痔になりやすい生活習慣とは?

私事で恐縮ですが投信、ヘッジファンドでの起業を考えておりますがコネも無ければ人脈も大してありません。無理難題でしょうか?ちなみに現在は某運用会社でヘッジファンドのリテール営業の社員です。会社とのいざこざで独立を決心したのですが、如何せん情報不足でして・・。何でも構いませんので情報を心からお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

日本では設立の法的規制が強く(金融庁に膨大な資料の提出が必要で時間もかかる)、税金が高いため、実質的には難しいです。

実際に設立した方にお会いしたこともありますが、ほとんどがこぢんまりとしたオフィスで、細々と株式のロング・ショート戦略などを行っているようです。

日本ではヘッジファンドの認知度が低いですので、よっぽどの富裕層のコネや、機関投資家とのパイプがないと、そもそも運用資金を集めるのが大変です。欧米では営業をせずとも、実績のあるマネジャーには資金が集まってきます。

欧米のヘッジファンドはほとんどが税金のかからないオフショア地域(マン島、ケイマン島など)が拠点ですが、日本人で設立する方はシンガポールに拠点を構えることが多いようです。あと、あまり詳しく知りませんが、香港も税率は低いようです。

ヘッジファンドについては「みんなの海外投資」(http://www.minkaigai.com/)に詳細な事情が書かれていますので参考になります。
    • good
    • 0

まずは欧米のヘッジファンド業界についてリサーチをして、彼らとの差異を見出すことが必要な気がします。


バック業務など協力をもらえるところを探し出すことも必要かもしれません。
こういうサイトでまずは業界の情報収集をしてみてはいかがでしょうか?

www.hf-klug.jp
    • good
    • 0

先ほどと同じ回答者です



具体的な補足ありがとうございます
今のファンドでの営業の経験がありますので、その点は
今後ファンドを運営するにあたって、十分に生かされるものですね

ただ今まではヘッジファンドでの信頼である程度聞いてもらえた話を
今後お一人でやられる時にどこまで相手が信用して聞いてもらえるかというのは本当に大変な事だと思われます

当方も今年に入り、ファンドの設立準備を始めやっと資金のメドが立ってきて、運用を始めようという段階です
思ったより時間がかかったというのが正直なところです

といっても私は運用担当なので、資金集めやその他もろもろは別の仲間が行っておりますが、その方の行動・信用なくしてはとても自分では資金を集められなかったし、また今の形にすることも出来なかったというのが現実のところです

また実際にファンドの形も、ご存知とは思いますがいろいろ形式が複雑ですので、税理士などのパートナーも必要かと思います 
当方も何かと相談に乗ってもらっています

独立してヘッジファンドを成功させるためにも
まずは相談者様の得意分野にエネルギーを集中させるためにも
ほかの事、運用・税制面等・その他を誰かに任せられるような
チーム・体制を作られてから、独立準備をされるのが良いかと思います

少しずつ着実に、独立へ向けて進むよう
お祈りしています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御親身な回答、本当にありがとうございます。何かとても時間と資金で苦戦しそうな気がしました。今の現状だとかなり厳しいですね。ありがとうございました!

お礼日時:2007/07/25 04:21

現在ヘッジファンドのリテール営業をされているとの事ですが


独立後の運用はご自身でされるのでしょうか?
また他にパートナーのような方はいらっしゃるのでしょうか?

あと大事な資金のほうはどのような形で集められる事を
お考えでしょうか?

>コネもなければ人脈も大してありません

との事ですが、これから新たに作るとなると
人脈の部分はかなり重要になるかと思います
現況のお話ではちょっとリスクの方が高いように思えるのですが
いかがでしょうか?

出来れば可能な範囲でもう少し、具体的な
プランのお聞かせ願えると、アドバイスも出来るかと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。はじめまして。ご親身なご回答、有り難うございます。独立後の運用は私ではなく何処かに委託する事を考えてますがその人脈もありません。パートナーの件ですが女友達の協力者は2名いるだけです。資金集めは現在、高額所得者リストからテレアポしてからの訪問営業ですのでこれを活かしたいと思っております。やはり仰ってるように人脈がかなりの重要となると起業は難しいでしょうか?アドバイスの程宜しくお願い致します。

お礼日時:2007/07/24 13:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株式投資のための会社設立をしたい

自分で行っている株式投資の資金で会社を設立して、投資会社を設立したいと考えています。運用するのは基本的に自己資金のみです。
会社組織にするとパソコン等の設備を経費にできり、損金を繰越しできたり、長い目で見て得な事が多いような気がするのですが、メリット、デメリットを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

まず、有限会社株式会社にしたら、有限責任になりますので、有限300万と株式1000万 までの責任です。投資会社ならかなりのメリットですね。損して倒産しても責任分だけ返せばいいんですから。 上に書いてある質問、会社として考えれるもの全て会社の必要経費に出来ます。恐れなくても勇気を持って申告しましょう。有限の場合自己資本分300万を銀行にもって行き、銀行で保管証明をとらなくてはいけません。それからは書くのせからしいからそっちの知りたいこと書いてください。答えますので。私の会社は有限会社です。社長やってますのでほとんどの回答できるでしょう。それと有限会社で営業を一年間ほとんどしていなくても年間市県民税が6万円かかります。それと僕に聞かなくてもここのURLの担当者は無料でなんでも詳しく教えてくれますよ。

参考URL:http://www.kaigyou.com/open.htm

Q法人口座での株式の資産運用は損ですか?

現在、一人会社を立ち上げて事業を始めようと思っています。
以前から個人で資産運用を行なっており、株式投資を行なっていました。

会社設立後、株式投資をこれまでどおり個人の口座で行うべきなのか、「投資」を事業内容に組み入れて法人口座で行うべきなのかについて質問です。

質問1:
株式の税金は申告分離課税(現在は証券優遇税制の為、一律10%)の為、仮に「投資」を事業内容に組み入れたとしても、会社の事業の損益とは合算できないと考えているのですが、正しいでしょうか?

質問2:
設立する会社は一人で運営する個人会社です。
この場合、法人口座で株式投資を行なって利益を生み出したとしても、結局その利益を役員報酬等で個人に支払った場合、所得税がかかってしまう為、株式の申告分離課税+給与所得税がかかってしまうことになり、損だと思っています。

個人会社の場合は、法人口座ではなく、これまで通り個人口座で運営した方が得なのでしょうか?

どなたかご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

<結論>

 少なくとも、譲渡益を想定しているなら、損しますよ。


 質問1
・株式の申告分離は個人の制度ですから、会社は 収益に組み入れて 通常の法人税の税率です
・天引きされた所得税は税額から控除できます。


 質問2
・会社の利益 - 役員報酬 = 会社の課税所得(若干税務調整などもありますが・・・)
・2重に課税にはならないですが、役員報酬って、今、年度の途中で変更しても税務上は認められないので、株投資のように波の有る収益には、「節税」が難しいですよ。
・あと、資金の出し入れが、会社・社長と不規則に行き来すると思いますので、税務調査の際に「認定賞与」という恐い扱いを受ける可能性が高くなるように思います。
・また、会社の消費税の計算上「非課税売上」が増える(株の売却売上)ため、仕入税額控除も減っちゃうことが十分に考えられます。

 

 (株)譲渡益を会社にしたら、儲かっても、個人で使いにくいですよ。
 個人で、優遇税制の恩恵を受けたほうがいいかな~と思います。

QFXで他人の資金を運用し利益還元は違法?

FXをやってますが、友人から「このお金で運用してみて」みたいな感じの話がありましたが、自分は他人のお金を運用する気も無いし、仮に運用して負けでもしたら、友人関係にも影響しそなので、
その旨を友人に説明もしましたし、FXは常に勝てるものでもなく、預けたお金が0になる可能性もあると伝えましたが、友人は「大きな金額では無いのでやってみて」って感じです。
まぁ話しを受ける気は無いのですが、ひとつ疑問がわいたので、質問してみました。

質問内容はタイトルの通りなんですが、上記の様な場合に仮に他人から預かったお金を運用し利益が
出た場合に、その利益に対する税金も支払ったうえで、税引きの利益を他人に還元するのは違法になるのでしょうか?
また、その利益還元に対するインセンティブを受取ることも違法でしょうか?

お分かりの方がいらっしゃいましたら教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問と補足の質問への回答です。

ご質問の「資金を個人または法人に預け、預かった個人または法人が運用して利益還元する」と、出資法違反になります。
また資金を預からずに売買の指示や具体的な指し値の助言などをすると、「投資顧問」「助言業」となり、こちらも個人・法人にかかわらず金融庁の登録が必要です。
インセンティブも名義貸しのロイヤリティなど全ての利益が対象ですので、登録を受けていない個人の助言や利益関係のある契約自体が違法との扱いです。

有料の投資クラブ、有料の投資助言サイト、指し値提示の有料メルマガなど、違法のグループや個人も多々ありますが、注意喚起があっても名義を変えて再開するなどしている為、数が多く金融庁も取り締まれていないのが現実です。

個人で助言業となるには、財務事務所へ、必要書類は(業務を執行する役員の身分証明(法務局証明書)、印鑑証明、具体的な運用実績、資本金の明細など)を提出します。
同時に、登録免許税15万円を日銀(日本銀行か日本銀行銀行歳入代理店)に、営業保証金(個人なら500万円以上)を財務事務所に供託します。

全部の提出が終わると、2~3カ月の審査の後、「○○○財務局長(金商)第○○○号」といった登録番号が届き手続き終了です。
手続きが終わると、財務局や金融庁などの登録名簿に代表者の名前や住所などが掲載されます。

開業後は、年度ごとの3カ月以内に業務実績、運用実績など詳細な届けが必要です。
投資顧問協会というものがありますが、これは任意なので加入しなくても問題はありません。私の知る限り、個人で登録されている方はあまり加入されていないようです。

必要書類は様式が決まっていて、様式に沿って記入したり書類を用意するだけなので、個人でもそれほど難しい物ではありません。
今年4月からまた審査基準や必要な事項が増えるとのことです。
上記の回答は改正前に登録した際の手順なので、登録されるなら改正後の基準を御調べになられてください。

ご質問と補足の質問への回答です。

ご質問の「資金を個人または法人に預け、預かった個人または法人が運用して利益還元する」と、出資法違反になります。
また資金を預からずに売買の指示や具体的な指し値の助言などをすると、「投資顧問」「助言業」となり、こちらも個人・法人にかかわらず金融庁の登録が必要です。
インセンティブも名義貸しのロイヤリティなど全ての利益が対象ですので、登録を受けていない個人の助言や利益関係のある契約自体が違法との扱いです。

有料の投資クラブ、有料の投資助言サイト...続きを読む


人気Q&Aランキング