初めての店舗開業を成功させよう>>

最近でこそ珍しくない背番号0ですが、日本のプロ野球選手で最初に背番号0をつけた選手はどの球団の誰でしょうか?また、2番目につけた人、3番目につけた人は誰でしょう?気になったので質問しました。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

再入場失礼します。


選手登録の定義などが私は明確にはわからないので、少し疑問に思ったことがあります。現在の楽天野村監督は1954年にテスト生と南海ホークスに入団しました。当時の監督からはカベ(ブルペンキャッチャー)として取っておけということでそれほど期待されず、背番号60を与えられ入団しました。しかし、1年目は1軍に9試合出場しています。2年目は1軍出場はなしで、3年目から本格的に1軍で活躍し、スター選手に上り詰めました。

で、No.1の回答のときはブルペンキャッチャーというのは選手登録していないものと思っていたのですが、野村監督の例を見ると、もしかするとブルペンキャッチャーも選手登録しているのか、あるいは最初はブルペンキャッチャーだったが、のちに活躍次第で選手登録されるケースがあるのかとも思い直しました。そのあたりの定義がよくわからないので、もしかするとNo.1の回答における長岡久夫と太田義次ともに選手登録はしているかもしれないと思っています。ですから、1軍登録では1983年の長島清幸が日本で最初ということですが、選手全体では選手登録の定義次第で以下のケースも考えられると思います。

長岡・太田共に選手登録していた場合(かっこ内は「0」を着用した年)
1.長岡久夫(1946~1947年)
2.太田義次(1948年)
3.長島清幸(1983~1990,1992,1994~1997年)
    • good
    • 0

下記wikipediaでは、広島の長島清幸選手が1983年に日本で最初の「0」をつけた1軍登録選手ということです。

しかし、戦後初期にブルペンキャッチャーなどで「0」をつけたことがあったようだが、調べてみると巨人の長岡久夫という人が1946年から2年間、そして日本ハムの前進の急映フライヤーズ時代の1948年に1年間だけ太田義次という人がつけているようです。この長岡あるいは太田のいずれかあるいは両方がブルペンキャッチャーだったということではないかと思われる。下記wikipediaでは1軍登録選手では長島清幸が1番ということですが、戦後初期の長岡あるいは太田のいずれかが選手登録している可能性も否定できないので、選手として1番は長岡・太田・長島のいずれかということになると思います。

まあ、一般的に「0」の第一人者は1軍登録ということで長島清幸ということになると思いますが、その次は南海ホークス(現福岡ソフトバンク)の立石充男が1984年から3年間つけています。さらにその次は日本ハムの大畑徹が1986年から2年間つけています。

戦後初期の長岡・太田のいずれかが選手登録されていれば、
1.長岡久夫or太田義次のうち選手登録した方
2.長島清幸
3.立石充男

長岡・太田のいずれも選手登録していなければ、
1.長島清幸
2.立石充男
3.大畑徹

ということになると思います。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%8C%E7%95%AA% …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1桁で、尚且つ1よりも小さく一番若い番号であるにも拘らず背番号0が微妙な番号として扱われているのは何故でしょうか?

1桁で、尚且つ1よりも小さく一番若い番号であるにも拘らず背番号0が微妙な番号として扱われているのは何故でしょうか?
現広島東洋カープの石井琢朗遊撃手も0から5、元ロッテオリオンズの初芝清三塁手も0から6、元南海ホークスの佐々木誠右翼手も0から3に変わっているところを見ると背番号0は人気の無い番号の様です。
私も背番号0の選手というと、元読売ジャイアンツの川相昌弘遊撃手、木村拓也二塁手、元横浜ベイスターズの万永貴司二塁手等のバイプレイヤー的な地味な選手が思い浮かびます。
理由を御存知の方は御回答を宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

かつては存在しない背番号だったからです。
あと、他のスポーツでは存在しない番号だからです。

プロ野球ができた当時は1~10が野手の番号
11~20が投手の番号
21~30が監督、コーチの番号
31以降はレギュラーではない選手の番号でした
(余談ですが、金田正一の「34」は期待されていない選手だったから「34」だったんです)
のちに支配下選手が増えて、監督、コーチの番号は変わりましたが野手、投手の番号はそのまま残り、権威のある番号となりました。

背番号0が登場したのは、それからずーーっと後のことです。
(ちなみに一軍登録選手としては1983年広島の長島清幸選手だそうです。 参考URL参照)
当然ですが、1~10のような歴史もなければ、権威もありません。
だから、0だけは1ケタ番号の中でも扱いの低い番号なんです。

また、日本のプロ野球以外で、背番号に0を使っているものはほとんどありません。
というか、私は一つも見たこともないし、知りません。

少なくとも、サッカーは国を問わず全てダメ。
バスケもダメ(バスケの場合は1~3もダメですが)。
バレーボールもダメです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3194415.html

かつては存在しない背番号だったからです。
あと、他のスポーツでは存在しない番号だからです。

プロ野球ができた当時は1~10が野手の番号
11~20が投手の番号
21~30が監督、コーチの番号
31以降はレギュラーではない選手の番号でした
(余談ですが、金田正一の「34」は期待されていない選手だったから「34」だったんです)
のちに支配下選手が増えて、監督、コーチの番号は変わりましたが野手、投手の番号はそのまま残り、権威のある番号となりました。

背番号0が登場したのは、それ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報