人間の筋とロボットの機能を比較して、大きく違う点は何ですか?教えて下さい。

A 回答 (3件)

人間の筋という意味がわからないのですが、「筋肉」or「機能」と考えると絶対違うことが一つだけあります。



ロボットは、自己修復ができません。たとえば人間みたいに怪我をすると、その傷は治さない限りそのままです。たとえば油圧ホース、人間で言う血管が切れたとしても勝手には治りませんし、もちろん油の漏れもなおしません。

人間の場合はきちんと修復してくれるでしょ。
しかし、ロボットは自己検査機能を持っているものもあります。
(どこが悪いかとか、どこが故障しているとか見つける機能)
そのうち部品を自分で取り替えるロボット、も出てくるかもしれませんね。

(工作機械のマシニング、NC工作機械の工具交換を除いた場合の話です。だめになった工具を自分で判断し、変える機能を持つものはあります。)
でも、これは自己修復とは呼べませんしね。
    • good
    • 0

「ロボット」というのがSFに出てくるそれではなく、現実に存在するものだという前提で運動能力を比較してみる、ということでいいですか?(……うわー、今ってほんとに21世紀なんだな。

おじさんびっくりだ)

人間(生体)――力の源は筋肉中の化学反応・比較的力が弱い・疲労があって長時間連続の動作はできない・鍛えることによって同一の筋肉が力を増す(逆もあり得る)・本質的な改造やパワーアップは不可能・神経と協調して微妙な動作が可能・極限環境(高温や低温、真空、高放射能など)に弱い・他

ロボット――力の源は電力による電磁気反応・比較的力が強い・かなり長時間の連続動作ができる・基本的に最大出力が変わることはない・構造の根本から改造やパワーアップが可能・同じサイズだと細かい作業は不得手・極限環境でも動作できるように作れる・他
    • good
    • 0

成長すること・・ではないですか?



(質問の意味がわかってなければごめんなさいです)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ