5/27 回答が連続投稿される不具合が発生しております

もう何年も前に、グリーン周りでのアプローチをざっくりやったのがきっかけだと思うのですが、アプローチになると体中が緊張してきて、いざ打とうとすると、大きく手前を「ザクー」とやってしまうか、「カーン」と大トップではるかにグリーンオーバーしてしまうか。とてもスコアになりません。
練習はいっぱいやるのですが、いざ本番となると練習と同じようには打てません。こんな状況がもう何年も続いています。
アプローチのイップス病のような感じなのですが、どなたか解決の糸口をいただける方いらっしゃいましたらお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

アプローチショット(スイング)への「イメージの面」と「技術面」の両方から、普段私が心がけていることを申し上げます。



<技術面>
・ダフリ(ざっくり)の原因を排除する
通常のスイングでも同様ですが、ダフリの原因の一つにヘッドの急激な落下があります。ヘッドがまるく動き、入射角が緩やかになれば大げさなダフリやトップは激減するはずなのですが、急激なヘッドの落下をなくすには、グリップ(している手)を丸く動かす必要があります。試してみていただきたいのですが、フルショットのスイングで、腕を丸くトップの位置から「円」を描くように動かすと、かなり早い段階でグリップが低い位置に降りてきます。感覚的にはダフリそうな気がするかもしれませんが、実は、このほうがはるかにダフる確率は低くなります。(エッジからではなく、ソールから着地するのがわかるはず)
アプローチも一緒なんです。“ざっくり”を嫌がれば嫌がるほどに手元が高い位置からストレートに(急激に)降りてきてしまうために余計にざっくりしやすくなるのです。ざっくりしたくなければ上半身と腕のかたちを固めて、体の回転とともに丸く動かしてやることです。

<イメージ面>
苦手意識のあるショットの時ほどボールやライを意識しすぎてしまうものです。意識すればするほど体はインパクトに向かって“打つ”ための動きをします。
使い古された言葉ですが、「打つのではなく、振る」ことです。私はアプローチショットは勿論のこと、どのショットでも、ヘッドが通過する軌道をイメージしてスイングしています。これによって、体が止まることなくフィニッシュまで体が自然に流れていきます。
アドレスした後は、決めた位置(フィニッシュ)までヘッドが描く軌道をイメージしてスイングします。


私も、練習場ではできるのにコースにでるとできないということをたくさん経験してきました。そのときによく頭をよぎったのは「自分はプレッシャーに弱いのか」というマイナス思考です。でも、結局のところ「なぜそういうミスがでるのか」「どうしたらうまくいくのか」がきちんとわかっていないことが、本番でのプレッシャーを増幅させてしまうのだと思います。gucciさんの問題は、技術的な知識と適切な練習で必ずクリアされると思います。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに、技術的な知識があれば、恐怖心から開放されるのだと思います。インパクトの瞬間に右手で打ちに行っているのだということがわかりました。
おっしゃっておられるフルスィングの時の丸く腕をうごかすことを、AWでの30ヤードくらいのアプローチに応用すると、ダウンで、腕はおりてきても、クラブはまだ残っているということをおっしゃてるのでしょうか?それとも、、、?

お礼日時:2007/07/25 21:25

パンチショットをご存知でしょうか?


左足を少し後ろに引いて(オープンにして)
トップからクラブをボールにぶつけて打つ方法です
フィニッシュまでクラブを振り切らないので
ミスショットが多い方のスイング矯正に用いられる方法です
練習場でパンチショットを練習してみてください

「ポイントは右膝を動かさない事(送り込まないこと)」

ボールの上がり方は少し低めにはなりますが
飛距離は普通の飛距離と変わらないほど飛びますので
距離的な心配は要らないと思います
ボールに当てることに慣れてくれば
少しずつスイングを広げられるといいかと思います
100ヤード前後のアプローチはパンチショットだけで
スピンもかけられますので大丈夫です
20年ほど前になりますか、日本で初めてグランドスラムを
達成した村上隆プロがパンチショットの名人でした

参考まで
    • good
    • 0

補足です。


クラブヘッドは、ダウンスイングのときに一旦“下”に向かって加速します。このとき、グリップ(手元)がきれいな円を描いていれば、ヘッドにかかっている下向きの力が徐々に目標方向に横向きの力になり、インパクトゾーンでは、よく言われている「クラブが仕事をする」状態になります。体にはあまり負荷がかからず、入射角も緩やかになります。
反対に、ダウン以降、上体が先行していわゆる「振り遅れ」になったり、ボールに向かって打ち込んでダウンスイングが直線的になるとヘッドに下向きの力が加わったままインパクトをむかえるために、少しの狂いがダフリやトップにつながります。

「ザックリ(ダフリ)を怖がる=>ヘッドが直線的に降りてくる=>余計ダフリやすくなる」
私はこの論理を、ダフったときにいつも思い起こすようにしています。
    • good
    • 1

こんにちは。



少し見栄えは悪いかもしれませんが、アドレス、ストロークともに
パッティングと全く同じにしてSWorAWorPWで打つのが一番手っ取り
早く、簡単です。
超ロングパットの要領でしっかり打てば、30ヤード位までは対応
出来ます。

スタンダードな打ち方でのアプローチは奥が深く、難しいです。
マスターするためには、まず、バンスの意味・効用をよく理解
する必要があります。すみません、ここでは説明しきれないので
ネットで色々検索してみて下さい。
ごめんなさい、中途半端な意見で。。

頑張って下さい。
    • good
    • 1

アプローチの上手な方に共通しているのは


(1)スィングがゆっくり
(2)ボールを上からクリーンに捉えている
の2点だと思います。
インパクトを緩まずに極力ゆっくりなめらかなスイングを心がけてみてはいかがでしょうか?
またボールを右足よりにおくことでボールを上からクリーンに捉えやすくなると思います。
    • good
    • 0

技術的には他の回答者さんが言われている通りですので、別の観点から。


近くに河川敷ゴルフ場の練習場のような天井のない練習場を利用されるがいいと思います。ないようでしたら、できるだけ屋外で屋根のない練習個所を見つけて練習されるのがいいと思います。(できたら芝の上がいいんですけど、そんなところは中々ないので)天井があると環境が変わるので、それが普段化したりすると、ラウンド時は練習時と環境が違いますから、また緊張度が高まっていることも相まってミスは増える傾向になるように思います。
あと、どんなにうまくても毎度毎度チップインするほどうまくなれることはまずないのですから考えを突き詰め過ぎないようにアドレスから本番の間隔を短くするのもいい方法のように思います。(力まないこと、スイングタイミングまで早くしないことという条件付きですが)
練習数も、もしうまくいかないからと数を増やしておられるようでしたら逆効果と思います。「これだけやったのだから」と考えるより「これだけやったのに」と考える可能性の方が高くなるからです。
    • good
    • 0

アプローチを腕だけで打とうとするプレーヤーの多いこと


90%以上ではないかと.....

アプローチは飛ばす打ち方は必要ないのです
アプローチは正確なクラブスイングの高さが求められます
(インパクトでいつも同じ高さにクラブが入るという事)

この二つを満足させる方法は
両脇をしっかり締めて体の動きでクラブを「振る」ことです
(この時に足が動くと折角の脇締めが無駄になります)
両膝を近づけて軽く締めておくと体の軸の動きも決められます
足裏はベタ足がベスト

華麗ではないですが
確率は格段に上がります
格好を気にしない方は真似してみてください

アドバイスまで
    • good
    • 0

グリーン回りならクラブを短めに持って構えも小さくしたほうがトップなどの失敗も少なくなるはずです。

少し上げるならボールは左足に、転がすなら右足よりです。
ご上達されますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね。もっと短く持ってコンパクトにやってみます。

お礼日時:2007/07/25 21:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラウンドはいつも一人です!

なかなか仲間がいないという理由もあり、いつも一人で回ってます!ゴルフの考えからして、一人ラウンドは許されるものなんでしょうか?でも、仕事が休みになると、やはり一人でもいいから回りたいんです!

Aベストアンサー

一人でラウンド出来るゴルフ場があるのですね
私は兵庫県でゴルフ場は北海道に次いで2番目に
多いですが一人でラウンド出来る所はありません
又有ったとしていくら個人競技と言えども練習ばかりでは
面白くないでしょう、私は年会費会員になり競技ゴルフを
していますがそれは一人予約でいつも知らない人と回ります
JGA・PGSなどのHDCPを取得して自分のハンディが下がる
ように努力しています、競技にでなくても
「一人予約」で検索すれば同じような人が同伴者を求めている
サイトがあります、いろんな所でいろんな人とゴルフを
楽しんでは如何でしょうか。
ほぼ毎日競技日程があるゴルフ場がありますよ。
例えばパブリックコースで検索してみてはいかがですか。

Qゴルフを始めて7年たっても全然うまくなりません。

ゴルフを始めて7年になるのですが全然うまくなりません。
9月に職場のコンペに出て(上司から「下手なのは出ない理由にならない」と皆の前で言われ、半ば強制的に)みたのですが、150でした。
「どうして出ないんだ」と言われていざ出てみると「お前出る資格あるのか」と、それはそれは無責任な言葉を浴びました。
「レッスンに通うといい」と言われたので昨年1年間通いました。しかしながら一向に状況は改善しませんでした。今はスクールの場所を変えて新たな気持ちで通っているのですが、同じ道を歩んでいるような気もします。
コースに初めて出た時(つまり7年前)は189でした(ボールが真後ろに飛びました)ので、150でも進歩といえばそれまでなのかもしれません。しかし、私みたいな人間がゴルフをする資格があるのでしょうか?ゴルフは嫌いではありません。外野の声さえなければとても楽しいスポーツなんだろうな、とは思います。
周囲の迷惑になる事を考えると出るのを控えるべきだとも思うのですが、職場では毎月のようにコンペがあるのでゴルフの話題がそれこそ毎日のようにあり、ついて行くのがやっとです。
何かよい方法はないものでしょうか。ちなみに次回のコンペが今週あり、何と私は幹事です。せめて130ぐらいで回りたいのです。

ゴルフを始めて7年になるのですが全然うまくなりません。
9月に職場のコンペに出て(上司から「下手なのは出ない理由にならない」と皆の前で言われ、半ば強制的に)みたのですが、150でした。
「どうして出ないんだ」と言われていざ出てみると「お前出る資格あるのか」と、それはそれは無責任な言葉を浴びました。
「レッスンに通うといい」と言われたので昨年1年間通いました。しかしながら一向に状況は改善しませんでした。今はスクールの場所を変えて新たな気持ちで通っているのですが、同じ道を歩ん...続きを読む

Aベストアンサー

ゴルフ暦30年、平均スコア85のおじさんです。

ゴルフコースでの本番では、自分が練習場でできないこと、自信がないことは100%ミスします。
確率が80%以上自信があるクラブだけでプレーすることが貴方への回答の結論です。

そこでご提案があります。
一度、せこいゴルフにチャレンジしてみてください。130以内でかならず、ラウンドできます。
パー4を例にすると5回でグリーンオンすることを目標にしてください。
<せこいゴルフ紹介>
(1)ドライバーでスライスしOB多発するのなら、自信があるクラブ、例えば7番アイアン又は8番アイアンでティショットする。
(2)セカンド以降もも同じ7番を使用して7番ではオーバーする距離であってもパターの打ち方で7番で転がす。
(3)グリーン周りに来たら、ウェッジはバンカーだけで使用し、アプローチは絶対にウェッジは使わないこと。 パターでアプローチしてください。

7番アイアンで100Y打つつもりで計算すると350Yは4回で届きますよね。5回で乗せることは十分可能です。

自分にできないプレーをしようとするから、まとまらないのです。

まずは自信があるクラブを1本つくってください。
恐らくレッスンでは7番アイアンで打つ機会が多いと思いますので、7番当たりを得意クラブにしてください。
次に5番ウッドを得意にされたらいかがでしょうか?そうすれば、せこいゴルフ2弾としてティショットを5番ウッドでプレーされると120は切れると思います。

ゴルフ暦30年、平均スコア85のおじさんです。

ゴルフコースでの本番では、自分が練習場でできないこと、自信がないことは100%ミスします。
確率が80%以上自信があるクラブだけでプレーすることが貴方への回答の結論です。

そこでご提案があります。
一度、せこいゴルフにチャレンジしてみてください。130以内でかならず、ラウンドできます。
パー4を例にすると5回でグリーンオンすることを目標にしてください。
<せこいゴルフ紹介>
(1)ドライバーでスライスしOB多発するのなら、自信があるクラ...続きを読む

Qゴルフスイング、どうやったら本当に力まない・ボールに当てに行かないで済

ゴルフスイング、どうやったら本当に力まない・ボールに当てに行かないで済むのか?

ゴルフスイングで、「グリップはゆるく、手首・腕・肩は力まずにスイングしろ」と、
色々な所で教えられ、頭では嫌というほど分かっているいるのですが、
どうしても、できません。力んでしまうのです。

さらにボールを前にすると、前述の身体の各部位が力むのに加え、
ボールを当てに行くようなスイングになってしまいます。
これも治りません。

ボールがない素振りなどでは、比較的スムーズにスイングできていると思うのですが、
一体どうすれば本当に解決できるのでしょうか?

たまに「よし、だったら力を抜いてスイングしよう。グリップもゆるくしよう。当てにいくのをやめよう」と思いボールを打っても、結果全然飛ばなかったり当たりもダメだったりして、
マイナスの経験しか蓄積されていないので、「やはり力をある程度入れなければダメなんだ・・」と思ってしまうフシもあります。

真剣に悩んでいます。メンタル面なのか技術面なのか・・。
いい方法があればお教えください。

Aベストアンサー

「なぜ」力を抜けと言われるのか、という部分に尽きる気がしますけど、どうですか?
要するに動かしたい部分に力を入れると、重いものを動かすのと同じになってしまいます。速く動きません。逆に力を抜きすぎるとどうなるかというと、全身から力を抜いてしまうと飛びません。当然です。また、動かしたいところの力を抜きすぎるとふにゃふにゃ過ぎて軌道が安定しません。曲がります。但し、人には欲というのがあります。飛ばしたいと思えば、ある程度可動部にも力みは入りやすくなります。ゴルフの場合は軸の関係上、アドレスからテークバック部分、トップオブスイングあたりまでボールを「見ている」状態ですからなおさらです。「力を抜け」くらいの意識でちょうどいい力加減になり「やすい」からそう言うということです。動かしたいところの力の抜きすぎは人の欲という観点から行けばほとんどあり得ない話とも言えるんですよ。

では、ゴルフスイングで一番よく動く部分はどこでしょうか?「腕・手」ですよね。フルショットでは180度以上どころか200度以上回転します。そんな動かしたい部分に力を入れるということはバカ重い車軸を軽自動車に入れるようなものです。動きにくいことこの上ないでしょうね。それと同じですよ。ただ、エンジン部分に当たる部位は動きの中で力を作り出す必要がありますから、動いて力が入る結果になります。(足の場合と背中の場合があります。その人の体つきや幼少からの筋肉の使い方による筋肉構造によって最適なスイング方法は異なります)スイングの軸は当然フラフラすればボールはまともに当たりません。
グリップを考えてみましょう。グリップしてクラブの支点となる部分はクラブヘッドから一番遠い部分になりますよね。その方が大きな円を描きやすいし、大きな円をイメージしやすいはずです。だから、左手3本と言うということです。ちなみに自分は左小指しか意識にないですが、小指関節と薬指・中指の関節の連動性が天然でいいようで、左3本では力み過ぎになってしまうからそうしているということです。万人の基本を自分の体を考えてそうなるように方法論をカスタマイズして自分の基準を作っただけの話です。

当てに行くのをやめる...それはいい方法だと思いますよ。その部分だけは継続はした方がいいでしょう。自分はゴルフ始めたての頃、こう考えました。「当てに行って小手先スイングするより、体(全身)を使って空振りする方がよっぽどマシ」って。他のスポーツ経験があり、体を使わなければマトモにボールは飛ばないことを体で体得していたからそう考えられたんですが、その方がいい方向に行きやすいかと思います。大枠を先に作って、上達のたびに段々細かくなる微調整を継続させればいいと考えたということです。その微調整こそが練習でしょう。今でも自分は初心者にはそう言います。但し、微調整前だと激しく下にズレているとクラブを折る可能性もあります。実際自分はクラブ破損に関しては前科2犯です。

技術でもメンタルでもないと思います。まずは探究心を持って考えてみましょうよ。

「なぜ」力を抜けと言われるのか、という部分に尽きる気がしますけど、どうですか?
要するに動かしたい部分に力を入れると、重いものを動かすのと同じになってしまいます。速く動きません。逆に力を抜きすぎるとどうなるかというと、全身から力を抜いてしまうと飛びません。当然です。また、動かしたいところの力を抜きすぎるとふにゃふにゃ過ぎて軌道が安定しません。曲がります。但し、人には欲というのがあります。飛ばしたいと思えば、ある程度可動部にも力みは入りやすくなります。ゴルフの場合は軸の関係上...続きを読む

Q練習場での3アイアンは効果があるでしょうか?

ハンディ34の万年初心者です。

ティーショットで、確実に200yぐらいのフェアウェーに落とせるようになりたいと望んでおります。

ドライバー不要の距離ですから、FWかUTか、あるいは上級者なら3Iを使うところでしょう。
私はユーティリティ・アイアンでキャリー180Y+ラン30Y位のティーショットが確実に出来るようになりたいと考えています。

その為に、練習場でティーアップしたボールを3Iで打つ訓練は有効でしょうか?

私は3Iを持っておらず、使ったこともないのですが、「ユーティリティ・アイアンがロングアイアンよりも遥かに易しい」と聞くものですから、難しい3Iが練習場で打てるようになれば、易しいユーティリティ・アイアンはコースで緊張しても確実に使えるのではないか、という発想です。

中部銀次郎というアマチュアゴルファーは、コースに出る前の練習では必ず3Iを使ったそうです。
3Iで調子を合わせておくと、それより易しいクラブでのミスが無くなるからだとか。

「ティーショットで200Y」という目標に対して「練習場で3Iを練習する」ことが有効かどうか、ご意見をいただければと存じます。

ハンディ34の万年初心者です。

ティーショットで、確実に200yぐらいのフェアウェーに落とせるようになりたいと望んでおります。

ドライバー不要の距離ですから、FWかUTか、あるいは上級者なら3Iを使うところでしょう。
私はユーティリティ・アイアンでキャリー180Y+ラン30Y位のティーショットが確実に出来るようになりたいと考えています。

その為に、練習場でティーアップしたボールを3Iで打つ訓練は有効でしょうか?

私は3Iを持っておらず、使ったこともないのですが、「ユーティリティ・アイアンが...続きを読む

Aベストアンサー

個人的には、PWでも3Iでも打ち方は同じなので、PWが打てれば3Iも打てるものだと思います。

が、俗に言われる難しさは、「ミスの結果がはっきりと球に現れる」ことだと思ってます。

PWであれば、多少手打ちになろうが、ヘッドが走らなかろうが、少しトップしようが、少しダフろうがそこそこ球は飛んでくれますが、3Iになればその僅かな違いが球に現れます。
そこからするとスイングのチェックとしては3Iは悪くないと思います。

但し、何かが悪いのはわかっても何が悪いかがわかるかどうかは別の話です。
逆に僅かな悪さが球に出るので、本当は下半身が悪いのに上半身に理由を求めたりしているとドツボにはまり全てのスイングを壊すことにもなります。

ましてや、ティーアップした3Iというのは結構クセものです。
どうしても知らず知らずのうちにすくい打ちになりやすいです。
どうせなら、マットの上で3Iを練習したほうがためになると思います。

前出の質問も含めて考えると、まずは5Iをとことん練習して、5回中4回ではなく、10回中9回とか20回中19回はほぼミスとは思えない球を打つ練習をしたほうがいいのではと思います。
5Iで20回中19回打てれば、3Iでも10回中9回は打てるようになっていると思います。

ちなみにスイングのセルフジャッジメントというのは、かなり困難です。
ですから、トッププロでもコーチとかをつけてスイングチェックをしているのです。
かくいう私も5年ほどレッスンを受けて、8割がたは自分のスイングの良し悪しはわかりますが、残りの2割はやはりプロに見てもらわないと知らず知らずのうちにスイングは乱れていきます。

個人的には、PWでも3Iでも打ち方は同じなので、PWが打てれば3Iも打てるものだと思います。

が、俗に言われる難しさは、「ミスの結果がはっきりと球に現れる」ことだと思ってます。

PWであれば、多少手打ちになろうが、ヘッドが走らなかろうが、少しトップしようが、少しダフろうがそこそこ球は飛んでくれますが、3Iになればその僅かな違いが球に現れます。
そこからするとスイングのチェックとしては3Iは悪くないと思います。

但し、何かが悪いのはわかっても何が悪いかがわかるかどうかは別の話...続きを読む

Q練習場とコースで違い過ぎ 改善方法は?

練習場ではアイアンもドライバーも上手く打てるのに、何故かコースに出ると
まともに打てません。
アイアンはドフックもしくはチーピン、ドライバーはフェースを外れたトゥ側
ギリギりに当たって意味不明の右に飛んでOBと目茶目茶です。
コースのラウンド帰りに練習場で反省の為に練習すると、普通に打てています。
一体何が悪く、どう対策すれば良いのか教えて下さい。

ちなみに、元がダフッっているけど、練習場のマットだと滑るので上手く
打てているだけなのかな?とも思いましたが、それは違うようです。
自分でもコースのティーグラウンドで構えた瞬間に何かが大きく違っている事は
何となく分かるのですが、何が違っているのかが分からず悩んでいます。

同じような悩みを過去に体験された方、アドバイスをお願いします。

ちなみにゴルフ歴は20年程で、ずっと止めてましたが最近またやり出し
ました。
以前の平均スコアは97程度でした。

Aベストアンサー

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行きますか?
まず行きませんよ。アベレージゴルファー(90~100)の人10人いて
一発目であの柱!といって左右10ヤード以内に納められる人は
2人しかいません。
そのうち一人は偶然です。これはデータとして出ています。

そして練習ラスト一球になった時、これで最後!の球をよく思い出してください。
確実にうまく打ってますか?
たいてい悔いの残る一球になっていませんか。

ほら、一球しかないというプレッシャーがあるでしょ?

これらのショットをコースでは要求されます。
なので勘違い、と申し上げました。

打っているうちに調子がよくなりいい球が数発続いたりします。
その数発のイメージが残っており、練習場では調子いいのに・・・ってことになります。
まして、球はいくらでもある。これを失敗したらなんて思わない。
プレッシャーなんてまったくかからない。
なのでいい球が続けざまに打てる時があります。

でも、それもよく思い出してください。
7番アイアンの練習で30発打って25発は思い通りの球が出ますよね?
でも5発は結構ダフったりトップしたり、大きく曲げたりするでしょ?
それですよ、それがコースでは出ちゃうんです。一球しかないというプレッシャーでね。

これが練習場ではうまくいくのに・・・。という勘違いなのです。

さらに!
コースではライや傾斜が毎ショット確実に違います。
ティーショットでさえ厳密に言えば、足場とボールの高さが1~2cm変わります。
また傾斜も微妙についていますし、景色も違います。
たとえば打ち上げホール、ティーグラウンドは微妙に左上がりになってます。
当然ですよね、フェアウェイからこっちに向かって下っているのに
ティーグランドを左下がりにしたら水はティーグランドとフェアウェイの間にたまってしまいます。
なので普通は傾斜をそろえてあります。しかし、見た目には平らに見えます。

そこで構えて、打ち上げ、素人はどう考えると思います?
球をあげなくちゃ!でしょ?
そしてついつい下からかちあげるように打っちゃう。
ほら、どフック!
下から煽るように打てばそりゃフックしますよ。
そんなのまだいいほうです。

これやるのはだいたい90~100の人です。
それ以上の人はそれさえ頭にありませんからいつもと同じ(そもそもまっすぐ行かない)
に振ってチョロって打ち上げなのでその辺しか行きません。

では打ち下ろし、
景色がよく、落としどころ、つまりフェアウェイを覗いちゃいますから
左肩がいつもより下がります。
ほぼ正面に見える雲や鉄塔の頭、山の目印になるところ、つまり目線の高さを
狙って打つ人なんかほとんど見たことありません。
たいてい眼下に見えるフェアウェイを見ちゃってます。
そんな構えから普通に打てばそりゃスライスしますよ。
早く落ちろ!!!なんていってるのはだいたいそういう人です。

ティーショットですら条件がコロコロ変わるのですから
月に2度くらいコースに出てても対応できません。
ましてや、セカンドショット、アプローチなど
万度傾斜があり、平らに見えても足元とボールの位地は1~2cmは練習場と違っちゃいます。

なので、練習場ではシングルクラスのショットしていても
コースでは100打っちゃうんですね。
ドライバーは曲げるわ、ショットはまっすぐ飛ぶものの飛び出し方向があっちこっちで
グリーンに乗らない。そりゃ足場が練習場と違うんですからその辺考えないと!

結論をまとめるとこうなります。
練習場での一発目と最後の球のナイスショットは滅多に出ない。
この最初と最後の球がコースでの一球と同じだから
練習場でいい球が出るのには勘違い!

練習場では多少ダフってもナイロンのマット上をヘッドが滑ってくれて
ダフッたのを気がつかない。
練習場は真っ平ら、しかしコースでは微妙に傾斜があり微妙に構えが違ってしまうし
練習場と同じ振り方しても当たらない。

景色が違い、打ち上げ打ち下ろし、左がOB、手前が池などでプレッシャーもあり
構えも練習場とは大きく違っている。

これが原因です。
これを克服するのはやはりコースに頻繁に出ていないと身につきませんし、
また練習場との当たりのよさの違いを理解できません。

練習場はあくまで基本的スイングの練習と割り切っていい球でたからといって
一喜一憂しないことです。
基本的スイングの練習ですから
平らのところから打って大きく曲がるようならその曲がりを少なくする練習をしましょう。


さて、
練習場でも何球か失敗しますよね?
その失敗があなたの実力、と思いましょう。

いい球なんて100打つ人だって練習場なら打てます。
失敗の大きさが100打つ人とシングルとは違うんです。

7番アイアンで片手シングルなら30球ほど立て続けにナイスショットが出ます。
しかし最低一発はグリーンを外れるくらいのミスショットは出ます。
でも!外れても5ヤードで収まってます。

100打つ人はうまく打っても10球で3発失敗します。
そのうち1球はとんでもない失敗しています。
グリーンはあっちだぜ?どこ打ってんの?
というショットしちゃうでしょ?あれが実力差なんですよ。

なので、失敗ショットが自分の実力、と思ったほうがいいです。
練習ではその失敗の数を減らし、失敗の大きさを狭めていくことに専念すべきなんです。
いい球を打つことなんか目指したってスコアなんぞいくらもかわりゃしません。

ミスショットをしてもいいからそのミスの大きさを小さくすることに
神経を使うべきなんです。


それから、
練習場で10球打って9球うまく打つ人と
8球うまく打つ人ではどのくらいの実力差があるかご存知ですか?
実は倍ほど違うんです。

9球の人が80台でまわる人だとすると
8球の人は100近い人です。
(片手シングルなら30球打って1球失敗くらいです。)

同じようなもんだ、と思うでしょ?
でも全然違うんです。
片方が失敗が1球、もう片方は2球
ね、倍違うでしょ?ゴルフはミスショットを減らすゲームです。
ナイスショットの数がスコアに出るのではありません。
失敗の少なさとその大きさがスコアに出ます。

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報