マンガでよめる痔のこと・薬のこと

社会の課題で戦争のレポートを書くことになりました。
親戚に戦争で自分が体験したことを聞いてまとめるというような感じです。
しかし近くに住んでいる祖母は。戦争の話になるととっっっっっっってもうるさいんです。 
しゃべりだしたら何時間になることやら・・・(; ;)

本当はこの場を借りて聞きたかったのですが、ここを利用している人で戦争体験者はいないと思うので、戦争の体験談などがのっているHP知らないでしょうか? 教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

戦記物の書籍はどこの書店にもありますね。


もし東京近郊在住ならば目黒にある防衛研究所には一次資料を保存している防衛研究所図書館がありますので、行くとよいかもしれません。それから靖国神社にある遊就館も時系列に資料が展示されていますから参考になるでしょう。
外国の戦争なら割りと近年のものも多いですから、図書館などにいって新聞の縮小版を見るのもよいでしょう。
旧軍時代からある駐屯地や基地などには古くからある資料館があります。これらを見るのもよいでしょう。電話帳に駐屯地、基地の電話番号がありますから電話して、広報班に見学したい旨を話せば見せてもらえるとおもいます。
私も参戦経験はありませんが、具体的な戦争名や戦域、作戦名などを質問していただければ概要ぐらいは説明できます。このサイトの利用者にも結構詳しい方も多いと思われますので、質問されると良いと思いますよ。
    • good
    • 0

実際の戦争体験者が身近に居られるなら


ぜひ、話を聞いてあげてください
 話したがらない人もおおいのに、何時間も
話す人は貴重です、
 体験者自身から話しを聞いた、あなたも
貴重な体験になりますよ

 戦後生まれが大半になり、戦争の記憶が
有る人が少なくなります、生の話しを
聞いて、次の世代に継いでください
    • good
    • 1

母は満州からの引揚者です。


3ヶ月間近い昼夜逆転の逃避行の最中に祖父が被弾したため、そのまま生き別れとなりました。
その時の恐怖からTVなどの銃撃音には耳をふさぎます。
…そして長い間多くを語ろうとはしませんでした。

社会の課題とのことですが、先生の狙いはレポートという結果だけではないのでは?
他の皆さんの適切な回答を拝見しながら感慨にふけっています。
というのも、長女が小2の時の宿題が
「親戚の話を聞くこと」「自宅にある戦争に関する本を持ってくる」というものでした。
そして、その時持たせた本です。

「一銭五厘の旗」 花森安治著 暮しの手帖社
    • good
    • 1

 それなら、ホームページよりも図書館ですね。

その方が情報量が多いです。
 「戦争体験記」のたぐいの本はいろいろありますから、探すのは苦労しないでしょ。「わだつみの声」とか。

 あまり知られていない話が収集したいので有れば、「自分史」のコーナーで探す方法もあります。「近所のおじさん」みたいな人が自分史けっこう書いてます。だいたい書くのは戦争体験世代ですから、まあ戦争体験記みたいな部分もあるでしょう。自分史を書いた人は、ほとんどの場合、近所の図書館に献本しますから、どこの図書館にも何冊かはあるはずです。

 でも、「親戚に戦争で自分が体験したことを聞いてまとめるというような感じ」なら、おばあさんに聞くしかないんじゃないかな、#3さんじゃないけど、付き合ってあげたらどうですか(笑) ← 他人事モード
    • good
    • 0

夏休みだし、覚悟を決めて朝から晩まで一日聞いて上げたら?


おばあさんもあなたが聞いてくれないから必死なんじゃないかな?一日話せば満足するかも。
保証しませんけど。

大戦リンクというページがありましたので載せときますね。

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~storm/war-link.html
    • good
    • 0

おばあさんに、手紙で聞いたらいいんじゃないでしょうか?


電話とか直接とかだと長くなるんでしょうから、お手紙でいいと思います。

「テストがあって忙しいから(云々)・・・手紙にしてほしい」と言えば、書いてくれると思いますし、長々と手紙を書けばおばあさんも疲れますし、程ほどの資料が得られると思いますよ。
    • good
    • 0

こんばんは。


直接の体験談が載っているわけではないのですが、東京・九段にある「昭和館」という戦争時代の関連物が展示されている施設のサイトを置いていきます。よく近くを通るのですが、ご年配の方々がたくさん訪れられているようです。サイト内には「関連施設のご案内」なるリンク集もあるので、参考にされてはいかがでしょうか?レポート頑張って下さい。

参考URL:http://www.showakan.go.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太平洋戦争についてのレポートのネタ

こんにちは。
冬休みの課題として太平洋戦争についてのレポートが課題としてだされました。
内容は主要な戦いについて2つ取り上げて、その具体的な内容や感想をまとめるといった感じです。
僕自身受験生なので早めに終わらせて受験勉強に専念したいと思いさっそくやろうとしたのですが、何を取り上げようか?と悩んでしまいます。
最近硫黄島の話題があるのでそれを1つ取り上げてみようかなと思ったんですが・・・
他にこれを取り上げてみては?というのはありませんか?
どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

1.戦争を「早めに終わらせた」のは原爆です。
広島・長崎の原爆のことを課題にすると、資料が沢山ありますね。
戦いといっても、一方的に戦われてしまっていますが。
2.沖縄戦も重要な戦いです。満州、中国、アジア、ニューギニアまであります。
3.インパール作戦ですが、インドまで攻めて行きました。「戦場に架ける橋」や、
「ビルマの竪琴」で有名ですね。
4.「ケ号作戦」は太平洋戦争で奇跡の戦いといわれています。
「キスカマーチ」という曲まで出来て、三船敏郎さんが主演で映画もありました。
「キスカ撤退作戦」です。
5.その他「真珠湾奇襲作戦」「シンガポール作戦」「ミッドウェー海戦」
「空から落下傘で攻撃したパレンバン」「天一号作戦」などさまざまです。
お話はつきませんが、お好きなものをお選び下さい。
以上

Q戦争の体験談

学校のレポートで、戦争体験者の方にインタビューをして書かなくてはいけません。質問内容は1)どこで何をなさっていたのか。2)記憶に残っている出来事。3)何かの出来事で生活が変わったのか。などです。
体験者の方、もしくは、そういった戦争の体験談などが載っているサイトなどを知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

沖縄平和資料館、 沖縄戦体験話
等で検索してください。
貼り付け方法がわからないので
↑を検索してみたらいいですね。
平和学習しっかり学びましょう。

Q平和レポート

学校の宿題で平和レポートを書く宿題がでたんですけど、どんなかんじで書いたらいいかわかりません。
平和レポートには、いままでに習った事の感想(第1次世界大戦・第2次・日清戦争・日露戦争・満州事変など一通りの歴史戦争)・これからどうしたらいいか これからの行動などです。

例文やHPなど教えて下さい><

Aベストアンサー

その課題を出した先生がどのような思想の持ち主なのかで書き方は変わる問題でしょう。
課題を出されるまでに何回か授業を受けていれば、その先生の性格や意図が理解できていると思われます。
つまり、良い点数を取るには先生の趣向に合わせなければなりません。(良い点数を取れなくても、自分で納得するものさえ作れればよいなら別に気にする必要はありません)

もしかしたら何か変に聞こえるかもしれませんが、それはそれで重要なことで、社会において相手の要求に応えるということは非常に大事なことです。
学生のうちに身に付けて置くべきです。

ただ、なんとなくですが、
・戦争して犠牲になるのはいつも国民。国民が可哀相、政府氏ね
・ナチスドイツと日本の悪事を書いて叩きまくる
・戦争は悲惨且つ愚か者のすること、平和(戦争がないこと)が一番さ!(軍隊を廃止するべきと書けばよりよいかと)
大抵の場合、このあたりをポイントに書けばそれなりの点数はもらえると思います。

Q戦争体験者が若い世代に伝えたいことって?

戦争のレポートを書かなくてはいけないのですが、

戦争体験者が、若い世代に伝えたいことって何ですか??

祖母に聞いたのですが、ボケていて質問に合った答えを言ってくれません。。。

わかる方いらっしゃいましたら、教えてください!!

Aベストアンサー

もう10年か20年ぐらいずっと、よく小、中、高校ぐらいまでの生徒に向けて戦争体験者の老人があれこれ話したり、書いた文章を読ませたりする活動が目につきます。まあ大抵の場合は初めに戦争に関連して起こった悲惨な出来事を話したり読ませたりして「怖いぞー、コワイぞー、オバケだぞー」っていうのと同じやり方でショックを与えて子供たちの心をつかみ、そのあと戦争は良くないと話をつづけ・・・・そして、なぜか結論として「日本は戦争をやってはいけない」「自衛隊反対!」「憲法9条を守ろう!」「中国・韓国にもっともっと謝ろう!」と、なにやら変な方向に持っていくのが、こうした活動によくあるパターンです。戦争なんて、いつ向こうから仕掛けてくるかわからないのにね。私も「できる事なら戦争は避けたほうがいい」とは思いますが、つい先日も日本の島々に無礼なことをしてくる国が2つもありました。それが現実です。

私は太平洋戦争を体験していませんが、昭和30年代の終わりに生まれました。私の身の回りの大人たちはみんな戦争体験世代でした。私の両親もそうです。私の父の兄は海軍で戦死し、海の底です。父も学徒動員で作業しているときに、アメリカ軍の飛行機から機銃掃射を受けたと言っておりました。母は家のそばに落下傘(パラシュート)で降りてきた日本軍のパイロットの話をよくします、大やけどをしていたと、死んでしまっただろうか、可哀想だった、と。その他いろいろな戦争体験者の話を子供の時から聞いて育ちました。食料をはじめ、いろいろなモノがなかったという話も多いです。そうした話を総合すると、いろいろな意味で「戦争中は大変だった」というのが多くの人の “若い世代に伝えたいこと” だったと思っています。

で、そのあと大人たちが、さらに何か言ったかというと、あまり記憶にありませんね。あんまり反戦、反戦とバカの一つ覚えみたいに唱えていた記憶はありません。そういうのをやってたのは戦争が終わってから生まれてきた世代の連中が主流だと思います。自分自身が戦争で大変な目に遭った人たちは、意外と普通に戦争映画(べつに反戦がテーマの映画ってことはないですよ、バリバリ!っと敵を倒して主人公が勝っちゃうような映画が昔はほとんどです)を見たり、戦闘機や戦車や戦艦のプラモデルを作るのに協力してくれました。男でも女でも。昔の人はたくましかったんですよ。「なるようにしかならない、その中でがんばろう」って感じの人が多かったと思います。




今はねぇ、なんかちょっと変ですねー。戦争の話をする体験者っていうとなぜか特定の思想の人、またはそういう思想に利用されている人が出てきて子供たちに洗脳をしようとします。なんなんでしょう。戦争は酷いことですが、ギャンブルも酷いことです。パチンコなんてあちこちにあって、ものすごく酷いです。パチンコは人を悪魔にします。大きな借金を作って自殺したり、犯罪をおこしたり、自分の幼い子をパチンコ屋の駐車場で蒸し焼きにしたりします。この数十年、戦争が原因で死んだ日本人より、パチンコが原因で死んだ日本人のほうが何万倍もいるのです。でもなぜかパチンコのことはみんな黙って戦争反対しか言いませんねー。

ちょっと考えてみてください。太平洋戦争の記憶がある人っていったら、もうみんな70歳以上です。私の母(父はもう他界しました)を見ていてもそうですが、このぐらいの年齢になるとアレコレやるのが体力的にも精神的にも辛くなります。インターネットやってる人なんて少ないし、その中でわざわざ歴史問題について発言してくる人はかなり珍しい部類だと思います。ただ例外として特定の思想に凝り固まって意図的に活動している人は異常に元気で、頼まれもしないのに自分からアレコレ書いたり、あちこちに出かけて行っては戦争体験を話し、それだけならいいのに、何か思想めいたことまで添えます。

実はかわいそうな人もいるんだろうなと思います。年を取ると弱くなります。肉体的にも弱くなるし、精神的にも弱くなります。物事にあまり逆らえなくなってくるんです。テレビをつけても、ラジオを聞いても、新聞を開いても、最近は戦争について語る場合は必ず最後に何やら特定の思想の人たちに都合の良いことだけを余計に付け加えます。そういうのばかり見聞きしていると、変な思想をもっていない人でも、なんとなく逆らえなくなって同じような事を言い添えるようになってきたんじゃないでしょうか。

今から20年ちょっと前に世の中で重要なことがあったんです。20年よりももっと昔はソ連というかなり厄介な国があって、日本人の多くはその国を恐れていました。戦争なんて向こうからいつ仕掛けられるかわからなかったんです。昔の戦争を体験した人たちの中にはソ連にひどい目に遭わされた人も多く、ちょっとでも油断すればまたソ連にひどいことをされると思っていましたから(実際に北海道の漁船などは銃で撃たれて死んだ人もいます、戦争でもないのに!)、今ほどノンキなことは言っていませんでした。でも、ある特定の思想の人たちはコソコソ隠れながらソ連が日本を潰してくれるのをじっと待ち望んでいました。ところが20年ちょっと前にそのソ連は自分で崩壊してしまいました。

困ったのは特定の思想の人たち(「団塊の世代」といわれる層を中心にして、その前後を含む1946年~1950年ぐらいに生まれた人たちが多いです)。さあ大変だ、ソ連さまが日本を壊してくれる可能性が無くなった、これからは自分たちがもっと頑張ろう!ということでなりふり構わずいろんなことを始めました。新聞はそういう人たちの活動のよい道具になりました。「従軍慰安婦」という何やら変な話を作り出したのもそれからです。またそのころから韓国や中国も貧乏なだけの国から少しぐらいは金を持つようになって、特定の思想と協力関係を持ちます。そうしているうちに新聞、テレビ、ラジオなどなどは特定の思想にとってどんどん都合の良いものになっていき、そこに出てくる戦争の体験談もジワジワとある思想を混ぜてくるようになりました。そして、すでに上に書いたように、思想とは関係のない人たちまで似たような言い方になってきました。

今の若い人たちは、戦争体験世代から中立な話を聞くことは難しくなってきていると思います。まあせいぜい「何があったか」は聞いておいて、そのあとの「だからどう」というのはフーンって感じで十分じゃないかなと、大昔に混じりっけなしの話を聞いたオッサンは思います。ボケてるとか酷いことをいいますが chloe_sho さんのおばあさんの話のほうが、実は中立な良い話なのかもしれません。あなたのおばあさんの話で十分ではないでしょうか。

もう10年か20年ぐらいずっと、よく小、中、高校ぐらいまでの生徒に向けて戦争体験者の老人があれこれ話したり、書いた文章を読ませたりする活動が目につきます。まあ大抵の場合は初めに戦争に関連して起こった悲惨な出来事を話したり読ませたりして「怖いぞー、コワイぞー、オバケだぞー」っていうのと同じやり方でショックを与えて子供たちの心をつかみ、そのあと戦争は良くないと話をつづけ・・・・そして、なぜか結論として「日本は戦争をやってはいけない」「自衛隊反対!」「憲法9条を守ろう!」「中国...続きを読む

Q原爆・長崎・広島の被害者数は一体どれくらいなんでしょうか。

鳥インフルエンザ、新型(鳥)インフルエンザが流行してしまった場合、最悪の事態の予想を、新型インフルエンザ対策検討小委員会が明らかにしたという数値をみて、死者、患者共にその数の多さに驚きました。あくまで最悪の場合の予想とはいえ、ものすごい惨事であると思いました。そこで、生物兵器という言葉を思い出しました。兵器には核兵器もあると。そこで気になりました。原爆・長崎広島の被害者数はどれくらいなんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

広島は当時人口42万人、死者、行方不明合わせて
12万2338人、長崎は、人口24万人、
死者、行方不明合わせて7万3884人と言われています。

被爆後5年間の間に広島で20万人、長崎で14万人
です。

Q小学生でもわかる第二次世界大戦の流れ

小学生と、知的障害がある中学生に第二次世界大戦のことについて
説明してほしいと頼まれましたが、しゃべった内容が難しかったのか
ぽかーんとされてしまいました。自分が完ぺきに理解しているというわけでもないので
説明しながら自分でもわからなくなってしまいました。

そこで、子どもにも簡単に説明できるような第二次世界大戦の
開戦きのっかけ、流れ、終戦、状況などをとても簡単に教えてください。
お願いします。
一時間以内で話せたらいいかなあと思っています。

Aベストアンサー

 こういうのでどうでしょうか?

(1) 世界は3つのグループがあった。
 A)アメリカやイギリスなどお金持ちの強い国。
  Cグループの弱い国を支配していた。

 B)日本・ドイツなど貧しくて強くなりたかった国。
  AグループからCの国を奪おうとして戦争を起こした。

 C)AグループやBグループに支配されていじめられて
  いたので支配から逃れようと運動をおこしていた。

(2) 開戦

 ・日本は朝鮮や台湾・中国の北部を支配していた。
  中国全部を支配しようと戦争を始めていたが、アメリカ
  やイギリスが邪魔をしたのでそれら強国との大戦争に
  なった。
 ・ドイツも同じく周りの国々を軍隊の力で支配し、
  アメリカやイギリスと大戦争になった。
 ・強国に支配されていた国々は日本やドイツのやりかた
  が酷かったので日本やドイツと戦いを始めた。

(3) 流れ

 ・日本とドイツの戦争のしかたは奇襲といって相手が
  油断しているときに突然襲う戦い。だから初めは
  勝つけれど、より強いAグループが本気を出すと
  日本・ドイツは負けていく。そして支配の仕方が
  酷いので支配された国の人から恨みをかい日本と
  ドイツは大敗する。

(4) 終戦
 ・負けることがわかっても日本だけ戦いつづけた。
  理由は天皇を守るためということだった。
  戦いが続く中、アメリカは原爆という大きな爆弾を
  日本の広島と長崎に落として日本は降参した。

(5) 状況

 ・この大戦争は初めは強国どうしのよその国を奪い合う
  喧嘩だった。けれど日本やドイツが少人数の偉い人の
  命令をみんなは文句を言わず聞け、一人一人の事より
  国=偉い人のほうが大事なんだという考え方と、一人
  一人の事を大切にする考え方に賛成する国々との戦い
  となり、最後は日本と80の国々との戦いとなった。

 ごめんなさい。やはり難しいですね。でもこれを下敷きに

もっとお話し的に変えたらどうでしょう?

 

 こういうのでどうでしょうか?

(1) 世界は3つのグループがあった。
 A)アメリカやイギリスなどお金持ちの強い国。
  Cグループの弱い国を支配していた。

 B)日本・ドイツなど貧しくて強くなりたかった国。
  AグループからCの国を奪おうとして戦争を起こした。

 C)AグループやBグループに支配されていじめられて
  いたので支配から逃れようと運動をおこしていた。

(2) 開戦

 ・日本は朝鮮や台湾・中国の北部を支配していた。
  中国全部を支配しようと戦争を始めていたが、アメ...続きを読む

Q平和のためにできること

すごく抽象的な質問で申し訳ないのですが、具体的な言い回しが思い浮かびませんのでお許しください。

私は、世界の人々が1人でも多く平和を感じられるために何か自分にできることはないか、と考えます。
そのきっかけとしては、例えば恵まれない子供を特集したテレビのドキュメンタリーであったり、北朝鮮やイラクなどの緊張や紛争が絶えない地域のことであったり、日頃国内外で聞く犯罪のニュースであったり、いじめ問題だったり、という感じです。
そういうものを見たり聞いたりするたび、哀れんだり同情したり何かしたいと思う方は大勢いらっしゃると思います。例えば募金活動等が行動として代表的に挙げられるかと思いますが、私はもっと自分から具体的に動きたいのです。
私には得意とする分野も能力も見当たりませんが、必ず何かできると思います。私はサラリーマンですが、それと並行してできること、あるいは仕事として完全に転職すること、どんなことがあるのか、どんなことができるのか、知りたいです。

とても抽象的ですが、「こんなことがあるよ」といった気軽なご回答から、詳しい方からのご回答なども聞かせていただければと思います。よろしくお願いします。

すごく抽象的な質問で申し訳ないのですが、具体的な言い回しが思い浮かびませんのでお許しください。

私は、世界の人々が1人でも多く平和を感じられるために何か自分にできることはないか、と考えます。
そのきっかけとしては、例えば恵まれない子供を特集したテレビのドキュメンタリーであったり、北朝鮮やイラクなどの緊張や紛争が絶えない地域のことであったり、日頃国内外で聞く犯罪のニュースであったり、いじめ問題だったり、という感じです。
そういうものを見たり聞いたりするたび、哀れんだり同情...続きを読む

Aベストアンサー

「平和のためにできること」と、考えることはなかなかできないことですよね。すばらしいです。
私は、平和の究極は「教育」にあると思うんですね。「戦争は人の命を奪うこと。どんな人間も人の命を奪ってはいけない」という教育。「環境を大切に。森林伐採は自然を破壊するんだよ」という教育。
では、自分はどうすれば良いのでしょう…。この世の中、あらゆる事象は「人のため」にあると思います。たとえば、たった一本の電話がアジアの人を救うとか、100円の寄付がたくさんの治療薬に変わったとか…。
「必ずなにかできる」という、あなたの言葉は「アンテナ」のようなものです。ボランティアや、寄付、平和活動を展開している団体を調べてみるとか、できることはたくさんあるよ。きっと…

Q戦争中の子供達、どうしているんですか?

小6の女子です。
今、国語の授業で調べているんですけど、
戦争中の子供はどうやって生活をしているんですか?
学校は、どうしているのか。食料は? 日本と同じような生活だったのか。・・・・・など。
戦争中の子供達に関することなら、大歓迎です!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「子供」をどの階層にするかで答えは代わりますが。、
2字対戦中の農村地主-比較的裕福な小作層小学生ですと、
学校に出かけて、学校帰りに近所の農地を襲って適当に食料を調達。
うちの畑が教われました。ちょっと前までPAT会長等の役職についていました。

埼玉県某村の子供ですと、その村で「食量の補給を受けろ」と命令された日本兵がとさつして食べてしまいました。

戊辰戦争の頃かな。
官軍に逆らったとして、殺されました。

学校はありません。学校では、「何とかを集めろ」という話しがあるたびに児童生徒が該当業に従事して、「しょうこんゆをとるから松の根を掘って来い」なんてやっていました。
疎開者には食い物はまずありません。その地区の餓鬼大将が配給食をほとんど略奪して、自分のつかいっぱしりに配ります。疎開者は略奪されるだけです。
疎開者が戦後学校の試験で一番を取ったことがあります。餓鬼大将がその児童を殴りました。半年後死亡しました。
都内からの疎開者は、略奪の対象に過ぎませんでした。

だから、「川魚」は食べられません(取ったらば食べる前に略奪され、半殺し。多くの場合には1-3週間食料を与えられず死亡)。カエルとか蛇とか地区の人間が食べない物が疎開者の食料でした。

「子供」をどの階層にするかで答えは代わりますが。、
2字対戦中の農村地主-比較的裕福な小作層小学生ですと、
学校に出かけて、学校帰りに近所の農地を襲って適当に食料を調達。
うちの畑が教われました。ちょっと前までPAT会長等の役職についていました。

埼玉県某村の子供ですと、その村で「食量の補給を受けろ」と命令された日本兵がとさつして食べてしまいました。

戊辰戦争の頃かな。
官軍に逆らったとして、殺されました。

学校はありません。学校では、「何とかを集めろ」という話しがある...続きを読む

Q戦争体験者の話を聞きたいんですが・・・

学校の宿題で祖父母、近所の方から戦争の体験談をインタビューしようというものがあるんですが私はそういう人がいないんです・・・なので色々教えてください。
できればこのしたにかいてることを教えてくださいm(_ _)m
1.その時の状況
2.つらかったこと
3.衣食住のこと
4.平和に対する考え方
この上のことがなくてもいいのでよろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

 もうそろそろ限界じゃないか? お年寄りの方ぐらいで、お年寄りが集まる施設とかに相談してお話しを聞けるか尋ねてみては?

 
 私の父が当時まだ子供だったとのことですが、いろいろと聞かされた話しでは、学童疎開をした。親元から離れた経験がある。食事も辛かったようですね。

 焼夷弾というのが何度か話に出てきていましたし、兄弟で戦地に行って亡くなったという話しも聞いています。戦艦に乗っていて撃沈されたらしい。遺品の整理で戦争関係の本というかアルバムも出てきたね。

 母は食料を作るところにいたので、比較的ましだったらしいけどね。

 
 どうしても無理なら、戦争について語れる人が居ない。それぐらいの時間が経っている。平和ってありがたいとか書けば。

 私の子供時代ではまだ語ってくるれる人も居たけどね。戦後生まれの人が多いと思うし。


人気Q&Aランキング