法、ヴァンパイアと言った非常にファンタジー色の強い題材を扱う作品であり、実写化は不適切だと思います。漫画の実写化には普段アニメを見ない層の人が見ることによって知名度が上がり、ほかの関連商品の売り上げにも影響があるといったことがありますが、深夜放送ではもともとファンだった人以外はあまり見ないのでこれは期待できないでしょう。

Qアニメと実写が合成された、古い洋物

前回も質問したのですが、回答が得られませんでした。
自分で色々サイトを調べたのですが、やっぱり「タイトル」やキャラが分からないとダメですネェ・・・。
(^^;
■40年くらい昔の、米国か英国製のアニメ作品。
■ただし、主人公の三人組は「実写」の少年と少女。

主人公が「実写」だったのは覚えてますが、「三人組」だったかどうかは、記憶が怪しいです・・・。

作品名など、お判りになる方は、どうか、教えて下さいませ。
<(_ _)>

Aベストアンサー

1970年の春に放映されてた、
「やったぜハックの大冒険」ではないですか?
原題は
New Adventures of Huckleberry Finn(1968)

アニメと実写合成
ハンナ・バーべラとどこかの共同作だったと思います。

インディアン・ジョーと言う悪役
開拓時代のアメリカ
蒸気船が出てくる(舞台はミシシッピー)

参考URL:http://www.dailymotion.com/video/x2z8cg_the-new-adventures-of-huckleberry-f_shortfilms

Qアニメの怪物君が実写化するそうですが、なぜ実写化するのでしょうか?

アニメの怪物君が実写化するそうですが、なぜ実写化するのでしょうか?

ドラゴンボールやちびまる子ちゃんなどアニメの実写化がよくあります。
百歩譲ってちびまる子ちゃんは家族の日常を描いたマンガなので、実写でも楽しめると思いますがドラゴンボールの惨事ときたら。

私の大好きな怪物君も同じような運命になると思うと、イメージが崩れてしまうためとても残念です。どうしてこのような「実写化できなさそう」なアニメを実写化するのでしょうか?

Aベストアンサー

まず前提として、「怪物くんをドラマ化する」という企画ではないということに注意。
「ドラマの原作として怪物くんを採用する」というのが本当の所です。
その理由としてはやはり、良い新作に恵まれないというのがあるのでしょう。

何故怪物くんなのか、と考えれば…忍者ハットリくん、笑ゥせぇるすまん、エスパー魔美、キテレツ大百科ときて今度は怪物くんの番、という感じなのではないでしょうか?
(個人的にはプロゴルファー猿の方が先だろと思いますが)

Qなぜ、TVアニメの映画化ばかりなの? なんで、アニメ映画はTVアニメの映画化ばかりするのでしょうね・

なぜ、TVアニメの映画化ばかりなの?

なんで、アニメ映画はTVアニメの映画化ばかりするのでしょうね・・・・。
海外と違って日本は異常すぎる。
海外のアニメはTVアニメの映画化はあまりしない。
したとしても、世界的人気もしくは国民的人気が出たときぐらいだよ。
(海外ではTVアニメとアニメ映画は別枠として認識されているのに・・・)
でも、日本は国民的人気作品だけではなく、オタクにしか受けない深夜アニメの映画化もする。
アニメは大好きなのですが、何でもかんでも映画化するものじゃないと思う。
国民的人気作品だけにすれば良いのに何でなんだろうね。



そこで質問します。
なんで、日本はTVアニメの映画化ばかりでオリジナルアニメ映画作らないのでしょうか?
それとも、邦画やドラマやアニメなどのように原作に頼らないと作れないのでしょうか?



質問しすぎで申し訳ない回答お願いします。意味不明でしたら指摘して下さい。

Aベストアンサー

映画産業そのものの問題です。

そもそもアニメってものすごく手間がかかるのです。手間がかかるからお金もかかる、そのかかったお金を上映して取り戻せるかどうか、が問題なわけです。

世界的に見て、コンスタントにアニメ映画を製作して上映している国自体が、アメリカと日本しかありません。それぐらい儲からない世界なのです。

たとえばジブリ、世界的に有名なアニメ制作会社ですが、必ずしもヒット作ばかりではありません。宮崎駿監督なら黒字にはなりますが、他の監督が赤字を出すと、全部の収支では赤字、会社をやっていけるかどうか、と言う程度になります。だから宮崎駿が「監督を辞める」と言った時点で、ジブリも「映画製作から撤退する」となるわけです。

完全オリジナルな映画をつくる会社だと実に危険な賭けばかりになるわけです。

ですから、それ以外の会社は「確実に売り上げが上がる」というものを作ることになります。子供向けの「クレヨンしんちゃん」「ドラえもん」「ポケモン」などは一定のサイクルで映画をつくりますが、これは確実にもうかるからです。

ハリウッド映画やその他の国の映画でも、お金は基本的に「投資」で賄われます。ですから投資が集まらないと動かない映画プロジェクトがたくさんあるのですが、日本では「委員会方式」と言って、映画に参加する会社がそれぞれお金を出し合う方法で作るのが一般的です。

ですから、どうしても無難な採算のあうもの=テレビでやっているもの、の焼き直しやオリジナルストーリーに偏っていくのです。

それでも新海監督のように若手の監督を起用してオリジナルなものを作る場合もあります。それはアニメを作り続けないと産業としてダメになってしまうからで、多くのアニメーターや撮影・録音技術者などアニメの世界で仕事をしている人たちの職業を維持するために必要なものであるからです。

しかし、新人監督(新人でなくんても)のオリジナルストーリーは当たるか外れるか、予想が付きませんので、外れた場合に備えて、確実に黒字になる(大ヒットしなくてもいいから、産業がいじできる経費は稼げる)作品を量産しておくことになります。

つまり質問者様が疑問に思っている部分は、日本の映画製作が「投資家に頼らない」方法で作っているために、アニメ産業を下支えする量産作品である、ということです。

これらの作品が無ければ、オリジナル作品や新人監督をつかった「バクチ的な作品は作ることが難しい」ということです。

映画産業そのものの問題です。

そもそもアニメってものすごく手間がかかるのです。手間がかかるからお金もかかる、そのかかったお金を上映して取り戻せるかどうか、が問題なわけです。

世界的に見て、コンスタントにアニメ映画を製作して上映している国自体が、アメリカと日本しかありません。それぐらい儲からない世界なのです。

たとえばジブリ、世界的に有名なアニメ制作会社ですが、必ずしもヒット作ばかりではありません。宮崎駿監督なら黒字にはなりますが、他の監督が赤字を出すと、全部の収支では赤字...続きを読む

Qどうして実写版を作りたがるのだろう?

マンガでもアニメでも、よく実写版ってのが作られますよね?
実写版の何が良いのか、何の意味があるのか、じぇんじぇんわかりません。
皆さん、実写版ってどうですか?

Aベストアンサー

実写版は原作ファンのために作るわけではない、からではありませんか?
あとは、脚本から作り上げるより、評判が良い(面白いと判っている)原作から作る方が作りやすいからとか…

それから、どんなに良い作品でも、マンガやアニメだとマーケットが狭まってしまうということも考えれられますよね。
人気のある俳優さんを起用することで、観客層を開拓することもできますし。
たとえば今回、ルパンを小栗旬さんが演じると聞けば、ビジュアルが気になります。
どのくらい似ているのかとか、新しい魅力があるのかとか、興味がありますね。
実際、原作を知らずに俳優さん目当てで観に行った実写物の映画が何本かあります。
単純に「カッコイイなぁ」と思いました。

CGも発達しているし、よりリアルな映像を楽しむこともできます。
私はヤマトファンですが、数年前実写化されましたよね。
キムタク古代には納得していませんでしたが、実際見てみれば、まあありかな?と思いました。
黒木メイサさんの森雪も、この脚本なら彼女が適役だと感じましたよ。

Qアニメが実写化するともれなく痛々しい結果に なるのですがナゼ実写化するのですか? いい脚本が無いので

アニメが実写化するともれなく痛々しい結果に
なるのですがナゼ実写化するのですか?
いい脚本が無いのですかね?

Aベストアンサー

漫画が実写化では成功しているのにね。

なんでだろ?
なかなかスーパーマンやスパイダーマンのようにはいかないのかも?

ある程度、劇画でないと無理なのかもね。

出る本数に比べ、ヒット作が確かに少ないですね。

実写がダメなのは
・俳優がイメージと合ってない
・監督がダメ
・演出がダメ
・作曲家がダメ
・脚本家がダメ

などが挙げられます。
原作は良いのにね。

Qなぜ漫画やアニメを実写化するのですか?

最近アニメや漫画の実写化が相次いでますけど、なぜ叩かれるのをわかっていて実写化するのでしょうか?

GTOのリメイクドラマ化や、戦国BASARAの実写化…ネットでみた限りはほとんどが否定的な意見でした。これらだけに関わらずアニメや漫画の実写化に対しては皆否定的だと思います。なのになぜ制作側は実写化をやめないのでしょうか?

ご意見いただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

漫画の実写化だろうがオリジナルなアイデアだろうが、それで作品の出来不出来が決まるわけではありません。
オリジナルな作品だとしても出来が悪ければ、映画ファンからは非難の声があがります。

だからといって、非難されるから映画製作をやめるべき、というのはおかしな話で、非難されようがされまいがお客がお金を出してくれそうな作品を作ろうというのが制作者の仕事です。

で、世に知られた漫画やアニメが原作ならばその点だけで見てくれるお客もある程度見込めるでしょうし、原作をもとに良い作品が作れればそれはとても素晴らしい事です。

>アニメや漫画の実写化に対しては皆否定的だと思います。なのになぜ制作側は実写化をやめ質問者様にとってはwebの批判がとても大きな声に見えるのでしょうが、
商売で映画を作っている人々にとってはそんなものコップのなかでソーダの泡がブツブツ音を立てているのと同様の取るに足らない声だからですよ。

今「テルマエ・ロマエ」という漫画原作の映画が大ヒットしていますが、質問者様はご存知でしょうか。
私は原作を読んでいたので、映画化の話を聞いた時には実写化はとても無理だろうと考えましたが、そんな予想とは関係なく映画は製作され、どうやら見た人の評判はかなり良いようです。
で、映画を見た人の多くは原作なんか読んだ事が無いんですよね。
原作ファンには「あそこがちがうここがちがう原作のテーマが生かされていない」とか文句をつけているのかもしれませんが、原作を知らないより多くの観客にとってはそんなことよりも今、目の前で上映されている作品が面白いかどうかだけが大事なんですよ。

漫画の実写化だろうがオリジナルなアイデアだろうが、それで作品の出来不出来が決まるわけではありません。
オリジナルな作品だとしても出来が悪ければ、映画ファンからは非難の声があがります。

だからといって、非難されるから映画製作をやめるべき、というのはおかしな話で、非難されようがされまいがお客がお金を出してくれそうな作品を作ろうというのが制作者の仕事です。

で、世に知られた漫画やアニメが原作ならばその点だけで見てくれるお客もある程度見込めるでしょうし、原作をもとに良い作品が作れれ...続きを読む

Q実写のドラマや映画はアニメと比べてヤオイ要素がある作品が少ないのでしょうか?

実写のドラマや映画はアニメと比べてヤオイ要素がある作品が少ないのでしょうか?

Aベストアンサー

#9です。

>男性同性愛そのものは出てこないのだけど男性同性愛を妄想しやすいポイントが多い性質の作品、というものは、実写よりアニメの方が多いのではないか?と考えています。
>実写だと妄想出来る作品が少ない気がしています

それは感性の違いでしょう。
どんな媒体でも妄想することは可能です。
「擬人化」という素敵アイテムで妄想する人も多いです。
男性向けでもそういうのがあるのでイメージしやすいと思いますが。
元々は恋愛要素が存在しない場所に恋愛要素を組み込むのがやおいですから、ドラマを見て普通に男性が話していても妄想することができます。
随分と前にあった「ラブコンプレックス」で主人公達が普通に会話していたのに、それだけで充分妄想できました。
そんなものです。
それと、実写でのやおい要素に関することは二次創作のローカルルールで公の場(こういう一般の人も閲覧する場)で話すことはマナー違反であり、ルール違反でもあります。
理由は簡単です。
漫画・アニメよりも法律と隣り合わせの可能性が高いからです。
ですので具体的なことは申しません。
ですが、相当熱いです。
かれこれ10年ほど前からでしょうか。
漫画やアニメの二次創作と比較すれば規模は小さいかもしれませんが、それでも半端じゃないですね。
だんだん増えていっています。
質問者さんの目につかないのは、見つからないように腐女子が水面下で楽しんでいるからです。
見つかったら最後です。
ディズニーばりの恐怖が待っているので色々な方法で目に付かず、そして同志を探して盛り上がっています。
これが腐女子の実情ですよ。

#9です。

>男性同性愛そのものは出てこないのだけど男性同性愛を妄想しやすいポイントが多い性質の作品、というものは、実写よりアニメの方が多いのではないか?と考えています。
>実写だと妄想出来る作品が少ない気がしています

それは感性の違いでしょう。
どんな媒体でも妄想することは可能です。
「擬人化」という素敵アイテムで妄想する人も多いです。
男性向けでもそういうのがあるのでイメージしやすいと思いますが。
元々は恋愛要素が存在しない場所に恋愛要素を組み込むのがやおいですから...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報