第二次世界大戦の終結直前にアメリカは長崎と広島に原爆を落としましたが、
皆さんはその原爆投下の理由は何であったと認識していますか?
今ここで質問文や回答を見てからではなく、見る前までの認識でお願いします。

実はこの前、大学の授業でディスカッションをしていた時に、ある子が
『アメリカが原爆落としたから戦争が終わった』と言っていました。
ですが、私はアメリカが原爆を落とさなくても日本は降伏していただろうと思っています。
アメリカが原爆を落とした理由も、戦争を終わらせるためではなく、
ソ連に対する力の誇示や原爆のテスト、そして人種差別であったと認識しています。
本土決戦になるとアメリカ側の死傷者が莫大な数になるから、
という理由も、上記のものに比べると屁のようなものだと思っています。

私はこういう見方が一般的だと思っていたのですが、その友人の発言を
聞いて他の人はどう思ってるのか気になったため質問しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中11~20件)

こんにちは。



原爆資料館をみたり、自分なりに文献をみた程度ですが、
自分の意見としては、

結果的に、原爆を落とした後に日本が降伏したけれど、
原爆を落とされなくても、もうすこし半年くらい
空襲を続けられ続けていたら、降伏したとおもいます。
ただ、日本の代表の判断が早ければ、間に合ったかもしれません。

時期的に、アメリカであたらしい爆弾が出来たから、
アメリカの上のほうの命令で、それを仰せつかった軍人が、
任務として投下したのかなと思います。

その時期に落とせば、いい訳も出来ますし、
いい実験も出来ますし、2発ぐらいなら・・・という
感じだったのかなぁと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
たしかに、アメリカは日本が降伏する前に原爆をおとしたかったのでしょうね。

お礼日時:2007/07/21 12:22

原爆まで行きつくまでには過程というものがあって、 短く説明できるかわかりませんが。


日本は本来アメリカがバックアップしていた蒋介石と手を組むつもりでしたが、 存続の危機を感じた中国共産党が1人、 2人ちくりちくりと夜襲し始めました。 恐怖を感じた日本軍は結集し狂気の沙汰に出ました。 中国事情も知らず、 政府の迅速な対応も無かったので、 あろうことか蒋介石を敵とみなしてしまったのです。 ここでまず、 アメリカから敵対視されます。 軍艦にこだわった日本に対し、 アメリカは空爆機を大量増産して猛攻撃してきて、 小回りのきかない日本軍は敗戦へと流れて行きます。 決定的だったは真珠湾攻撃です。 奇襲はアメリカ人の最も憎むべき行為で、 日本はアメリカ人の気質を知らずにやってしまったのです。
日本は敗戦を知っていましたし、 これ以上戦っても被害が大きくなるだけだということも分かっていましたので、 ロシアにアメリカとの仲裁を依頼しました。 が、 バルチック艦隊をことごとく沈めて、 無理やり同盟を結ばせた国がこちらが困ったから助けてくれと言って助けてくれる筈もなく、 何も分かないまま返事を待ち続けて居るうちに原爆を落とされるのです。
アメリカもまた中国での狂気の事情も知らず、 降伏の意思も知らず、奇襲をかける野蛮人をなんとか決着できないものかと思案しているところに、 原爆が完成したのです。 そして、 憎むべき、 脅威の日本を原爆の実験とロシアをはじめとする諸外国への絶対的な権威を象徴する目的を実行する為の標的にされてしまったのです。(アメリカ製作のドキュメンタリー番組を見ました。)
戦争とはそういうものなのでしょうが、 幼く愚かな時代の不幸と言わざるえません。 当時のアメリカ原爆関係者が「我々を恨む前にご自分の政府を恨みなさい」事情を勉強してみるとそういう言い分になるのだろうなと思います。
広島、 長崎、 原爆投下は無かったけれど、 沖縄の方々の苦しみはなんだったのかなとやりきれない虚しさを感じます。 現政府が政治の末端処理をさせられた3県に対し配慮されることを願ってやみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の見方とは全然違いますね。アメリカ製作のドキュメンタリーを見ての見解ならば、アメリカの思惑が正当化されているのでは?とも思えます。
真珠湾攻撃は、巧妙に仕組まれたアメリカ側の挑発によって誘われていたと聞きます。
開戦に至ったのも、ソ連のスパイがアメリカ政府にもぐりこんでおり、
巧みに日本を戦争へと導いたと聞きます。(実際ソ連のスパイ行動が発覚してるので)
ですが、この辺の歴史認識については諸説あるので、正直何が正しいのかわかりません。

>「我々を恨む前にご自分の政府を恨みなさい」
あくまで私個人の思いですが、アメリカがこんな発言をするなんて
ものすごく腹立たしいです。歴史を勉強していくとどんどんアメリカ嫌いになってしまいそう。

お礼日時:2007/07/21 00:08

私は、原爆投下については、様々な条件が重なって、やむ終えずアメリカは投下に踏み切ったという印象を最近持つようになりました。


最大の理由は、yu1999さんが仰るように、ソ連に対する力の鼓舞です。
また、アメリカ本国では、終わらない戦争に対して反戦運動が起こりつつあり、多くの中流有権者層の反発を退けるために、米政府がとった政策の一貫でもあったと記憶しています。
あまり知られていない事ですが、終戦間際、ドイツから核燃料が日本に輸送されようとしていた計画もあり、アメリカとしては一刻を争う状態にあったと言えます。
アメリカは原爆が如何に残虐非道な兵器であるかを認識していました。
科学者や海軍司令部の反対を押し切る形で、半ば強制的に投下は決定されました。

以上が、広島育ちである私の見解です。
ただし、一般的には、戦争を終結させるために必要だった、という認識の方が常識とされています。
世界的認識も、原子爆弾ではなく、ただの爆弾の投下であったという程度です。

しかし、最近では、それが見直されてきているようです。
英BBCが制作した原爆投下のドキュメンタリーが反響を呼び、世界の認識は変わりつつあります。
現実に、あれから一度も人類はこの兵器を使用していません。
認識は薄くとも、どこかで人々は「あれは間違いだった」と感じているのではないでしょうか?

もうすぐ8月6日ですね。
こういった質問をされる事は、とても意味のある事だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
アメリカの研究者は原爆を都市に落としたと聞いて仰天したそうですもんね。
>ただし、一般的には、戦争を終結させるために必要だった、という認識の方が常識とされています。

あら、No2の方の意見とは正反対ですね。やはり見解は統一されてないんですかね。
日本は唯一原爆の被害をうけた国というのは世界的には有名ではないのですか?!
誰もが知っていることかと思っていました。
原爆投下は間違いだったと言うのもありますが、今核戦争が起これば
広島型の数百倍の威力の有る原爆4つくらいで地球が破滅すると聞きました。
だから今後核爆弾が使われることはおそらく無いと思いますが・・・
でも指導者が狂わないとは限らないですよね。

お礼日時:2007/07/20 23:58

原爆投下の真意としては実験にあった事はほぼ間違い無いと思います。



日本の降伏を早める為だけの理由であれば、広島に1発落とすだけで十分な効力があったはずです。
同じ原爆と言っても、広島に落とされたリトルボーイと長崎に落とされたファットマンは、全く構造が異なっており、これらの爆弾を1週間も空けずに立て続けに投下した意図は実験以外の目的では考えられません。

ただ、原爆無しでもいつかは日本が降伏していたであろう事は間違いありませんが、九州上陸のオリンピック作戦や本州上陸のコロネット作戦が実行された場合、その犠牲者の数は広島+長崎の犠牲者の数十倍に上っていた可能性は極めて高く、太平洋戦争は1年近く長期化し、
北方領土どころか北海道全域および東北や北陸あたりもソビエトに占領されていたと思われます。

そうなると、朝鮮半島は現在の北朝鮮のような国家に統一され、日本列島が現在の朝鮮半島のような情勢になっていたでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
たしか、ウラン型とプルトニウム型でしたよね。
投下候補地は空襲も(あまり?)なかったようですしね。
本土決戦が行われた場合のアメリカが見積もった米兵の被害は大げさだったと聞いたことがありますが、本当のところはどうなんでしょうね。
>北方領土どころか北海道全域および東北や北陸あたりもソビエトに占領されていたと思われます。

こういう見方もあるのですね。まだまだ勉強が足りないみたいです。

お礼日時:2007/07/20 23:49

 こちら40代中盤の男性です。


質問者様の認識に限りなく近いと思います。
 但し、本土決戦をした場合のアメリカ側死傷者…の点については、映画でも有名になった硫黄島や沖縄戦で予想外の米兵の戦傷者が出て、アメリカ国内からも批判が出たという事は考慮しないといけないんじゃないでしょうか?

少なくとも原爆投下を肯定するような発言は否定したいと思います。
最近でも何たら大臣がそれで辞任しましたよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
アメリカの見積もった本土決戦の死傷者は多すぎると聞いたことがあります。
原爆テストの目的と共に本土決戦を避けるということだったのでしょうか。

しょうがない発言は、『今更原爆投下についてどうのこうの言っても
しょうがない』という意味だったんじゃないかと私は思っています。
大臣がアメリカの主張を鵜呑みにして原爆投下を肯定していたとは
考えにくいです。もしそうなら辞任して当然ですが・・・

お礼日時:2007/07/20 23:44

デリケートな質問ですね。


予め宣言しますが、完全に主観で述べます。

わたしは、質問者さんが仰るように、アメリカ側は原爆のテストや力の誇示など、利己的な理由で落としたと思っています。
3発目を落とす用意もあったと読んだ事がありますし。

ただし、結果的にそれが戦争の早期終結に繋がったかもしれないとは思っています。
首都(東京)を含めどこもかしこも焼け野原にされたにも拘らず士気を失わなかった日本は、原爆が落とされなかった場合、資源や食料・下手したら人的資源も尽きるまで戦ったのではないかと思う気持ちがあるのです。
でも、これはもしもの話。わかりません。
現実は違うし、たらればでの議論よりも、実際に起こった核の悲劇を二度と繰り返さないための努力をしたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
原爆のテストをする予定であったことは明白ですからね。
その、もしもの話も一理あるかもしれませんけどね。

でも、核戦争はおそらく起こらないと思います。
どの国も核を『使うため』に持っているのではないはずですから・・・

お礼日時:2007/07/20 23:40

 一番の理由は原爆のテスト、二番目の理由は戦争を早期に終わらせソ連の介入を避けるためだと思っていました(ただ、あくまでアメリカの都合であり、日本が分裂の危機を逃れたことをありがたく思う必要は全く無いと思っていました。

)。

 しかし、つい最近別の質問でポツダム宣言の内容が直前に国体維持の条件付降伏から無条件降伏へと変わっていたという回答を見て認識を変えました。今はソ連の介入を防ぐためというのは根拠だと思っていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはりアメリカ側の主張とは違う見方ですね。
参考になりました。

お礼日時:2007/07/20 23:36

わたしは「戦争終結の手段」論派です。


>私はアメリカが原爆を落とさなくても日本は降伏していただろうと思っています
この部分は、この原爆論とは関係ないことですね。
たしかに日本は降伏するしか道はなかったでしょう。
でも、それを米国が知る由はなかったとも思えます。
たとえば、一対一の決闘。
相手が上着の胸に手を入れました。
相手は白旗のハンカチを取り出そうとしたのかもしれません。
でも相手は拳銃を取り出そうとしてると判断するのが決闘ですね。
そして躊躇なく銃口を向け、引き金を引くのが勝者です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>でも、それを米国が知る由はなかったとも思えます。
知っていたと思います。No2の方も仰ってますが、アメリカは待っていれば勝てたはずです。

お礼日時:2007/07/20 23:33

こんにちは。


原爆投下は、新兵器の効果確認の為の実験だというのはもう通説だと思ってましたが。
世界レベルでもアメリカの「本土決戦防止」論を間に受けてる人は少ないんじゃないでしょうか?

当の米国の将軍や原爆開発計画「マンハッタン計画」に従事した学者なども沢山証言していますし。

大体、「本土決戦阻止論」は、後から付け加えられた理屈で、その前にソ連を通して講和工作を行ってるのを米国は暗号解読などで知っていましたから、そもそも原爆投下や本土決戦どころか「ただ待っていれば勝てる」という状況だった訳ですから。

ただ、それとは全く別に、合衆国という国は「自分が一番である」「全て自分が正しい」という傾向が国民レベルでも非常に強いように感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
おっと、私の認識が通説だったのですか。
でも教科書には原爆投下の理由は書いてませんね。
日本がポツダム宣言を受諾しなかったからアメリカが落としたと読み取れます。
でもたしかに、私の高校の先生は本当の理由を教えてくれました。
ってことは、アメリカとアメリカ人だけが戦争を終わらせるために落としたと思ってるんでしょうか?

お礼日時:2007/07/20 23:31

>>その友人の発言を聞いて他の人はどう思ってるのか気になったため質問しました。


戦後教育の失敗を鵜呑みにした考える力の無い人。
こうやってアメリカの戦後対策で日本人は骨抜きにされていったんだから、仕方ないと言ってしまえば仕方が無い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうなんです!それがすごく残念でなりません。
どうにかして戦後教育を改めたいものです。

お礼日時:2007/07/20 23:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本国内での原爆による被害写真初公開はいつ?

昨年、偶然手に入った1945年9月2日付のアメリカの新聞で、一面に広島の焼け跡の写真が掲載されており、興味深い資料だと思っていろいろと調べているんですが、日本国内で、原爆の被害写真が初めてメディアに登場したのはいつでしょうか?
原爆(新型爆弾)に関する記事自体は、終戦前から散見できるのですが、“被害写真”となると、なかなか見当たらないようです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

原爆写真の国内メディア初登場は昭和27年8/6の「アサヒグラフ」で52万部が即日完売だったそうです。
なぜこの時期?というのは、昭和27年4/28に講和条約が発効し、GHQが廃止。日本がアメリカ占領下から独立した事によります。
いまは毎年のように原爆投下の日には追悼記事が新聞に出ますが、アメリカ占領下の日本では、原爆投下の日でもそれについて触れる記事がまったくない、という紙面がほとんどです。写真どころか、被害の詳細を報じる記事すら終戦直後のアメリカ軍の検閲が入る前を除くと、日本国内ではまずありません。

Q広島、長崎への原爆投下は正しかったと思いますか?

広島、長崎への原爆投下は正しかったと思いますか?

Aベストアンサー

本当は書き込むつもりは全くありませんでした。
「原爆」・・・今も苦しみ続けていらっしゃる方々を考える時、私は言葉が詰まります!


うわべの問題点だけ見据えますと、いろいろな答えがあり正義がありますね。これが「矛盾」となって永遠に回転しつづけると思います。
そういう意味では、NO.19のdell_OK様の「わからない」というご回答・・・正論だと私も賛同いたします。そして真っ直ぐとらえていらっしゃるな、とうれしく思いました。

さて、事の本質を見るときに,NO.16のdemoc46様や、NO.17hyakkinman様と同じ意見です。
ことにhyakkinman様の感情、感じ方と全く私も同感です!

何が悪いのか?・・・・「殺人」「殺し合い」そして・・・もっと大々的でルールもへったくれもない「戦争」です。
日本も当時、もちろん「原爆」のような技術が無かっただけで、あればどうだったでしょうか? 技術的に進んでいなかったからこそ、出来得る限りのむごい虐殺を行なったのでしょう?他の国々はどうでしょうか?ヒトラーは?

それが戦争です。NO.10様の仰られるとおり、一度さらにはもう一度、何度でも原爆資料館に行って実際に見てきて下さい。あそこで学べるものは、何も「原爆」の恐ろしさや悲惨さ、だけではありません!
いかに「戦争自体」が怖ろしくて、悲惨で、そして間違っていたか、です。
そして、「なんで日本が戦争に踏み切った理由・・」だと??チャンチャラおかしくて笑ってしまいました。
   「「理由がどうあれ」」です。
理由があるから、それも正当な理由があるから、殺人はOKでしょうか。相手が許せないから殺してしまえでしょうか。
答えは出ましたね。

本当は書き込むつもりは全くありませんでした。
「原爆」・・・今も苦しみ続けていらっしゃる方々を考える時、私は言葉が詰まります!


うわべの問題点だけ見据えますと、いろいろな答えがあり正義がありますね。これが「矛盾」となって永遠に回転しつづけると思います。
そういう意味では、NO.19のdell_OK様の「わからない」というご回答・・・正論だと私も賛同いたします。そして真っ直ぐとらえていらっしゃるな、とうれしく思いました。

さて、事の本質を見るときに,NO.16のdemoc46様や、N...続きを読む

Q原爆で被害者面するのがわからない

原爆報道で、被爆者を被害者扱いする報道が大半です。

とはいえ、極論ですが、自業自得ではないでしょうか?

勝てない無謀な戦争を拍手喝采して推し進めたのは

日本人です。敗戦後、クーデターや暴動が起きなかったこと

から判断しても、当時の翼賛体制に、国民は賛成していたのです。

戦争もしない国に原爆を落とす国などあるでしょうか?

当時、日本人が戦争に至った経緯を検証しないで

被害者面するのはおかしいと思います。

ご意見お待ちしています。

Aベストアンサー

広島、長崎を自業自得と表現した、質問者に敬意を表します。
そいう見方は、必要だと思います。
しかしこの問題はもう少し多面的に考えるべきだと思います。

まず広島の被害者は、どう考えても被害者であることは、否定できません。

それは原爆投下が、国際法違反の市民の虐殺であって、そのことは国際裁判で裁かれるべき戦争犯罪だった、と言う意味です。

東京裁判はこのことから見て、無法な裁判だったと言え、被爆者はその被害者でもあります。

問題は我々生き残っている日本人として、どう考えるか?と言うことです。

我々日本人は、戦争を起こした張本人であることを忘れてはいけません。

日本国民はこの戦争を起こした当時者で、この意味で戦争責任があります。

だからその責任を取って、原爆を自業自得と考える気持ちは、理解できます。

だから今までの日本人は、原爆について、アメリカを恨むことをしないで、自分たちの責任だと思ってきたのです。

ところがのことについて最近の日本人はおかしくなっています。

その張本人が田母神氏で、彼はあの戦争はアメリカに挑発されてやむを得ず立ちあがった戦争だから、日本は悪くない、と言って、人気を博しています。

田母神氏はアメリカの国務省にソ連のスパイが居て、日本との戦争を起こさせようと画策し、日本を挑発したと得意げに、あちこちで言い続けて、国民の拍手を浴びています。

つまり原爆について日本に責任は無く、アメリカに責任がある、自業自得などというのは、とんでもない、非国民の考えだと言っています。

この見方はまことに軽率な考えなのですが、今の日本国民にはこの軽率さが見えなくなっています。

それは挑発されたことは事実としても、挑発に乗って、先に手を出した日本が馬鹿だった、ということに気が付いていないからです。

挑発に乗っただけだから、日本は正しかったなどという軽率な軍人が、日本を守っているのかと思うと恐ろしくなります。

あの戦争はやったことが間違いであり、真珠湾攻撃などと言う戦術をとったために、アメリカ国民の怒りを買い、広島の悲劇を招いたのです。

真珠湾が無ければ、アメリカ国民は、日本に対してそれほど憎しみも持っておらず、戦争をする気にはなれなかったのです。

真珠湾で大勝してしまったのが間違いでした。山本五十六長官の間違いでした。

「挑発に乗ってはいけない」という軍事判断は何時になったら、日本軍人のものになるのでしょうか?

要するに、戦争をしたことが間違いであって、その間違いの被害者が広島、長崎の人たちだった、と悟る必要があります。

今更アメリカを責めても、何の利益もありません。

お互いに戦争をしてはいけない、という教訓を得る以外に考えられることは無いと思います。

広島、長崎を自業自得と表現した、質問者に敬意を表します。
そいう見方は、必要だと思います。
しかしこの問題はもう少し多面的に考えるべきだと思います。

まず広島の被害者は、どう考えても被害者であることは、否定できません。

それは原爆投下が、国際法違反の市民の虐殺であって、そのことは国際裁判で裁かれるべき戦争犯罪だった、と言う意味です。

東京裁判はこのことから見て、無法な裁判だったと言え、被爆者はその被害者でもあります。

問題は我々生き残っている日本人として、どう考えるか?と言...続きを読む

Q皆さんに聞きたい事なんですが、私は広島や長崎に原爆が落ちて良かったか、ダメだったか良くわかりません。

皆さんに聞きたい事なんですが、私は広島や長崎に原爆が落ちて良かったか、ダメだったか良くわかりません。原爆が落ちて良かった事は、早く戦争が終わった事と、死人が何10万人で済んだ事です。もし、原爆が落とされなくて、戦争が続いていたら日本本土に、アメリカ兵などが上陸してきて無差別に日本人を殺して行くと聞いた事があるからです。 原爆が落ちて嫌だった事は、何もしていない国民が、残酷に殺されて、友人を亡くしたりし、寂しさに傷つくし、放射脳で、せっかく助かった人が白血病などで死んでいってしまう事です。原爆を受けた人の事を思うと悲しくなります。皆さんは、どうですか?

Aベストアンサー

米国在住です。

戦後、七十年以上経ち、第二次世界大戦を実際に経験した世代は、ほとんど死に絶えました。そんなときに、もう一度、あの大戦が何だったのか、考えるのは、今後の日本の方向性を考えるにあたって、非常に大切なことだと思います。トランプ大統領は、ロシアより、劣っている、核兵器の競争力を、もう一度、見直そうとしていますし、反米で名高いイランや北朝鮮が、核兵器の開発を急いでいます。

原爆は、ご存じのとおり、被爆者の後遺症もすさまじく、非人道的な武器です。持っていても、使うべきではありません。その他にも、中東や北朝鮮では、化学兵器を開発して、人体実験も行われています。こちらも、使わないのがルールです。戦争が起こった時には、兵隊さんには申し訳ないですが、地上戦で兵隊同士がぶつかる、あるいは、基地を狙って爆撃するのが、第二次世界大戦後の、正しい戦い方です。

一般市民を巻き込まないように戦う。それ以前に、戦争を回避するように、政府間で交渉する。そういった手立てが、全部、失敗したときにも、原爆および化学兵器は、使わないのが、現在の常識です。一般市民を巻き込んでしまうからです。この常識は、広島・長崎の被爆者の犠牲によって、できたものと言っても過言ではありません。犠牲は、無駄にはなりませんでした。

現在の日本の中学校、高校では、1900年以降の第一次、第二次世界大戦について、きちんと教えているのでしょうか。私たちのころ(昭和40年代)は、歴史教育は、明治維新で終わってしまいました。その後、大学では、”一般教養としての、近代史”を習いましたが、日本の敗戦および、アメリカの原爆投下、ロシアの不可侵条約を破っての参戦についての、統一見解は、見つかりませんでした。近代史を、どう理解したらよいのか、わからないまま、大人になり、社会に出ました。

現在のように、混乱した世相であるから、より一層、戦争や原爆について、話すことは大切なことなのです。

米国在住です。

戦後、七十年以上経ち、第二次世界大戦を実際に経験した世代は、ほとんど死に絶えました。そんなときに、もう一度、あの大戦が何だったのか、考えるのは、今後の日本の方向性を考えるにあたって、非常に大切なことだと思います。トランプ大統領は、ロシアより、劣っている、核兵器の競争力を、もう一度、見直そうとしていますし、反米で名高いイランや北朝鮮が、核兵器の開発を急いでいます。

原爆は、ご存じのとおり、被爆者の後遺症もすさまじく、非人道的な武器です。持っていても、使うべき...続きを読む

Q普通の爆弾と原爆の被害違いを教えてください!

普通の爆弾と原爆の被害違いを教えてください!

Aベストアンサー

「津波」と「原発損傷」の違いと同じです。

津波は、過ぎればあとは復興するだけ。
原発の損傷はこれだけ経ってもまだ先が見えません。

Q時計の針を戻して第二次世界大戦が真珠湾直前からやり直せるとしたら

日本はどう行動することが最善だったと思いますか?
張るノートを受け入れておけば丸く収まってましたか。

Aベストアンサー

太平洋戦争は日中15年戦争の最後のステージという側面を忘れてはなりません。

当時、中国を侵略していた日本軍は「大東亜共栄圏」つまり、白人を敵視して「アジア人だけの理想郷」をつくる、という口実で侵略を正当化していました。
大東亜共栄圏が完成しなければ、アジア人は白人の奴隷になるしかないという脅迫も、当時の政府が繰り返し国民に言っていたことです。

歴史に「もし」はないのでしょうが、せめて「アメリカには勝てない」という山本五十六らの忠告を天皇がまともに聞き入れていれば、平和的な外交を追求する余地はあったのではないかと感じます。
せめて、1945年の2月に近衛文麿が天皇に「もう降伏しましょう」と直訴したとき「もう少し成果を出してから有利な条件で降伏」などと昭和天皇がわがままを押し通さなければ、東京大空襲も沖縄地上戦も原爆投下もシベリア抑留もなかったはずです。

圧倒的な軍事力を持ちながら米軍がベトナムでもイラクでも失敗していることを見ると、結局軍事力に頼った発想では誰も幸せになれないのだと感じます。

質問の回答は「中国侵略をあきらめて平和外交を基本にする」でお願いいたします。

太平洋戦争は日中15年戦争の最後のステージという側面を忘れてはなりません。

当時、中国を侵略していた日本軍は「大東亜共栄圏」つまり、白人を敵視して「アジア人だけの理想郷」をつくる、という口実で侵略を正当化していました。
大東亜共栄圏が完成しなければ、アジア人は白人の奴隷になるしかないという脅迫も、当時の政府が繰り返し国民に言っていたことです。

歴史に「もし」はないのでしょうが、せめて「アメリカには勝てない」という山本五十六らの忠告を天皇がまともに聞き入れていれば、平和的...続きを読む

Q広島原爆 被害者とその後の自殺者数

こんにちは、今回は広島に落とされた'little boy'がもたらした影響について聞きたいと思います。
この原爆による被害者数がネットによってまちまちだと言う事が分かりました。
実際の所信頼できる数としては一般的にどれくらいなのでしょうか?
また投下された1945年以降に原爆病などと戦い、亡くなった方やそれがきっかけで自殺に追い込まれた方々がたくさんいると思います。
その方達の人数などはネットでですが、調べた所その情報がのっている所がみあたらなかったので、こちらで聞く事にしました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一応被災自治体である広島市のデータがある意味公式的なものです。
原爆の急性症状が一応収まった昭和20年13月末までに広島市で14万人誤差プラスマイナス1万人というものです。
ただしこれは推定値にすぎません。正確な数字はこれからも決して分かることは無いでしょう。
また原爆病などで自殺その他の死亡された方の数は原爆直接死亡者数以上にその数を知ることは出来ません。
被爆地である広島長崎ですら被爆者に対する差別が存在し、それを嫌ってた後に移り住んだ人たちはなるべく被爆した事実を隠そうとして暮らしてこられた方が多く、その数をカウントすることは事実上不可能であるといえるでしょう。
(ただ、いくつかの記録でそういう人たちがその後にどんな人生を送ってきたかという例を知ることは出来ます。)
正確な数を知ることすら出来ないという事実が原爆の被害の本質を物語っているともいえます。何万人という数の人間が生きていたという証を根こそぎ蒸発させてしまうほどのものということです。
お役に立てずに残念ではありますが、そのように理解してください。

Q第三次世界大戦を考えよう

現時点の対立関係

ロシア、中国、朝鮮 vs アメリカ、日本、韓国

英国は間違いなく米陣営に就く
質問:独、仏、インドはどっちにつく?
理由をも教えってください

Aベストアンサー

 再び#8です。
 米中が直接戦うという可能性は互いの価値観の隔たりがいかに大きくとも、米国としては西側諸国に格安の労働力を提供している中国と断交しようものなら経済に壊滅的な影響を及ぼすこととなり理性的には選択しがたいと考えます。──農産物はともかく、工業製品の多くの製造は中国に依存しているため、産業界の多くはうなづきかねると思われます。
 同時に中国もまた西側諸国の富をかきあつめることで成立してきた経済がたちいかなくなり、巨大な食糧輸入国となっている中国が西側諸国と断交することとなれば、十億を超える民の相当数が飢えることとなり、当然のことそれは国内情勢を極端に不安定にすることと思われます。また、食糧確保のために南方に戦端を開くということも考えられますが、二正面作戦(米国と戦うとなれば、まず、真っ先に早期に台湾を制圧することは確実でしよう)は負け戦の常道というくらいですから、そうした愚を犯すことは考えにくいでしょう。
 しかし、両者が大人の関係をつづけられるかといえば、なかなかそうともいいきれない要素があります。アフリカです。
 米国などの国々がダルフール問題について中国政府に人権に関する状況の改善について再三申しいれ、中国政府はその声が聴こえないフリをしている、という状況がつづいており、Webの大方の意見は『罪なき人々の虐殺を継続している中国政府は鬼畜にももとる』というものですが、中国のいい分は『こっちだけを責めてるけど、お前らだっておんなじことやってンじゃんかよォ』なんです。
 で──実際、アフリカのあちこちでは資源メジャーが私設の軍隊を使って国を乗っ取るような(散々南米でやったのと同じ手法です)ことをやって、石油や希少金属などを搾取しまくっているのですから、中国政府からすれば『なんでおれたちだけが悪魔みたいにいわれるんだよォ』とぐれている訳です。とはいえ、己が私企業という便利な隠れ蓑(イラク戦におけるハリバートンのような)を使う悪知恵がないことを恨むべきなのですが。
 で──仮に、中国がダルフールから手をひけばスーダンの人々が暴力から解放されて平和な日々が戻ってくるのかといえば、彼らに銃を向け搾取をつづける連中の人種が代わり、そいつらに給料を払っている連中の人種が代わるというだけのことでしかないのです。
 ともかく、いずれはアフリカのどこかで両者の利害が衝突し、アメリカ人の生命が脅かされているという理由での派兵(盧溝橋みたいなモンです)が行なわれ──、結果、現地の人々までが代理戦争に借りだされて散々な目に遭った挙句、どちらかの傀儡政権と無意味な粛清による死体の山ができるというところなのでしょう。
 ああ、ムネオがODAをばら撒いて得たアフリカ利権がこういう形で強盗どもに収奪されてゆくのかと思うと口惜しいったらありゃしない。ま、前々政権でODAの大幅削減という資源小国として最悪の政策を選択したんだからしょうがないっちゃしょーがないかぁ。

 そして、北方領土問題ですが──。ロシアとしては『そんな問題は存在しない、そぉんなに欲しいんならカスみたいな島を二つくらいならプレゼントしたっていーがなー(髭男爵)』という立場です。しかし、北方四島の石油資源は英米の石油メジャーがもう唾をつけてしまったのですから、絶対に還ってこない──還しようがないと考えるべきでしょう。
 で、日本の立場は公的には『いんちきでパクったんじゃんか、還せよぉ』というものなんですが、本音では北方領土が還ってくると凄まじく面倒だから本気で返せというつもりがないのではないかと思われます。
 仮に返還されたとすれば、確実に米軍のレーダー基地が建設され、結果この地域のパワーバランスが不安定になり、対ロ戦の可能性が低いという判断の元に減らされつづけてきた北海道の自衛隊を再編増強せねばならなくなる。さらには、旧島民が権利を主張し四島に居住したいといいだした際(実際そのつもりらしいのですが)、原状と同等の生活インフラを整備するとなるととてつもない額の予算が必要となり、巨額の予算をごくわずかな後期高齢者たちに裂くほどの情の厚さ(それ以前に予算の余裕)なんて望むべくもないでしょう。とりあえず、カニはちょっと安くなるかなー。

 ──ついぞ十日ほど前は数メートル先すら見えないほどの猛吹雪だったってのに、突如として30℃超えになるってなオホーツク圏特有の荒っぽい気候のせいで、昨晩は暑くって眠れなかったんです。はい。

 再び#8です。
 米中が直接戦うという可能性は互いの価値観の隔たりがいかに大きくとも、米国としては西側諸国に格安の労働力を提供している中国と断交しようものなら経済に壊滅的な影響を及ぼすこととなり理性的には選択しがたいと考えます。──農産物はともかく、工業製品の多くの製造は中国に依存しているため、産業界の多くはうなづきかねると思われます。
 同時に中国もまた西側諸国の富をかきあつめることで成立してきた経済がたちいかなくなり、巨大な食糧輸入国となっている中国が西側諸国と断交す...続きを読む

Q原爆における被害者

昭和20年8月の広島と長崎の原爆被害者の人数を知りたいのです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

広島は246,726人、長崎は118,855人のようですね。
(URL参考)

参考URL:http://www.kototone.jp/hibi/2001/f0108jp.html

Q第二次世界大戦の良いところを教えてください

第二次世界大戦の良いところを教えてください。

Aベストアンサー

アフリカや南米の植民地解放のきっかけになりました。
白人優位主義、人種差別主義が許されないという流れを作ることが可能になりました。

大東亜戦争の始まりとともに、あっという間に、欧米の軍を叩き潰してしまいました。
最後に、日本は米軍に負けたけれど、他のヨーロッパ諸国の軍隊には全く負けていません。日本軍は強かった。

ただ、日本軍は、「戦争とは、軍隊と軍隊の戦いである!」と思っていたのですけど、米国は「軍人も民間人も無い。日本人はイエローモンキーだから、弱いところを狙う。だから輸送船を叩いて、食料・弾薬などの補給が無くなって弱った日本軍と戦おう」という、ある意味で、卑怯で合理的?な戦略をとりました。

日本人は、米軍のような合理的な発想ではなく、武士道精神で戦ったから、ルール破りの米国に負けてしまったというところがありますね。まあ、日本の指揮官レベルの能力が米軍よりも劣っていたというのも大きい理由ですけどね。


人気Q&Aランキング