ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

S45Cなどの鋼材の後ろに(H)や(N)などの記号をつけて(○の中にHやN)
(H):焼入れ焼き戻し
(N):やきなまし
などの熱処理条件をいれることがあります.
この記号はJIS規格ではないようなのですが,
何かの別の規格なのでしょうか.
正式な意味をご存知のかたおられたら教えてください.
よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

s45c」に関するQ&A: S45Cの熱処理について

A 回答 (2件)

こんばんは。

あまり知られていないようですが・・・。

>この記号はJIS規格ではないようなのですが
JIS規格で素直に解釈すると、S45Cの後につく(H)と(N)の事を「質別記号」と呼びます。

今回、S45C鋼の場合は鋼材が調質済み(焼入れ、焼き戻し等が済んでいる)か、否かを意味します。鋼材に何らかの処理がしてあるかどうかと言う事は、鋼材を受け取った方には大変解りにくいものです。
ですから、鋼材の受け渡しを考えた場合、「何らかの処理を施す以前の物」か、或いは「既に処理された物」かを差別しなければならないのです。

「S45CH」を例にして、フルに分解してみると、Sは「全置記号」、45Cは「鋼種記号」、Hは「質別記号」となり・・・、
訳すと「機械構造用炭素鋼」のうちの「45C」号の物で、「調質済み」の物と読み取る事になります。
そして、一般の現場ではS45Cと書いて、その後に、丸(○)の中にHと記入します。

参考になれば。
    • good
    • 4

単に工事担当の当事者間の取り決めなのではないでしょうか。


下記では「-Q」が焼入れ焼き戻し、「-AS」がやきなましになってます。
http://www.shinyamato.jp/hyoub.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.

お礼日時:2007/08/14 12:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qリーマ加工とH7穴の指示の違い

機械設計をしております

部品図を作図する際に、H7をはめあい公差として指示する場合が多いのですが
提出した図面に対して、客先からリーマ穴と記入訂正するように言われます

リーマと記載しない場合も有ります

この違いは何なんでしょうか?

分かりやすく教えて頂くと助かります

また、この場合はリーマで、この場合は、リーマ穴は駄目とかケースを教えて下さい

Aベストアンサー

元・機械設計製作をしていた者です.

お客さんの意図が何かは分かりませんが,リーマ穴にするかどうかの一般的な規格・規則はなく,経験とその人の感覚による場合が多いです.リーマ穴にしておいた方がより安心だ! という様な.

質問者さんが何ミリの径に対して公差 H7 を指定しているか分かりませんが,例えば,Φ10(直径10ミリ)のピンを打つ場合の公差 H7 は,穴がΦ10_H7(0 ~ +0.018)で,ピン(軸)は,Φ10_H7(0 ~ -0.018)です.ですから,最大で,0.036ミリの隙間があります.お客さんは,この 0.036ミリのガタを嫌ったのかも知れません.

>また、この場合はリーマで、この場合は、リーマ穴は駄目とかケースを教えて下さい

特に決まりはありません.その場,その場の設計者の経験と感とセンスによる場合が多いです.
この場合は絶対にリーマ穴じゃないとダメ.というような決まり・JIS規格のようなものはありません.

大雑把に言うならば,可動部分で,部品同士がズレを起こしてはならない部分は,リーマ穴です.
また,静止部分でも機械振動が伝わってきて,面で接している部品同士のズレやガタの発生が心配.という様な場合もリーマ穴です.

静止部分で,部品同士がズレを起こす心配がなく,単なる位置決めの部分は,平行ピンを打つ場合が多いです.また,何かの理由で,リーマ穴に出来ないか,リーマ穴の効果が期待できない場合は,平行ピンを打ちます.例えば,板状の2枚の部品が薄ければ,リーマ穴にはしません.逆に,厚すぎてもリーマ穴には出来ません.

ですから,ケース・バイ・ケースなのです.

釈迦に説法でしょうが,公差についての参考です.
http://kousyoudesignco.dip.jp/drawingTolerance.html

寸法公差とはめあいのPDFファイルです.
http://www.den.rcast.u-tokyo.ac.jp/sekkei2009/doc/tolerance.pdf

以上です.

元・機械設計製作をしていた者です.

お客さんの意図が何かは分かりませんが,リーマ穴にするかどうかの一般的な規格・規則はなく,経験とその人の感覚による場合が多いです.リーマ穴にしておいた方がより安心だ! という様な.

質問者さんが何ミリの径に対して公差 H7 を指定しているか分かりませんが,例えば,Φ10(直径10ミリ)のピンを打つ場合の公差 H7 は,穴がΦ10_H7(0 ~ +0.018)で,ピン(軸)は,Φ10_H7(0 ~ -0.018)です.ですから,最大で,0.036ミリの隙間があります.お客さんは,この 0.03...続きを読む

QSS400とSPCCの違い

SS400とSPCCって,何が違うんでしょうか?
色々インターネットで調べてますが,
いまいちしっくりとした答えにぶつかりません。
今のところの私なりの理解は,

「SS400は,素材の名称で,SPCCは,
 それを使った加工方法」
といったところです。

ちなみに,私はまったくの素人なんです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

SS400、SPCCも金属材料の種類を示すものです。
SS400とは
一般構造用圧延鋼材(引張り強度400N/mm^2)で、形状は、平板、H鋼、L鋼、など色々あり、一般的に良く用いられる値段の安い材料です。
SPCCとは
一般冷間圧延鋼板のことで、1mm以下~数mmのものが良く用いられます。
材料そのものを曲げたりして使う場合に用いられます。これも安い材料です。
一般的には(私の場合)、板厚3mm以下で曲げ加工をするものはSPCC材を使い、それ以上の厚さが必要なものはSS400を使います。(一般的にSS400材は曲げ加工はしません)
材料に硬さや耐磨耗性などが必要な場合は、上記のような安い材料は使いません。
以上参考にしてください。

QS45Cの熱処理について

一般に入手できるS45Cは焼入れ焼き戻しの処理は施されているのでしょうか?材料表記する際に指定しなければいけないのでしょうか?教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

使用用途は分りました。一般的にどれが手に入ると言うより機械設計屋さん辺りなら熱処理屋さんを知っていると思いますのでご相談される方が賢明ですよ。熱処理されている物を手に入れると言うより加工後に熱処理を依頼すると言うのが通常の流れです。生地(生材)だから加工が安易なのです。熱処理を施すと加工が難しくなります。


実際にシャフトとして使用するとして、構造上の強さをどのように算出さたらのでしょうか?強さに基づいて“材料選択”“熱処理方法”を設定する必要があります。

一口に靭性といっても十円玉(銅)は靭性はありますよね?強さが足りないと思いませんか?S45Cに靭性を求めるとするなら高温焼戻し処理された靭性のある処理をするやり方、低温焼戻しで強さとある程度の人性を持たせた低温焼戻した物を選定する必要がありますがシャフトとしてどちらが適しているか?は構造上のどの程度の捻り力が掛かるかによります。

強さが分らないとするなら何種類か強度区分に分けて依頼してテストする必要があります。

図面記載なら必ず“強度区分”引っ張り強さ若しくは硬度等の指定が在ると思います。図面をよく見てください。

それらの項目も無く!材料だけS45Cという標記は素人が図面を引いた程度の物になってしまいます。

要求事項がなければ適当な熱処理しかできませんよ!当然!使用用途に満足する性質は得られませんよね!

分り辛いなら補足ください。

使用用途は分りました。一般的にどれが手に入ると言うより機械設計屋さん辺りなら熱処理屋さんを知っていると思いますのでご相談される方が賢明ですよ。熱処理されている物を手に入れると言うより加工後に熱処理を依頼すると言うのが通常の流れです。生地(生材)だから加工が安易なのです。熱処理を施すと加工が難しくなります。


実際にシャフトとして使用するとして、構造上の強さをどのように算出さたらのでしょうか?強さに基づいて“材料選択”“熱処理方法”を設定する必要があります。

一口に靭性とい...続きを読む

QPTネジとPFネジの違い。

 PTネジ(管用テ-パネジ)とPFネジ(管用平行ネジ)の違いについて教えてください。それぞれどういう形状なのでしょう?又、どういう利点があるのですか?
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 管用ねじの使い方はおおむね2通りあります。

・平行=平行
 分解可能な構造用配管や、多少の漏れが気にならない流体用。

・平行=テーパ、テーパ=テーパ
 漏れがないように管を接続するためのねじ

になります。平行=テーパの場合、雌ねじが平行、雄ねじがテーパになります。また、テーパねじを接続するときは、ある程度長さが調整できます(2~3mmぐらいまで)。

QSPHCとSPCCに違いについて

SPHCとSPCCに違いについてお聞かせください。
SPHCとSPCCに違いで、冷間と熱間の差は何でしょうか。
デメリット、メリットがあれば回答お願いいたします。

また、SGCCについてもお聞かせください。

Aベストアンサー

いまいちお尋ねの内容が整理されていないようですので、一般的な違いについてのみ記します。

SPHC、すなわち熱延鋼板は、冷間圧延プロセスを通らない分、安価で板厚が厚く、自動車のフレームといった骨組み材や強い圧力を受ける配管などに使用されるにに対し、SPCC、すなわち冷延鋼板は、表面が滑らかできれいなことや加工性がよいことなどの特徴があるため、自動車や家電製品などの外板や深絞り製品に使われてます。メリットとデメリットの要素になるのは加工性と価格です。同じ板厚なら冷延鋼板の方が加工性に優れますが、熱延鋼板よりも工程が多い分、価格もあがります。

また、SGCCは溶融亜鉛めっき鋼板の事です。耐食性などに優れます。亜鉛めっき鋼板には電気亜鉛めっき鋼板(SECC)もあります。

QS45CとSC45の違い

S45CとSC45の違いを教えてください。
色、強度等おねがいします。
初心者なので名前が似ていてよく間違えます。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

Sが頭に付くと、スティールで鋼(鉄を成分調整し、指定の強度を持たせたもの)を表し、
次のアルファベットは成分、もしくは、作り方を表します。
S45Cは0.45%の炭素が混入してあるということです。
SCのCは、#1さんの言われる通りキャスト(鋳造)のCです。
ねずみ鋳鉄はFC、ダクタイルはFCDとなり、45はその引っ張り強度を示しています。
1平方ミリで450Nの引っ張り強度があります。(伸びないってことじゃないです。降伏点に達しないってことです)
S45Cは一般的に平鋼や丸棒で売られ、加工します。
SC45は型に流して、自動車の部品など、複雑な形状を必要とするものに使われます。この場合焼きが入ってしまうので、焼きなましして、指定の硬度まで下げて加工できるようにします。

Qダブルナット(1種・3種)について

ダブルナットを行う場合、3種ナットを止めねじとして、最初に弱めに締付け、後から1種ナットを入れる方法が一般的と思いますが、1種と1種の組み合わせとした場合は問題があるのでしょうか?
1種3種を推奨している場合と、1種1種でもかまわないとしている場合とあるようですが、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

ダブルナットはねじのゆるみ止めにつかわれます。
また、ナットには(JISでは)1~3種のナットが規定
されています、1種はネジの呼び径の8割の厚さがあり、
(M8でしたら6.4ミリ)
3種は6割の厚さの、薄いナットです。
ダブルナットを締めるときには、先ず1種ナットを標準締付
トルクの80%位で締めてから、3種ナットをその上に組込
み、正規のトルクで締めるのが普通行われています。
ワークを締める力(正確には軸力)よりダブルナット間の
の締力のほうが大きいので、ゆるみにくくなっています。
締トルクについてはボルトの材質によってかわってきます。
「ねじの強度区分」で検索すると様々なサイトがあるので
参考にしてください。
ご質問の前半、3種ー1種の場合はナットのかかる負荷の大きい
場合に用いられます。負荷は後から入れたナットが負担して
いるからです。
1種ー3種が普通使われているのは二番目のナットを締める
ときに周り止めとして、片口スパナで一番目のナットを押さえ
ている必要があるのですが、3種のナットの場合厚さが薄い
ので工具が使えないことがあるからだと思います。
ご質問の後半は、機械的には1種ー1種でも問題はないと
考えます。
レイアウト的にはネジ長さとか、スペースの面でデメリット
がありそうです。

ダブルナットはねじのゆるみ止めにつかわれます。
また、ナットには(JISでは)1~3種のナットが規定
されています、1種はネジの呼び径の8割の厚さがあり、
(M8でしたら6.4ミリ)
3種は6割の厚さの、薄いナットです。
ダブルナットを締めるときには、先ず1種ナットを標準締付
トルクの80%位で締めてから、3種ナットをその上に組込
み、正規のトルクで締めるのが普通行われています。
ワークを締める力(正確には軸力)よりダブルナット間の
の締力のほうが大きいので、ゆるみにくくなって...続きを読む

Q調質鋼の定義を教えてください

鋼材で調質鋼,非調質鋼という区分けがありますが,この定義を教えてください.
また,非調質鋼耐鋼性鋼材以外に調質鋼耐鋼性鋼材も生産されているのですか?

Aベストアンサー

今晩は。
 既に回答されているように、焼き入れ焼戻しをすることにより、組織を均一化し、強度を高めるという辺りでしょうか。強度を高めると言うよりは、組織の組成的に弱い部分を無くすと言う方が正しいでしょうが。
 現在、調質済みとして市販されている物は2番でも言われているように、機会部品用として最も利用頻度の高いSC材の丸棒だけではないでしょうか。私のところはフライス加工をしていますが、板材で必要な場合には材料屋から熱処理に回してもらいます。言うなれば特注ですね(ごく普通の注文なので、特注と言うほどのものではありませんが)。
 さて、質問に有る「非調質鋼耐鋼性鋼材」、これは耐候性鋼材の誤りではないでしょうか。JISの分類に耐候性鋼材という材種は有ったかどうか定かではありませんが、いずれにせよ上記のような理由で、既製品として市販されているとは思えません。必要な時には注文して作ってもらうということになるでしょう。

 近年ではプリハードン鋼が金型を中心に需要が増えているようです。焼き入れ処理をある程度(つまり甘目に)施したもので、焼入れの手間を省き、また焼入れによって製品に歪みが生じたりするのを避けるといった目的が有るようです。これもある意味では調質鋼と言えなくはないと思います。

今晩は。
 既に回答されているように、焼き入れ焼戻しをすることにより、組織を均一化し、強度を高めるという辺りでしょうか。強度を高めると言うよりは、組織の組成的に弱い部分を無くすと言う方が正しいでしょうが。
 現在、調質済みとして市販されている物は2番でも言われているように、機会部品用として最も利用頻度の高いSC材の丸棒だけではないでしょうか。私のところはフライス加工をしていますが、板材で必要な場合には材料屋から熱処理に回してもらいます。言うなれば特注ですね(ごく普通の注文...続きを読む

Q炭素鋼とS45Cの説明

炭素鋼とS45Cの違いとは何ですか?
また、炭素鋼とはどのようなもので、S45Cとはどのようなものですか?
回答をお願いします。

Aベストアンサー

※炭素鋼
鉄と炭素の合金のことである。炭素含有量が、最低で0.02[mass%]含まれるものを指す。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E7%B4%A0%E9%8B%BC

※S45C
炭素の添加量が0.45質量%の場合は,「S45C」と表記される。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/WORD_LEAF/20050808/107437/


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8B%BC
世間一般の人が鉄というとSS材のことで、SC材は鉄より強い性質があり、
軸など強度が求められる場所で使われることが多い。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング