ネットバブル崩壊とは具体的にどのような経済現象のことをいうのですか?詳しく教えてください。よろしくお願いします!

A 回答 (3件)

この課題については、下記URLも参考にして下さい(手前味噌ですが)



参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=31282
    • good
    • 0

設問がまったく同じですね……

    • good
    • 0

上の質問検索窓に「ネットバブル」とかけると、少し出てきます。


とりあえず、下のURLを参考にしてみて下さい。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=30901
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本のバブル前、バブル期、バブル崩壊後、ドイツ、中国経済、現在の世界の経済について教えて下さい

いくつか質問があるのですが

質問1
バブル前の日本とバブル期の日本の違いを教えてほしいです。例えばGDPとかの順位が何位から何位になったとか
自分で調べてみると日本は戦争に負けて叩き潰されて、それから復活したって言われていたようですが叩き潰された状態がどんな状態かわかりません。

質問2
日本は先進国と言われていますがそれはバブル前から言われていたんですか?バブルのお陰で先進国の仲間入りを果たしたんですか?バブル前の先進国はどんな国でしたか?ドイツも先進国とは言えない感じでしたか?

質問2
バブル期はGDPとか1位になったんですか?それとも1位の国に迫っていずれ抜くだろうと言われて抜く前にバブルはじけたんですか?バブル期の世界のGDPの順位ベスト5くらい教えて下さい。GDPと一人当たりのGDPを知りたいです。

質問3
一人当たりのGDPが世界3位と言われていた時期はいつですか?バブル期ですか?1位や2位はどこですか?現在は1位ルクセンブルク、2位ノルウェーらしいですが

質問4
ドイツも戦争に敗れ酷い感じになったんですか?戦争に敗れた当初は日本、ドイツどちらが酷い状態でしたか?そしてどっちが早く復活したんですか?ドイツにも日本のバブルのように復活のきっかけはあったんですか?

質問5
ドイツのGDPは日本に続く3位ですが戦争前は何位ですか?そしてどのように3位まで上がってきたんですか?

質問6
中国の経済がバブルなんて言われていましたが日本のバブルが4年くらい続いたのに対し、中国はどれくらい続いていますか?
中国の経済は日本ほど大きいバブルではなく、日本ほど酷い崩壊もしていない感じですか?それとも中国経済は未だに絶好調ですか?

質問7
アメリカが大変なことになっていますがそれを受けて中国はどうですか?強い影響を受けて失速ですか?それとも以前成長中ですか?、

質問8
インド、ロシア、ブラジルなどの絶好調と言われていた国達は現在どんな感じですか?

質問9
世界恐慌が始まると言われていますが経済が良い状態の国はありますか?

質問10
これから戦争もしくは戦争に代わる国同士の争いは起きますか?

質問11
元厚生省事務次官が殺されましたがこれは現在の世界経済と関係がありますか?

以上です
出来れば経済音痴にもわかるように教えてほしいです

いくつか質問があるのですが

質問1
バブル前の日本とバブル期の日本の違いを教えてほしいです。例えばGDPとかの順位が何位から何位になったとか
自分で調べてみると日本は戦争に負けて叩き潰されて、それから復活したって言われていたようですが叩き潰された状態がどんな状態かわかりません。

質問2
日本は先進国と言われていますがそれはバブル前から言われていたんですか?バブルのお陰で先進国の仲間入りを果たしたんですか?バブル前の先進国はどんな国でしたか?ドイツも先進国とは言えない感じで...続きを読む

Aベストアンサー

質問1への回答
WW2でありとあらゆるインフラが破壊され、軍に物資を徴用されたため国民が生活必需品にも事欠く有様を「叩き潰された」と表現しています。
ありとあらゆる物資が欠乏していたため(また代用品も粗悪であり、それらを製造する工場の設備自体が劣化していたのです)当時は極貧国といえたと思います。
それが朝鮮戦争でより戦場に近い日本を当時占領軍の中枢にいたアメリカ軍が工場代わりに使ったためいわゆる「朝鮮特需」が沸き起こりました。
このとき、老朽化していた設備などが一新され、また原料などが豊富に入ってきたことにより急速に発展していきました。
その後「神武景気」「いざなぎ景気」といった長期間の好景気が続いたことにより70年代にはGDPは資本主義国家で第二位になるまでに成長しました。

質問2への回答
日本もドイツもバブル以前から先進国の仲間としてカウントされています。
ただドイツは複雑で、西ドイツと東ドイツに分割統治されていたため当初「先進国」として考えられていたのは西ドイツです。しかし、西ドイツが東ドイツを吸収したため現在ドイツは先進国に分類されるでしょう。
Wirtschaftswunder(経済の奇跡)といって、日本と同じような経緯の元西ドイツは復興しました。
主要先進国はロシアを除いたG8加盟国ですが、広義の先進国はOECD加盟国とされています。

もう少しご自身で調べるとよろしいかと思います。
年代別GDP・一人当たりGDP等は検索すれば上位にあるサイトに必ず記載されています。
また、何が訊きたいのかをもう少し明確にしたほうがより有用な回答をもらえると思いますよ。

質問1への回答
WW2でありとあらゆるインフラが破壊され、軍に物資を徴用されたため国民が生活必需品にも事欠く有様を「叩き潰された」と表現しています。
ありとあらゆる物資が欠乏していたため(また代用品も粗悪であり、それらを製造する工場の設備自体が劣化していたのです)当時は極貧国といえたと思います。
それが朝鮮戦争でより戦場に近い日本を当時占領軍の中枢にいたアメリカ軍が工場代わりに使ったためいわゆる「朝鮮特需」が沸き起こりました。
このとき、老朽化していた設備などが一新され、...続きを読む

Qバブル崩壊で中国経済崩壊という話について

よくバブル崩壊で中国崩壊と言われていますが、ここでいう「中国経済崩壊」というのは具体的に中国の国力や軍事力は落ちるのでしょうか?
それとも「単に株価が下がって上がるだけ」「中国国内で誰かが得して誰かが損するだけ」で中国の国力や軍事力には影響はないのでしょうか?

Aベストアンサー

中国国内における共産党による統制がそろそろ限界にきているようです。
すでに内外の多くの識者が軍閥間の内戦を想定しています。

中国国内における政治指導者に対する、
格差社会に対する不満の爆発が引き金となる可能性が高く、
そのため共産党つまり北京政府は必死でその矛先を対外政策に転嫁しようとしている状況です。
政府に対する暴動やここへきての少数民族の激しい抵抗が、
増大しているような事態となっているわけです。

先の薄煕来の政治的失脚も政府・軍閥間の抗争により行われたもので、
これに対し瀋陽軍閥はこれに反発しています。
また北朝鮮と国境を接する瀋陽軍閥は先般国家反逆罪により粛清されたばかりの北朝鮮の、
ナンバー2であった張成沢とも太いパイプをもっていました。
中国国内の混乱が北朝鮮に対し政治体制に多大な不利益をもたらすことは明白であり、
この粛清が中国の国内事情となんらかの繋がりがあったと考えられています。

中国の崩壊は混乱の中、旧ソ連が辿ったような道を経て、
チベットおよびウイグル、モンゴルの独立を促し、
北京以南の地域と旧満州地域の分割統治体制となる可能性が高いようです。
これらを予見し党幹部や資産家らの膨大な資産が海外へと流れています。

中国国内における共産党による統制がそろそろ限界にきているようです。
すでに内外の多くの識者が軍閥間の内戦を想定しています。

中国国内における政治指導者に対する、
格差社会に対する不満の爆発が引き金となる可能性が高く、
そのため共産党つまり北京政府は必死でその矛先を対外政策に転嫁しようとしている状況です。
政府に対する暴動やここへきての少数民族の激しい抵抗が、
増大しているような事態となっているわけです。

先の薄煕来の政治的失脚も政府・軍閥間の抗争により行われたもので、
これに対...続きを読む

Qバブル経済の頃の日本、崩壊後の事について教えてください

現在中学生です。最近バブル経済の事とかについて興味を持って調べているのですが、とある本に
・バブルの頃の大手会社の社員給与がとても高かった
・数千万円程度のものが普通に売れた
といった事が書いてあったのですが、そんな事が本当にあったのですか?羨ましく思うとかそういう訳じゃありませんが、とても信じられません。また、図書館でバブル期(88~89年)の新聞を閲覧したのですが、広告で僕の住んでる地域(23区内です)のマンション(3LDK,76㎡)が1億(?)円で販売されていたようです。因に95年の新聞広告では同程度の広さで6500万円くらいでした。そうなると、バブル崩壊の後、住宅、物価等は暴落したのですか?またバブル後20年で日本はどう変わったと感じますか?
変な質問ですみません m(_ _)m

Aベストアンサー

バブル崩壊から2003年には土地は80%以上の下落となりました。
土地を担保に経済が回っていた面が強いので経済は混乱し、どの企業も借金返済を続けました。結果、民間企業は借金返済に尽力し、投資も控え、人を減らし、多くの企業のそれらの行動が更に景気悪化をさせる自体を招きました。特に経済の中心にある銀行などの金融機関が問題を抱えた事で、問題は深刻で90年代後半の公的資金投入まで悪循環が続きました(その後また問題は再発しますが)。
民間企業の多数が借金をやめお金を使わなくなってしまったため、経済は危機的状況に陥り深刻な事態となりました。しかし変わって国がお金を使った為不況は続きましたが深刻な恐慌などには至りませんでした。その間自民党の政権が変わるたび緊縮財政路線と財政出動路線が代わる代わるで行われたため効果が限定的であり不況が長引く一要因ともなりました。

現在米国発の金融危機、世界同時不況も似たような状態に置かれています。
今後、世界の多数の国が財政出動で借金漬けになります。借金をやめた国は
国家破産へ追い込まれる羽目になるでしょう。それが大国であったら世界が巻き込まれてしまう可能性も否定できません。とりあえず、どの国も膨大な額の財政出動を市場に約束していますので、このまま進めば深刻な事態には陥らないと思われます。

話を日本に戻しますが、昨年のテレビインタビューで中小企業の社長が「バブル崩壊後の不況は不況ではなかった、現在ほど深刻ではなかった」との発言がありましたが、このような事が現在の日本を象徴しているかもしれません。2000年以降いざなぎ景気越えの経済成長と言われていましたが、この統計資料には中小零細企業は含まれておらず、大企業と中大企業などに限定されており日本の経済状態の繁栄とはほど遠いものです。また小泉内閣下で大企業優遇政策も進められたため、更に実態と統計の乖離は大きくなっているものと思われます。

バブル崩壊から2003年には土地は80%以上の下落となりました。
土地を担保に経済が回っていた面が強いので経済は混乱し、どの企業も借金返済を続けました。結果、民間企業は借金返済に尽力し、投資も控え、人を減らし、多くの企業のそれらの行動が更に景気悪化をさせる自体を招きました。特に経済の中心にある銀行などの金融機関が問題を抱えた事で、問題は深刻で90年代後半の公的資金投入まで悪循環が続きました(その後また問題は再発しますが)。
民間企業の多数が借金をやめお金を使わなくなってしまったた...続きを読む

Qバブル経済の崩壊

日本のバブル経済崩壊は、したのではなく、させられたのだ、という説をいつか聞いたことがあります。だれに、なぜ、どのようにして、だったか、思い出せません。ご存じに方は教えて下さい。

Aベストアンサー

プラザ合意から始まった一連の出来事ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6%E5%90%88%E6%84%8F

詳細はそこに書かれているように米国の救済策です。
当時円は今と違って1ドル240円というレートでした。
そこで日米首脳会議やG5で日本に金融改革を迫ったのです。
これは完全なる欧米の策略とみていいでしょう。

それまで銀行や郵貯に預けておけば、高金利が約束されていました。
ボーナスが年3回あると思えば分かり易いでしょう。

ところが低金利に誘導され、自己責任の元に運用されるよう仕組まれました。
今、氷河期世代で当たり前の自己責任論もこの時生まれました。
こうして銀行の口座に眠っていた金が株や土地に流れていったのです。

プラザ合意は今から振り返ってみると完全に転換点になっています。
バブル崩壊が日本の転換点だという人もいますが、
日米構造協議で年功序列や護送船団方式が切り崩されたのは間違いありません。

その急先鋒となったのがチャールズ・ダラーラです。
日本政府は利上げに躊躇していたのですが、ダラーラをはじめとした交渉団は
お前の国は何をのんびり構えているのだと一喝。
これで日本は急速に利上げをしてしまい、呆気なくバブル崩壊です。
米国救済のためにバブルに誘導された日本は、米国によってバブルを崩壊させられたのでした。

そのチャールズ・ダラーラは現在ギリシャ債務交渉の責任者の任に就いています。

プラザ合意から始まった一連の出来事ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6%E5%90%88%E6%84%8F

詳細はそこに書かれているように米国の救済策です。
当時円は今と違って1ドル240円というレートでした。
そこで日米首脳会議やG5で日本に金融改革を迫ったのです。
これは完全なる欧米の策略とみていいでしょう。

それまで銀行や郵貯に預けておけば、高金利が約束されていました。
ボーナスが年3回あると思えば分かり易いでしょう。

ところが低金利に誘導され、自己責任の元に運...続きを読む

Qバブル経済は何故崩壊するのでしょうか?

チューリップ狂事件、南海泡沫事件、ローのシステムの破綻

このようにバブルは必ず崩壊していきますよね

何故バブルは崩壊するのでしょうか?

また、日本のバブル経済は何故崩壊したのでしょうか?
様々な理由があった事は多少解るのですがトドメになった
あるいは崩壊を招いた一番の要因等がありましたら教えてください

Aベストアンサー

 認識が逆になっているのでは「ないでしょうか。

 崩壊してパンクする=泡(=バブル)がつぶれるから、バブル経済です。

 崩壊しないのを、実体経済の成長と言います。

 バブル経済発生の基本には、多くの場合「借金できる社会状況」があります。

日本のバブル経済発生・崩壊の過程は
1.日本の経済が成長し(=好景気)、アメリカ経済に対して強くなったので、円高になった。
2、円高で日本の好景気に影がさしたので、日銀が金利を下げた。(本当は、もっと我慢して金利を下げるペースを下げ、幅も少なくすべきだった。)
3、金利が下がったので、好景気が持続した。株・土地が好景気で値上がりするので、安い金利を利用して借金し、それで株・土地を買った。
4、株・土地などがますます上がったので、借金をして土地・株を買うの者がますます増えた。
5、大きな財政赤字を出していた政府は、行財政改革をしないといけない状況だったが、株・土地の値上がりで、商品の売買も増え、企業も好業績となって、税収が激増したので喜んだ。大蔵省出身の日銀総裁が、政府の意をくんで、低金利のままにした。
6、土地の値上がり・株の上昇があまりにも激しくなり、実体経済に悪影響を及ぼし始めた。(土地の値段が高くなりすぎて、新規工場を建設する用地が確保できないなど。)
7、ようやく日銀が公定歩合を上げ始めたが、中々土地の値段が下がらないので、どんどん金利を上げた。
8、金利が相当上がって、借金で土地や株を買っていた人が儲からなくなり、土地や株を売って借金を返し始め、土地・株が下がり始めた。
9、値上がりするからと、土地や株を借金をして勝った人が、損をするのでみんな売ろうとし始めた。
10、土地や株を売りたい人ばかりになって、買う人がいなくなり、一気に値段が下がり、借金が返せなくなり、お金を借りた人も、貸した銀行も大損した。

 結局、日銀の金利政策の失敗が原因です。

 認識が逆になっているのでは「ないでしょうか。

 崩壊してパンクする=泡(=バブル)がつぶれるから、バブル経済です。

 崩壊しないのを、実体経済の成長と言います。

 バブル経済発生の基本には、多くの場合「借金できる社会状況」があります。

日本のバブル経済発生・崩壊の過程は
1.日本の経済が成長し(=好景気)、アメリカ経済に対して強くなったので、円高になった。
2、円高で日本の好景気に影がさしたので、日銀が金利を下げた。(本当は、もっと我慢して金利を下げるペースを下...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報