固定資産の圧縮記帳を行うとき、直接減額方式と積立金方式がありますが経理方法の選択は法人の任意ですか?それとも資本金額等によって決まっているのですか大企業の場合は積立金方式をとらなければならないと聞いたんですが・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(1)直接減額方式:


通常の減価償却と同様に特別償却分についても処理する。

(2)準備金方式 :
利益処分により特別償却準備金として積み立てるとともに、税務上の申告調整を通じて法人の課税所得を減じるもの。

 企業会計は、上記の(1)の方法は不適切とされています。その理由は、特別償却部分については、商法上は、相当の償却を超えていると考えられていること、また、製造業等については適正な製造原価を歪める結果となり、正確な期間損益が把握できないことになります。
 法人税法及び租税特別措置法による圧縮記帳制度についても同様のことがいえます。

こんなことから、準備金方式が良いと思います。 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金制度の賦課方式と積立金について

日本の国民年金は賦課方式であると思うのですが、そうだとするならば積立金はどこから発生したのでしょうか?

賦課方式ということは、保険料を支払っている人が、給付を受けている人の額を補っているんですよね?ということは、「保険料×保険料を払っている人口」と「年金の給付額×年金の給付を受けている人口」がイコールになるっていうことですよね?ということは、積み立てに回す金額なんてないと思うのですが。積み立てるということは、

「保険料×保険料を払っている人口」>「年金の給付額×年金の給付を受けている人口」

でなければならないと思います。賦課方式ならばどこから積立金を調達してきているのでしょうか?分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

日本の公的年金の財政方式は修正積立方式です。

世代間扶養という賦課方式を基本としながらも、積立金の運用収入により、将来の負担増を抑制するという方式です。

たしかに基礎年金部分が賦課方式で、報酬比例部分が積立方式であるという説明はされていますが、実際には歴史的経緯や制度全体が複雑に絡み合う関係でことはそう単純ではありません。

率直に言えば、当初積立方式であったものが財政的に逼迫してきたので、世代間扶養という発想が持ち込まれ、賦課方式という説明にシフトしてきたのです。

というわけで、現状の掛金には積立部分があり、一方給付もその運用益に左右される面があるのです。

Q【みんなの資本主義】みんなの資本主義という本が売られていますが、資本主義というものは人を蹴と落として

【みんなの資本主義】みんなの資本主義という本が売られていますが、資本主義というものは人を蹴と落として成り上がるという思想ではないんですか?

みんなの資本主義って発想自体おかしくないですか?

資本主義の下には奴隷と使用者という身分格差があって成り立つ思想ではないんでしょうか?

資本主義でみんなハッピーという考えはあり得るのでしょうか?

みんなの資本主義ってタイトルはおかしくないですか?

Aベストアンサー

「みんなのための資本論」のこと?映画のこと??
資本論をきちんと理解して、搾取されないようにしようねって啓蒙している。

Q資本主義と修正資本主義の違いは?

資本主義と修正資本主義は簡潔に言うと、どう違うんですか

Aベストアンサー

こういうのは歴史をみるとよく解ります。

英国で産業革命が興り、その結果資本家は
大儲けしましたが、労働者は平均寿命が二十歳未満
という信じられないほど過酷な環境に
置かれました。

これは経済を自由にしているからだ、
だから、公権力で自由を制限し、
強引に平等にしてしまえ、
という社会主義が登場しました。

この社会主義に慌てた資本主義国家は、
労働者を保護するようになります。

これが修正資本主義と言われるもので、
社会主義はこの修正資本主義に破れた
わけです。

Q経済学(資本還元の方法を使って擬制資本の価額)

資本還元の方法を使って擬制資本の価額を求める
(1)いま保有している2万株の株式から得られる配当が年間10万円えあり、現在の市場利子率が2%であるとすると、この2万株の株式の価額は、理論的にいくらであると考えられるか。
(2)所有している500m2の駐車場から得られる駐車代が年間120万円であり、現在の市場利子率が4%であるとすると、この駐車場価額は、理論的にいくらであると考えられるか。

ーーーーー
すみません、解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今日持っている10万円と1年後の10万円の価値は同じではありません。もし、市場の利子率が2%であるとすると、その2%で10万円を運用すれば1年後には10万2千円になっているからです。今日の10万円は1年後の10万2千円と同じ価値なのです。
このような、時間による価値の差を時間価値と呼びます。では1年後の10万円は今日のいくらと同じ価値なのでしょう?
2%の利子がついて10万円になるのですから、利子がつく前の価格は
10万円×1/(1+2%)≒98039円
となります。これが1年後の10万円の現在における価値です。
これを2%で割り引いた現在価値と呼びます。
今日の98039円が1年後の10万円と価値が等しいので、1年後に10万円を得られる権利は今日の98039円でなら売ったり買ったりしても妥当な価格だということになります。


(1)毎年10万円の配当が得られるわけですが、1年後に得られる10万円の現在価値は、上記のように98039円です。
2年後にも10万円の配当が得られます。2年後の10万円の現在価値は
10万円×1/(1+2%)×1/(1+2%)≒96117円
になります。
3年後にも10万円得られます。4年後、5年後にも10万円ずつ配当が得られます。それぞれの現在価値は
10万円×1/(1+2%)*3
10万円×1/(1+2%)*4
10万円×1/(1+2%)*5
となります。ここで*3や*4は3乗、4乗などを表すことにします。
2万株の株式を持っているとこれらの配当が未来永劫にわたって得られるので、その配当を貰う権利を売り渡すとしたら、その配当の現在価値の総和が妥当な価格であるということになります。これが理論株価です。したがって

理論株価=10万円×1/((1+2%)+(1+2%)*2+(1+2%)*3+・・・・)

となります。そこで、
1/((1+2%)+(1+2%)*2+(1+2%)*3+・・・・)
がいくつなのかを計算しなければなりません。
そこで、利子率をrとして、
1/((1+r)+(1+r)*2+(1+r)*3+・・・・)
を計算することにしましょう。
ここで
x=1/((1+r)+(1+r)*2+(1+r)*3+・・・・)
とします。「=」の両辺に(1+r)を掛けると
(1+r)x=(1+r)/((1+r)+(1+r)*2+(1+r)*3+・・・・)
=1+1/((1+r)+(1+r)*2+(1+r)*3+・・・・)
になります。下の式から上の式を引くと
(1+r-1)x=1
rx=1
x=1/r
となります。ですから、将来にわたって毎年10万円の配当が得られる株式の価格は
10万円/2%=500万円
となります。

(2)4%で計算してみましょう。

今日持っている10万円と1年後の10万円の価値は同じではありません。もし、市場の利子率が2%であるとすると、その2%で10万円を運用すれば1年後には10万2千円になっているからです。今日の10万円は1年後の10万2千円と同じ価値なのです。
このような、時間による価値の差を時間価値と呼びます。では1年後の10万円は今日のいくらと同じ価値なのでしょう?
2%の利子がついて10万円になるのですから、利子がつく前の価格は
10万円×1/(1+2%)≒98039円
となります。これが1年...続きを読む

Qアメリカ型資本主義とヨーロッパ型資本主義の違いは?

アメリカ型資本主義とヨーロッパ型資本主義はあるのでしょうか?
あまり違いがないように感じるのですが違いがあるそうです。
分かる方はいらしゃいますか?

Aベストアンサー

簡単に言えば、アメリカは、株主を大切にする。
ヨーロッパは、従業員つまり、労組および社会全体とうまく付き合おうとしているようです。
アメリカ型なら、利益絶対主義ですから、力づくで、他国やライバル企業を倒して当然。実際あちこちで戦争してますよね。あれは、その下に数多くの戦争でもうけようとする企業の圧力が作用してます。
 ヨーロッパは、歴史が長いので、大人の国。
無茶なことはしません。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報