ソシュールの入門書などを読むと、以下のように言っているように思えます。

<< この世界は、言語によって切り取られるまでは、混沌とした一体であって、個々の「もの」は存在しない。>>

もし、それが正しいとすると、「リンゴ」という言葉がないと、「リンゴ」という「もの」は存在しないということになりますが、それは、おかしいと思うのですが。もちろん、「リンゴ」という言葉を知らなければ、目の前にある「リンゴ」を「これはリンゴだ」とは言えないのは確かです。でも、だからと言って、「リンゴ」と名づけられるはずの「もの」そのものが存在しないということはならないと思います。

ソシュールはどういう意味で、上記のようなことを言ったのでしょうか?

 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

英語 視覚」に関するQ&A: 視覚障害者のことを英語でなんと言いますか?

A 回答 (77件中31~40件)

今回 No.45そしてほかの補足説明されたものを読んで 推測の限りでは 簡単なことで議論が長引くことになったかも知れないということでした。



というのは たしかに心分けの位置づけにかかわっているのではないでしょうか。ソシュールないし丸山は この心分けを 独立させようとは思っていない。(字義どおりには 《何ひとつ分明なものはない》と言う)。批判する(疑問を抱く者の)側としては そこのところを はっきり位置づけるべきだと感じている。

この心分けは 丸山の説明によれば
  《シーニュによる分節以前の実質》=《星雲》・《マグマ》
であると言い つづけて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
イェルムスレウL.Hjelmslevはのちにこれを《メニングmening》とよびました。この術語は英語でpurport フランス語ではsensと訳されますが サンスと言っても既成の《意味》ではなく 意味化以前の未分節にある意識 意味志向である・・・。
(《ソシュールを読む》p.40)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《意識 意味志向》というからには 《心》の問題であるはづです。

もっとも これが分明ではないものであり 少なくとも独立させたくはないということなのでしょう。

《ゲシュタルト》というとき では それがどれほど《分明》なのか 言いかえると 《未分節》というのはどの程度なのか これに帰着するでしょうか。

《動くもの そして柔らかく温かい感触をもつもの》というゲシュタルトは どうでしょう? この場合 《動く・柔らか・温か》は 身分け(ここでは 視覚と触覚)のあとの意識つまり心分けであるわけですが そのように言っているなら すでにじゅうぶん分節しています。では どうなのでしょう?

第二の恣意性についても 同じようなことが言えると思います。
シーニュは シーニュどうしの恣意的な関係――なんら自然のものに基づくことのない互いの差異の関係――によってのみ成り立つ。というのであれば 言分けのためには・つまり人が言語が使用できるようになるには あたかも天からそのシーニュ群が降って来て頭の中に入り込むことでもなければ 無理だという物言いが出て当然だ。・・・

おそらく ソシュールくんたちは そこに欠如していると見える過程つまり 心分けとしてのゲシュタルト生成の問題 これを 不問に付しているのではないでしょうか。

不問に付すということには 二つの側面があるようです。一つには 恣意性として成り立っているというからには その母親からのラングを だれもその主観の違いによって 別様に受け継ぐ気遣いはない。ゆえに 心の問題はかかわっていないと言っているらしい側面。

もう一つには いや確かに シーニュ学習の過程では 実際 そのシーニュないし具体的なパロル(ディスクールと言うべきでしょうか)を受け取るからには 心のはたらきを除外することは出来ない。しかも それ(心の領域を除外していないこと)は 暗黙の前提であるというらしい側面。

・・・・・・
わたしなら むしろ言分け自体を 大きく心分けとして規定し 大いに主観のはたらきを全面に押し出したいところです。身分けしたことがらを意識したもの これも 含むわけですから その心分けは けっきょく言語行為のすべてを包むかも知れません。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。

>今回 No.45そしてほかの補足説明されたものを読んで 推測の限りでは 簡単なことで議論が長引くことになったかも知れないということでした。

何だか、実りない議論のお付き合いをさせてしまったようで、大変心苦しいです。私の方は、先にご紹介いただいた「身分け」という発想が、私の疑問を解剖する上で、この上ない有効なツールになっており、大変感謝しております。何とか、一定の理解の目途が立つところまで行きたいと、最後のもがきをしているところです。

おっしゃるとおり、「心分け」の位置づけが重要と思います。また、《分明》とか《未分節》とかが具体的にはどういうことなのかがはっきりしないというのも同感するところです。虹の例などから考えると、”共同体内で社会的に同意された”切れ目が入っていないことを《未分節》と言い、また、個人的に勝手にやっている分節があったとしても、それは、共同体で共有されたものではないのだから「言語の対象ではない」ということで不問いに付されるているとも感じられます。おっしゃるとおり、<その母親からのラングを だれもその主観の違いによって 別様に受け継ぐ気遣いはない>のですから、言語的視点からは、問題外の領域ということなのかも知れません。

この当たりになると、どうやら、入門書ではとてもラチが開かないようなので、私も、少し源泉に戻って参照してみました。

(A)もし、さまざまな概念(愛する、見る、家)それ自体を、それを表す記号の表現から切り離して取り上げるならば、これは一連の心理上の対象です。心理学の分野では、これは複雑な単位だと言うことができるでしょう。しかし、言語学上の領域の一部をなすためには、概念は聴覚イメージの価値でなくてはなりません。(「ソシュール一般言語学講義:コンスタンタンのノート」P101)

(B)言語記号は、それゆえ、二面性を有する心的実在体であって、図示すれば[シニフィアン/シニフィエの結合図]、この二つの要素はかたくあい結ばれ、あい呼応する。(「ソシュール一般言語学講義(小林英夫訳)」P96)

(C)少なくともソスュール、イェルムスレウ、フレーにとっては、所記が記号の一部である以上、意味論は構造言語学の一部であるべきなのに対し、アメリカの機械主義者たちにとっては、所記は言語学から心理学の領分に追いやられるべき資料なのである。(「零度のエクリチュール」ロラン・バルトP132)

(D)概念が、言語の価値となる前に人の心の中で決まっているとすると、必然的に、ある言語と別の言語の項が正確に対応していなくてはならないことになります。(「ソシュール一般言語学講義:コンスタンタンのノート」P173)

(E)予定観念などというものはなく、言語が現れないうちは、なに一つ分明なものはない。(「ソシュール一般言語学講義(小林英夫訳)」P157)


(A)を読むと、ソシュールは、シーニュの一部としての概念(シニフィエ)ではない概念を完全否定しているわけではなく、ただ、言語学の領域から、心理学の領域に追い払っているように見えます。しかし、やや矛盾するように感じるのは、(B)においては、シーニュは「心理的実体」であると言っているわけですから、そうである以上、同じ心の中に、シニフィエである概念とそうでない概念が共存することになり、それらの相互作用を無視するわけにもいかないと思うのですが、そこは、理論的モデルとしては、切り捨てたということでしょうか。

(C)からは、アメリカの機械主義者たちは、シニフィエもそれ以外の概念も共に、心理学分野の対象として考えようとしている様子。すなわち、シニフィアンは、ソシュールの言うシニフィアンではなく、「もの」や「概念」を指し示す独立の「記号」ということになるのかも知れません。私は、どちらかというと、こちらの方が直観的に理解しやすいですが。

ところで、(D)の論法は未だに不可思議です。ソシュールは(D)の記述の後に、フランス語とドイツ語で似たような意味を持つ単語を提示し、それらの意味の守備範囲がぴたっと重なっていない例を挙げて、言語が決定する以前に客観的に分節される「概念」は存在しないことを論証しようとしています。しかし、もともと、フランス人とドイツ人の「心」が世界を同じように分節する必然性はないわけですから、この論理はどうも理解しかねるところです。

補足日時:2007/07/30 16:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最後に(E)ですが、(A)で言っていたのとは異なり、再び、ソシュールの信ずるところに戻った感じです。

以上ですが、結局のところ、この種の問題は、言語学と心理学のハザマンに落ち込んで、詳細な検討が未だ進んでいないと言ったところでしょうか。

お礼日時:2007/07/30 23:12

 ソシュールのノートにkobareroさんが質問欄に述べられた通りの文章があったかどうか、良く覚えていませんが、ソシュール説の解釈として、良く見る解釈だと思いますし、概ね的を射た言い方であると思います。


 がしかし、それは、この言い方が誤解を生まないかぎりにおいてのものであると思います。というのも、ここに述べられる

>個々の「もの」は存在しない

というフレーズの「存在する」とか「存在しない」とかいった言葉は、非常に誤解を招きやすいからです。kobareroさんがソシュール説に疑問を持つのは、ご自身も、

>「リンゴ」という言葉を知らなければ、目の前にある「リンゴ」を「これはリンゴだ」とは言えないのは確かです。でも、だからと言って、「リンゴ」と名づけられるはずの「もの」そのものが存在しないということはならないと思います。

と述べられている通り、言語学者ソシュールの言明が、言語論的にではなく、存在論的に捉えられてしまっているからだと思います。ソシュールは飽くまで言語学者ですから、言語と言語活動とについて語っているのであり存在論を語っているわけではありません。
 それゆえ、結論から言うと、個々のリンゴはやはり厳然として存在します。言葉を知らない赤ん坊にリンゴを投げつければ、リンゴは赤ん坊にぶつかり赤ん坊は泣き出すでしょう。赤ん坊は、何がぶつかったのかを語ることもできませんし明晰判明な認識も持たないでしょうが、赤ん坊にリンゴがぶつかるということは赤ん坊にとってリンゴが存在することに変わりはありません。認識しているかいないかということと、存在しているかいないかということとは、そのテーマは基本的に別のものなのです(例えば、落とし穴に落ちる大人についても考えてみて下さい。大人は、「落とし穴」という言葉を知ってはいますが、穴にはまるまでは落とし穴を認識せずにいます。しかしその人にとって落とし穴は存在しないものでしょうか?)。
 しかし、哲学史上、この区別がかなり危険な仕方で接近していたので、多くの哲学入門者に誤解を与える傾向を持っています。カントが、「認識が対象に依存するのではなく、対象が認識に依存する」(『純粋理性批判』XVI、原文のままではありません)として、超越論的な認識論を提起して以来、あるいは、ライプニッツのモナドロジー以来、20世紀初頭の現象学の運動に至るまで、認識論は同時に存在論でもありました。しかしそれは「超越論的」認識を扱うかぎりのものであり、個々の「経験的」認識を扱ってはいません。言い換えると、普遍的に妥当する認識についての認識論は、普遍的に妥当する認識を扱うわけですから、それは、世界の在り方そのものを述べる存在論としての役割も担うことができますが、当たり外れのある個々の認識は、別に世界の在り方ではなくて、認識する側について述べているので、存在論としての役割を担うはずがないのです(この区別をわきまえずにカントやフッサール、ハイデガーを読むと大きなミスリードをします。またショーペンハウアーはこの区別を立てていなかったので、ショーペンハウアーやそれの現代版であるウィトゲンシュタインの『論考』などは、独我論を形成することとなっています)。
 ソシュール説に類似した言語学説に、サピア-ウォーフ説があります。これは、人間の思考が言語に強く拘束される、とするものです。思考が言語に拘束される、というのは、どういうことか。サピアは、「科学における言語学の地位」という論文において、「人間は現実の世界に生きているのではなく、言語の世界に生きている」(原文のままではありません)といったラディカルな言い方をしてしまっており、この説も色々と誤解を生みがちです。しかし、この説も決して世界の在り方や世界に存在する物の存在論を述べているものではありません。
 言語が人間の思考を強く拘束する、ということは何か。思考ということが問題となると、分野は言語学のみならず、心理学へと学際的に拡張してしまいます。そうすると心理学の基礎論から説明する必要が生じますが、それでは話が大きくなりすぎるので、僕個人が最近見た洋画を例にこのことを説明してみたいと思います。
 ある一人の女性が殺害されるという事件が起きるのですがその女性の最期の「言葉」が音声として残されます。その女性が「殺さないで、ベイビー…」と言い残しており、「ベイビー」と言うからには犯人は被害者と親しい間の者だったのだろうということで、警察は被害者と仲の良かった人間を捜査し始めます。しかし、一向に犯人は見つかりません。やがて被害者の女性の司法解剖が進むと、女性が妊娠していたことが分かります。女性は、犯人に呼びかけていたのではなく「殺さないで、赤ちゃん(baby)がお腹の中にいるの」と言いかけて殺されたということが分かるのです。もし、事件の当事者達が日本語を話す人々だったら、このような捜査の混乱はなかったのです。なぜなら、日本語においては、「赤ん坊」を意味するもの(signifiant)と親しい仲の人への呼びかけを意味するものとは別のものだからです。「ベイビー」という「言葉」が捜査官の推理を狂わせ間違ったところに何度も足を運ばせたということ、これこそ言語が人間の思考を強く拘束するということなのであり、それは、すなわち、人間の行動を大きく左右するということなのです。
 ソシュールのノートのどの部分についての説明なのか分かりませんので断定しかねるところですが、

>この世界は、言語によって切り取られるまでは、混沌とした一体であって、個々の「もの」は存在しない。

という説明は、以上のようなサピア-ウォーフ説に近いものをかなり大げさに表明したものだと言えます。しかし、ここには、ソシュール説のもう一つの重要な主張が含まれています。それは、いかなるラングも相互に優劣を持たないということです。
 先の洋画の例において、捜査官は英語のbabyというシーニュに強い影響を受け捜査ミスをしてしまいました。そのシーニュは英語というラングの中で独自の位置付けを持っています。それゆえ、この捜査ミスは英語というラングの体系から来るものであり日本語というラングの体系においては起こりえなかったはずなのです。とすると、親しいものへの呼びかけと赤ん坊との間の差異をしっかりと表現する日本語のラングの体系の方が英語のラングの体系よりも正確に世界を写し取っていると言えるのでしょうか。そうではありません。ソシュールに言わせれば、言語は世界をなるべく正確に再現しようする役割を要求されたものではなく、それぞれのラングにおいて自己完結した完全体であるのです。それゆえ、言語は、よそからの規準よって、例えば、人間の意識とか、物質の質や量から、その善し悪しを判断されるべきものではないのです。ですから、

>この世界は、言語によって切り取られるまでは、混沌とした一体であって、個々の「もの」は存在しない。

という説明は、ラングに優劣、善し悪しの評価を付けるために機能するような、言語の外の規準はない、ということを、かなり誤解を与える仕方で、大げさに言い表しているものなのです。
 これはよく、ラングは恣意的な体系である、といった言い方で説明されます。そして、これは言語学史上かなり衝撃的な主張なのです。というのも、言葉がものを言い表したり人間が相互に意思疎通したりできるためには、言葉が正しく使われねばならず、それゆえにまた、言葉の本当の在り方があるはずであり、それは何なのか、という疑問は、19世紀の言語学においては、大きな関心事だったからなのです(現代でもチョムスキーの「深層文法」の探求などはこれに属する研究であると言えましょう)。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。

まず、存在論的という概念は、私には難しすぎるので、ソシュールが言っている「世界」との関係で考えると、ソシュールの言っている「世界」は、まずは、「心に映った世界」のことであって、「心の外に存在するかも知れない世界」のことではないと思います。存在論的厳密さには欠けるのと思いますが、ソシュールの話の場合は、取り合えず、このレベルでも、特に矛盾は生じないように思いました。

そして、例として挙げていただいた「ベイビー」の話ですが、西洋人にとって、と言うよりも、たまたま、そこにいた警察官にとっては、「ベイビー」は「赤ちゃん」のシニフィアンではなかったわけで、それが、現実の行動に悪影響を与える原因になったのだと思います。

この例を基準にして、ソシュールが挙げた例(あるいは、ソシュール解説者かも知れません)を考えてみると、以下のようになります。

(1)日本には、「犬」と「狸」という言葉があるが、フランスには、「犬」と「狸」と合わせて一つの単語しかない。従って、フランス人にとっては、「犬」と「狸」という2種類の動物がいるわけではなく、例えば「イヌタン」というような、ただ、一種類の動物しかいないと言う事になります。

(2)日本には、「肩がこる」という表現があるが、西洋には「肩がこる」という言葉がない。だから、西洋人は肩がこらないと言うことになります。

このような例を見て、それをどう解釈するかですが、先ず、第一に、確かに、フランスのように「犬」と「狸」という言葉がなければ、言語上は一つの概念しかないと言えますが、2種類の動物の違いをもう少しよく観察すれば、「犬」と「狸」を見分けることはできるだろうとは、言えるように思います。また、西洋人は肩はこらなくても、背中の上部の方が重く張ったような感じになることはあるだろうとも、言える様に思います。

しかし、もう一段ひねって考えると、例えば、我々が「スイカ」と呼ぶとき、実は「スイカ」の中にも様々な種類があって、○○スイカ、△△スイカ、□□スイカとか呼ぶべきものがあったとしても、日常生活的には、そのような差異を捨象して、ただ「スイカ」という一つの概念で済ませてしまうとも言えるわけです。すると、「スイカ」という言葉しかなければ、○○スイカ、△△スイカ、□□スイカは、この世界には、存在せず、さらに、「スイカ」と言う言葉もなければ、「スイカ」さえも存在しないと言えない事はなさそうです。しかし、ソシュールは、そんなことを言いたかったのか、そこが、どうもよくわかりません。

補足日時:2007/07/29 23:34
    • good
    • 0

シーニュ(単語)はシニフィアンとシニフィエで構成されるものであり「いずれかだけを対象とするなら、それはすでに言語を対象としていることにならない」


シニフィアンとシニフィエの繋がりによってしか存在不可であり片方だけを考えるなら実体は消え、残るは純粋な抽象のみ―『非言語的領域対象を分析するにしても言語の媒介なくして行えない』(バルト)
そして
『記号が存在するとき思想も存在する』

本御質問の対象であるソシュールは飽くまで言語学者ですよね?

生理的知覚或いは御質問者様が仰るところの「心に映った」ものや、こと、はたまた、どなたかの御紹介による「身分け」「心分け」と申すのでしょうか、いずれにせよ、それら「感じ取ったもの」をシニフィアンの助けなしに、どうやって表出できるんでしょうか。

言語の目的と役割を、どのように考えていらっしゃいますか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>シーニュ(単語)はシニフィアンとシニフィエで構成されるものであり「いずれかだけを対象とするなら、それはすでに言語を対象としていることにならない」

何故、ソシュールがそのように考えるに至ったかという質問です。

お礼日時:2007/07/29 14:43

No.42からです。



《デンシャ》と聞いて その指し示された対象をも知覚しようとして 女の子は 《 densha / 電車》というシーニュを 母親や一般の日本語使用者がそうしているのと同じように 言分けるに到る。――その過程で 五感以外の意識としても・つまり心で 《デンシャ》なる聴覚視像をも《電車》なる概念をも 捉えようとしたし 何らかのかたちで捉えたと思われます。

ただし このように想定される心分けは (1)まづ五感による身分けとは違います。(2)かつ 言分けの出来上がる以前の出来事です。(3)ところが 残念なことに その心分けのかたちは なかなか具体的には どうであるか 捉え難いとは思われます。

(4)すなわちちなみに 仮りに母親が その車内で 電車を指して 《シンカンセンですよ》だとか《これは ノゾミよ》とおしえたとすれば どのように心分けと言分けが行なわれるでしょうか。電車という言葉をまだ知らないときにです。

母親のうっかりさによって 《動く大きな固いもの》のことを シンカンセンなりノゾミなりとして 覚えたでしょうか。そのどこか途中の段階まで行ったかも分かりません。

一つの例ですが そう考えると 心分けは それだけとしては覚束ないところがあり いわば言分けに従属するようだと感じられるのですが。言いかえると シニフィアンとシニフィエとは 一般に確かに結合して それを一つのシーニュとして扱うかたちになるのではないかと思われます。

そして もっとも 逆に言って 言語の使用規則の中にきちんと覚えた場合には その言分けは むしろ大きく心で行なっている(もしくは確認している)というふうに考えられるのです。 言ってみると あたりまえのようですが。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。

>一つの例ですが そう考えると 心分けは それだけとしては覚束ないところがあり いわば言分けに従属するようだと感じられるのですが。

「心分け」が正確に何を意味するのかを、もう少し詰めておいた方が良いと感じましたので、私の考えを述べさせていただきます。その前に、「心分け」の大変良い具体例があります。それは、まさに、ご提示いただいた女の子の以下の例です。

   《動くもの そして柔らかく温かい感触をもつもの》と
   《動かないもの そして固く冷たい感触をもつもの》

女の子がこのように分節できたのは、「身分け」の働きでしょうか? もし、これも「身分け」とお考えでしたら、無秩序な無数の星の並びの中から神話のオリオンのイメージを、人類最初に浮かび上がらせた人は、何に基づいてその分節を行ったと思いますか? これも、「身分け」でしょうか?

以下は私の考えです。

(1)人の心は白紙ではない。
(2)人の心は地から図を浮かび上がらせる「ゲシュタルト生成能力」を生まれつき持っている。
(3)その結果、人の心には、あらかじめ、様々な分節がなされており、また、それは、日々、新しく分節され、改変されている。

以上の(1)、(2)、(3)は、”言葉の習得/未習得によらず”、常に存在し続ける人間の「心の働き」だと思います。ここで、「心分け」とは、上記(2)の「心のゲシュタルト生成能力」のことだと私は解釈しています。

このような認識に基づいて、以下(A)、(B)、(C)について、考えてみました。

(A)シーニュ「電車」を覚えるプロセス
  子どもには、何らかの「電車経験(見る、乗るなど)」が既にあり、その経験が子どもの心の中に「電車”様”ゲシュタルト」を事前に生み出している。これが、「心分け」です。しかし、もしかすると、この「電車”様”ゲシュタルト」は「バス”様ゲシュタルト”」と未分化な状態かも知れません。そこで、親から、これは「電車」ではなく「バス」よ。これは「バス」ではなく「電車」よ。と教わることで、最終的に「電車”様”ゲシュタルト」ではなく、「電車ゲシュタルト」が定着することになる。ということだと思います。以上、「ゲシュタルト」と言う言葉を使いましたが、これは、「概念」という言葉に置き換えても同じことだと思います。あるいは、「電車」ではなく、「リンゴ」の場合は、「リンゴ”様”ゲシュタルト」の段階を踏まずに、一気に、「リンゴ・ゲシュタルト」に到達する事は十分あり得ると思います。

ここで、強調いたいことは、以下の点です。

「身分け」と「言分け」だけで言語習得プロセスを考えると、「言分け」の分節が、あたかも、白紙に絵を描くがごとくに、子どもの心の中に”任意に”刻み込まれるかの印象を与えますが、実際は、そうではなく、「言分け」が描く分節(ゲシュタルト)を、子ども自身が自らのゲシュタルト生成能力(「心分け」)を使って生成させ”得る”ことが条件だということです。”得る”という点が重要です。すなわち、自らのゲシュタルト生成能力(「心分け」)を使って生成させ”得ない”ものは、その言葉を習得することは出来ないということです。


(B)「身分け」と「心分け」の違い
  「身分け」が正確に何を意味するかは、きちんと理解できていないかも知れませんが、少なくとも、以下のことが言えるのではないかと思います。

  「見分け」は本能を基盤とするものであり、それによって生成されるゲシュタルトは、”人類共通”であるということ。目の前にある個物を見分ける働きとか、上下左右前後の感覚とか、自己保存、種族保存に最低限必要なレベルのゲシュタルト生成能力など。

   一方、「心分け」は、所謂「本能」の基盤を持つものだけではなく、人間として生きる全てに関するゲシュタルト生成能力です。この能力の特徴は、”環境適応的”ということです。すなわち、アリやハチのように予めプログラムされたゲシュタルトを生成(アリやハチが意識としてゲシュタルトを持っているかどうかは知りませんが)するだけではなく、環境に応じて柔軟に変化するゲシュタルトを生成する能力です。その結果、異なった環境に生きる人間の「心分け」は、当然、異なって来るわけです。”人類共通”ではないというのが特徴です。このことが、各種言語間の分節のズレを生んでいるのだと思います。

<<以下、お礼に続きます>>

補足日時:2007/07/29 14:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(C)第2の恣意性との関係
  ソシュールによると、シーニュは即自的存在ではなく、言語システム全体の中のシーニュとシーニュの関係によってのみ成り立つ存在だと言っているように思います。そして、これが、第2の恣意性ということになると思います。しかし、もし、この第2の恣意性が成り立つと考えると、子どもの心の中は白紙で、全く自由に、言語が分節できるのだということになるのですが、そんなことはないだろうと思うのです。

でも、実際、子どもは言語を習得しているではないかという疑問に対して答えるには、シーニュ自身の発生過程に戻って考えるしかないと思います。すなわち、シーニュは天から降って来たわけではなく、人間の心の中から生まれたということです。言い換えると、人間の心のゲシュタルト生成能力から生まれたものです。従って、恣意的に分節できるものではないと思うのですが。


以上、かなりごちゃごちゃしてしまいましたが、私の疑問点を改めて整理すると、以下の2点です。

1.言葉(シーニュ)は、「心分け」された概念(シニフィエ)に(シニフィアン)を付けたものではないか?
2.シーニュに関する第2の恣意性は、基本的には成り立たないのではないか?

以上、2点は、いずれも、ソシュールが「最も陥りやすい錯誤」として厳しく戒めているものだと思います。にも関わらず、私は、未だに理解できずにおります。ご教授お願いします。

お礼日時:2007/07/29 14:14

#1->#26->#32->#37->#43ですが



>ちょっと、文脈についていけてないのですが、

#43はなんだか失敗解答だったらしく申し訳ありません。
一生懸命書いたのですが、かなり難しい事柄で手に余ったようです。うまく説明し直せるようならいつか説明し直してみたいと思います。

>「ラング」を修正するために、「パロール」があるように思いました。

「ラング」を実体的にとらえておられるような感じで、ちょっと心配なのですが、質問の本筋ではないと思いますのでコメントは控えます。

別の形で再質問されていますので、#43はいったん忘れて、新しい質問について考えてみたいと思います。しかし難問ですね。あまり期待しないでください。
新しい質問はかなり複雑なので正しく理解しているかどうかすら怪しいのです。

>オリオン座というシーニュがあります。私は、このシーニュは神様が創ったのではなく、人間の誰かが作ったのだと信じています。何の意味も見出せない夜空の星のランダムな配列の中に、ある人がオリオンのベルトのゲシュタルトを見出した。そして、「おい、あの星の集団をオリオン座」と名づけようと言った。それが、きっかけで、世の中にオリオン座というシーニュが流通するようになった。と考えてもそんなにおかしくないと思うのですが、ここで質問です。この「オリオン座」というシーニュが誕生する前に、ある男が心に中に見出した「オリオンのベルトのゲシュタルト」は何でしょうか? 概念(概念A)ではないのでしょうか? もし、概念だとすると、それは、オリオン座というシーニュが出来た後のオリオン座のシニフィエ(概念B)とどこが違うのでしょうか? どう呼ぶかは別として、概念Aと概念Bは内容としては同じものではないのでしょうか?

以下シニフィアンの面に注目するとき「 」を、シニフィエの面に注目するとき””を使うことにしたいと思います。

概念Aと概念Bはわたしが整理すると次のようになります。
言語的映像というのは、聴覚言語・文字手話などの視覚言語・点字などの触覚言語を包含する用語と考えてください。ちょっと他の言い方を考えつきません。

図式1
「オリオン座」(言語的映像B)
  ->概念B:"オリオン座"
  =特定の星の集合(視覚映像)
「オリオンのベルト」(言語的映像A)
  ->概念A:"オリオンのベルト"
  =神話の猟師が着用しているベルト(視覚映像・想像上の)
  
図式1はおそらく質問者が考えている図式とは違っているでしょうね。

図式2
「オリオンのベルト」(言語的映像A)
  ->概念A:"オリオンのベルト"
  =神話の猟師が着用しているベルト(視覚映像・想像上の)
「オリオン座(のベルト部分)」=星の集団(視覚映像B)
  ->概念B:"オリオンのベルト"
  =神話の猟師が着用しているベルト(視覚映像・想像上の)

図式2のほうが近いですか?

「オリオン座」という呼び名が成立した後は、その「ベルト部分の星」は、
「オリオンのベルト」という言葉と同様に”オリオンのベルト”を意味する記号になったはずです。
おそらく概念Aと概念Bは同じものと言ってよいでしょう。
たぶん同一人の中ではほとんど同じもの。
他人同士ではどのような映像であるかはまったく異なっている可能性がありますが、
同じシニフィアンに対応しているシニフィエであり、
現実的な場面で混乱を引き起こさない限りにおいて同じ価値を持った概念と考えてよいと思います。

こんな整理でよいでしょうか?


では、次の話題に移ります。
括弧の使い方は通常に戻します。

>>すべてのシニフィエをあらかじめ子どもが持って生まれてくる、そういうことは、ちょっと想像できません。

>全く、おっしゃるとおりです。私の疑問は、では、どうやってシニフィエは生まれるのかということです。

>>シニフィエはあくまでシーニュの成立以後に「事後的に」認知されるものと考えた方がよいのではないでしょうか。

>上の疑問と同じですが。シーニュが成立するとき、同時に成立するはずのシニフィエは、どうやって生み出されるのかということです。外から神様によって与えられるのではなく、誰かの「心の中」から生み出されるのではないでしょうか?

シニフィアンと結合したときにシニフィエとなるものは、
それが高度に概念化されたものであれ、
もともとはなんらかの「感覚映像」なのではないでしょうか。
つまり、それは外界からの刺激に応じて脳内に生み出されたものです。

あいかわらず質問者が考える「心」というものがどういうものかよくわからないでいるのですが、
上記の意味で「心の中」で生じるものだという点は異論ありません。

前回(#43)に引き続きかみ合わない議論になっているとしたらすみません。
そして新しい論点も示すことができていないかもしれません。その点もおわびします。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。

オリオン座については、私の例の中で、「オリオン座」と「オリオンのベルト」を意識的に使い分けたために、かえって混乱を与えてしまったように思います。初めて「オリオンのベルト」をゲシュタルトとして心の中に描いた人は、決して「ベルト」だけを見出したのではなく、通常言われている「オリオン座」の全体像を見出した場合を想定したのですが、もし、ここで、「オリオン座」という言葉を持ち出すと、既成のシーニュが持つシニフィエと混同する可能性があるので、敢えて、「オリオンのベルト」という表現を用いました。

従って、提示していただいた図式1、図式2は、結果的には同じことになるかと思います。いずれにしても、初めてオリオン座のイメージを心の中にゲシュタルトとして浮かび上がらせた人の(まだ、シーニュが生まれる前)のオリオン座の概念Aと、シーニュ「オリオン座」のシニフィエとしての概念Bは、同じ価値を持っているということで、同意していただけたのかと解釈しました。

もし、そういう解釈でOKだとすると、結局、振り出し(当初の質問)に戻ってしまうのですが、以下のソシュールの考えと矛盾してしまうのではないかと思うのです。ここが、未だに疑問点として残ってしまいます。

<< 言語は、「もの」や「概念」に付けられた名前ではない。>>

まず、「もの」については、それが、もし、「心の外にある客観物」と考えるのであれば(当初質問したときは、そんなものがあるとは想定していませんでしたが)、それは即自的に存在しないことは自明なことですから、納得できます。しかし、「概念」については、心の中に即自的に存在するわけですから、それに名前(正確にはシニフィアン)を付けたのが「シーニュ」だと考えては何故いけないのか、これが、私の疑問です。

>シニフィアンと結合したときにシニフィエとなるものは、それが高度に概念化されたものであれ、もともとはなんらかの「感覚映像」なのではないでしょうか。つまり、それは外界からの刺激に応じて脳内に生み出されたものです。あいかわらず質問者が考える「心」というものがどういうものかよくわからないでいるのですが、上記の意味で「心の中」で生じるものだという点は異論ありません。

この件についても、シニフィエの”元”になる概念は「心の中」に生じるということであれば、その概念にシニフィアンを与えたものがシーニュだということになると思うのですが、ソシュールは、上述のように、そうではないと言っているように思うのです。これが、私の疑問です。

また、「心」というものがどういうものかについては、この世界は、常に「心に映ったこの世界」でしかあり得ないという意味での「心」です。例えば、目の前のリンゴが持つ、”色”、”味”、”固さ”、”臭い”、”重さ”、どれを取っても、「心」なくして存在しえないものです。「心」がなければ、リンゴは空っぽの空間、それも、3次元空間ですらない”何か”、としか言い得ないものと思います。

補足日時:2007/07/29 10:04
    • good
    • 0

#1->#26->#32->#37です。



>何かぶしつけな感じで申し訳ありません

別に気になりませんでしたよ。どうぞ遠慮なく議論してください。
質問者はわたし以上に深く理解しようとする姿勢を持っておられるので、
逆にわたしのほうが勉強させてもらっている感じがしています。

さて、「シニフィアンなきシニフィエ」の件です。
以前に http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2281820 での
議論もあるようですが、今回は参照しません。
現時点で参照する必要があれば指摘してください。

>しかし、このプロセスが成り立つというそのことが、まさに、子どもが「リンゴ」や「ナシ」の概念(シニフィアンなきシニフィエ)を持っている証拠ではないでしょうか。

自覚していらっしゃるはずですが、
まず、「シニフィアンなきシニフィエ」は、形容矛盾です。
形容矛盾がだだちに「誤り」というというわけではないのですが、
トリッキーな表現を使いたくなる場合は「要注意」という気がします。
わたしなりに「シニフィアンなきシニフィエ」について検証してみたいと思います。

時間的順序がどうなるかよくわかりませんが、
論理的な手順からすれば、
事物についての「感覚映像」があり、それが「言語的映像」と結びついて「記号」が成立している。

これを時間的順序と考えると、「先だって」シニフィアンなきシニフィエが存在していて、それが「後から」シニフィアンと結びつくことになるわけでしょうが、そこにはある種の倒錯がふくまれているのではないかという気がします。

むしろ、このような考え方は、すでに成立している「記号」の論理的構造(「シーニュ=シニフィエ+シニフィアン」)を前提としているのです。
その上で、シニフィアンと結びつく「以前」の「予定」概念としてのシニフィエを「遡及的に発見」しているのではないでしょうか。しかし、実際には「結果的に」結びついているにすぎないのだとわたしは思います。

>何故なら、”赤くて丸い果物を指して「リンゴ」と教える”とき、指さした先に何か丸いものがゲシュタルトとして子どもの心の中に浮かび上がっていることが前提になっている。また、”子どもは「ナシ」を見て「リンゴ」と言ったりする”とき、子どもの心の中には、「リンゴ」に似た丸いものがゲシュタルトとして浮かび上がっていることを示している。

ゲシュタルトということばを使われたのは、「図」としてのなんらかの映像が、「地」としての映像と区別されて感得されているという意味でしょうか。そのことに異論はありませんが、ゲシュタルトという言葉を使われた意図はわたしにはよく理解できないようです。

>また、”「それはナシですよ。リンゴは赤いの。」と教える”とき、子どもの心の中に「色の差異」を感じ取る働きが既にあることを前提にしている。

これはもちろん当然のことと思います。
「心の中」というときの「心」がどのようなものかは別として、
子どもの感覚(この場合「視覚」)が色を識別することに異論はありません
(かなり多くの人間の視覚は色を識別できるようですから)。
多分、この「リンゴ」の例の場合、質問者が言っておられる「心」とは、ほとんど「感覚器官の機能」と同義なのではありませんか? とすれば「身分け」で説明できてしまいます。

それとは別に、もし、質問者が「子どもはどれが『赤』と呼ばれるべき色であるかを先験的に知っている」と主張されるなら反対します。
色彩については、「虹は何色か」という例がよく使われますが、
虹のスペクトルの中にはあらゆる波長の可視光線が含まれています。
それを何色でとらえるかは、言語によって異なります。
虹のスペクトルをいくつの色数で切り分けるかは、言語により後天的に学習されるのであり、
先にそれぞれの色の「概念」が子どもの心の中にあって、
それに後から予定調和的な「名前」がつけられるのではないのです。

次のように言うことは可能です。

こどもの視覚は光のさまざまな波長の差異を感じ取る働きを持っている。
こどもはどの範囲の波長がなんという色の名前に該当するかを社会的に学習する。

リンゴの話に戻ります。

>このように見ていくと、子どもの心に欠けているのは、「リンゴ」や「ナシ」の概念ではなく、何を「リンゴ」と呼び、何を「ナシ」と呼ぶかということ、すなわち、シニフィアンだと思います。

その通りです。シニフィアンは社会的に与えられます。

>>先験的に(という言葉は通じるでしょうか?)子どもの心の中に「リンゴ」の概念が存在するとは、私にはとても思えません。

>それは、おそらく、「リンゴ」の知識の話ではないでしょうか。 例えば、リンゴはリンゴの木から生るとか、リンゴは寒い地方で育つとか、赤いリンゴだけではなく、青いリンゴもあるのだとか、そういう関連知識のことを言っておられるように思います。確かに、それもリンゴの概念の一部と言うことはできると思いますが。

「知識」と「概念」との関係をどのように捉えておられるのかはっきりしませんが、
わたしはこの議論では特に区別すべきという感じは持っていません。
問題は、特定の社会で「リンゴ」と呼ばれるものはなんなのか、
その答えをこどもがあらかじめ持っているといえるかどうかにあります。

さて、今回の回答の中心部分です。

世界は無限のものです。そして、無限に変化し続けるものです。
その世界の反映としての言語も無限に変化し続けています。
そのような言語(この場合はシニフィアンとしての)に対応する
すべてのシニフィエをあらかじめ子どもが持って生まれてくる、
そういうことは、ちょっと想像できません。

シニフィエはあくまでシーニュの成立以後に「事後的に」認知されるものと考えた方がよいのではないでしょうか。
ある「感覚映像」がある社会において、そしてある言語体系(ラング)において
たまたま(恣意的に)あるシニフィアンに対応するシニフィエとなってシーニュを構成する。
そう考える方がはるかに自然だと思います。

言語学では、無限に変化し続ける言語の姿をとらえるために、
ある特定の時点の言語の体系(ラング=語彙+統語規則の総体)の存在を仮定します。
カメラのシャッターを切るように、ある地域と年代とを特定しなければ、
学問的に厳密な記述をすることができないのです。
しかし、そういう形で、ある「ラング」の存在が仮定されてしまうと、
あるシニフィエに対応する特定のシニフィアンがあらかじめ存在しているかのように見えてしまう。
そこからは、数多くの「誤った」シニフィエとシニフィアンの結びつきが排除され、
無視されているはずにもかかわらず……。
「心」はあらかじめ知っている、という言い方は、「心」の犯すそういう無数の誤りを無視するところから生じるものではないかとわたしには思えます。

さて、最後の部分に答える必要があるでしょうか?

>>「リンゴ」に限らず、われわれは言葉の意味する概念を経験によって更新し、発見しながら言葉を学び続けている途上にあるのではないでしょうか?

>おっしゃるとおりだと思います。まさに、概念は経験によって発展するのだと思います。しかし、経験とは何でしょう? 自己経験と他己経験に分けられると思いますが、自己経験は自分が「直接体験」するものであり、他己経験は他人が「直接体験」したものを言葉を通して学ぶのではないかと思います。いずれの場合も、概念に何か新しい知識を付け加えるのは誰かの「直接体験」です。この誰かの「直接体験」は、結局のところ、心が感じ取るゲシュタルトではないでしょうか? すなわち、「心が直接差異を感じ取る」ことが概念形成の出発点であるように思います。

言えることは、「心」の「差異」を感じ取る仕方が、ある「ラング」にとってつねに正しいと言えるかどうか、
それは極めて不確かだということでしょう。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

>まず、「シニフィアンなきシニフィエ」は、形容矛盾です。

ターミノロジーの問題なので、ターミノロジーの問題が絡まないように、質問を変更してみます。

オリオン座というシーニュがあります。私は、このシーニュは神様が創ったのではなく、人間の誰かが作ったのだと信じています。何の意味も見出せない夜空の星のランダムな配列の中に、ある人がオリオンのベルトのゲシュタルトを見出した。そして、「おい、あの星の集団をオリオン座」と名づけようと言った。それが、きっかけで、世の中にオリオン座というシーニュが流通するようになった。と考えてもそんなにおかしくないと思うのですが、ここで質問です。この「オリオン座」というシーニュが誕生する前に、ある男が心に中に見出した「オリオンのベルトのゲシュタルト」は何でしょうか? 概念(概念A)ではないのでしょうか? もし、概念だとすると、それは、オリオン座というシーニュが出来た後のオリオン座のシニフィエ(概念B)とどこが違うのでしょうか? どう呼ぶかは別として、概念Aと概念Bは内容としては同じものではないのでしょうか?

>ゲシュタルトということばを使われたのは、「図」としてのなんらかの映像が、「地」としての映像と区別されて感得されているという意味でしょうか。そのことに異論はありませんが、ゲシュタルトという言葉を使われた意図はわたしにはよく理解できないようです。

ゲシュタルトによって、「身分け」が可能になるというのが、丸山圭三の考えだと思います。

>多分、この「リンゴ」の例の場合、質問者が言っておられる「心」とは、ほとんど「感覚器官の機能」と同義なのではありませんか? とすれば「身分け」で説明できてしまいます。

おっしゃるとおりですね。

>こどもの視覚は光のさまざまな波長の差異を感じ取る働きを持っている。こどもはどの範囲の波長がなんという色の名前に該当するかを社会的に学習する。

おっしゃるとおりですね。

>すべてのシニフィエをあらかじめ子どもが持って生まれてくる、そういうことは、ちょっと想像できません。

全く、おっしゃるとおりです。私の疑問は、では、どうやってシニフィエは生まれるのかということです。

>シニフィエはあくまでシーニュの成立以後に「事後的に」認知されるものと考えた方がよいのではないでしょうか。

上の疑問と同じですが。シーニュが成立するとき、同時に成立するはずのシニフィエは、どうやって生み出されるのかということです。外から神様によって与えられるのではなく、誰かの「心の中」から生み出されるのではないでしょうか?

>言えることは、「心」の「差異」を感じ取る仕方が、ある「ラング」にとってつねに正しいと言えるかどうか、それは極めて不確かだということでしょう。

ちょっと、文脈に着いていけてないのですが、「ラング」を修正するために、「パロール」があるように思いました。

補足日時:2007/07/28 20:41
    • good
    • 0

No.38&41です。



《デンシャ》と言って指し示されたモノを見たり触ったりして 女の子は その像を心に取り込み 心分けしつつ それまで培った自分の言分け構造の中に この《電車》なる言葉をやはりきちんと言分けしようとしているのだと思います。

論理空間に住んでいるということは 自然のモノ・コトをも 抽象的な概念・規則をも 心分けもしつつ 言分け構造をこしらえているという意味だと解釈しうるし それは それで 現実的でありうると考えました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>論理空間に住んでいるということは 自然のモノ・コトをも 抽象的な概念・規則をも 心分けもしつつ 言分け構造をこしらえているという意味だと解釈しうるし それは それで 現実的でありうると考えました。

そうであれば問題ないですね。ただ、一つ気になるのは、もし、そうであるなら、第2の恣意性であるシーニュ同士の恣意性は、決して恣意的とは言えないはずですね。実際、各国語間の翻訳が可能だということは、第2の恣意性がないことを実証していると思います。もちろん、微妙な恣意性はありますが、非常に奇妙に感じるのは、この微妙な恣意性を取り上げて、第2の恣意性の根拠にしている点です。圧倒的な非恣意性(翻訳ができるということ)の中の微小な例外を主要な側面であるかのように見せているように思えます。

お礼日時:2007/07/28 18:40

No.38の回答に 次の一点についての捉え方を補足しておくとよかったと気づきました。



No.31で述べられた内容 すなわち次の内容こそが 人間にとっての現実のことだと言うのが ソシュール説であると。
~~~~~~~~~~~~~~~~
A、B、C、Dを含む論理空間は、まさに、我々の頭の中(すなわち、主体)で考え出された「非在」の「非自然」ということになります。また、「実体である水(H2O)」の話が出てきますが、これも、引用にあるように、「言語の水」と同等の客体として扱っているわけですから、実は、初めから概念化された「水」のことであり、現実界とは切断された論理空間上の存在ということになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
言分け革命が成り立ったあとは 人間にとっては 《現実界(この場合は 自然・身分け構造)とは切断された論理空間上の存在(非自然・言分け構造・文化状態)》こそが 《現実》となったのだと。あたかも蛹が蝶に変態したようにであって 部分的になどではなく 全部あたかも生まれ変わったかのごとく・・・と。

「ソシュールは、現実空間の話をしているのではなく、論理空間の話しをしているのではないか」というその《論理空間の話し》が 今やそのまま 《話をするヒト》なる生物にとっては 新たな全面現実なのであり もはやそれ以外に世界はないと言うのだと思います。

〔それは 部分現実として 事実だと思われます。ということは 身分け構造の自然と言分け構造の非自然=文化との両方で 現実であると単純には思います。両者が逆立ちしただけであって その倒立を直せばよいのだと。
身分け構造は 本能残基というように たとえすでに壊れているとしても その残基だけでも 自然の状態として十分に力を持ち有効ではないかと思います〕。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>言分け革命が成り立ったあとは 人間にとっては 《現実界(この場合は 自然・身分け構造)とは切断された論理空間上の存在(非自然・言分け構造・文化状態)》こそが 《現実》となったのだと。あたかも蛹が蝶に変態したようにであって 部分的になどではなく 全部あたかも生まれ変わったかのごとく・・・と。

人間が論理空間に住んでいるという考えは、どう考えても、現実からの干渉によって破綻するのは目に見えているので、ソシュールが本当にそう考えたのは思えないのです。というのは、社会制度などは、自然的根拠とは無関係に分節することは原理的には(現実的には不可能だと思いますが)可能ですが、自然的根拠のあるものについては、自然自身が持つ分節(と言っても、正確には、心に写った自然の分節ですが)に従わなければ、明日の飯にも有りつけなくなると思います。チェスの世界で勝てたから、現実世界で勝てるわけではないのと同じように思えます。

ソシュールは、何かもっと違う次元の話をしているのではないかと思います。

お礼日時:2007/07/27 23:10

 このような多くの価値を内包した議論は、言葉の定義や解説ももうすこし詳しく書いていただけるとありがたいところです。


‘たくさんの本を読まれている方のみが、この論議に価値を見出しているネット読者のすべてである’などということは無いはずですからね。

体験と言語の循環は 人間という生物の脳の中には誰にでも在ることですからね。 

シニフィエとは「視覚映像」とも書かれていますが、「感覚的映像」というふうにも書いている方がいます。 議論の中に出てくる文から類推すれば、視覚による感覚的映像 あるいは視覚による視覚という感覚器官で捕らえた映像ということになりますでしょか?
もしそうならば、視覚は感覚の一つですから、『シニフィエとは「視覚による映像」』というふうに訳した方がはるかに解りやすいのに、そこをわざわざ「視覚映像」というひとまとまりにくくった言葉にしているのには、何か特別な意味あいが他にあるのかとも思えてしまいますが、議論の中身から類推するとあまりそのようには思えないのですが?
もう一つの大切な議論の要となってきていると思われる対となって論議されている「シニフィアン」についても聴覚映像という書き方と、これはいきなり「言語的映像」という訳(やく) あるいは定義になっていますね。 

もし、これの「言語的映像」という訳(やく)の意味合いが、 
議論の中で‘シニフィエ(視覚映像の方)という脳内興奮状態(感覚という脳内作用すべてが脳内の興奮状態だと思えてしまう者ですので、なんでわざわざここでもまた説明を複雑にしてしまうのかが解らず困惑してしまいますが、正確な言葉の使い方のひとつではあるのでしょうからそのままの言葉を引用してみています。)のままではまだ言語というものは脳内に形成されず、そこに「シニファン(聴覚映像の方)」がからんで始めて脳内に言語という記号化作用が起こるという点はみなさんがすんなりそのとおりと理解されてるようなので、
がゆえに「(聴覚映像)」の方こそ、「言語的映像」の意味合いを含んでいる、あるいはそこで言語的映像(言語的映像イコール記号というふうに私の脳内には連結作用を起こしているとことなんですが)が始めて可能となるんだから、まさに「言語的映像」でもある 
ということならば、
ちょっとそこには 疑問が起こります。

サルから人間に進化した時に神の特別な介入(儀式、あるいは魂の吹き込みのようなもの)があったかどうかはともかく、そこにはたしかに「見つめる能力」という点、あるいは差異に気がつき、その差異を差異を比較し組み合わせたりして検討する能力に気がつく能力においてサルをはるかに越えた変異をとげたと私は思えてしまうのですが、 それでいくとサルと人間の赤ん坊の脳の差は、サルの脳がそのまま発達しないのに、人間の脳はものすごい勢いと表現できる姿でどんどん発達している発達過程でもある点だと思います。
 この能力から考えると、赤ん坊が「りんご」を「大人人間」(ひとつにくくって表現してみました。)のように理解する過程には、感覚器官(五感)の赤ん坊なりの体験の累積があり、比較と組み合わせの作用が脳内にはそんなチッチャなチッチャな(笑)体験からであってもものすごいスピードで起こっていてそこで記号化(記号化って概念化とは違う意味合いとなるんですか?「りんご」という言葉が解ったということは、それが概念化されたのだというふうには概念という言葉は使われていないのですか? 「深い概念」とかいう使い方の場合の論議はここでは抜きにすればですが、どうなのでしょう。そこも疑問です。)が起こるというふうに単純に考えてはどこかおかしく(矛盾とかがでてきたりするように)なるのでしょうか?

((私には、概念化(記号化)の前に記号化が起こっているかどうか??というような議論がここに起こってしまっているようにも思えるところなんですが、私の脳は単純過ぎるんでしょうか? それはそれとして))
ここに疑問が起こるのですが、
 そうそうその前にシニフィアン(聴覚映像)は、赤ん坊の場合確かに文字という映像でもある記号以前に脳内の聴覚にて大人の発する「りんご」とかの音声言語からそれをシニフィアンと結びつけて理解が始まるのですから、たしかにその意味でも「シニフィアンとは『言語的映像(言語的脳内写像)』ですよね。 そのようにも受け取ってはいますが、
 では、ヘレンケラーの場合は特殊なのでしょうかというふうな疑問なのです。

 ((質問者様は、シニフィエ(視覚映像の方)でも、記号化は脳内で行われるということが言いたくて、記号化つまり概念化がシニフィエを通しての「もの」の記号化に先立って存在するか否かという意味合いでそのような質問をつけ加えられてはいないでしょうか? それはそれとして))
ヘレンケラーの場合、明らかにシニフィアン(聴覚映像の方)抜きにも概念化つまり言語の獲得は可能だったという証拠です。 ヘレンケラーは明らかに「聴覚映像」を通さずして「りんご」を「りんご」と理解したわでです。

そのあたりを質問者様は、どのように考えられていますか?

ソシュールについても新たな疑問がでてきましたが、それは別の機会があればという形にします。 私の中にも神の存在を理論的にも証明できるならば、そしてその神の概念がただしい理解のもとにあるというのならば、これは人間にとって大きな力になるだろうなという思いがあります。 今は「神の存在」を自然なこととして思えるような感覚が自分の中にはあります。そうであるほどに、神とは、あるいは神というメッセージとはという哲学と、神の知的存在証明には深い興味を抱かざるとえないんです。

 そんな大事な点を照明しようとしているのだから、ごまかしみたいな理論ではだめなはずで、 そのあたりのソシュールの論調が こうして気になってしまうわけなんです。

 すみません 急ぎますんで、これで一応は今回の回答はまとまってるとおもいますので、これで終わります。

 思い違いだらけで構成されてしまってる文なのかもしれませんが、精一杯の思索の努力は 間違いを含んでいてもここでは大きな度量で
先へのこ対話の歩へと 皆様がつなげてくれると信頼でき  あまえでもあるでしょうが、 書いてみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>シニフィエとは「視覚映像」とも書かれていますが、「感覚的映像」というふうにも書いている方がいます。

<シニフィエ>、<シニフィアン>は、ソシュールが、それぞれ、<概念>、<聴覚映像>と考えたわけですから、いや、ソシュールはそんなことを考えたはずはないといってもしょうがないと思います。

>もし、これの「言語的映像」という訳(やく)の意味合いが、 

「言語的映像」という言葉は私はよく知りません。済みません。

>それでいくとサルと人間の赤ん坊の脳の差は、サルの脳がそのまま発達しないのに、人間の脳はものすごい勢いと表現できる姿でどんどん発達している発達過程でもある点だと思います。

おっしゃるとおりだと思います。

>「深い概念」とかいう使い方の場合の論議はここでは抜きにすればですが、どうなのでしょう。そこも疑問です。)が起こるというふうに単純に考えてはどこかおかしく(矛盾とかがでてきたりするように)なるのでしょうか?

この辺から後の議論は、私には理解するのがなかなか難しいので、ゆっくり考えさせていただきたいと思います。

お礼日時:2007/07/27 22:49

こんばんは、kobareroさん。





ANo.3の暦ちゃんの補足を置いておきます。

http://www.d-tsuji.com/closet/note/000107.htm





すごいなと思いながら続づくやり取りを読んでます。ふと、思ったのですが20の扉か?と、思えるような場面次から次へと扉が開いていくように他の回答者の方々とのやり取りの中でまだ聞いたこともないようなお話がたぁーんとでてきて読んでてわくわくしちゃう。この次の展開はどうなる?と、あーでもない、こーでもないと推理働かせてます。連日にわたるお礼文の書き込みも日に日に熱帯びてますね。熱いです。



なんの気休めにもならないかもしれませんが、
http://quiz-tairiku.com/
気分転換にひと息いかが?
    • good
    • 0
  • ADHD(注意欠如多動性障害)|症状、診断基準、特徴、行動、接し方

    注意欠如多動性障害(ADHD)とはどんな病気か  注意欠如多動性障害(ADHD)は、多動性・衝動性(しょうどうせい)と注意力の障害を特徴とする行動の障害です。これは米国精神医学会の「精神疾患の診断・統計マニュアル第4版(DSM‐IV)」において採用された障害名で、WHO(世界保健機関)の「国際疾病分類第10版(ICD‐10)」では多動性障害という名称が用いられています。  学童期では出現率が3〜5%、男児に多く、男女比は3〜5対1です。 原因は何か  多動と衝動性を特徴とする行動の障害については、脳障害説(のうしょうがいせつ)と環境因説(かんきょういんせつ)との間で議論が繰り返されていましたが、現在では、画...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QToronto PC no kanji henkan no koto!

ima toshokan no PC de kaiteimasu.
tomodati ni mail wo okurunoni kanji henkan sitainodesuga
dekimasen.
PC ga toshokan no mono deari,kaigai de kounyuu sitakara
yahari kanji henkan ha dekinainode shouka.

mosi kanji henkan suru houhou wo donataka sitteiamsitara
osietekudasai.

Aベストアンサー

参考
http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/980327/ieime.htm

尚、図書館のパソコンとの事ですが、勝手にアプリケーションをインストールしたり出来ないと思うので、基本的には無理ですね。
自分のパソコンなら手段はありますが。

Qソシュールの《言語記号の恣意性》は 神話である。

 ソシュールの《言語記号の恣意性》については まだ或る程度の《定説性》が残っていますが これが ただの神話であることを次のように証明します。当否・成否を問います。


 まづ先にその例証となる言語現象をかかげます。

  / nVgV /という形態素を取り上げます。( V は母音のことです。アイウエオなどが入ります)。これは 子音の / n / や / g / が同じというようにシニフィアン(≒音素)が同じなら その意味すなわちシニフィエ(≒意味)も同じだという語例になります。
 すなわり この / nVgV /という語の形態においては いづれの場合も《障害や邪魔の除去》という意味を帯びて 共通であるという例です。

 (1) / nagi / なぎ =薙ぎ・凪ぎ・和ぎ

  すなわち 《 nagi=薙ぎ》は 伐り払うべきものが障害・邪魔と見なされている。
  《 nagi=凪ぎ》は 波風が同じくそう見なされている。
  《 nagi=和ぎ》は 心の動揺などがそう見なされている。
  そうして その障害ないし邪魔と見做されたものを 除去する。またはそれらが除去される・消滅する というシニフィエとなっている。


  ちなみにここで例証の中身を示すならば ソシュール(ないし丸山圭三郎)の仮説では ここで言えば子音の / n / や / g / は それとしての意味はまったく無く 恣意的に / nagi / なぎ =薙ぎ・凪ぎ・和ぎといった語として成ったと言っています。

  / nagi / なぎ =薙ぎ・凪ぎ・和ぎ といった語例において 子音の n や g といったシニフィアンと 語義の《薙ぎ・凪ぎ・和ぎ》とのあいだに 何ら自然でかつ論理的なきづなは無いという説なのです。


 (2) 《投げる nage-ru 》と《流す naga-su ・流れる naga-reru 》と《長い naga-i 》の三語は すでに互いに同じ語根から発生していると説かれています。けれども ここでも  / nVgV / というシニフィアンには いづれの語でも同じシニフィエ(≒意味)が見られます。《障害の除去・邪魔の消滅》というシニフィエが共通です。ソシュールの説では そんなことはあり得ないというものです。

  nage-ru  投げる  (障害なく 延びて行かせる)
  naga-su  流す   (障害を避けて 延びて行かせる)
  naga-reru 流れる  (障害を避けて 延びて行く) 
  naga-i   長い   (障害なく延びた状態にある)


 さらに語例を伸ばします。
 (3) 《和ぎ nagi 》関連で 母音の交替をも加えて この / nVgV / なる音素には 共通の意義素が潜んでいるという語例です。

  nago-ya-ka 和やか    (障害が消滅した状態)
  nago-mu   和む     (障害が消滅していく)
  nagu-sa-mu 慰む     (障害を除去させる)
  negi 祈ぎ・労ぎ・禰宜   (障害の消滅を希求)
  nega-u   願う      (障害の消滅を希求)

   *

 どうでしょう。言語記号の恣意性なる仮説によれば こんな現象はあり得ないことになります。
 
 ちなみにその仮説によれば 例外なる事態は 次のようだと言います。

 オノマトペつまり擬音語や擬態語では 音素(シニフィアン)と意義素(シニフィエ)とのあいだにつながり(きづな)があると言います。

 郭公は その / k / の音素を鳴き声に合わせてどの言語でもというほどに同じ音素から成る語として持たれているようです。
 
 日本語で 光がピカッとかがやくという様態に合わせて ひかり・光るという語が得られています。

 あるいは例外としては いわゆる派生語の場合が挙げられます。これは 同じひとつの語根から派生するのであるからには 当然だと考えられます。

 つまり

  nagi 和ぎ
  nago-ya-ka 和やか   
  nago-mu   和む

 これらは じつは派生語として / nVgV / なるシニフィアンに同じ共通のシニフィエがあっても 恣意性の説の反証にはなりません。という考察は すでに成されています。
 (ナグサメ=慰めも 派生語であるかも知れませんね)。






 例外を別とすれば じんるいが言語を獲得したのは その語彙の全体を――その時点で―― 一気に得たのだと言います。個々の語は互いにその語としての差異によってのみ 関係しあいつつ 使い分けされているというものです。(語としてというのは 《シニフィアン(音韻)∽シニフィエ(意義)》とが一体となったそれぞれの語としてです)。

 あとで造語される語を別として 或る時点で語彙の全体を ひとつの体系として 得ることになったのだと説いています。

 そうであるにせよ無いにせよ 《シニフィアン(音韻)∽シニフィエ(意義)》として成る語には その関係性(つまり ∽ として示したそのつながり方)が 自然で論理的なきづなを持つと例証によれば考えられます。


 さらにくわしい議論をおぎなわなければならないのですが こういった問題が ソシュール≒丸山圭三郎の理論にはあると言ってよいと考えます。


 * おぎなうべき議論の一端として:

   音素・・・・=・・・・意義素
   _______________
  / n /  = 同定相・否定相
  / g /  = 反出相;反定相・疑問相・変化相

 といった仮説を前提としています。
 いま

  / n /=否定相 + / g / =変化相(変化ゆえ 過程相・移行相)

 といった複合によって

  / nVgV /なる音韻(シニフィアン)
    =《障害の除去・邪魔の消滅》なる意義(シニフィエ)

 といったじっさいの語例が作られているという見方を 例証(反証)として提出しました。



 ただしここで 否定相の子音 / n / が 薙ぎにおいてはなぜ《伐採すべき草や木》を内容とする《障害・邪魔》として認定したか? それは 分かりません。恣意的に決められたとしか言いようがありません。

 つまり 凪ぎや和ぎにおいてはそれぞれ《波風》や《心の不安》を 何故ほかにも数ある障害や邪魔の中からえらんだのか? それは 分かりません。



 

 * すでに問うたことがあります。けれども ジョウシキが間違っているなら 何度でも問うべきかと考えます。
 【Q:《言語記号の恣意性》は 神話である。】
 http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa5664705.html

 ソシュールの《言語記号の恣意性》については まだ或る程度の《定説性》が残っていますが これが ただの神話であることを次のように証明します。当否・成否を問います。


 まづ先にその例証となる言語現象をかかげます。

  / nVgV /という形態素を取り上げます。( V は母音のことです。アイウエオなどが入ります)。これは 子音の / n / や / g / が同じというようにシニフィアン(≒音素)が同じなら その意味すなわちシニフィエ(≒意味)も同じだという語例になります。
 すなわり この / nVgV...続きを読む

Aベストアンサー

「お礼」への書き込みをありがとうございます。

> ☆ なかい702さんは 大局的に・言語学の王道をあるく視点をとうとび 議論をしておられるようですが やはりいまの議論というのは 論点がしぼられています。
⇒つまり、こういう理解でよろしいでしょうか。「言語構造内のいろいろな場面に恣意性が認められるが、ここでの議論では狭義の恣意性、即ち、ソシュールの記号理論でいう第一の恣意性・シニフィアンとシニフィエの相互関係と、第二の恣意性・意味価値の相関関係のみを扱うものとする」という解釈です。もしそうでしたら、部分的ですが納得できます。

> 第一の恣意性は 記号(シーニュ)内部のシニフィアンとシニフィエの関係において見い出されるものである。つまりシーニュの担っている概念 x とそれを表現する聴覚映像 y との間にはいささかも自然的かつ論理的絆がないという事実の指摘であって具体的にはchien なる概念が/(シアンという発音記号)/という音のイメージで表現されねばならないという自然な内在的絆は存在しないということである。
⇒フランス語圏では[ʃj~?]という音を聞きいて脳内にその聴覚映像を結んだら人は「犬」を了解するが、それは[ʃj~?]という音と「犬」とが直結しているからではありませんよね。それは単に、フランス語での語義に関する社会的慣習に過ぎません。その証拠に、例えばアメリカでは人の名前だと思うかも知れないし、日本では赤塚不二夫の漫画に出てくるズッコケ表現だと思うかも知れません!
 ということで、[ʃj~?]というシニフィアンと、「犬」というシニフィエとの対応関係は、一重に、フランス語における「恣意的な約束」である…と、こういうことになりますよね。

> これに対して第二の恣意性は 一言語体系内の記号(シーニュ)同士の横の関係(←→)に見い出されるもので 個々の辞項のもつ価値がその体系内に共存する他の辞項との対立関係からのみ決定されるという恣意性のことである。
> 具体的に言えば 英語の mutton の価値がフランス語の mouton の価値とは異なる その異なり方の問題で その言語の形相次第で現実の連続体がいかに非連続化されていくかという その区切り方自体に見られる恣意性にほかならない。
⇒意味価値の相関関係は常に蠢いていますね。これは任意のどの言語でも当てはまります。もし、変動も何もなく安定しているような言語があるとすれば、それはすでに話し手のいなくなった「死語」でしかあり得ません。このような意味価値の相関関係の変動ぶりは、その言語における2つの異なった時期の共時態を比べてみれば一目瞭然です。そして、その間の通時態を時系列に沿って追ってみれば、その経過のほども分かります。
 ところで、その意味価値内の相関関係の変動は、何によって引き起こされるでしょうか。一方には「言語構造のひずみ」という誘因があり、他方には「そのひずみを何らかの方法で是正したい」という使用者側の動因があります。そして、その運動の遂行を決定づけるのは後者すなわち人間の側(の動因)であり、まさにそこに件の恣意性が関わってくる…と、こういう仕儀ですよね。

> ☆ 《結果的産物》としての第一の恣意性が成り立っていないということが明らかになれば どうなるでしょうか? つまりここでの反論は《第一の恣意性》が事実ではないと示して反駁するものです。これだけで反証は成し得たと考えています。
⇒さあ、それだけで反証を成し得たとするには無理があると思いますよ。前にも言及したとおり、どの言語内にもシニフィアンとシニフィエとの間に何らかの有縁性があることはソシュール自身も認めています:「(発話の際)能記の選択は必ずしも常に恣意的ということでなく、時に有縁的である」、「特に、擬音語と間投詞においてそのことが言える」、と。ただし、それに続いて「擬音語と間投詞は決して言語体系の組織的要素ではない」し、「我々の説を脅かすものではない」とも断言しています。つまり、「第一の恣意性」と矛盾する現象は僅かにあるけれども、それは「言語構造論にとっては周辺的なこと」であるとして、深入りしなかっただけなのです。ということは、有縁性の例をいくら集めてみせても、それだけで「言語記号の恣意性」を否定することはできないでしょう。

> ☆ 趣旨説明欄において ちらっと丸山に触れているだけですが 実際問題としては 丸山理論に対する批判である。こうはっきり申し述べておくべきだったことでもあります。丸山理論が 孫ではなく 本人だという意味です。
⇒「丸山理論が孫ではなく、本人だ」というのはある種詭弁のようにも聞こえますが、まあそれはそれとして、それならなお、「ソシュールの《言語記号の恣意性》は神話である」というタイトルとの間に少なからぬ齟齬があると思いますよ。
 なお、時々僭越にも辛辣なことを申しますが、決してbragelonne様を非難するためではありません。むしろ逆に、bragelonne様の学究心にはいつもながら敬服申しあげています。これは一重に、共同して真理への肉迫をしたいとの願望からに他なりません。どうかこの件、ご了解賜わりますように。

> ☆ すなわち この反証によって 《第一の恣意性》は 中身が事実に反すると明らかになったと考えています。
⇒いやいや、「音素(子音)がそのままで意義素をおびており、そのことが語の生成にもつながりを持ったかたちで影響している」場合があることを示したところで、「第一の恣意性は、中身が事実に反すると明らかになった」などとは言えないと思いますよ。
 例えば、フランス語圏以外の地域で、[ʃj~?]と同じ聴覚映像か、少なくともそれとの有縁性を持つ聴覚映像で「犬」を想起せしめる状況(人間に共通する普遍性)がなければ、この語に関するシニフィアンとシニフィエとの相関関係、必然的有縁性を示したことにはならないでしょう。例えば、『鶏の泣き声のシニフィアンが多くの言語で[k]音を含む」というように、「地球上の人間の大多数が」[ʃj~?]と聞いて「犬」を想起するという事例に類する有縁性を突きつけない限り恣意性説は崩せないと思います。

> おそらくきちんとした語例を三つほど示して《音素=意義素》なる理論が例証できれば――つまりは ひとつの言語内だけでそう証明できれば――言語記号の恣意性なる理論は全滅である。こう見ざるを得ないと考えます。
⇒bragelonne様がよく研究されていることは敬服するところですが、今回の提示材料は通時語彙論・意味論であって、それはいわば文献学の範疇であるのに対し、ソシュールのそれは言語体系の構造論でしょう。つまり、philologyでlinguistics 批判をしようという、お門違いを犯していることになります。ですから、今回のbragelonne様の議論は、実態的には「通時語彙論に見る恣意性の原理の破れ」くらいの論題に過ぎないと思います。もし、この内容を「ソシュールの《言語記号の恣意性》は神話である」という論題で、例えば「日本言語学会」で発表するようなことがあれば、失礼ながら、一笑に付されることでしょう。

> ・ / nVk(g)V / なる語例
> ・ / h /=順出相;順定相と/ k /=反出相;反定相との対照
> ・ 完了相の助動詞で ツ(/ t(d) /)とヌ(/ n /)との対照
> の三つについて説明し得たと考えるものです。どうでしょう。
⇒シニフィアンとシニフィエとの相関関係、必然的有縁性は、多かれ少なかれどの言語にも見られますが、その有縁性の強さには差があり、フランス語などの屈折語ではそれが比較的弱く、日本語のような膠着語系はそれより強い傾向にあります。アフリカのスワヒリ語はそれが最も強い言語の1つで、例えば「のっしのっし」や「しゃなりしゃなり」等に当る「歩き方を形容する表現」が数十通りもあって、それを聞くだけで何歳くらいの人がどんな風に歩いているのか、もちろん男女の区別も含めて、分かるのだそうです。
 ソシュールは、このような言語を(シニフィアンとシニフィエとの有縁性に関して)「文法的な言語」と呼んでいます。「シニフィアンとシニフィエとの相関関係が、文法の範疇に入り込んでいる」という意味でしょう。ことほどさように、単独の言語に見る限りこのような有縁性は必ず見出されますが、他方非同系言語間では、("kennel"と「犬[ケン]寝る」のような!)ダジャレ的な偶然の一致を除いて、まず見出されません。
 bragelonne様の最初の質問文や補足の中の例は、相対的に「文法的な言語」からの例であって、したがってその研究のタイトルを再考するとすれば、「ソシュール『言語学原論』が手を抜いていたシニフィアンとシニフィエとの有縁性に関する考察」と題するにいいものであると思います。しつこくてすみませんが、決して「言語記号の恣意性」の原理を覆せるようなものではないでしょう。この筋からアプローチする限り、それはアリが象の足に噛みつくのにも似て、「原理」は微動だにしないでしょう。

 以上、碩学のbragelonne様に失礼とは思いましたが、偽らざる感想を述べさせて頂きました。ただし、本件に関してのみの感想でして、他のテーマについては常々敬服申しあげておりますこと、前述のとおりです。

「お礼」への書き込みをありがとうございます。

> ☆ なかい702さんは 大局的に・言語学の王道をあるく視点をとうとび 議論をしておられるようですが やはりいまの議論というのは 論点がしぼられています。
⇒つまり、こういう理解でよろしいでしょうか。「言語構造内のいろいろな場面に恣意性が認められるが、ここでの議論では狭義の恣意性、即ち、ソシュールの記号理論でいう第一の恣意性・シニフィアンとシニフィエの相互関係と、第二の恣意性・意味価値の相関関係のみを扱うものとする」という解釈で...続きを読む

QAs examples, he cites the KANJI cha

As examples, he cites the KANJI characters for the " League of Nation " and " United Nation " and such catchy creations an gorin (KANJI meaning " five circles ") to convey the concept of the Olympics.


例えば、「連盟」や「連合」といったものや「五輪」(これは「5つの輪」を意味する漢字である)といった覚えやすい造語の例をあげた。

これってどういう意味ですか?
訳あっていますか?

Aベストアンサー

”League of Nations" の正式な日本語訳は下記のように「国際連盟」ですから、それを使います。
 http://100.yahoo.co.jp/detail/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E7%9B%9F/

 「彼は、例として「国際連盟」や「国際連合」の漢字、またよく知られているオリンピックの概念を伝える五輪(五つの輪を意味する漢字)を、挙げている。」

Qウイゲントシュタインの「言語の限界」は「世界の限界」とは?

ウイゲントシュタインの「言語の限界」は「世界の限界」とはいったいどのような意味なのか、説明できる方がいらっしゃいましたらぜひお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。。

 西洋哲学に関しては門外漢なのですけど、言語学・言語哲学関連の本を読んでいると、ウィトゲンシュタインはよく取り上げられますね。
 ウィトゲンシュタイン関連著作を数冊執筆されている黒崎宏氏はご存知でしょうか。
 著作の中で、著者は自説を大まかにまとめる形で記している箇所なのですが、(ご存知でしたらごめんなさい。)
 「ウィトゲンシュタインの『言語ゲーム論』の核心は、すべてのもの一切を、心的なものも物的なものもおしなべて、言語的存在とみなす、ということである。すなわち言語を離れたもの-言語以前に実体としてあるもの-なるものは一切存在しない、というのである。言い換えれば、一切は言語的存在なのであり、意味的存在なのである。」
 黒崎宏『ウィトゲンシュタインから龍樹へ』哲学書房より

 この一文は、「言語ゲーム」=世界と考えていた(←と投稿者が思っている)ウィトゲンシュタインの考え方を端的にまとめてあると思いますし、こういう固定し不変な物事の「実体」を想定しない考え方を打ち出したがために、彼が「哲学を殺した」といわれるのだと思っています。
 「言語ゲーム」=世界であれば、「言語の限界」は、おのずと「世界の限界」になると思います。
 個人的には、ウィトゲンシュタインのこういう考え方は形而上学否定であり、哲学の否定なんだと思っているのですが、こういう解釈が正しいのかどうかはわかりません。
 だいいち、自分は概説書などに引用されている部分を除いてはウィトゲンシュタインの原典を知らないので、これ以上はもうものが言えません・・・(ボロが出た)ごめんください。では。

こんばんは。。

 西洋哲学に関しては門外漢なのですけど、言語学・言語哲学関連の本を読んでいると、ウィトゲンシュタインはよく取り上げられますね。
 ウィトゲンシュタイン関連著作を数冊執筆されている黒崎宏氏はご存知でしょうか。
 著作の中で、著者は自説を大まかにまとめる形で記している箇所なのですが、(ご存知でしたらごめんなさい。)
 「ウィトゲンシュタインの『言語ゲーム論』の核心は、すべてのもの一切を、心的なものも物的なものもおしなべて、言語的存在とみなす、ということである...続きを読む

QHow do I spell my name Chris in kanji?追加質問

「How do I spell my name Chris in kanji?
は第何文型ですか」という質問に対する回答への追加質問ですが、これがHowが副詞だからChrisは名詞が副詞化したものと考えていいのでしょうか。tomorrowが副詞としても使われるようにこの場合もそうででしょうか。そうすると第3文型というのが納得できます。

Aベストアンサー

こんにちは。
>How do I spell my name Chris in kanji?
この答えは、You spell [your name Chris] 駆栗鼠 in Kanji.となりますよね。この文だとSVOCとなりCに当たるのが駆栗鼠です。

従って、your name Chris は目的語の同格と捉えるのが自然だと思われます。
My friend, Chris is a clever girl.ですとMy friend と Chrisが主語で同格ですよね。これと同じように目的語となった場合にも考えればスッキリするのではないでしょうか。結論はSVOで in Kanjiのみが副詞です。

蛇足ですが、spellは本来アルファベットを綴る意味合いが強いので間違いではありませんが、How do I write my name in Kanji? の方がしっくりくるような気がします。
説明になっていれば幸いです。

Q「聞く」「考える」「カンガエル」「考える」「発話」

言葉を通して考える事について。

「聞く」
誰かの発話を空気の振動を経由し聴覚神経を経て
(あるいは何かの本を読んで)
「考える」
発話された意味を言葉に翻訳して理解する、
「カンガエル」
発話による刺激と、脳の中の記憶により、信号に変換
01.01.01.・・・又は、同じ、違う、同じ、違う・・・
この繰り返しの結果
「考える」
脳の中の信号の結果を、言葉に再度翻訳して、
「発話」
『言語のない世界に生きた男』の話は本当ですか?

大変大雑把な図式ですが、
質問は、「カンガエル」と言う部分が、
カントの言葉を借りれば「物自体」にあたり、
感性的な理解は不可能であり、結果として、
思考に言語が必要かどうかを問う事は、断念せざるを得ない。

皆さん、どう思われますか。

Aベストアンサー

関係ない話ですみません。
だって意味がよくわからないものですから。(;;)

でも犬を飼っていると、このあたりの事情がなんとなくわかります。
ノンバーバルコミュニケーションというか、動物との意思疎通というのは
なんとなくありそうな気がします。

犬は考えていないかというと、結構考えているのです。
行動を選択しその結果を喜んだり、落胆したりします。

主人の行動を観察して、「散歩かな?散歩に連れていってくれるかな?」
と目をきょろきょろ、おちつかないそぶりを見せます。
台所でカンッという、皿のふれあう音がすれば「条件反射」で駆け寄って
餌を催促するように吠え続けます。

この条件反射なるものが、実は「カンガエル」の原型であるかのように
思うのです。
記号論的に言えば、意味作用とでもいうのでしょうか、
事象やモノに意味を付与する(意味を選択する)行為が、
「思考」の実体であると思えます。

次に記憶ということがあげられます。
学習といいかえてもいいです。
条件反射は記憶による学習ですが、そこに言語は介在しません。
嗅覚と音などがおりなす気配が、次のおこりうる事象を予感させる
から、犬は吠えたり、そわそわしたりします。

ただ、そこに、いわゆる人間の言語は介在しないのは間違いない
けど、犬は犬なりに一連の気配を、グーとがガルルとか◎$)(’&%$
とか名前はないにしろ感性的に識別してる可能性はあるかもしれない

しかし、一方でそういう行動を観察する人間が「ゴン太。ごはんよ」
とか「ポチ。散歩だよ」と「発話」することで、音を聞き取って、この
僥倖は「ごはん」という発話でもって確定するという学習をしている
という可能性があります。
おそらく、感性的な思考はあると思います。
記憶と密接にむすびついていて瞬間的に一定の結論を導きだします。
それが未来の記憶(デジャヴュや潜在意識)であったりするから
不思議で楽しいのでしょうね。

なんか的外れで恥ずかしいなぁ(^^;

関係ない話ですみません。
だって意味がよくわからないものですから。(;;)

でも犬を飼っていると、このあたりの事情がなんとなくわかります。
ノンバーバルコミュニケーションというか、動物との意思疎通というのは
なんとなくありそうな気がします。

犬は考えていないかというと、結構考えているのです。
行動を選択しその結果を喜んだり、落胆したりします。

主人の行動を観察して、「散歩かな?散歩に連れていってくれるかな?」
と目をきょろきょろ、おちつかないそぶりを見せます。
台所...続きを読む

QCould you help me in recognising kanjis?

こんばんは。I'm a graphic designer from Hungary and I'm working on a logo for a karate club. I can't speak japanese. I have to keep the text on the logo, but I only have a picture in bad resolution. Could you help me in recognising kanjis and paste it for me in the answer? I attached the image below.

Aベストアンサー

Won't you let me explain 國際空手道(KOKUSAI KARATE-DOU) to you a little bit.

國際(KOKUSAI) means "international".
空手(KARATE) means "Karate". It is one of Japanese traditional martial arts.
道(DOU) means some "moral principles".

In short, KARATE-DOU is not mere sports. People training in Karate learn also "moral principles".

By the way, please make Mr. No.1's answer a reference about 國際武道アカデミー(KOKUSAI BUDOU AKADEMII).

Q「ツァラトゥストラかく語りき」の中の「ラクダ」「獅子」「幼子」とは?

ニーチェの「ツァラトゥストラかく語りき」の中に、「三段の変化」という項目があります。「ラクダ」「獅子」「幼子」と、精神が三段に変化を遂げるようすを詳述してあるものですが、いくら読んでも、具体的にどう言う心境の変化を述べたものなのか理解できません。ニーチェは、やはりラクダと幼子を肯定的にとらえ、獅子を否定的に扱っているのでしょうか。
私は哲学はからっきし無学ですので、可能であれば具体的な事例を挙げてお教え下さい。

Aベストアンサー

幸い(?)私も哲学オンチなので、哲学色はヌキにしてお話させてくださいな。

■精神の三段の変化とは

1)ラクダ段階:神にひざまずき、重い荷を背負いたいと願う、服従と勤勉の精神
 俺は傲慢だ、知ったかぶりだ、俺はバカだ。
 そうであることの重荷に耐えられるほど、俺は嬉しい。
 どうか俺の背中に一番重い荷物を乗せてくれ神様。
 俺はどんな辛さにも耐えるから。

2)獅子段階:新しい創造を目指す権利を得る、自由意志発揮の破壊精神
 神とやらが俺に押し付けていた「義務」はもうどうだっていい。
 だって俺はこんなに強いもん。
 俺はきゅうくつな修行から逃れて、そして何者にも縛られない自由を手に入れるぞ。
 俺はもっとすごいことがしたいんだ。邪魔するやつは容赦しない。

3)幼子段階:新しい創造ができる力を得る
 (敬虔であったラクダ時代を忘れ、暴虐だった獅子時代も忘れ、
 すべてを真っ白な新しい気持ちで受け入れ、遊びながら、
 どんどん新しい価値を生み出していく存在。)

途中で「神様」という語が出てくるけれど、
ニーチェの名台詞はご存知「神は死んだ」。
つまりこの書は、キリスト教の価値観でガチガチに固められた世界観をブッ壊して、
それに代わる新しい価値観や新しい人間像を、
ゾロアスター教の神様(ツァラトゥストラ=ゾロアスター)にかこつけて語らせてみているわけです。

神様の教えに従順に従っている段階がラクダ。
それにおかしいと気づき、ぶっ壊そうとあがき暴れまくっているのが獅子。
(獅子でなければ古い価値観をブッ壊すことはできない)
そして新しい価値観を生み出すには、幼子のように無垢でなければいけない。

…とはいえ、「ツァラトゥストラ~」は「福音書」のパロディらしくて、
「幼子」とはイエスその人を指してるみたい。(「幼な子のようになりなさい」っていう聖書の言葉から)
つまり元に戻るだけで、新しい価値は誰も生み出せないという…
恐ろしいオチです。

>具体的な事例を挙げて
夏目漱石の「坊ちゃん」から「三段の変化」を説明しているサイトを見つけました。ご参考になさってください。おもしろかったです。(^^)
ラクダ…うらなり
獅子…山嵐
幼子…坊ちゃん

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Bookend/4208/unpublished/enfant.html

幸い(?)私も哲学オンチなので、哲学色はヌキにしてお話させてくださいな。

■精神の三段の変化とは

1)ラクダ段階:神にひざまずき、重い荷を背負いたいと願う、服従と勤勉の精神
 俺は傲慢だ、知ったかぶりだ、俺はバカだ。
 そうであることの重荷に耐えられるほど、俺は嬉しい。
 どうか俺の背中に一番重い荷物を乗せてくれ神様。
 俺はどんな辛さにも耐えるから。

2)獅子段階:新しい創造を目指す権利を得る、自由意志発揮の破壊精神
 神とやらが俺に押し付けていた「義務」はもうどう...続きを読む

QMost of Japanese kanjis can be pronounced in some

Most of Japanese kanjis can be pronounced in some ways. For example, we pronounce "本" hon and moto. Similarly, "東" which is a character contained by our city's name is pronounced higashi, azuma, and to.
は『多くの日本の漢字には複数の読み方があり、例えば「本」はホン、モトと読みます。同様に、この市の名にある「東」はヒガシ、アズマ、トウとも読まれます。』という意味で通じますか?

Aベストアンサー

some →several もしくはmultiple などのほうが良いと思います。
細かいことを言うと、which is a character contained by our city's name は前後にカンマを入れたいところです。

Q「草陰」、「草葉」、「葉隠れ」、或いは「物陰」

 「草陰」、「草葉」、「葉隠れ」、或いは「物陰」ということばや表現に私たちはせっしてきましたし、時には自分でもつかうこともあります。
 質問者は、「草あるいは草葉」、「陰」、「隠れる」、或いは「物陰」という表現が何か共通の感覚や意識、思い方、或いは心性みたいなものががあるのではないかと、ずぅっと気にしているのです。
 このことについて、何でもお教えや参考事項や思われることがありましたら、どうかご投稿くださいますよう、お願い申しあげます。
 美人でえらい皇后陛下が、美しい物だって、時とともに醜く朽ちていくことを知ってもらうために、死体を野ざらしになさったというお話も仄聞した経験がりますし、何か昔は野辺送りは、本当に草の野辺においてきたのだというお話しも伺ったことがあります。
 どんなことでもどうか、お教えください。関係が遠いという判断はどうか為さらないで、衝動でご投稿ください。
 どんな文章でも、漢字変換ミスも読解しますので。

Aベストアンサー

海ゆかば 水漬く屍
山ゆかば 草むす屍

「海ゆかば」を思い出しました。元は古いものなんですね。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E3%82%86%E3%81%8B%E3%81%B0

>美人でえらい皇后陛下が、美しい物だって、時とともに醜く朽ちていくことを知ってもらうために、死体を野ざらしになさった・・・。

それが、本来の死に方だと思います。
焼き場(火葬場)で、祖母が焼かれようとしているのを見た小さな孫が、「おばあちゃんを焼いちゃダメ、よけい死ぬう!」と泣き叫んでいました。
われわれ、大人は火葬は普通のことと思ってしまっていますが、子供にしてみれば残酷だと思ったのでしょう。

難しいことはわかりませんので、こんなところでご勘弁ください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報