外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

娘が咬傷事故で両足の傷で後遺障害14級の醜状傷害が認定されましたが、相手の保険会社から提示された損害賠償額の後遺障害の欄には、後遺障害14級慰謝料として弊社任意基準により算定額44万円(自賠責基準では32万円)とかかれ、外貌の醜状傷害につき逸失利益は考慮出来ませんと書かれています。いろいろ調べてみたのですが、認定されれば最大の75万円は出るように書かれているのですが、交通事故の場合とは何か異なるのでしょうか。又、女の子ですので病院にて今後の形成治療にかかる費用を細かく計算して頂いた所自賠責の点数計算で総費用約80万円かかるそうです。その場合このような費用は慰謝料に上乗せして示談する事は可能でしょうか。詳しい方がおられましたらお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>保険会社は14級認定と書いて来ただけで何号かも詳しく分かりません でした。

備考欄に今回の事故は外貌の醜状につき逸失利益は考慮され ないと記載されていただけです

自賠責保険ではないので何号は無いでしょう。
自賠責保険の
14級(5)下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
を参考に算定してはいるでしょうが・・・

これが賠償事故ではなく一人で転んだ怪我・山・谷から落ちた
怪我で生命保険・傷害保険での請求ならば後遺障害自体該当しません。
生命保険・傷害保険には14級など存在しないのです。
入通院の保険金額を払って終わりです。

賠償事故だから自賠責保険を参考にしているのでしょうが。

裁判所ならばもっと積極的に判断するでしょうね。
最も診断書など証拠は必要ですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ね重ねの実践的なご回答にお礼の申し上げようもございません。
何度も何度も繰り返し読まして頂訴訟の決心がつきました。
今回の事故では公立の大きな病院に救急車で運ばれすぐ手術を受け、その後症状固定と言う事で先方保険会社より送付されて来た後遺障害診断書に当病院の医師に作成して頂いた物を足の傷の写真と一緒に保険会社に提出いたしました。今後の形成手術にかかる治療費等の意見書も保険会社に提出済みで、どちらも当方にはコピーが渡されていますのでそれを持って早急に弁護士さんに相談に行きます。弁護士費用も多くても60万円位の目安を教えて頂きましたので何とかなります。
本当にどうしたら良いか判断に非常に困っておりました。odjmztvou様をはじめ皆様の本当にご親切な回答が投稿される度に感動して鳥肌まで出てしまいました。皆様の善意だけで繋がっているこのサイトの回答者様には心が洗われる思いです。本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/07/23 23:47

>ご説明頂いた中の将来の治療費80万円は診察頂いた医師の意見書が有 り金額が明確に出ておりますので保険会社も認めているのですが、後 遺障害認定となり慰謝料44万円を出すので有れば後日の治療費は払え ないとの事でした。

今後の治療費か後遺障害の慰謝料かどちらか選択 せよと言うものでした。

保険会社が悪質なのではありません。
示談とはそういうものなのです。
弁護士費用も掛けず訴訟も無しで簡単に取れる金額は少額です。
保険会社には保険会社の交渉マニュアルがあり
保険会社の提示で素直に示談に応じる人が大半です。

後遺障害慰謝料と将来の治療費は同じものか違う物なのか
見解の相違ですね!
逆に将来の治療費を逸失利益と同じものと考える人もいるでしょう。

44万円で納得出来ないなら訴訟以外無いとおみますが・・・
75万円なら納得しますか?80万の治療費なら?100万なら?
納得出来る金額で我慢して応じる事を示談と呼びます。
示談で裁判所の出す金額の半分ももらう事は不可能です。
だから弁護士という職業があり、裁判所があるのです。

示談に応じるか断固裁判で最高賠償金額で賠償してもらうかは
保護者の判断です。
    • good
    • 0

>慰謝料を後50万円請求!逸失利益を50万円請求


 将来の治療費を80~100万円請求
 弁護士費用着手金20~30万円成功報酬20万円ていど
 で考えれば交渉は弁護士に任せる事!訴訟を視野に入れる事

上記内容を訂正します。

慰謝料をプラス50万円で請求(計94万円)
逸失利益を150万円で請求
将来の治療費80~100万円で請求
弁護士費用着手金20~30万円・成功報酬10~30万円
合計弁護士費用は、30万円~40万円になるでしょう。
最初に見積もってもらえば安心です。
必要経費として30万円程度を出せるならば弁護士委任すべきです。
弁護士に任せると正当な金額を取る事が可能でしょう。
訴訟判決を取れば44万円が75万円に変更するのではなく
簡単に200万円をオーバーすると予想します。

200万円オーバーの根拠!
(1)裁判判決ならば医師の診断書がある限り
将来の治療費用80万円を認める可能性大!
(但し悪徳自由診療ではなく正確に健康保険治療での
 点数計算された治療費の請求である事!結構医者は患者を騙す。
 実は労災の点数計算であったり!子供が労災では負けます)
(労災は健康保険よりも点数が高いので医者は、儲かりますが
 それは自由診療の事です。)

(2)裁判になれば保険会社の認定する等級の争いに持ち込めます。
 女の子の醜状痕なら裁判で12級となる可能性が大!

(3)遅延損害金5%・訴訟費用・弁護士費用が請求出来ます。

(4)裁判ならば自賠責基準ではなく弁護士が算定した金額
 で訴訟可能です。

至急弁護士に相談・依頼すべきです。

弁護士費用が無い家庭には弁護士会が互助する制度もあります。
(※審査があります。)
    • good
    • 1

自動車事故以外の場合には、通常保険会社は一応自動車事故に於ける損害賠償額を参考にして決めます。



ご指摘のように自賠責14級の場合には75万円(内訳は慰謝料32万円、逸失利益43万円)が画一的に支払われます。
但し高齢者で無職の場合には逸失利益は減額される場合があります。

娘さんの場合には、逸失利益が生ずるのかどうかは個別判断に依りますので
調停や裁判などで認定されない限り、保険会社も応じないかも知れません。

ただ裁判の場合には数百万円の金額で、かつ勝訴の見込みがない限り
費用倒れとなりますので、費用のかからない少額訴訟(60万円限度)
か調停が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠にありがとうございました。やはり、逸失利益、慰謝料等皆様のご回答を拝見させて頂いて、素人が示談するのは保険会社の思う壺で有ると言う事が身にしみて良く分かりました。又、いずれにしても訴訟しか正当な金額を受け取れない事も分かりましたので明日からその方向で行動させて頂きます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/07/23 22:59

保険会社が直接示談交渉対応している事から


示談交渉付きの個人賠償責任保険特約でしょう。
自賠責保険での保険金支払いと一般の障害事故は
全く違います。
多発する交通事故被害者を救済する為に一般の民法における
損害賠償のような大変な作業・手続きを省き簡単に自賠責保険金
を支払う様に自賠法という法律で被害者に有利に法律を
制定して運営・支払いしているものが自賠責保険です。
法律だから自賠責の基準・システムを守っているだけです。
犬の事故は特に法律にはありません。
犬・ペット損害賠償責任法など存在しないのです。
普通の民法による不法行為によって損害を立証して請求する
以外ありません。立証責任は被害者にあります。
これは、自賠責基準以上の請求をすれば自動車事故でも同じです。
逸失利益の請求は逸失利益の存在を具体的に立証する必要が有ります。

醜状痕ならそれによってどのような将来の収入減があるかとか?
それよりも慰謝料44万円が正当かどうかを問うほうが良いかも?

将来の治療費は80万円が適正なのかを確認の上
診断書又は医師の意見書の形ではっきりと文書にして頂くべきです。
適正な将来の治療費用は請求できます。

但し全て裁判すればの話です。
示談での任意保険基準と弁護士雇用での判決では違って当然です。
素人が話すだけで大金が簡単に支払われるなら
弁護士も裁判所も必要ありません。

慰謝料を後50万円請求!逸失利益を50万円請求
将来の治療費を80~100万円請求
弁護士費用着手金20~30万円成功報酬20万円ていど
で考えれば交渉は弁護士に任せる事!訴訟を視野に入れる事

一度、弁護士会又は法テラスに相談されてはどうでしょう。

私見ですが私ならば訴訟にて最高金額を取ります。
遅延損害金5%と訴訟費用・弁護士費用も請求します。
(弁護士費用の全額は無理でも一部は取り戻せます)
大体女の子の外貌に醜状なら14級でなく12級で訴訟です。
著しい醜状なら7級で訴訟です。
弁護士に任せて訴訟せなければはした金で終わります。
参考自賠責保険金額
12級(慰謝料93万・逸失利益合計限度224万円)
7級(慰謝料409万・逸失利益合計限度1051万円)

被害事故請求特約もしくは車外日常生活弁護士特約の契約が
あれば弁護士費用は契約保険会社持ちなのですが・・・
火災保険・傷害保険などで契約はありませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の説明足らずの質問に対して、貴重なお時間を裂いて頂き本当に詳しいご説明を頂きました事心より深くお礼申し上げます。
ご説明頂いた中の将来の治療費80万円は診察頂いた医師の意見書が有り金額が明確に出ておりますので保険会社も認めているのですが、後遺障害認定となり慰謝料44万円を出すので有れば後日の治療費は払えないとの事でした。今後の治療費か後遺障害の慰謝料かどちらか選択せよと言うものでした。夏場になり靴下を一生懸命伸ばして両足の傷を隠して学行に行く娘の姿を見ると憐れで、せめて賠償金は正当な金額を受け取り娘の将来に最高の治療を受けさせたく思案していたところでしたが素人には難しいと言う事が良く理解出来ましたので弁護士さんにお願いに行くことにいたします。ちなみに両足で傷は1.5×4センチをはじめに6箇所ほどですので12級など考えてもいませんでした。足でも外貌の醜状になる事もあるのですね。保険会社は14級認定と書いて来ただけで何号かも詳しく分かりませんでした。備考欄に今回の事故は外貌の醜状につき逸失利益は考慮されないと記載されていただけです。

お礼日時:2007/07/23 20:35

保険会社はあくまでも営利企業です。


足の醜状障害では収入減は有り得ないとして逸失利益を考慮しないのでしょうが、これは営利企業として致し方無い部分もあります。
この考え方は「差額説」と言う考え方で、これに対応するには「労働能力喪失説」で対抗しなければなりません。
ただ、最高裁も「労働能力の喪失自体を損害と考えることができるとしても、その後遺症の程度が比較的軽微で、
かつ被害者が従事する職業の性質から見て現在又は将来における収入の減少も認められない場合は、特段の事情がない限り、
労働能力の喪失を理由とする財産上の損害を認める余地はない」と判断していますので難しい部分ではあります。

逸失利益が駄目なら、慰謝料でもう少し斟酌して貰っては如何でしょうか。
話し合いの余地は有ろうかと思います。

自賠責の75万円は14級であれば一律に支払いされる金額ですので、今回の場合は参考になりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
自動車事故で無い場合は自賠責保険は関係ないので14級に認定されても自賠責保険から75万円は出ず、保険会社の基準で相手方保険会社からお金は出ると言う事なのでしょうか?すると保険会社は自動車事故の場合は腹が痛まないのですんなり75万円を出すが、それ以外の事故で有れば相手方保険会社が出さなければならない為75万円より少ない金額を提示して来ているのでしょうか。又、内容は変わりますが、通常自賠責の32万円と言う金額は後遺障害14級の慰謝料の最大で、残り43万円は逸失利益の分と言う事でしょうか。今回の場合自賠責の75万円は参考にならないと言うのが素人の私には理解出来ません。出来ましたら詳しく教えて頂ければ幸せです。

お礼日時:2007/07/23 16:47

交通事故ではないのですね?


契約保険ではなく加害者サイド加入の賠償保険ですか?
交渉相手は加害者ですか保険会社ですか?
自賠責の点数計算とは何ですか?
自賠責には治療費計算点数などありません。
病院が自由診療で儲ける為に勝手な基準で説明しているのでは?
現在までの治療は、一端立替ですか?
保険会社からの病院直接振り込みですか?
子供の治療費用は自由診療ですか?健康保険診療ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。順番に書かせて頂きます。
他家の飼い犬に咬まれた事故です。
加害者サイドの賠償保険です。
交渉先は相手側の保険会社です。
きちんとした形成外科で、相手側に見て貰っても納得行く様何らかの点数計算でと仰っておられましたので、自賠責と言うのは私の聞き間違いのようです。
治療費は当方が立て替えておりましたがその後銀行振込みにて頂きました。
健康保険診療です。当初相手の保険会社に健康保険を使うよう頼まれました。(その後PTSD状態に陥り診療内科にもかかっておりましたがこちらは認定がしにくい事を聞いておりましたので今後の治療費負担も考えこちらも健康保険を使用しました。)
以上の様な状態です。どんな些細な事でも結構です。教えて下さい。

お礼日時:2007/07/23 16:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後遺障害14級 示談にすべきでしょうか

追突によるむち打ち(当方過失0)で、昨年10月まで10か月間通院していましたが
症状固定になり治療を打ち切りました。その後11月に後遺障害を申請して、今月1回目の審査で後遺障害14級9号に認定されました。

通院していたころは、治療の効果もあってか、14級程度で妥当かと考えていましたが、
10月で通院を止めてからは後遺障害の結果が出るまで3ヶ月間治療してなかったので、腕の
痺れ・倦怠感・首の張りなど(14級で認定された部位)が通院していたころより日増しに悪化し、
今ではその症状からくる胸のむかつきで明け方に目が覚めるほどです。
仕事もパソコンが主のデスクワークですので、腕の倦怠感や頭痛がひどい時などは嫌気がさすほどで、業務上でも支障をきたしています。

14級の判断となったのは、MRI画像による医学的他覚的所見が認められなかったことです。
たしかに、昨年10月時点では今ほどひどくなかったので、主治医にもそのときの症状のみお話し
していましたが、しばらく通院をしなくなってここまで症状が悪化したとなると、12級の「強度の
神経症状を残す」に該当するのでは?と思います。

ここから質問させていただきますが

・まだ示談交渉していませんので、異議申し立てをしたほうがよいのか考えていますが、
 やはり画像などでの他覚的所見がないと、12級の認定は難しいでしょうか?
 (その際に必要な手続きとしては、再度別な医療機関で画像をとってきたほうがいいでしょうか?)

・また、治療を再開したいのですが、今後は自費での治療になってしまうので、人身傷害部分だけ
 示談にして慰謝料をもらい、後遺障害部分の補償・慰謝料については12級か14級かの結果待ち  ということで保留にしても問題ないでしょうか?

・それとも14級のまま、症状の悪化を理由に今後の自費での治療費を含め、慰謝料の上乗せを
 交渉するほうがよいでしょうか?

アドバイスを頂けたらと思います。よろしくお願いいたします。

追突によるむち打ち(当方過失0)で、昨年10月まで10か月間通院していましたが
症状固定になり治療を打ち切りました。その後11月に後遺障害を申請して、今月1回目の審査で後遺障害14級9号に認定されました。

通院していたころは、治療の効果もあってか、14級程度で妥当かと考えていましたが、
10月で通院を止めてからは後遺障害の結果が出るまで3ヶ月間治療してなかったので、腕の
痺れ・倦怠感・首の張りなど(14級で認定された部位)が通院していたころより日増しに悪化し、
今ではその症状か...続きを読む

Aベストアンサー

>左腕の痺れ・冷え・だるさ・首の痛み・
>胸のむかつき・それらによる不眠をいくら訴えても、
>素人ではこれ以上は認めてもらえないのでしょうか・・。
>悔しいです。。。

そうですね。痛みなどの神経症状は、本当に
つらいですね。

>「客観的な医学的所見を重視する」

これです。
この通りの事を立証すれば、12級確定と言っても良いでしょう。
おそらく、質問者は、通院状況、症状の一致性などすべてが条件をクリアしていて
していないのは「客観的な所見」のみと判断できます。

画像は客観的根拠のひとつですが、画像だけでもありません。
「しびれ」があるという事は、神経がダメージを受けている可能性があるわけですから、
神経伝達の検査結果なども、重要な客観的証拠になります。
たとえば、針筋電図だとか、筋反射など、詐病を出来ない検査結果は非常に重視されます。
ちなみに、この2つのうち何れかで所見が出ると、12級は確定するのではないかと
思いますよ。

諦めず、これらの検査をしてみるのも、重要かもしれません。
既に75万+怪我の慰謝料が貰える状況ですので、
数万掛かっても、「専門家に依頼」してみるのも良いかもしれません。

※専門家に依頼しても駄目なものは駄目でしょうが
私のような素人より適切なアドバイスをもらえる可能性があります。

いずれにしても、諦めたら14級確定で諦めなければ、12級の獲得可能性が
有るわけです。
それだけの症状なら、諦めるのも悔しいと思います。

>左腕の痺れ・冷え・だるさ・首の痛み・
>胸のむかつき・それらによる不眠をいくら訴えても、
>素人ではこれ以上は認めてもらえないのでしょうか・・。
>悔しいです。。。

そうですね。痛みなどの神経症状は、本当に
つらいですね。

>「客観的な医学的所見を重視する」

これです。
この通りの事を立証すれば、12級確定と言っても良いでしょう。
おそらく、質問者は、通院状況、症状の一致性などすべてが条件をクリアしていて
していないのは「客観的な所見」のみと判断できます。

画像は客観的根拠のひとつで...続きを読む

Q後遺障害認定にかかる時間・認定書が送られてくるのは?

●今年、1月中旬に「後遺障害診断書」を任意保険会社(任意一括にしているので)に郵送しました。
●3月中旬:あまりにも時間がかかっているみたいなので、医師にMRIなどの借受などの請求が任意保険会社からあったのか訊ねたところ「何の請求もありませんよ」いう回答でした。
任意保険会社にクレームを伝えたところ何の手続きがされていない状態でした。その直後、任意保険会社から整形外科へレントゲン・MRIの借受がされました。
●4月20日頃に自賠責保険から任意保険会社に「後遺障害14級」が認定されたと確認がとれたので示談交渉を開始しました。

■質問■
「後遺障害認定書」については、しばらく時間がかかると任意保険会社の担当は、言っています。

口頭で認定が出て3週間ぐらい経過しているのですが、「認定書」が送られてくるのは、後どのくらいかかるものなのでしょうか?

ちなみに自賠責も任意保険会社も同じ会社です。

Aベストアンサー

No.2で、書いたものです。

自賠責保険は、特殊な保険で、任意保険会社が勝手に料率(保険料)などを決める事が禁止されています。

自賠責保険は、加入時の保険料のうち、取り扱い手数料がいくらと決定されているだけでなく、事務経費などもすべて届け出る必要がある特殊な保険なんです。
ですので、受付事務なども別の部門に分かれていますので、被害者請求をする場合、保険会社のサービスセンターに電話をして、自賠責保険の受付窓口を聞いて下さい。

そこへ申請を行ったものに対して、任保険の担当者は手出しをする事は出来ません。

また、後遺障害の等級認定は、保険会社ではなく、自賠責保険の調査事務所という保険会社を超えた共同で行われている所で行いますので、保険会社とは別な機関と思ってください。
そこで認定された内容に対して、保険会社が認めないという事は出来ません。
(ですが、この組織に被害者が直接等級認定を申請する事も出来ないのです。)

任意保険から等級認定書が来た後、自賠責保険に被害者請求を行う事は可能ですので、自賠責保険の担当部署に異議申し立てを行うことになります。
ただ、この異議申し立ても、あなたから、単にその等級じゃ軽すぎるなどでは根拠になりません。
医師の所見として、客観的後遺障害基準に相当する内容やデータ、写真などの根拠を提示して申請します。
あなたの主治医が「12級だ!」と書いたって、そんなものは認めません。
あくまで測定結果、写真の内容などがすべてだと言う事を覚えておいてください。

自賠責保険の認定結果に関しては、加害者請求(任意保険会社経由)であれば、任意保険会社経由でしか通知は行われません。
任意保険の担当者にいつ出すんだと言っていくしかありません。

No.2で、書いたものです。

自賠責保険は、特殊な保険で、任意保険会社が勝手に料率(保険料)などを決める事が禁止されています。

自賠責保険は、加入時の保険料のうち、取り扱い手数料がいくらと決定されているだけでなく、事務経費などもすべて届け出る必要がある特殊な保険なんです。
ですので、受付事務なども別の部門に分かれていますので、被害者請求をする場合、保険会社のサービスセンターに電話をして、自賠責保険の受付窓口を聞いて下さい。

そこへ申請を行ったものに対して、任保険の担当者は...続きを読む

Q自賠責限度額120万を越えた部分は・・

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治療期間によって逓減するとしても、120万円を越えた部分に対してのみ適用されるべきではないのかということです。
(保険会社は慰謝料すべてが任意保険の基準となると言っています)

例をあげると
治療費が55万円なので
自賠責限度額120-55の残り65万を取った方が
任意保険基準で算定すると54万になるから良いというのです。(治療日数に対する全ての算出基準が任意保険基準になるのでとのこと)

しかし、全てを自分で自賠責基準にて算出すると
76万円位にはなります。
ここで、120万円からはみ出した部分に対して任意基準を当てはめ若干安くなったとしても70万位かなと素人考えでは思っていたのですが・・・

保険会社のこの補償は正当なものなのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治...続きを読む

Aベストアンサー

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120万までは求償が出来ますから、自賠責基準で処理した方が有利なのです。

>通院日数73日 治療期間148日 休業補償10万円(8日)交通費 5万円

 上記の具体的な場合について考察します。
 私の任意計算では、慰謝料は、¥56万になりますので、休業補償と交通費を加えれば、被害者の取り分は、¥71万になります。

 当然¥71万>¥70万なので、任意基準たる¥71万で示談すべきです。治療費は¥50万ですので、保険会社の支出は、合計¥121万になりますが、自賠責保険から¥120万は還ってきますから、任意保険会社の支出は、差し引き¥1万となります。(保険会社の負担する電話料等の諸雑費は考慮外です)

 一般に過失ある場合は、自賠基準の方が有利なことが多いのですが、この場合は、任意基準と自賠基準の両方を示して貰い、有利な方で示談して下さい。

 いずれにしても¥76万の賠償は、無理でしょう。




 

 

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120...続きを読む

Q後遺障害認定までの期間・慰謝料

おととし12月末に交通事故に遭いました。自動車で信号待ち中に後ろから追突され(私の過失は0です)、むち打ちになり、昨年10月まで通院していました。
通院期間は10か月ですが、仕事上通院が難しく、実質の通院回数は50日ほどです。
医師から症状固定のため、あとは後遺障害を申請してはどうかと言われ、10月いっぱいで治療を打ち切り、11月に加害者側の保険会社へ後遺障害認定を申請していますが、いまだに返答がありません。
問い合わせを何度かしていますが、病院への確認など、資料がそろったのが12月末とのことで、未だ結果待ちの段階とのことです。

MRIでは所見なしでしたが、自覚症状としてまだ左腕の痺れや首の痛みがありますので後遺障害を認定してもらいたいのですが、こんなに結果が出るまで時間がかかるものなのでしょうか?
時間がかかる/かからない というのは、後遺障害が認定される/されない に関係がありますか?
私としては、もし後遺障害が認定されない場合、今後自費で治療しなければならなくなることに納得いかないのですが、それを理由に慰謝料の上乗せ(示談後の治療費として)を交渉することは可能でしょうか?

どうかご教授いただけたらと思います。よろしくお願い致します。

おととし12月末に交通事故に遭いました。自動車で信号待ち中に後ろから追突され(私の過失は0です)、むち打ちになり、昨年10月まで通院していました。
通院期間は10か月ですが、仕事上通院が難しく、実質の通院回数は50日ほどです。
医師から症状固定のため、あとは後遺障害を申請してはどうかと言われ、10月いっぱいで治療を打ち切り、11月に加害者側の保険会社へ後遺障害認定を申請していますが、いまだに返答がありません。
問い合わせを何度かしていますが、病院への確認など、資料がそろったのが...続きを読む

Aベストアンサー

>こんなに結果が出るまで時間がかかるものなのでしょうか?

加害者側の保険会社が後遺障害の申請を代行することを事前認定といいますが、通常、診断書や画像等の書類がそろってから40日が目安です。

>時間がかかる/かからない というのは、後遺障害が認定される/されない に関係がありますか?

特に明確な相関関係はありません。
事前認定の場合は、加害者側の保険会社が必要書類に不備がないかを確認したうえで、自賠責損害調査事務所へ送付しますから、自賠責はそれらから認定基準に合致するか、「相当」に該当するかを判断するだけです。

>もし後遺障害が認定されない場合、今後自費で治療しなければならなくなることに納得いかないのですが、それを理由に慰謝料の上乗せ(示談後の治療費として)を交渉することは可能でしょうか?

当然、そうすべきです。
「後遺障害」とは一定基準以上重度の後遺症のことです。認定されなかったと言って後遺症がないと否定されたわけではありません。
また、一度非該当となっても、継続治療や再検査の上、新たな医証を添えて、異議申立を行えば、認定される場合もあります。

>こんなに結果が出るまで時間がかかるものなのでしょうか?

加害者側の保険会社が後遺障害の申請を代行することを事前認定といいますが、通常、診断書や画像等の書類がそろってから40日が目安です。

>時間がかかる/かからない というのは、後遺障害が認定される/されない に関係がありますか?

特に明確な相関関係はありません。
事前認定の場合は、加害者側の保険会社が必要書類に不備がないかを確認したうえで、自賠責損害調査事務所へ送付しますから、自賠責はそれらから認定基準に合致するか、「相当...続きを読む

Q後遺障害14級で弁護士裁判は・・・

追突事故にあいました。当方過失0で、後遺障害14級の認定を受けています。
症状としては12級が妥当と主張し、異議申し立てをしましたが、非認定でした。
現在示談金交渉中ですが、14級での提示金額に納得いかず、弁護士さんに
お願いしようかと考えていますが、費用対効果としては却って損でしょうか?
ちなみに現在の保険会社の提示金額は、1番初めの示談金(通院日数×8,400円で
算出された慰謝料+後遺障害14級75万円)に+25万円の上乗せです。
(症状固定後に現在も自費で治療中のため、その分と今後の治療費で25万円上乗せ)

ここから弁護士さんにお願いして示談金が上がったとしても、弁護士費用を引けば
手元に残る金額としてはあまり変わらないでしょうか?
ご教授いただければと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、自賠責で認定できない物を、裁判では認定しません。
自賠責で認定待ちの場合、裁判所では、自賠責の認定が出るまで裁判所は裁判の進行を停止し、自賠責の認定が出てから再開する。とまります。

そして貴方は赤本基準でと書かれて居ますが、それぞれの基準はどの様な理由で出来て居るかお分かりですか?

赤本基準は弁護士基準です。
なぜあなたは赤本基準でと書かれたのでしょう?
単に金額が高いからですよね。
なぜ赤本基準が一番高いかは理解されて居ますか?

裁判では裁判所が認定した額より要求金額が低ければ、要求額で終りになります。
だから、弁護士基準は、裁判所が出す時の基準より若干高く設定されて居るに過ぎません。
裁判して赤本基準が認められる事はまず無いのです。
それなのに赤本基準で請求を主張すれば、保険会社はどうせ認められるもんじゃないから裁判で決めてもらいましょう。となるだけです。

保険会社から見れば、保険会社の弁護士は年間契約してますし、裁判やったって経費ですから、損害とは考えません。甘い考えしてる人には徹底的にやりましょうか。となってしまう場合もある訳です。

また、症状固定と言うのは、「それ以上の治療効果は無い。」つまりそれ以上治療しても良くも悪くもならない。と言う状況を指しますので、症状固定以降の治療費は基本的に認められるものではありません。
裁判になれば、当然ですが、すべて0からのスタートになります。
今うわ積みでと言われている25万も0に戻っての話になり、症状固定して居るのですからそれ以降の治療費は一切認めない。と言う所からスタートになり、裁判所もそれを支持する事になるでしょう。

そういう部分も良く考えられて、行うと言う事を考えられてください。

ちなみに裁判になれば、裁判所は平日の昼間しか開いて居ません。
裁判はその間に行われます。
弁護士に頼まなければ、自分で裁判所へ出向かなければならず、月に1回で大体最低で6カ月位は掛かります。
長引けば1~2年位になります。

そもそも、14級だと弁護士は費用倒れですし、そもそもの成功報酬金額が少なすぎて引き受ける弁護士はまず無く、よほどの仕事の無い弁護士でなければ受けないでしょう。
その辺も良く考えられてください。

まず、自賠責で認定できない物を、裁判では認定しません。
自賠責で認定待ちの場合、裁判所では、自賠責の認定が出るまで裁判所は裁判の進行を停止し、自賠責の認定が出てから再開する。とまります。

そして貴方は赤本基準でと書かれて居ますが、それぞれの基準はどの様な理由で出来て居るかお分かりですか?

赤本基準は弁護士基準です。
なぜあなたは赤本基準でと書かれたのでしょう?
単に金額が高いからですよね。
なぜ赤本基準が一番高いかは理解されて居ますか?

裁判では裁判所が認定した額より要求金額...続きを読む

Q保険会社からの後遺障害等級通知について

以前にこちらで後遺障害診断書について質問させていただきました者です。
本日、相手の保険会社様より「後遺障害等級のご連絡」と言う封書が届きました。
こちらには、この様な事が書かれています。
「今回の事故により提出いただきました後遺障害診断書等にもとずづきまして、損害保険料率算出機構の事前認定結果を参考にいたしまして、今回の交通事故にかかわる後遺障害等級を検討いたしました結果をご連絡させていただきます」
以上の文面の後に、最終後遺障害等級、14級10号と記されています。
今回ご質問させていただきたい事は、文面の中にある
「損害保険料率算出機構の事前認定結果を参考に検討した」という点です。
文面だけを読むと、算出機構の結果は参考にしただけで保険会社で決めたような書き方をされています。
もしかすると損害保険料率算出機構の認定結果とは違う等級を適用されたのでしょうか?
算出機構の結果とは違う等級を保険会社が知らせてくるということがあるのでしょうか?
損害保険料率算出機構の認定結果がそのまま使用されると思っていたのですが間違いだったのでしょうか?
お教えいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

以前にこちらで後遺障害診断書について質問させていただきました者です。
本日、相手の保険会社様より「後遺障害等級のご連絡」と言う封書が届きました。
こちらには、この様な事が書かれています。
「今回の事故により提出いただきました後遺障害診断書等にもとずづきまして、損害保険料率算出機構の事前認定結果を参考にいたしまして、今回の交通事故にかかわる後遺障害等級を検討いたしました結果をご連絡させていただきます」
以上の文面の後に、最終後遺障害等級、14級10号と記されています。
今回ご質...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1の追伸です、後遺障害は個人個人の状態により傷害状況が違います。従って一人一人審査しないと後遺障害の内容が解りません、損害賠償は前回も回答させて頂きました様に、自賠責保険の自動車保険料率算定会の調査事務所が認定して等級を決め任意保険会社はそれに従います。ですから任意保険会社は被害者の後遺症診断書・今迄の診断書と診療報酬明細書・レントゲン写真・担当者の意見書などを調査事務所に提出してありますので間違いないはずです。もし疑問が有るようでしたら前回同様調査事務所に確認して下さい。

Q障害等級14級で受けられる行政サービス

手の間接が骨折のため曲がらないようになって3ヶ月になります。
お医者様に症状が固定した旨診断書を書いていただけるようになり、14級の障害と診断されました。

身体障害者手帳は年金がもらえる等級でないといただけない、と聞いたのですが、障害等級14級で申請すると受けられる行政サービスがあればお教えください。

Aベストアンサー

>身体障害者手帳は年金がもらえる等級でないといただけない、と聞いたのですが、

障害者手帳は6級から貰えます。
障害年金は3級(厚生年金の場合)から貰えますが、手帳の等級とは別に審査されるので、障害者手帳の等級とは要件が異なります。

身体障害は1~7級までの分類しかありません。
14級というのは、後遺障害の等級ではないのでしょうか?
事故などで負ったものなら保険会社等と相談されて見て下さい。

身 体 障 害 者 障 害 程 度 等 級 表 
http://www.crayon-box.jp/seido/tetyou/toukyuuhyo.htm

後遺障害等級表
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2afteref.html

Q慰謝料は通院回数以外認められないのか

交通事故の慰謝料について質問です。

6/1~7/14まで約1月半の間が治療期間ですが、
実質病院には7回。

保険会社から提示されたのは
5200×7×2=72800

確かに病院には7回、これは平日は通えず土曜日だけで
日曜日は病院が休みのためですが、ここで質問です。

(1)1ヶ月半首が痛い状況は続いていたわけですが、それでも
通院回数でしか認められないのでしょうか。
7日毎日通って完治したのと1月半も痛い思いしたものが同じ
評価というのが納得できないので何がしかの根拠が欲しいのです。

(2)5200円という基準額は妥当なものでしょうか。

以上よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通るか通らないか、等級によりますが、「日弁連基準」これで知るだけで金額が変わります。
勿論全て日弁連基準で計算して請求です!
保険会社の意味不明な自社基準に従う理由は、どこにもありません。
むちうちの一番下の14級でも日弁連基準なら慰謝料や逸失利益含めて数百万、12級なら一千万近くになります。
後遺症認定には、医師が必要ですから医師と良好な関係を築き必ず整形外科に通院です。
整骨院だと医師でないので後遺症認定の書類が書けないのです。


私は、10、0のオカマ事故被害者で「バックミラー見てなくて怪我したのが悪い」ってニュアンスの言い方するような保険会社を相手にもう話し合う気すらないので弁護士に依頼して訴訟して闘います。
後遺症残った場合など全て日弁連基準で取れるなら仮に借金しても着手金払う価値ありますから(弁護士特約付いてるなら使えますが私付け忘れてた…、これを期に特約付けました)。
ついでに忘れがちなのが生命保険、交通事故通院で出るか確認して忘れずにきっちり請求しましょう。

知ってる弁護士が有り難い事に相談料金無料にしてくれ、「等級決まったら正式依頼で着手金だけ先に払ってね、取れるだけ取りますよー、成功報酬は貰うけど(笑)」と言ってくれてますから、面倒くさい紛争センターより私は、こちらを選びます。

必ず慰謝料は、日弁連基準請求で!これが基本です。
「裁判にならないと日弁連基準適応されない」なんて保険会社の大嘘信じたらダメですよ。

頑張って下さいね。
お大事に。

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通る...続きを読む

Q交通事故紛争処理センターについて

去年の8月に車をぶつけられ、
頚椎捻挫で63日通院しました。(入院はしていません)
まだ雨の日など、首や腰が痛みます。
後遺障害認定の申請をしましたが、「該当しない」ということになりました。
その後保険会社の方から慰謝料の提示を
受け、自賠責基準でぴったり計算されていました。

ある無料事故相談で伺ったところ、
「交通事故紛争処理センターで斡旋してもらえば、
金額は上がりますよ」と教えていただきましたが、
どのくらい上がるものなのでしょうか?
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

 事故、お怪我のことお見舞い申し上げます。
 残念ながら相談者の方が行かれたような「質」の悪い相談所・相談員が、実態として相談します。

 さて、質問の「慰謝料がどれくらい上がるのか?」は情報が少なく回答のしようがない状態ですが、考え方は下記の通りです。
 相談所の相談員は、相談者が持参した保険会社よりの慰謝料の計算書を見て、その金額が紛争処理センター(以下「センター」と表記します<)で使用されることが多い「赤い本」と言われる弁護士会作成の慰謝料金額より少ないため、相談者が不満なら「紛争処理センターへ云々」の話をしたのだと思われます。
 上記より考えると、金額の如何を問わなければ、上がる可能性が高い、と言えます。

 本来、慰謝料というものは一つの線ではなく幅があるものです。しかし、幅があるといっても相場があり、示談交渉という交渉ごとの中で金額を決めることとになるものですから、交渉を行っても必ずしも「赤い本」の慰謝料金額が認められるものではありません。
 そうすると相談員は、保険会社の提示した慰謝料額の妥当性の可否の検討、慰謝料に幅・相場があることの説明、その幅・相場の中で双方が歩み寄り解決を図っていくべきこと等、本来行うべき説明を行わず、また、相談員が「赤い本」に基づく慰謝料の金額をアドバイスしても、その金額を必ずしも(或いは、ほとんど?)保険会社に認めてもらえるわけでもないため、慰謝料の考え方について十分な説明を行われない(出来ない?)ため、相談所に聞いたのだからそれが唯一正しいものと誤解した相談者の不満への対応や、相談者は保険会社の提示に不満を持っているから相談にくると思い込み、不満を持っている人に本来的な説明を行っても通常以上の時間を要するだけと考え、「センターへ云々」も回答になるようです。

 センターにおける相談料、斡旋料は無料です。斡旋は弁護士が行います。相手方の保険会社は、特別の理由がない限り、センターでの話し合いに応じることになっています。
 しかし、無料のため混んでいます。申し立てをし、最初の話し合いが行われるまで、2~3ヶ月待ち、話し合いの間隔は、1ヶ月に1度くらいのペースです。また、申し立てを行う人は、申し立ての時点でセンターに出向き、また話し合いの都度参加する必要があります。相談・斡旋は平日のみで、センターへの交通費、話し合いのための休業に対する補償は認められません。

 保険会社の提示にあまり大きな不満がないのであれば、早期に解決することが、精神衛生上よいのではと思います。

 

 事故、お怪我のことお見舞い申し上げます。
 残念ながら相談者の方が行かれたような「質」の悪い相談所・相談員が、実態として相談します。

 さて、質問の「慰謝料がどれくらい上がるのか?」は情報が少なく回答のしようがない状態ですが、考え方は下記の通りです。
 相談所の相談員は、相談者が持参した保険会社よりの慰謝料の計算書を見て、その金額が紛争処理センター(以下「センター」と表記します<)で使用されることが多い「赤い本」と言われる弁護士会作成の慰謝料金額より少ないため、相談者...続きを読む

Q学校での怪我

小学校低学年息子が授業中に一方的に怪我をさせられました。
後遺症も心配される怪我です。
 向こうも学校も非を全面的に認めています。http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2546421.html
 初めから薄々は思っていましたが、相手に誠意が見られません。
 2つ目には「保険に入っていますから!」だし、家に謝罪に来る、と言われたのも事故から2ヶ月たってから。 恐らく保険会社の助言に決まっています。
 そして、電話ごしに「じゃ、どうすればいいんですか!」ってキレられるし。(私は学校に出向いて事情を聞いて来い!そして内容証明で話し合った内容を送ってくれ、と言っています。 だって、私は今回の事故で何度も学校に足を運んでいるのに、相手は電話だけなんですよ?)
 そして、相手の子供がADの可能性があると思っています。(親が認めていないでしょうから、今回は全く触れていませんが)
 私は弁護士を立てるのは全くいといません。 
 私は仕事もしているので、キレる相手とは会いたくもないし、話したくもない。(なので内容証明を請求してます) 早めに弁護士に全てを委任した方がいいのでしょうか?
 弁護士に委任した場合。 保険会社も弁護士を立てると聞きましたが、そうなると逆に相手は、何も困らない事になるのでしょうか? そうなると、同じクラスである以上、 自分の育児には責任を持って頂きたいと 学校にも相手にも思っているので、反省する機会がなくなってしまうのではないか?
 とにかく。 相手にもっと反省をさせる方法はないものでしょうか?
 弁護士を立てて、最高額の慰謝料も請求しようかと思っています。
 その場合、加害者本人と保険会社(損害保険?)の関係を知りたいのです。
 なぜ、被害者が病院に行く以上に苦しまなければならないのかが、わからなくなってきました。
 良い弁護士を探す方法などもありましたら、よろしくお願いいたします。

小学校低学年息子が授業中に一方的に怪我をさせられました。
後遺症も心配される怪我です。
 向こうも学校も非を全面的に認めています。http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2546421.html
 初めから薄々は思っていましたが、相手に誠意が見られません。
 2つ目には「保険に入っていますから!」だし、家に謝罪に来る、と言われたのも事故から2ヶ月たってから。 恐らく保険会社の助言に決まっています。
 そして、電話ごしに「じゃ、どうすればいいんですか!」ってキレられるし。(私は学校に出向いて事情を...続きを読む

Aベストアンサー

第714条により、親の監督義務が及ばない学校内での出来事ですから、親は監督義務を怠ったことにならないため、共同不法行為にもなりません。
また、同条ならびに、最高裁S58.2.18.判例により、監督者である学校は、学校内の出来事について監督責任と損害賠償を負います。
したがって、加害児童の親に対して監督責任と損害賠償を問うことはできず、学校に対して問うことになります。
そのため、学校側は最終手段の交渉相手ではなく、交渉相手は"学校だけ"なのです。
学校内の出来事ですから、"学校だけ"が反省と謝罪をする立場になるため、加害児童の親より反省と謝罪が無いことを不満に思うことは筋違いです。
ちなみに、道義的に加害児童の親が反省と謝罪をすることは可笑しくありません。

http://odn.okwave.jp/qa1775444.htmlのNo5によると、学校が負うことを承諾したら学校は非を認めたことになるから、必ずと言っていいほど学校は負うことを避けようとするとのこと。
もしも、学校が避けようとしたら、学校に対して「学校監督下のケガですから、民法第714条に則り監督責任者である学校の責めは免れませんよ。今後は学校を当事者として交渉します」と言いましょう。

最初に、保険って言葉を出したことは失礼ではないでしよう。
私も我が子が幼い頃、公園で遊んだとき、小学生が竹とんぼを飛ばして我が子の眼球に当たったことがありました。
小学生の親は私に対する最初の一声が「個人賠償責任保険を使いますから賠償できます」だったので、私はホッとしました。
個人賠償責任保険があるなら、真っ当に賠償の交渉ができる安心感が得られるので、この言葉が最初に得られて安堵しました。
もしも、小学生の親が無保険で家計にゆとりがなかったら、賠償金を出し渋る不安があるからです。

交通事故以外の賠償金は、自賠責準用が少なくありません。
しかし、裁判においては、自賠責ではなく、弁護士会基準を使うため高くなることが少なくありません。
弁護士を使って弁護士会基準にて交渉することも検討してはいかがでしょう。
弁護士会基準は、自賠責が提示する慰謝料の約2倍程度の水準です。
弁護士会基準を収録した書籍には、「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準2006.2.10.発行、東京三弁護士会交通事故処理委員会・財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部共編」、「交通事故損害額算定基準2006.1.1.1発行、日弁連交通事故相談センター専門委員会編」の2種類があります。
この2種類の書籍を基にした慰謝料額を、このwebに投稿すると著作権に触れる可能性が少なくありませんので断念致しました。
この書籍を入手のうえ算出してみましょう。
http://www.baobab.or.jp/~ggmx/uuu.html
http://www9.plala.or.jp/shorui/santeikizyun.html
なお、弁護士費用は、交通事故の弁護士費用を参考に出来ます。
http://www.office-hokuto.com/koutujiko-songai.htm
ちなみに、日本は懲罰的賠償を認めていません。
質問者さんがNo1の「この回答への補足」に投稿した「相手に慰謝料を請求して(中略)そんな多額の慰謝料には納得いかない」との返答のとき、慰謝料算出の根拠と合理的理由がなければ、多額の慰謝料の要求そのものが無効になります。
http://www.hyakunen.co.jp/collum/020.htm


http://odn.okwave.jp/qa2608841.html
http://odn.okwave.jp/qa1775444.html
http://odn.okwave.jp/qa2485601.html
http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~e980064/tsuneoka-seminar/ronbun/yokoyama.html
http://lantana.parfe.jp/break34.html

参考URL:http://www.jca.apc.org/praca/takeda/sosyojirei3.htm

第714条により、親の監督義務が及ばない学校内での出来事ですから、親は監督義務を怠ったことにならないため、共同不法行為にもなりません。
また、同条ならびに、最高裁S58.2.18.判例により、監督者である学校は、学校内の出来事について監督責任と損害賠償を負います。
したがって、加害児童の親に対して監督責任と損害賠償を問うことはできず、学校に対して問うことになります。
そのため、学校側は最終手段の交渉相手ではなく、交渉相手は"学校だけ"なのです。
学校内の出来事ですから、"学校だけ"が反省...続きを読む


人気Q&Aランキング