太平天国はキリスト教国だったので西洋から支援されていた
イギリス軍が太平天国軍を攻めた
あれ?
西洋は太平天国にどう対応したのだったけ?

A 回答 (2件)

最初は様子見。

キリスト教だから話はわかるかな?

続いて、
(西欧)自分たちにメリットがある南京条約を尊重してくれれば、太平天国と仲良くするよ。
(太平天国)朝貢させてやってもいいよ。でも、キリスト教だから清より仲良しね。
(西欧)…

清と西欧の間で北京条約が結ばれる。
(西欧)清のままでいるほうが旨みが大きいな。太平天国だと今の利権がチャラになるかも。

いいや。太平天国つぶしちゃえ。

こんな流れ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど

お礼日時:2007/07/20 16:57

太平天国のキリスト教は、


「オレは上帝(エホバ)から(夢の中で)天命を受けた!」
というトンデモ教でして、ヨーロッパ人どころか、中国のクリスチャンからも邪教とみなされていました。
太平天国を支援した国は存在しません。
清朝の弱体化に乗じてアロー号戦争をしかけながらも、当初は静観していたイギリスは、太平天国がアヘンを厳禁しているとわかると、積極的に潰しにかかりました。アヘンは中国への重要な輸出品だったからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

邪教だったんですか…

お礼日時:2007/07/24 11:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング