見守り電球またはGPS端末が特価中!

通信工学について学んでいるものです。
ルーティングプロトコルとルーテッドプロトコルの違いがいまいちわかりません。
インターネットで検索してみてルーティングプロトコルとルーテッドプロトコルについて調べましたが、どのように使いわけるのかがわかりませんでした。
どなたか違いを教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

ルーティングプロトコル:ルート情報をやり取りするためのプロトコル(rip、OSOF等)



ルーテッドプロトコル:そのルートで転送されるプロトコル(TCPとかUDPとかFTPとか Decnetは転送しないとか)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました^^

お礼日時:2007/07/20 18:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いについて

妙な質問ですみません。
周辺機器メーカサイトを見ると、スイッチングハブとレイヤ2スイッチと分かれたカテゴリで置かれているのを目にしますが
スイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いとは何でしょうか?

どちらもデータリンクの2層目を対象として動き、アドレステーブルを元に対象のポートに搬送波を流すもので、ほぼ同じものと思っていたのですが、上司に質問したところ、
異なるセグメントを混在して接続でき、同一のセグメントが接続されているポートにのみ、搬送波が流れるものがレイヤ2スイッチ(ただし、異なるセグメントにも搬送波を流す方法はある)とのことで、
上記の機能がなく、MACアドレスで識別するだけのものをスイッチングハブ、という回答をもらいました。
 VLANとは別にそういった機能をもったものがレイヤ2スイッチとのことだったのですが、この認識で正解なのでしょうか?
 色々とサイトを見て回りましたが、スイッチとレイヤ3スイッチやルータの解説などは書いてあるところはありますが、レイヤ2スイッチとスイッチングハブの違いについて書かれたサイトが見当たりませんでした。

 違いについて皆様のお知恵を拝借お願いいたします。

妙な質問ですみません。
周辺機器メーカサイトを見ると、スイッチングハブとレイヤ2スイッチと分かれたカテゴリで置かれているのを目にしますが
スイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いとは何でしょうか?

どちらもデータリンクの2層目を対象として動き、アドレステーブルを元に対象のポートに搬送波を流すもので、ほぼ同じものと思っていたのですが、上司に質問したところ、
異なるセグメントを混在して接続でき、同一のセグメントが接続されているポートにのみ、搬送波が流れるものがレイヤ2スイッ...続きを読む

Aベストアンサー

これは言葉の言い回しだけです。
スイッチングハブとは、解釈の通りでMACアドレスを管理し、必要なポート以外にはデータを流さない装置です。
レイヤ2スイッチはMACアドレスのみ。
レイヤ3スイッチはIPアドレスまで管理しています。
世の中にはレイヤ4スイッチという装置まであります。

要はみんなスイッチングハブです。
レイヤ2スイッチは、スイッチングハブに含まれます。

Qスイッチングハブとハブ(バカハブ)の違い

ハブを購入しようとしましたら、店頭にはほとんどが「スイッチングハブ」という製品ばかりです。
そこで、ルータとPCを接続する場合、スイッチングハブとストレートLANケーブルを用意し接続しても問題ないのでしょうか?
スイッチングハブとハブの違いをいろいろな説明を読みまして、バカハブ(ダブハブ)というものが必要だと思っていたのですが...?

Aベストアンサー

HUB(ハブ)の説明をしますと、
一般的にHUBにはリピーターハブとスイッチングハブがあります。
リピーターハブはクライアントPCのリクエストに対してすべての端末にデータを流し、その回答をするのはかくPCが判断します。スイッチングハブはリクエストに対してハブ自体がどの端末あてにデータを流すのかを判断しその端末にしかデータは流しません。
言い換えると、リピーターハブは会社で言う館内放送のような物で、誰かを呼び出したいのに会社内全部に放送してしまう方法。スイッチングハブは内線電話のような方法で用事のある人の内線電話に直接電話を掛けて呼び出す方法です。
リピーターの場合データの行き先の制御を行う必要がないのでハブ自体を安く簡単に作れますが、全端末にデータを同時に流しますから、ネットワーク自体の負荷があがり大規模なネットワークでは通信が遅くなります。一方スイッチングハブはハブ自体が宛先を制御しますからハブ自体の構造が複雑になり高価になりますが、必要な端末にしかデータを流しませんので、ネットワークの負荷は軽減されます。
以前はスイッチングハブは数万円~数十万円もしましたが近頃は数千円で買えるぐらいまで落ちてきましたので、スイッチングハブしか売っていないのです。
わざわざ同じぐらいの値段で機能の劣る製品を買う人はいないですからね。
ただ、貴方が言うルーターとPCを接続するだけならスイッチングハブはいりませんが・・・
1台だけなら全くいりませんし、今時ならルーターにハブ機能が内蔵されていますから通常4台程度はルーターだけで良い接続できます。ただ、ADSLのレンタルモデムのルータータイプの場合LANポートが1つの場合がありますので、この場合はスイッチングハブが必要です。

HUB(ハブ)の説明をしますと、
一般的にHUBにはリピーターハブとスイッチングハブがあります。
リピーターハブはクライアントPCのリクエストに対してすべての端末にデータを流し、その回答をするのはかくPCが判断します。スイッチングハブはリクエストに対してハブ自体がどの端末あてにデータを流すのかを判断しその端末にしかデータは流しません。
言い換えると、リピーターハブは会社で言う館内放送のような物で、誰かを呼び出したいのに会社内全部に放送してしまう方法。スイッチングハブは内線...続きを読む

Qスイッチとルータの違いについて

L3スイッチとか、L4スイッチを業務で使用しているのですが、L3スイッチとルータって何が違うのでしょうか?ルーティングの機能はついているのでしょうか…
Catalyst系は全てスイッチなのでしょうか…
初歩的な質問ですがよろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは
専門家としてコメントさせていただきます。

Cisco については、特に上位機種の場合、
ルータとL3SW の機能差異があまりつかめない為、
混乱されている事と思われます。

そもそも、ルータとL3SW の違いを簡単に表すと、
以下のような内容になります。

・ルータはWAN 接続用のゲートウェイとして使用される。
・L3SW はLAN 内のルーティング及びアクセス制御に使用される。

ルータは、WAN I/F を数多くサポートしており、
ATM/FR/INS などのI/F がそれらに該当します。

これらのI/F を使用しないで、ルータにEther だけを搭載すれば、
L3SW と同じような使用は可能ですし、
L3SW にWAN モジュールを搭載すれば、
ルータのように使用することももちろん可能ですが、
NW の設計上、そうした無理やりな事は行いません。

NW は、役割と機能を分けることで、シンプルかつ健全なNW として、
運用する事が可能となります。

/PC群/---[L2SW]---[L3SW]---[ルータ]---/Internet/
/PC群/---[L2SW]---[L3SW]---[ルータ]---/WAN/---/支社/
/PC群/---[L2SW]---[L3SW]---[L2SW]---/PC群/
/PC群/---[L3SW]---/Server群/

PC を各テーブルやグループに応じL2SW で収容し、
それを上位のL3SW に持ち上げます。
このL3SW でグループごとのアクセス制御や帯域制御を行い、
下位のL2SW に戻したり、更に上位のL3SW やルータに通信をフォワードします。

ココで使用するL3SW の機能は以下のようなものになります。
[VLAN、QoS、ACL、ルーティング、アグリゲーションなど]
ココで使用するルータの機能は以下のようなものになります。
[WAN接続(INS/ATM/FR/Ether)、QoS、ACL、NAT、ルーティングなど]

よって、
ルータの役割はWAN との接続、
L3SW の役割はLAN 内のセグメント接続、
といった住み分けがされています。

ただ、最近よく利用される広域イーサネットの接続サービスを利用する場合は、
ルータではなく、L3SW を利用する場合が多いです。

※L3SW もルータも、MAC アドレスは参照しますので、
お間違いなく。。。

--------------------------
以下余談ですが、、、
Catalyst(カタリスト/キャタリスト)はご理解されている通り、
Cisco のスイッチ機器になります。
(ルータ系は、Cisco7200 など”Cisco(シスコ)”になります。)

1000/2000/3000 クラスは、デスクトップ/ボックス型と呼ばれ、
筐体とPort の構成がFIX しているシリーズです。
言い換えれば、Port の構成が固定のため、
変更する場合には買い替えが必要です。

4000 クラスは、中型シャーシ/モジュール型L3 スイッチと呼ばれ、
Port やCPU、電源FAN がモジュール化されているので、
構成を自由に組み替える事が可能です。
反面、ボックス型と比べると体積が大きくなり、
価格も割高になります。

6000 クラスは、大型シャーシ/モジュール型L3 スイッチと呼ばれ、
こちらもPort やCPU、電源FAN がモジュール化されているので、
構成を自由に組み替える事が可能です。
4000 シリーズよりも搭載モジュール数が多く、
CPU の二重化などにも対応しています。


これまでの内容は、以下の書籍に目を通す事を、
強くお勧めします。
手元に一冊あって損は無いと思いますので、
是非ともご覧ください。

頑張ってくださいね。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844319736/250-5881837-4945028

こんにちは
専門家としてコメントさせていただきます。

Cisco については、特に上位機種の場合、
ルータとL3SW の機能差異があまりつかめない為、
混乱されている事と思われます。

そもそも、ルータとL3SW の違いを簡単に表すと、
以下のような内容になります。

・ルータはWAN 接続用のゲートウェイとして使用される。
・L3SW はLAN 内のルーティング及びアクセス制御に使用される。

ルータは、WAN I/F を数多くサポートしており、
ATM/FR/INS などのI/F がそれらに該当します。

これらのI/F...続きを読む

Qクロストークとは??

今、細胞応答学について勉強しているのですが、情報伝達のクロストークという意味がよくわかりません。クロストークとはどのような状態のことを言うのですか?

Aベストアンサー

生物学で言うシグナル伝達系での「クロストーク」はまた別の意味です。

シグナル伝達系のパスウェイ(pathway)はそれぞれがまったく独立な一本道かというと、そうではないというのが一般的です。あるパスウェイの枝道が他のパスウェイに影響を与えたり、相互に影響しあったりして、複数のパスウェイが連携して細胞機能の調節を行います。これがクロストークです。

参考URLはWikipediaの「シグナル伝達」の項

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%83%AB%E4%BC%9D%E9%81%94

Q「宛先ホストに到達できません」とは

下記サイトのみ「宛先ホストに到達できません」となります。
その他のサイト(goo等)は接続できます。(ping応答あり)

「宛先ホストに到達できません」とはどういう時に出るのでしょうか?

自宅にある他PCも同現象です。

<ネット接続構成>
インターネット-無線LAN(WZR-G144N)-PC

<ping結果>
Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Users\xxxxx>ping sfp.kyoraku.jp

sfp.kyoraku.jp [1.1.81.114]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
192.168.11.1 からの応答: 宛先ホストに到達できません。
192.168.11.1 からの応答: 宛先ホストに到達できません。
192.168.11.1 からの応答: 宛先ホストに到達できません。
192.168.11.1 からの応答: 宛先ホストに到達できません。

1.1.81.114 の ping 統計:
パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、

C:\Users\xxxxx>ping www.goo.ne.jp

www.goo.ne.jp [218.213.142.230]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
218.213.142.230 からの応答: バイト数 =32 時間 =67ms TTL=242
218.213.142.230 からの応答: バイト数 =32 時間 =66ms TTL=242
218.213.142.230 からの応答: バイト数 =32 時間 =66ms TTL=242
218.213.142.230 からの応答: バイト数 =32 時間 =56ms TTL=242

218.213.142.230 の ping 統計:
パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
最小 = 56ms、最大 = 67ms、平均 = 63ms

C:\Users\xxxxx>

下記サイトのみ「宛先ホストに到達できません」となります。
その他のサイト(goo等)は接続できます。(ping応答あり)

「宛先ホストに到達できません」とはどういう時に出るのでしょうか?

自宅にある他PCも同現象です。

<ネット接続構成>
インターネット-無線LAN(WZR-G144N)-PC

<ping結果>
Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Users\xxxxx>ping sfp.kyoraku.jp

sfp.kyoraku.jp [1.1.81.114]に ping を送信しています 32 ...続きを読む

Aベストアンサー

状況からバッファローのルーターの問題であるような気がします。
ファームウェアのバージョンが低い場合は、アップデートで改善される「こと」もありますのでダメ元で試してみてはいかがでしょう?
あと、ルーターの経路情報や、ルーターにログインしてからpingテストをやってみて状況を確認してください。
ルーターからもpingが通らなければ(多分通らないと思いますが)、バッファローに問い合わせてみるのが解決への近道のような…。
他のルーターをお持ちでしたら、ルーターを変えてみるのもいいかもしれません。

Q通信路容量を求める問題

通信路行列が

T=
|0.6 0.3 0.1|
|0.3 0.1 0.6|
|0.1 0.6 0.3|
で与えられる通信路の通信路容量の求め方をわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

2元対称通信路の通信路容量については沢山例題や参考URLが見つかりますが、3元対称通信路の通信路容量については殆ど見当たりませんね。
なので大学の情報関係や通信関係の授業でしっかりノートをとって先生にしっかり食い下がって質問してモノにするのが一番いいかもしれません。
参考URLにも2元対称通信路の通信容量については詳しく載っています。
それを3元対称通信路に拡張して通信容量を求めれば良いだけです。
ただ、元数が増加すると通信路容量を求める基になる相互情報量を最大化する変数の個数が増えてとたんに通信路容量を求めることが困難になります。

送信側を
X=(p1,p2,1-p1-p2) ...(1)
受信側を
Y=(q1,q2,q3) ...(2)
とすると
T=
(t11,t12,t13)
(t21,t22,t23)
(t31,t32,t33) ...(3a)
=
(0.6 0.3 0.1)
(0.3 0.1 0.6)
(0.1 0.6 0.3) ...(3b)
より
Y=XT ...(4a)
=(0.6p1+0.3p2+0.1(1-p1-p2),0.3p1+0.1p2+0.6(1-p1-p2),
0.1p1+0.6p2+0.3(1-p1-p2))
=(0.5p1+0.2p2+0.1,-0.3p1-0.5p2+0.6,-0.2p1+0.3p2+0.3) ...(4b)
=(q1,q2,q3) ...(4c)

YのエントロピーH(Y)は
H(Y)=-q1log2(q1)-q2log2(q2)-q2log2(q3) ...(5a)
=-(0.5p1+0.2p2+0.1)log2(0.5p1+0.2p2+0.1)-(-0.3p1-0.5p2+0.6)log2(-0.3p1-0.5p2+0.6)-(-0.2p1+0.3p2+0.3)log2(-0.2p1+0.3p2+0.3) ...(5b)

YのXによる条件付きエントロピーH(Y/X)は
H(Y/X)=-Σ(i=1,3)piΣ(j=1,3)tijlog2(tij) ...(6a)
=-p1{0.6log2(0.6)+0,3log2(0.3)+0.1log2(0.1)}
-p2{0.3log2(0.3)+0.1log2(0.1)+0.6log2(0.6)}
-(1-p1-p2){0.1log2(0.1)+0.6log2(0.6)+0.3log2(0.3)} ...(6b)

相互情報量I(X;Y)は
I(X;Y)=H(Y)-H(Y/X) ...(7a)
=-(1/10){(3p2-2p1+3)log2(3p2-2p1+3)+(2p2+5p1+1)log2(2p2+5p1+1)-5p2
log2(-5p2-3p1+6)+(6-3p1)log2(-5*p2-3*p1+6)-10*log2(10)}-(8174/9103)log2(e) ...(7b)
I(X;Y)の最大値が通信路容量だからI(X;Y)=f(p1,p2) ...(8)(0≦p1≦1,0≦p2≦1,p1+p2≦1 ...(9))の最大となるp1,p2とその時の最大値を求めれば良い。

f_p1=∂f(p1,p2)/∂p1 ...(10a)
=(1/10){2log2(3p2-2p1+3)-5log2(2p2+5p1+1)+3log2(-5p2-3p1+6)}...(10b)
f_p2=∂f(p1,p2)/∂p2 ...(11a)
=(1/10)(-3log2(3p2-2p1+3)-2log2(2p2+5p1+1)+5log2(-5p2-3p1+6))...(11b)

f_p1=f_p2=0 ...(12)のただ1組の実数解の組(p1,p2)(0≦p1≦1,0≦p2≦1,p1+p2≦1)が存在する。その時のf(p1,p2)が相互情報量の最大値すなわち通信路容量Cになる。

f_p1=0より
2log2(3p2-2p1+3)-5log2(2p2+5p1+1)+3log2(-5p2-3p1+6)=0
log2{(3p2-2p1+3)^2*(-5p2-3p1+6)^3}=log2{(2p2+5p1+1)^5}
(3p2-2p1+3)^2*(-5p2-3p1+6)^3=(2p2+5p1+1)^5 ...(13)

f_p2=0より
-3log2(3p2-2p1+3)-2log2(2p2+5p1+1)+5log2(-5p2-3p1+6)=0
3log2(3p2-2p1+3)+2log2(2p2+5p1+1)=5log2(-5p2-3p1+6)
log2{(3p2-2p1+3)^3*(2p2+5p1+1)^2}=log2{(-5p2-3p1+6)^5}
(3p2-2p1+3)^3*(2p2+5p1+1)^2=(-5p2-3p1+6)^5 ...(14)
(13),(14)を横軸にp1=x,縦軸にp2=yをとってプロットすると直線y=x上でただ1つ交点を持つことがわかる。
従って交点の座標は(13)式とp1=p2の(13)式でp1=p2の連立方程式を解けば求まる。(13)式でp1=p2=xとおいて
(3x-2x+3)^2*(-5x-3x+6)^3=(2x+5x+1)^5
(x+3)^2*(6-8x)^3=(7x+1)^5 ...(15)
(7x+1)^5+(x+3)^2*8(4x-3)^3
=(3x-1)(5773x^4+6566x^3+2852x^2-686x+1943)=0 ...(16)
(16)の第2項
g(x)=5773x^4+6566x^3+2852x^2-686x+1943はグラフを描けば
g(x)>0であることがわかる。言い換えれば
5773x^4+6566x^3+2852x^2-686x+1943=0 ...(17)は2組の共役な虚数解を持つから
(16)の実数解はx=1/3(=p1=p2)のみである。
相互情報量I(X;Y)はX=(p1,p2,1-p1-p2)=(1/3,1/3,1/3)のとき最大値は
(7b),(8)式から
f(p1,p2)=f(1/3,1,3)
=(9103log(3)-8174)/(9103log(2))=0.28950… ...(18)
定義により、(18)で与えられる相互情報量I(X;Y)の最大値が(3b)の3元対称通信路行列Tの通信路の通信路容量Cである。

参考までに
z=f(p1,p2)=I(X;Y)
をwxMaximaを使って3次元プロットした図を添付します。
p1=p2=1/3辺りでI(X;Y)が最大値f(1/3,1/3)=0.28950…=C(通信路容量) となっていることがほぼわかる。

参考URL:http://www.eva.ie.u-ryukyu.ac.jp/~endo/classes/通信路容量.pdf

2元対称通信路の通信路容量については沢山例題や参考URLが見つかりますが、3元対称通信路の通信路容量については殆ど見当たりませんね。
なので大学の情報関係や通信関係の授業でしっかりノートをとって先生にしっかり食い下がって質問してモノにするのが一番いいかもしれません。
参考URLにも2元対称通信路の通信容量については詳しく載っています。
それを3元対称通信路に拡張して通信容量を求めれば良いだけです。
ただ、元数が増加すると通信路容量を求める基になる相互情報量を最大化する変数の個数が増えて...続きを読む


人気Q&Aランキング