株式投資よりもワラント債のほうがハイリスク・ハイリターンって本当?
ワラントって株式よりも少ない資金で購入できて利益は大きいので、ハイリターンなのはわかるんですけど、株価が安くなった時は、ワラントを行使しないで、放棄しちゃえば、損失はワラントの代金だけだから、株式投資よりもリスクが少ないと思いません?これじゃ、ローリスク・ハイリターンですよね。
でも、そんなうまい話があるわけないし・・・。だいたい、ワラントの値段って株価の何割くらいなのかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 ワラント債は、社債部分とワラント部分を分離して売買できないものを非分離型、売買できるものを分離型といいます。

日本でも1985年から分離型が見とめられるようになりました。現在では、ほとんどが分離型になっています。株価が権利行使価格を上回れば、ワラントの価値が上昇し、大きな収益が得られる反面、株価が権利行使価格を下回ったまま行使期間が過ぎてしまえば、ワラントは「紙くず」となってしまいます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q100万を500万にするローリスクハイリターンな投資はありませんか?

100万円を500万円に増やしたいのですが、

ローリスクハイリターンの投資か

せめて、ミドルリスクハイリターンなものはないでしょうか?

やはり、レバレッジ掛けての先物、FXぐらいですかね、、、

買いは家まで 売りは命まで
というから、レバレッジ掛けて勝負したら、最悪命まで逝っちゃう可能性すら

出てくんですかね?

Aベストアンサー

そういう美味い話があれば、みなやっていますからね。美味い話を自分が見つけて水面下でやっていても、そういう美味い話は必ず露呈して広がり、やっぱりみながやるようになります。そういう美味い話が巷にないということは、不法なもの以外は存在しないんですよ。

100万円を500万円に増やすローリスク・ハイリターンの投資がもしあるとすれば、それは自分に投資して自分(の能力)を磨き上げ、それで稼ぐことです。自分ならリスクの程度とリターンの程度が分かるでしょ。自分に投資するのは危ないと思えば、それ以上に安心な投資先はありません。

Qハイリスクハイリターン銘柄の探し方についての質問です。

短期で売買する時に、ハイリターンの期待ができる銘柄の探し方にはどのような方法がありますでしょうか。
ハイリターンを期待するには当然ハイリスクになることは承知しています。

そういったハイリスク・ハイリターン銘柄を探すためのHPやその方法など、ご教授いただきたく思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 各情報検索エンジンの、人気銘柄の「掲示板」には、毎日多数の銘柄推奨サイトを載せたHPがあきれるほど宣伝されています(ちなみに私は一度も利用したことはありませんが)。短期売買の人たちはこんなに必死になって情報取りをしてるんだなあって思いますが。
 1つないし2つの人気銘柄の掲示板を3日間眺めてれば、その傾向はつかめると思います。

 短期、中期、長期ってどのくらいのタームの認識ですか?わたしはファンダメンタルズ重視の3ヶ月以上ホールダー、成長性重視の新興市場志向、もちろん自己責任です。

Q転換社債はローリスク、ハイリターン?

すみません、ほとんど株式しろうとです。
転換社債って株が上がれば株式に転換できるし、下がれば社債のまま保有すれば元本が減らないというようなことを聞きましたが、それなら普通の株式よりはるかに安全な商品のようにおもえます。
ところがあまり推奨されている文章をとんとおめにかかりませんが、なにか株と比較してもデメリットとなるようなことがあるものなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>大暴落したときは、いちおうやけどは少ないという
>考えはよろしいのでしょうか?
格付けが変更されず、金利に大きな動きがなく、かつ単価が100以下で買っていれば、株価ほど下落する事はないと思います。
せいぜい、金利水準に見合った分の下落で済みます。
又、満期まで持てば株価に関係なく単価100で償還されるので、単価100以上で買っても、この差額の損失で済みます(単価100以下で買えば、逆にこの差額が利益になります)。

表現がややこしくて申し訳ないのですが、転換社債は株価と金利と格付けの3つが主な変動要因になるので説明が難しい点はご了承ください。

Q投資で最もローリスク、ローリターンな方法を教えてください。

投資で最もローリスク、ローリターンな方法を教えてください。
株やFX,スワップ、バイナリー、社債、国債など、様々な投資方法がありますが、なるべく大きな痛手を受けず、確実に少しずつでもいいので増やしていけるようなもので、今ある投資方法No.1を決めるとしたら何になりますか?
もちろんローリスクでハイリターンなものがあればそちらのほうを教えて下さい。

条件は

・ローリスク
・定期預金、普通預金以外
・投資可能な金額は50万以内

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

やり方次第では元本割れリスクの可能性の低い方法は有ります。
まずは日本国債10年物(現在の利回りを年1.3%(税引年1.04%))と仮定します。
これを45万円分購入します。
残り5万円をe-Maxis新興国株式インデックスに投資をします。

10年間に入る税引利息は46800円ですから、10年間投資を続けられれば元本割れリスクは大きく低減できます。
e-Maxis新興国株式インデックスは信託報酬年0.64%でMSCIエマージング指数に連動させる成果を目指します。
新興国株式ですからハイリスク・ハイリターンです。
しかし、新興国株式の投資が50000円→3200円までで有れば元本割れは有りません。
10年間投資しますから、新興国株式はよりハイリターンを期待できます。

仮に新興国株式が50000円→100000円になったと仮定すると(税率20%を適用)・・・
450000+46800+100000-10000=586800(単利ベースで年1.736%)
新興国株式が50000円→150000円になったと仮定すれば・・・
450000+46800+150000-20000=626800(単利ベースで年2.536%)

やり方次第では元本割れリスクの可能性の低い方法は有ります。
まずは日本国債10年物(現在の利回りを年1.3%(税引年1.04%))と仮定します。
これを45万円分購入します。
残り5万円をe-Maxis新興国株式インデックスに投資をします。

10年間に入る税引利息は46800円ですから、10年間投資を続けられれば元本割れリスクは大きく低減できます。
e-Maxis新興国株式インデックスは信託報酬年0.64%でMSCIエマージング指数に連動させる成果を目指します。
新興国株式ですからハイリスク・ハイリター...続きを読む

Qハイリターンな投資で儲ける

ハイリスク・ハイリターンというそうですが、最近はレバレッジといって、元手の100倍もの資金を運用できるそうですね。

そこでお聞きしたいのですが、以下のような取引は出来るでしょうか?

1万円投資する。
100倍のレバレッジをかける。つまり100万円の投資とする。

↓パターン1
買った株・あるいは通貨が上がる。
売って儲ける。

↓パターン2
買った株・あるいは通貨が下がる。
追証発生するもあきらめて清算。

パターン1で仮に5%あがったとします。
つまり、105万円になったわけで、4万円の利益です。

パターン2の場合はレバレッジがかかっている分少し下がった時点で追証が発生するので、そこで清算すれば1万円の損だけで済むはずです。

つまり、市場の動きは予想できませんが、下がった時のリスクよりも上がった時のリターンが大きいので、仮に上げ下げの二分の一の確率だとすると、儲ける幅の方が大きいのではないか?ということです。
もちろん必ず5%上がるとは限りませんが、少しでも上がって清算すればやはり儲けはあります。下がった時は1万円の損害だけ・・という考えです。

もし出来るなら効率的で具体的な方法を教えて下さい。

ハイリスク・ハイリターンというそうですが、最近はレバレッジといって、元手の100倍もの資金を運用できるそうですね。

そこでお聞きしたいのですが、以下のような取引は出来るでしょうか?

1万円投資する。
100倍のレバレッジをかける。つまり100万円の投資とする。

↓パターン1
買った株・あるいは通貨が上がる。
売って儲ける。

↓パターン2
買った株・あるいは通貨が下がる。
追証発生するもあきらめて清算。

パターン1で仮に5%あがったとします。
つまり、105万円にな...続きを読む

Aベストアンサー

そんなに上手く出来ていません。

1万円を拠出してレバレッジ100倍で取引します。
5%の値上がりですから利益なら確かに5万円です。
では、損失は?と言うと使っている口座にもよりますが、僅か0.1%
の下落でも追い証が発生する可能性がありますね。
まして預けた証拠金で損失が収まらなければ、追加で徴収されます。

「少し下がった」と表現されていますが、その少しの割合が問題です。
証拠金維持率100%以下でロスカットならば、通貨なら1銭とか1
pips下がっただけでロスカットでポジションを維持出来ません。
維持率30%だとしても、0.7%の下落でロスカットです。

つまり、あなたが仰っているのは、利益の割合と損失の割合が同じでは
無いので、確率50%でと言う条件がイーブンにならないです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報