個人事業で開業届けを出す場合に、基本的には開業してから1ヶ月以内に開業届けを出すということですが、開業届けに記載した開業日以前に使用した経費(事務所家賃、PC購入、等)は経費として申請できないのでしょうか?
もし、できない場合は開業準備中でも早めに開業届けを出したほうが税金的に得なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

開業届」に関するQ&A: フリーランス、開業届と確定申告

開業」に関するQ&A: 開業

A 回答 (1件)

 ken7788さん こんばんは



 開業日以前に開業のために掛る費用の事を「開業費」と言います。たとえば開業の為の店舗契約の為の前家賃や保証料等がこれに相当します。
 この「開業費」については何時~何時までの事を言うか詳しい決まりが有る訳でないのですが、一般的には「開業前1年以内に掛った開業の為の費用」の事を言います。したがって例えば19年8月1日に開業した場合、18年8月1日~19年7月31日に掛った開業のための費用と考えると良いでしょう。

 この「開業費」は経費に当らず、繰越資産として計上し5年間の均等で償却します。

 この方法で経費計上ではなくて、事務所家賃・PC購入等は「開業費」で処理して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sionn123さん こんばんは

早速の御回答、ありがとうございます。
いただきました御回答、大変助かりました。

私は今いろいろと勉強中なのですが、まだまだわからないことが多くて困っていましたが、初質問ということもあり、御回答に感激しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/21 18:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q参考までに開業医と大きな病院では・・

参考迄ですが、一般の総合病院(大学病院)の消化器外科と、消化器外科専門の開業医ですと、開業医の方が検査の技術等は優れているのでしょうか・・?開業医をされるにはそれなりの技術や専門知識を積んでると聞きました。(無痛の経鼻胃内視鏡は比較的、開業医の方が行なっているようですし・・。)今までは、検査(胃カメラ・大腸ファイバー他)をするのなら、大きな病院の方がと思って居りましたが・・。実際、自分が診察を受けてみて感じたのですが、大きな病院では設備が整っていますが、医師によっては検査技術がいまいちなど、あるように思いました。

Aベストアンサー

こればっかりは医師の経験と年数次第です.開業医はそれなりに経験を十分積んできております.
大学病院は未だ若い先生もいます. 修行中の先生が居る訳です.教授を中心として難病にも取り組んでいますから,難しい病気は大学病院で,普通の病気であれは個人病院でと使い分ければいいと思います.

Q個人事業の開業届けと廃業届けについて

3年ほど前に税務署に個人事業の開業届けを出したのですが

その時は都道府県事務所にも出さないといけないという事を知らず出しておりませんでした。


今回、法人なりをするため廃業届けを出すのですが

この場合、税務署にだけ廃業届けを出しておけばいいのでしょうか?


都道府県事務所に出していないため、

廃業届けを出す必要がないような気がしたので質問してみました。

Aベストアンサー

個人事業の開業届けと廃業届は、税務署だけで構いません。
法人の場合はURLをご覧下さい。
http://houjin.todokede-shien.com/税務署
http://www.moj.go.jp/ONLINE/COMMERCE/11-1.html法人登記

Q歯科医、大学付属病院か開業医かの選択肢のことで

たとえば、根幹治療でも、開業医さんによって得意かどうか差があるらしいのですが、大学付属病院の中の歯科でも、各病院によって腕の差があるのでしょうか?素人判断ですが、大きい病院内の歯科のほうが設備が整っているような感じを持ってしまい、腕の良い開業医さんを探すより、直接大学病院に行ったほうが手っとり早いように思ったりもします。
また、技術レベルの信用度は、開業医でも大きい病院でもおなじことなのでしょうか。
開業医を何回か変えており、治療が長引いてしまっています。

Aベストアンサー

根の治療(根管治療)に関しては、大学の差、病院の大きさの差など無いといっていいです。
開業医でも大きな差があり、大学病院でも先生によって大きな差があり、また患者さんの歯によっても、その状況によって差が生まれます。

根管治療では歯医者を替えたり長期間中断すると、最初からのやり直しになりますから、あまり替えなくてイイ方法を考えましょう。

Q開業Xヶ月前に購入した備品は経費として認められますか?

自転車修理で開業します(個人事業です)。 ( 開業届はまだ出しておりません )

「開業前」に購入した道具等についての経費はどこまで経費として認められるのでしょうか?
1ヶ月前まで?
2ヶ月前まで?
それとも半年前まで?

さすがに1年以上前に買った道具を経費にしようとも思ってませんが…(汗)。

( レシートなら保存してあります。)



いろいろ検索してみたのですがわかりませんでした。
それほど大きな額ではないのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

明らかに、その開業のために必要として、購入したものであれば、半年前の購入でも経費として問題ありません。

又、1ケの価格が10万円以上の場合は、固定資産として計上して3年間の均等償却、20万円以上の場合は、やはり固定資産に計上して、法定の耐用年数で償却することになります。

減価償却については、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2100.HTM

Q総合病院と開業医とでの、薬の量の違い

最近、総合病院から近所の開業医に紹介状を書いて頂いて転院しました。
理由は、開業医のほうが近いからですが。
ただ、今までは、薬を2ヶ月分処方して頂いていたのが、開業医は2週間分に減りました。
これでは、診察料と通院回数の関係で損です。
何故、まとめて出してくれないのでしょうか?

Aベストアンサー

当然ですが,mey_3さんの病名や症状は分かりませんので,内科系の慢性疾患と考え,一般的な回答にとどまることをご了承ください.

薬剤の処方日数に関しては,法律上の制限は現在はほとんどなくなっています.特定の薬剤をのぞき,何ヶ月分でも処方することが可能です.しかし,実際は,病院や診療所ごとに処方日数の上限を決めています.これは,既に他の回答でご指摘されているように,治療方針の違いが理由の一つとしてあります.

大病院の専門外来では,病気がある程度コントロールできるところが目標になります.おそらくmey_3さんも,最初は2ヶ月処方ではなかったのではないと思いますがいかがでしょうか? 徐々に通院回数を減らしていき,ある程度のところで「かかりつけ医」に紹介するというのが理想の一つです.
「かかりつけ医」は,専門医と違い,悪くならないように経過を見ていき,悪くなるようであれば,専門医に紹介しなければならないという立場になります.「かかりつけ医」は総合医であることが理想ですが,今の日本では,総合医の研修体制のあるところはほとんどなく,開業してから総合医としてのスキルを磨くの医師が多いのが現状です.そのためブラックジャックやDrコトーのような医者はごくまれで,「かかりつけ医」の多くは,自分の専門外の病気を診なければならず,自然と通院回数は多くなってしまうのは容易に想像されます.

また,全く違う視点ですが,保険制度自体にも関わる問題があります.
日本の再診料はかなり低く抑えられており,欧米のように1日10人診れば生活できるという程は収入は得られません.また医薬分業が勧められているため,いくら処方を多く出しても,医師の収入は増えません.そのため,営利目的で医業をする訳でないにしても,診療所を維持する最低限の収入を得るために,やむを得ず処方上限を1-2週間に決めているところも多いと思います.
この辺りの事情は,崩壊しつつある医療制度全体の問題とも絡むため,書き出すときりがないので,これくらいにしておきます.ご興味があれば,インターネットで検索すれば情報はゴロゴロしているので,調べてみるといいかもしれません.

当然ですが,mey_3さんの病名や症状は分かりませんので,内科系の慢性疾患と考え,一般的な回答にとどまることをご了承ください.

薬剤の処方日数に関しては,法律上の制限は現在はほとんどなくなっています.特定の薬剤をのぞき,何ヶ月分でも処方することが可能です.しかし,実際は,病院や診療所ごとに処方日数の上限を決めています.これは,既に他の回答でご指摘されているように,治療方針の違いが理由の一つとしてあります.

大病院の専門外来では,病気がある程度コントロールできるところが目標に...続きを読む

Q個人事業の開業届け

知人の個人事業を引き継ぐことになりました
屋号は前と同じものを使っていくことになりますが
所在地は変わります

質問なのですが
開業届けは知人が廃業届けを出してからでないと
出せないんでしょうか?
知人が少しルーズなので
なかなか手続きをしないもので・・・・・。

Aベストアンサー

開業届け自体はあなたがたまたまあなたの知人と同じ屋号で個人事業を始めるだけですからすぐに出せます。
問題はルーズな知人から引き継ぐ場合税務上の事業引継ぎ手続や実質的事業引継ぎ(たとえば個人の電話と事業の電話を兼用している場合原則全て解約や番号変更して個人で利用しないようにしてもらわないと後々もめる基ですよ)が大変ですのでこちらは期限を区切って厳しく処理を知人に迫ってください。

Q歯科医師はすぐ開業医?

外科や内科にかかる時、町医者(開業医)にかかることもありますが、比較的大きな病院(大学や県立病院までではなく、個人病院や医療法人病院だが複数の科があるようなところ)に行くことが多いです。

そこでは勤務医として、若い医師も結構見ます。

ところが歯科となると、まず開業医に行くのが多いと思います。
大学病院まで行く人はあまりいないのでは?
そして、先のそこそこの病院(複数の医師の居る)も歯科ではまずないですよね。(まず町医者です)

歯科医師の、研修医(これは大学?)及び、医師になって開業するまでの数年? どこで働いているのでしょうか? 比較的大き目の開業医が1-2名雇っているところも見ますが、そのようなサイズの歯科医は非常に少ないです。(まず1人でやっていますね)

卒業したら(研修を終えたら)、スグ開業(1年以内とか)するケースが多いのでしょうか?

それとも私が見ない(知らない)だけ? 関東の都市部です。

Aベストアンサー

知っているのを一つだけ。友人の勤める歯科に数年いて(その男性と院長は叔父と甥)開業医になった方もいました。参考程度にして下さい。

Q開業届けの開業日以前の経費

主人が個人で仕事を始めました。
先日、個人事業の開廃業等届出書(←たぶんこれだと思うのですが)を
税務署に出したのですが、記載した開業日よりも前の期間に
開業に必要になる道具などを購入しています。

この場合、開業日より前に購入した物などは
経費として、申告はできないのでしょうか?

今回は初めてなので、白色確定申告しようと思っています。

Aベストアンサー

開業前に、事業の開始準備のために使った次のような費用は、「開業費」として、開業後の必要経費とは区別して取扱います。

「開業費」は「費」という言葉が付いていますが、“資産”扱いとなり、「繰延資産」となります。

「繰延資産」とは、そのお金を支出した効果が支出の時だけでなく将来にもおよぶもの、そういった経費は、支出した年度に一括して費用にするのではなく、その効果のおよぶ期間(償却期間)にわけて費用に計上しましょう、というものです。

「開業費」の償却期間は、5年間です。しかし、任意償却が認められているため、5年以内であれば、3年あるいは1年で均等償却して必要経費に繰り入れることができます。

創業年度に「開業費」を一括して経費にしてしまうと、売上より経費が多くなって赤字になってしまう可能性があります。一括経費にするか、資産として繰越すかは、年度末に決算をして利益が確定してから決めても良いと思います。

Q開業医の妻って・・・

私の夫は開業医です

具体性のない質問で申し訳ありません
「開業医の妻」ってはたから見ると どう映るのでしょうか?
お教え頂けたら有難いです
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

セレブ。
車はベンツって感じ?笑

Q個人事業者の開業届け

個人で開業する場合に開業届けが必要と思いますが、基本的には国、県、市の全てのレベルでそれぞれに届け出なければならないと思います。
ちなみに私の開業の地域は広島市なのですが、市(区)には提出が不要と役所に方に言われました。確かに広島市HPでも開業の届出の用紙は用意されていませんでした。
これは、やはり自治体によって違うものなのでしょうか?ちなみに、広島県は提出が必要でした。

Aベストアンサー

基本的に、個人で事業した場合に関連する税金は、所得税・市県民税・事業税です。

所得税については、もちろん税務署へ届け出る必要はありますが、市県民税については特に届出の必要はありません。
所得税の確定申告をすれば、複写の2枚目が住民税用として自動的に市町村等へ回りますし。

ただ、都道府県税事務所については、事業税の関係から届出をしなければなりません。

ですから、基本的には、全国どこでも、税務署と、都道府県税事務所へ開業の届出をすれば良い事となります。

下記サイトもご参考にされて下さい。
http://okasoken.hp.infoseek.co.jp/sp0104.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報